2007年4月28日土曜日

マイクロフィルムのリーダーについて

 今日から、ゴールデンウィーク突入!という方、たくさんいらっしゃるんでしょうねぇ~。
 でも、大学は、カレンダー通りに授業をやっています。(先生によっては、休講にしているようですが・・・)
 もちろん、図書館も本日開館しております。

 今日は、一昨日、業者さんが宣伝で、デモを行ったマイクロフィルムのリーダーについて、お話ししたいと思います。

 国士舘大学附属図書館では、マイクロフィルム資料を所蔵しているので、それを見るためのリーダーを、持っています。
 マイクロフィルムのリーダーというのは、極めて原始的な仕組みで、フィルムに縮小されて撮影されている資料を、拡大鏡を通して大きく写したものを見るというだけのものです。

 この単純なるマイクロリーダー、下手に電動になっている部分がかえって、使えない原因になっている。

 例えば、フィルムの巻き取りを、リーダーがやってくれるのだが、この部分がうまくいかないと、フィルム自体が見られないこととなる。

 この状況のため、しかも、1台しかないリーダー、何度、利用者の皆さんに、迷惑をかけたことか・・・
 それでなくても、マイクロフィルムというのは、古い資料を撮影したものが多く、もともと読みにくいフィルムが、オートフォーカスによるピントが上手く合わないでよく見えない、などという苦情もよくある。

 でも、先日見た、リーダーは違いました。

 まず、フィルムを動かす機械は、おおよそ手動です。だから、もとのフィルムから、リーダーのフィルムを巻き取る部分までフィルムを手動で装着するので、フィルムが巻き取らないなんてことは、まず、ありえない。

 次に、フィルムを投影する部分。これは、今まで以上にハイテクで、フィルムを巻き取る機械とPCを接続し、フィルムをPCに写して見ることができる。つまり、ただ、写すだけではなく、デジタルデータとして活用できるということなのだ。

 もちろん、マイクロフィルムの資料にも著作権があるので、やたらにデジタルデータとして保存できるわけではないが、それでも、格段の進歩だ。(まあ、考えようによっては、今までにどうしてそういうものが出回らなかったのか不思議な気がするが・・・)

 画面を見るにしても、今までのフィルムを単純に写していたものとは違い、明るさや、色調などデジタル的に画面を加工して、見やすくすることもできる。それができれば、印刷も今まで以上に、ノイズを減らして印刷することもできるでしょう。

 いやー、技術の進歩とはすごいものだ。

 でも、本学図書館でそれをすぐ、購入できるかは、微妙です。何しろ、○百万円という金額がかかるし、それに、やっぱり、慎重に考えなければならないのは、PCでみると言うことは、見るためのソフトをダウンロードする必要があるのだが、そのソフトがもう少し、他機関などで浸透するのを見たい気がする。

 一番煎じというのは、概して、テストになりやすい。じっくり、煎じた後の二番煎じか、三番煎じくらいが、軌道に乗り始めてよいシステムになっているのではないかと思うのです。

 それにしても、マイクロフィルムにとっては、新しいリーダーがこの世に存在したことにより、今まで以上に、日の目を見ることができるかもしれません。
 何しろ、本学図書館では、マイクロフィルムは使いづらく、評判の悪い資料でしたので・・・(資料そのものは悪くないんですがねぇ・・)

 

2007年4月27日金曜日

2007/04/27新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



拒否権プレイヤーと政策転換 (早稲田大学現代政治経済研究所研究叢書:25)
313Ky 3
中央 2階
眞柄秀子, 井戸正伸編
早稲田大学出版部

ケースブック行政法 第3版 (弘文堂ケースブックシリーズ)
323.9Ke 61
中央 2階
高木光, 稲葉馨編
弘文堂

実務行政訴訟法講義 (実務法律講義:16)
323.96J 55
中央 5階
実務公法学会編
民事法研究会

未遂処罰の理論的構造
326.15Mo 74
中央 5階
森住信人著
専修大学出版局

共同社会性の崩壊と再生
361Ma 84
中央 2階
松野達雄著
無極堂

保健医療分野のODA : 陰から光へ
498W 14
中央 2階
我妻堯著
勁草書房

特許明細書の書き方 : より強い特許権の取得と活用のために 改訂5版 (現代産業選書. 知的財産実務シリーズ)
507.23To 33
中央 5階
伊東国際特許事務所編
経済産業調査会

特許のとり方・使い方 : 図表とイラストでよく分かる
507.23Ts 43
中央 5階
辻本希世士著
発明協会

上下水道工学 改訂 (土木系大学講義シリーズ:14)
518.1Mo 33
中央 2階
茂庭竹生著
コロナ社

環境法ガイド
519.12Sa 28
中央 5階
坂口洋一著
Sophia University Press上智大学出版/ぎょうせい (発売)

数寄屋と五十年 : 茶の建築の研究と和の創造をたどる
521.863N 37
中央 5階
中村昌生著
淡交社

ニュー・ミュージアム : 現代美術・博物館建築の旅
526.7Z 2
中央 2階
ミミ・ザイガー著/松岡智子訳
鹿島出版会

三国志をいろどる馬たち : 春季特別展
706.9Sa 63
中央 3階
馬事文化財団 馬の博物館編
馬事文化財団

東洋陶磁史研究
751.2H 35
中央 3階
長谷部楽爾著
中央公論美術出版

2007年4月26日木曜日

ゴールデンウィーク中の開館について

 お問い合わせがありましたので、お知らせします。

 ゴールデンウィーク中の図書館の開館は、カレンダー通りとなります。

 祝祭日は休館となります。ご了承下さい。

 詳細は開館カレンダーまたはInformationでご確認下さい。

 右フレーム、国士舘大学附属図書館HPも、開館カレンダー、Informationにリンクしています。

2007年4月25日水曜日

カラーコピー複写サービスのお知らせ

 昨日より、カラーコピー機が新しくなりました。(と言っても、利用者の皆様に新サービスが増えたと言うわけではないのですが・・・)

 カラーコピー複写サービスのお知らせです。

 中央図書館内の資料でカラーコピーを希望する方は、総合カウンターに申込みをしてください。
 サイズ(B5~A3)を問わず、1枚50円で複写サービスいたします。
 ただし、図書館内の資料に限ります。ご了承下さい。
(他機関より文献複写等で、カラーコピーを希望される場合は、1枚200円となります。また、学外よりの借受資料のカラーコピーも1枚200円とさせていただきます。)

 図書館から持ち出すことのできない、辞書・事典等の参考図書や雑誌でカラーコピーを希望する時などご利用下さい。

2007/04/25新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


ラルース世界の神々神話百科 : ヴィジュアル版
164C 85
中央 3階
フェルナン・コント著/蔵持不三也訳
原書房

帰化人と古代国家 (歴史文化セレクション)
210.3H 66
中央 3階
平野邦雄著
吉川弘文館

氏族伝承と律令祭儀の研究 (新典社研究叢書:185)
210.3Ku 17
中央 3階
工藤浩著
新典社

公私領域のガバナンス
301Ko 87
中央 2階
岩崎正洋, 田中信弘編
東海大学出版会

経営の再生 : 戦略の時代・組織の時代 第3版
335.1Ta 33
中央 2階
高橋伸夫著
有斐閣

国際経営講義 : 多国籍企業とグローバル資本主義
335.5J 72
中央 2階
ジェフリー・ジョーンズ著/安室憲一, 梅野巨利訳
有斐閣

日本の災害危機管理
369.3Ta 59
中央 2階
武田文男著
ぎょうせい

ル・コルビュジエの手
523.35W 83
中央 5階
アンドレ・ヴォジャンスキー[著]/白井秀和訳
中央公論美術出版

フリーメイソンと大音楽家たち
762.8Y 86
中央 3階
吉田進著
国書刊行会

中世の演劇と文芸 (新典社研究叢書:184)
772.1I 73
中央 3階
石黒吉次郎著
新典社

武野紹鷗 : 茶と文藝
791.2To 17
中央 3階
戸田勝久著
中央公論美術出版

日本語書記史原論 補訂版 : 新装版
810.2Ko 61
中央 3階
小松英雄著
笠間書院

戦時下の小林秀雄に関する研究 (近代文学研究叢刊:33)
910.268Ko 12 O
中央 5階
尾上新太郎著
和泉書院

『漾虚集』論考 : 「小説家夏目漱石」の確立 (近代文学研究叢刊:34)
910.268N 58 Mi
中央 5階
宮薗美佳著
和泉書院

戦後和歌研究者列伝 : うたに魅せられた人びと
911.102Se 64
中央 5階
田中登, 松村雄二責任編集
笠間書院

中原中也を読む (笠間ライブラリー. 梅光学院大学公開講座論集:第54集)
911.52N 33
中央 5階
佐藤泰正編
笠間書院

2007年4月24日火曜日

2007/04/24新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


環境心理学 (朝倉心理学講座:12)
140.8A 8512
中央 3階
佐古順彦, 小西啓史編
朝倉書店

記憶と歴史 : 日本における過去の視覚化をめぐって : 文部科学省オープン・リサーチセンター整備事業シンポジウム報告書
210.12Ki 49
中央 5階
丹尾安典編
早稲田大学會津八一記念博物館

戦国期室町幕府と在地領主
210.47N 82
中央 5階
西島太郎[著]
八木書店

「慰安婦」問題とアジア女性基金
210.7I 11
中央 3階
女性のためのアジア平和国民基金

北魏胡族体制論 (北海道大学大学院文学研究科研究叢書:11)
222.045Ma 88
中央 5階
松下憲一著
北海道大学大学院文学研究科

ケネディ時代を変えた就任演説
312.53C 76
中央 5階
サーストン・クラーク著/土田宏訳
彩流社

経済共同体への展望 (東アジア共同体の構築:2. Designing an East Asian community)
319.2H 552
中央 2階
浦田秀次郎, 深川由起子編
岩波書店

法的思考
321.1Ka 34
中央 2階
亀本洋著
有斐閣

行政法総論 新版
323.9O 27
中央 2階
大浜啓吉著
岩波書店

不動産侵奪行為における「被害者側の占有」と「加害者側の占有」
324.22Y 24
中央 5階
山口喜久雄著
中央大学出版部

債権回収最前線
324.4N 32
中央 2階
中川剛毅著
中央公論新社

借地権・借家権の存続保護 (借地借家法研究:2)
324.81F 572
中央 5階
藤井俊二著
成文堂

新しい信託法解説 (Sanseido law capsule)
324.82A 94
中央 5階
小野傑, 深山雅也編
三省堂

商業登記法
325.13E 15
中央 5階
海老沢毅著
法学書院

逐条解説新しい特別清算
325.247Ka 56
中央 5階
菅家忠行, 世森亮次著/萩本修編
商事法務

現代会社法理論と「法と経済学」
325.953J 56
中央 5階
徐治文著
晃洋書房

新講経済原論 第2版
331Ma 59
中央 2階
丸山徹著
岩波書店

組織自律力 : マネジメント像の転換
336.3Sa 85
中央 2階
佐藤剛著
慶應義塾大学出版会

「女性の人権」とアジア女性基金
367.1J 76
中央 2階
女性のためのアジア平和国民基金

オーラルヒストリー : アジア女性基金
367.1O 71
中央 2階
女性のためのアジア平和国民基金編
女性のためのアジア平和国民基金

炭素材料の新展開
435.6Ta 89
中央 2階
日本学術振興会炭素材料第117委員会編
東京工業大学応用セラミックス研究所安田榮一

保全遺伝学入門
467F 44
中央 2階
R. Frankham, J.D. Ballou, D.A. Briscoe著/高橋洋, 山崎裕治, 渡辺勝敏訳
文一総合出版

研究者のための知的財産ハンドブック
507.2Ke 45
中央 2階
宮原正志著者代表
化学同人

知的財産法概説 第4版
507.2Mo 62
中央 3階
盛岡一夫著
法学書院

特許法 第9版
507.23A 58
中央 5階
青山紘一著
法学書院

クリニック時代のクリニック建築
526.49Y 44
中央 5階
山下哲郎著
永井書店

中国野菜企業の輸出戦略 : 残留農薬事件の衝撃と克服過程
612.22C 62
中央 5階
坂爪浩史, 朴紅, 坂下明彦編著
筑波書房

ティリッヒの宗教芸術論 (北海道大学大学院文学研究科研究叢書:10)
702.09I 76
中央 5階
石川明人著
北海道大学大学院文学研究科

公忠集全釈 (私家集全釈叢書:35)
911.138Sh 62
中央 5階
新藤協三, 河井謙治, 藤田洋治共著
風間書房

住吉社歌合全釈 (歌合・定数歌全釈叢書:7)
911.18Ta 59
中央 5階
武田元治著
風間書房

平安朝日本漢文学の基底
919.3H 22
中央 3階
濱田寛著
武蔵野書院

2007年4月23日月曜日

図書館の禁止事項part3

 以前にも話題に挙げた、図書館の禁止事項について、みなさまよりいろいろと意見を頂戴しましたが、それっきりにしていたわけではありません。
 そもそも、あれをしてはいけない、これをしてはいけない、を論じる前に、「国士舘規程集」がどうなっているのか、これを確認しないで、ああしよう、こうしよう、はできない!ということで、規程の見直しをしてみました。

 すると、「国士舘規程集」の「第8編 教務 国士舘大学附属図書館利用細則」の第21条(2)に「飲食」について次のような条文がありました。

 第21条 利用者は、次の各号に掲げる事項をしてはならない。
  (2) 図書館内で飲食又は指定場所以外で喫煙をすること

 つまり、図書館内では全面飲食禁止ということ。
 ということは、以前ブログに書いたリフレッシュコーナーでの飲食も本当はダメ、ということとなる。
 ちなみに、このリフレッシュコーナーとは以前図書館内にあった喫煙コーナーをリニューアルし、リフレッシュコーナーとしました。
 そして、リフレッシュコーナーにリニューアルと同時に、リフレッシュコーナーを禁煙としたことで、図書館内は全面禁煙になりました。
 そういう意味では、「指定場所以外で喫煙をすること」という条文も実は現状にあっていないこととなります。

 今朝、課長補佐に、規程が現状にそぐわないことを伝え、規程の改正をお願いしてみました。
 図書館おばさんTの意見としては、「(2)図書館内で飲食又は指定場所以外で喫煙をすること」を、「(2)図書館内で喫煙又は指定場所以外で飲食をすること」とすることで、喫煙は図書館内で全面禁煙、飲食は指定場所でするということで、お願いしてみました。

 規程の改正というのが、学内でどのような手続きを踏んで改正していくのか、私には実はわからないのですが、時間がかかっても、現状に即した内容になっていくと良いなと思います。

 携帯電話については、規程による記載はありません。ですので、それこそ、マナーの問題ということで、利用者に対する迷惑行為になるようなことは、謹んでもらうよう、運用の中である程度の規制をかけていく必要があると思います。

 飲食についても、皆様のご意見では、「」はいいけど、「」はNOという雰囲気だったと思います。とりあえず、規程を「指定場所以外での飲食禁止」にしてもらった上で、あとはマナーの範疇で規制をかけていくことができるといいかなと思います。

 実際は、対して進んでいないのですが、とりあえず、ご報告まで。

2007年4月20日金曜日

見学有難うございます。

 本日、国士舘大学附属図書館をご見学いただきました、昭和19年卒業の先輩方、見学有難うございます。また、お疲れ様でした。
 私は直接お話しする機会はありませんでしたが、先輩方から見て、今の大学はどのように映ったのでしょうか?
 先輩方が長きに渡って築きあげて下さったお陰で今の大学があることは間違いありません。その心を大切に受け止め、私たちも、日々努めたいと思います。
 本日は、見学誠にありがとうございました。

2007年4月19日木曜日

学生生活実態調査報告書を読んで

 先日、「平成18年度 学生生活実態調査報告書」が回覧された。

 学生部が、平成19年3月卒業生を対象に、「学生生活満足度アンケート調査」実施し、回収率は43%とのこと。

 設問項目は全45項目。そのうちの一つに、図書館に関する設問もあった。設問は以下の通り。

問26 図書館についてどう思いますか。
    1.満足である
    2.普通
    3.不満である
    4.利用したことがない
    「不満である」の理由(                  )
    「利用したことがない」の理由(             )

 報告書のアンケート結果は、以下の通り。

    1.満足である  38%
    2.普通  52%
    3.不満である  8%
    4.利用したことがない  1%
      無回答  1%

 学生部の分析では、以上の結果に対して、「「普通」と「満足」を足して90%の学生に好評。」と評価している。

 しかし、本当に、90%の学生に好評だったのだろうか?

 38%の学生に好評だったのは確かかもしれない。しかし、52%の「普通」というのはどうとらえるべきか。

 アンケートで「普通」と答えた学生の気持ちを察するに、「満足ではない、けど、悪くもない」とか、「図書館ってこんなもんかな」とか、そんな風に思っているのではないだろうか。
 そして、それは裏を返せば、学生たちにとって学生生活の中で図書館の占める割合というのはそれほど高くなく「関心がない」ということも考えられるのではないか?
 大学のなかにおいて図書館とはそれほど無関心であって良いのか?むしろ、不満に思っている学生は、図書館に対してある程度の期待という関心をもってくれていたのだと思う。そして、それに私達は応えられなかったということ。
 この点は、大いに反省すべき点であることは間違いがない。
 でも、この半数の普通と思った学生に、満足・不満足を言わせるような関心をもたせることがたいへん重要だと私は思いました。
 そのためにも、図書館のPRをより強化しなければならない。

2007/04/19新着図書案内

 国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


中世日本の政治と文化 (思文閣史学叢書)
210.4Mo 45
中央 3階
森茂暁著
思文閣出版

丸山眞男回顧談 上
289.1Ma 591
中央 3階
松沢弘陽, 植手通有編
岩波書店

丸山眞男回顧談 下
289.1Ma 592
中央 3階
松沢弘陽, 植手通有編
岩波書店

中国における国際化への課題 : 経済、ビジネス、会計を考える
302.22C 62
中央 5階
山下寿文編集代表
中央経済社

累犯障害者 : 獄の中の不条理
326.3Y 31
中央 2階
山本譲司著
新潮社

東アジア経済の連関構造の計量分析 (中京大学経済学研究叢書:第15輯)
331.19Y 19
中央 5階
山田光男著
勁草書房

大学生の学習技法 第3版
377.9D 16
中央 2階
大学導入教育研究会編/永平幸雄 [ほか] 著
大阪経済法科大学出版部

歴史都市の破壊と保全・再生 : 世界のメトロポリスに見る景観保全のまちづくり
518.8Tu 5
中央 2階
アンソニー・M・タン著/世界都市保全研究会訳
海路書院

図解ISO14001実務入門 : 環境マネジメントシステムと内部環境監査
519.13O 27
中央 5階
大浜庄司著
オーム社

Q&A高齢者の住まいづくりひと工夫
527.1Ky 8
中央 2階
日本建築学会編
中央法規出版

ロボティクス概論 (ロボティクスシリーズ:1)
548.3R 55
中央 2階
有本卓編著
コロナ社

物流セキュリティ時代
675.4B 97
中央 2階
鳥居保徳, 早川典雄編著
成山堂書店

2007年4月16日月曜日

ご来館ありがとうございます

 PS分科会の皆様。本日は、国士舘大学附属図書館にご来館いただきありがとうございます。

 図書館の様子は如何でしたでしょうか?
 図書館事務部長植田の挨拶、先輩職員、越後谷の話、図書館の見学を通して、国士舘大学附属図書館の雰囲気が伝わったことと思います。

 現在の国士舘大学附属図書館中央図書館は、平成10年より開館し、10年目を迎えております。
 それまでは、10号館の地下1階に図書館(というか図書室)の敷地を分けてもらっているような感じで、狭いところに肩身を狭くして開館していたのです。本は横積みは当たり前。書庫は一度に入る人数に制限があり、入れないときもあった。
 それからくらべると、今の図書館は本当に恵まれた環境になりました。

 図書館内のつくりは比較的単純で、わかりやすかったと思いますが、反面、殺風景とも見えたのではないでしょうか?

 恒例の”事務所拝見”の儀式も無事終了し、図書館員一同安堵していることと思います。

 本学図書館の特色は、なんと言っても情報基盤整備です。

 図書館内の端末は全て、OPAC検索はもとより、インターネット接続、各種アプリケーションソフトをとりそろえ、資料調べから、レポート・論文作成、印刷、メール送信までできるようになっています。図書館に来館すれば、レポート提出までの過程全てが、完結できるように準備しています。

 しかし、実際は、いろいろな問題もあります。どの端末もフル機能を取り揃えているので、一人の利用者が1台の端末に長時間座ります。そのため、端末利用できない利用者が出てしまうことや、図書館の資料を調べたいという利用者のOPAC専用端末がないため、レファレンスカウンターに図書館内の所蔵調査が数多く寄せられます。

 あちらが立てばこちらが立たずといった具合に、一長一短ですが、これからも利用者にとって良い環境が整えられるよう努力いたします。

 PS分科会で様々な大学を見せていただき、また、情報交換などさせていただき、各自の大学図書館に反映できると良いですね。

 また、国士舘大学附属図書館の利用者の皆様へ。
 図書館という、静かな環境を保たねばならない中、大勢で見学を行い、ご迷惑をお掛けいたしました。
 これも、よりよい大学図書館をめざすための研修の一環であるため、皆様方のご理解とご協力を賜りたく、お願い申し上げます。
 

2007年4月15日日曜日

Windows vista 導入について

 図書館おばさんTは本日、お休みです。大学職員は基本的に、日曜・祝祭日がお休みとなっております。それに合わせて図書館も休館となります。

 ところで、図書館おばさんTの今日の休日は、今年度中に図書館内の端末の一部がリース切れとなり、新機種の導入があるであろうことを期待して、Windows vista の予備知識の吸収に努めております。

 Windows vista は今までの xp とはかなり違います。「見ればわかるだろう」というレベルではないようです。(おばさんにとってはですが・・・)

 また、Windows vista に合わせて、Office も2003 から 2007 になるでしょう。そうすると、図書館内の端末でレポートや論文などを作成する、利用者の方々が、Office2007 を使うことになるわけですが、もしかしたら、Word 2007 やExcel 2007 の使い方がわからない方もいるかもしれません。

 そういう方々から質問がきたときに、簡単なことぐらいなら答えられるように、少し慣れておかなければと思い、勉強をしています。

 若い人はすぐにこういう類のものに慣れると思うのですが、おばさんになると物わかりが悪くてねぇ・・・

 Windows vista の導入がいつかはまだはっきりしませんが、それに備えて、図書館おばさんTは勉強に励んでいます。

2007年4月14日土曜日

新採用教員の皆様方へ

 本日は、新採用教員のオリエンテーションお疲れ様でした。

 1日かけて、世田谷・鶴川・多摩と3キャンパスをめぐるのは、さぞ、お疲れになったことと思います。

 そのような中、オリエンテーションの一環で、国士舘大学附属図書館の話を聞いていただきありがとうございます。

 国士舘大学附属図書館は、中規模ながらも、構想は大きく、世界にはばたく!?つもりで、図書館員は日夜努力しております。

 微力ながらも”図書館おばさんT”も図書館のIT化に一生懸命ついていき、皆様方のお手伝いができるようがんばりたいと思います。

 これからもよろしくお願い申し上げます。

2007年4月12日木曜日

2007/04/12新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


ストレスを低減する認知的スキルの研究
146.8Su 48
中央 3階
杉浦知子著
風間書房

日韓交流の歴史 : 日韓歴史共通教材 : 先史から現代まで
210.1821N 73
中央 5階
歴史教育研究会(日本), 歴史教科書研究会(韓国)編
明石書店

縄文の動物考古学 : 西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像
210.25U 25
中央 5階
内山純蔵著
昭和堂

平和の島・済州で考える日韓関係 : 歴史そして未来 (アジア女性基金公開フォーラムの記録. 日韓学生のフォーラム2006:4)
319.1021H 51
中央 5階
女性のためのアジア平和国民基金

公共空間における裁判権 : フランスのまなざし
323.35Ko 54
中央 5階
日仏公法セミナー編
有信堂高文社

行政法
323.9Sa 47
中央 2階
櫻井敬子, 橋本博之著
弘文堂

RC構造物の終局強度と新しい耐震補強設計 : 計算法の理解とSPAC工法
324.91Ma 37
中央 5階
槇谷栄次著
森北出版

女性弁護士の歩み : 3人から3000人へ
327.14J 76
中央 5階
日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会編
明石書店

開放マクロ経済分析
332.107Ma 81
中央 5階
松本直樹著
日本評論社

対人ストレス過程における対人ストレスコーピング
361.4Ka 86
中央 2階
加藤司著
ナカニシヤ出版

ステレオタイプとは何か : 「固定観念」から「世界を理解する"説明力"」へ
361.4Su 83
中央 2階
クレイグ・マクガーティ, ビンセント・Y. イゼルビット, ラッセル・スピアーズ編著
明石書店

「居場所のない人びと」の共同体の民族誌 : 障害者・外国人の織りなす対抗文化
369.28Y 31
中央 5階
山本直美著
明石書店

問題行動と学校の荒れ
371.42Ka 86
中央 5階
加藤弘通著
ナカニシヤ出版

大学生の進路選択と時間的展望 : 縦断的調査にもとづく検討
371.47Ts 99
中央 5階
都筑学著
ナカニシヤ出版

学校組織マネジメントとスクールリーダー : スクールリーダー育成プログラム開発に向けて
374G 16
中央 2階
北神正行, 高橋香代編
学文社

小学校における「縦割り班」活動
375.182Sh 95
中央 5階
毛利猛編
ナカニシヤ出版

数学教育学の成立と展望
375.41I 96
中央 5階
岩崎秀樹著
ミネルヴァ書房

無機化学 : 理工系基礎レクチャー
435U 77
中央 2階
鵜沼英郎, 尾形健明著
化学同人

再生医療のためのバイオエンジニアリング (再生医療の基礎シリーズ : 生医学と工学の接点:4)
492.89Sa 22
中央 5階
赤池敏宏編著
コロナ社

計測工学入門 第2版
501.22I 73
中央 5階
中村邦雄編著/石垣武夫, 冨井薫著
森北出版

都市の緑はどうあるべきか : 東京緑地計画の考察から
518.85Sa 61
中央 5階
真田純子著
技報堂出版

生態環境リスクマネジメントの基礎 : 生態系をなぜ、どうやって守るのか
519.8Se 19
中央 2階
浦野絋平, 松田裕之共編
オーム社

木造住宅の耐震設計 : リカレントな建築をめざして
524.91Ka 81
中央 5階
樫原健一, 河村廣著
技報堂出版

4秒免震への道 : 免震構造設計マニュアル 改訂版
524.91Ta 56
中央 5階
高山峯夫 [ほか] 著
理工図書

商空間 : 人・店・街にぎわいをデザインする
526.67Sh 96
中央 5階
松本晃尚, RIC DESIGN企画監修
平凡社

機械の力学
531.3N 15
中央 2階
長松昭男著
朝倉書店

中国におけるホンダの二輪・四輪生産と日系部品企業 : ホンダおよび関連企業の経営と技術の移転
537.067C 62
中央 5階
出水力編著
日本経済評論社

柔構造有機エレクトロニクス
549J 92
中央 2階
電気学会編
オーム社

地球の未来を拓く人々のことば : 国際NGOオイスカの現場から
611.1F 94
中央 2階
オイスカ編著
オイスカ

西のみやこ 東のみやこ : 描かれた中・近世都市
721N 85
中央 3階
国立歴史民俗博物館編集
国立歴史民俗博物館

志賀直哉の方法
910.268Sh 27 Sh
中央 5階
下岡友加著
笠間書院

2007年4月11日水曜日

図書館の禁止事項part2

 一昨日のブログ「図書館の禁止事項」に多くの方々からコメントいただきありがとうございました。

 皆様方が国士舘大学附属図書館に求める期待の高さに、大変うれしく思う一方、私も気を引き締めて取り掛からねば!と気持ちを新たにしました。

 一昨日のブログで「内心では注意をしずらいものを感じている」と書いたことは撤回しなければなりません。

 私たち大学図書館員が、学術・研究に資する場を提供する役割を担っているという自信があれば、注意をすることに、何の躊躇もためらいも感じるはずはありません。大学職員の果たす役割をあらためて実感しました。

 そして、その役割が明確になれば、飲食や携帯電話の使用について、これはダメだとか、あれはダメとか、そんなことルールを決める問題ではありません。

 学術・研究の場としてふさわしくないとは、どういうことか、私たちが提供すべき場がどんな場なのかが明確であれば、図書館員各自で判断できることだと思います。

 そして、大事なことは、それを如何に利用者に伝えるかということ。

 トラブルになる原因で多いのは、やはり、注意されたこと自体よりも、そのやり取りの間で誤解があったり、言葉がたりなかったり、ということ。

 そういう意味では、利用者にマナーや指導をする以前に、私たち図書館員も、もう一度、大学図書館の果たすべき役割や、利用者との応対方法などを見直す必要がありそうです。

2007年4月10日火曜日

2007/04/10新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


著作権とのつきあい方 : 活字文化・出版関係者のために
021.2O 42
中央 3階
岡本薫著
商事法務

存在論抜きの倫理 (叢書・ウニベルシタス:865)
133.9P 98
中央 3階
ヒラリー・パトナム [著]/関口浩喜 [ほか] 訳
法政大学出版局

朝河貫一比較封建制論集
210.4A 84
中央 3階
朝河貫一著/矢吹晋編訳
柏書房

情報量経済分析 : 統計実務における有用性
331.19F 74
中央 5階
福田公正著
日本評論社

ベンチャー型新規開業事業の新動向 : サービス産業を中心事例として (京都学園大学総合研究所叢書:10)
335B 35
中央 2階
梅木晃 [ほか] 著
嵯峨野書院

日本のデフレと金融 (京都学園大学総合研究所叢書:9)
338.3N 77
中央 2階
森田洋二 [ほか] 著
晃洋書房

資産運用会社のビジネスモデルとモジュール戦略
338.8O 88
中央 2階
大塚明生著
金融財政事情研究会/きんざい (発売)

近世の女性相続と介護
361.63Y 53
中央 5階
柳谷慶子著
吉川弘文館

現代の貧困と不平等 : 日本・アメリカの現実と反貧困戦略 (明石ライブラリー:105)
368.2G 34
中央 2階
青木紀, 杉村宏編著
明石書店

変容する世界と法律・政治・文化 : 北海学園大学法学部40周年記念論文集 上巻
377.28H 521
中央 5階
北海学園大学法学部編
北海学園大学法学部

変容する世界と法律・政治・文化 : 北海学園大学法学部40周年記念論文集 下巻
377.28H 522
中央 5階
北海学園大学法学部編
北海学園大学法学部

民俗学を支えた人びと (宮田登日本を語る:15)
380.8Mi 8415
中央 2階
宮田登著
吉川弘文館

これからの知的財産実務
507.2Ta 58
中央 2階
鴨志田元孝編著/武信文著/山崎拓哉監修
税務研究会出版局

自然再生のための生物多様性モニタリング
519.8Sh 93
中央 2階
鷲谷いづみ, 鬼頭秀一編
東京大学出版会

農耕技術の歴史地理 (愛知大學文學會叢書:12)
610.121A 79
中央 5階
有薗正一郎著
古今書院

北欧世界のことばと文化 (世界のことばと文化シリーズ)
802.389H 82
中央 5階
岡澤憲芙, 村井誠人編著
成文堂

地獄の一三六六日 : ポル・ポト政権下での真実 (アジアの現代文芸:Cambodia「カンボジア」 ; 2)
929.38Sa 57
中央 5階
オム・ソンバット著/岡田知子訳
大同生命国際文化基金

2007年4月9日月曜日

図書館の禁止事項

 今朝の、ミーティングで、飲食物の館内持ち込みや、携帯電話利用のマナーについて話がでた。
 毎年、話題になることなのだが、飲食物の持ち込み禁止、や携帯電話の電源を切ることが今の時代には合わないのではないかと。

 実は、注意をする図書館員も、内心では注意をしずらいものを感じている。
 特に携帯電話は、今、「モバイル検索」といって、図書館の資料を携帯電話で調べられることを売りにしている。
 その、携帯電話が「図書館の中では使えない」なんていうのは、全く本末転倒な話である。

 もちろん、それらの行為が禁止になっているのには理由がある。

 まず、「携帯電話の電源を切る」について。これは、研究や学習・調査などのために来館している利用者にとっては、通話や着信音などは気が散る原因となる。また、「電源を切る」まで言うのは、体の具合が悪く、医療機器などを持っている利用者がいるかもしれない、そういう医療機器が携帯電話のため誤作動などを起こし、命に関わる危険にさらされる危険性を回避するためだ。

 飲食物については、基本的に図書館は研究・学習するための場所。飲食する場所ではないという図書館の基本理念はもとより、図書館の図書やPCは水分に弱い。万が一こぼすことがあっては利用者の皆さんの財産の破損を招くこととなる。
 食べ物も、食べ物のこぼれかすが本の間に挟まることにより、虫食いの原因となるし、PCにとっても誤作動の原因となる。そして、快適な学習環境が飲み食いの残骸で汚されることになるかもしれない。

 それらのことを懸念しての禁止事項である。

 しかし、それらの理由も、利用者皆様の立場から考えたらどうなのだろうか?

 ここは大学図書館。大学生にもなって、飲み物をこぼしただの、食べっぱなしで片づけないだの、そんなことあるわけない、と思っている利用者もいるのではないか。
 それより、快適な学習をするためにも、適度な休憩をとりたい、そのためにも飲み物をその場で飲めた方がいい。または、調べものをしているその場で、先生にすぐに聴きたいことができて、電話したいだの、利用者には利用者なりの快適な学習空間の理想があるのではないか。

 結局、今年度も、携帯電話電源OFF、飲食物の持ち込み禁止は変わらなかったのだが、皆さんはどう思われますか?

 国士舘大学の学生・院生・教職員の方々、公開利用をなさっているかた、それ以外の方々でも、これらのことにご意見などお寄せください。参考にさせていただきます。
 もちろん、1図書館員であるおばさんTにどれほどのことができるのかわかりませんが、利用者の皆様の意見を伝える架け橋になりたいと思います。

 ちなみに、私個人の意見としては、一度すべて解禁にしたらいいと思うんです。携帯電話OK、飲食OKにして、それで利用者の皆様から不満が出たとき初めて、利用者皆様方にとって迷惑なのだと、私も実感できる。その実感があれば、マナー違反をする利用者に注意をすることに、図書館員も自信がもてるはずです。

2007年4月8日日曜日

図書館の休日

 国士舘大学附属図書館は、日曜・祝祭日は休館となります。
 皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
 図書館おばさんTをはじめ、図書館員は、明日、月曜日から、また皆さんと元気にお会い出来るよう、本日は鋭気を養います。
 明日からのご来館をお待ち申し上げております。

2007年4月7日土曜日

2007/04/07新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。

らくらく行政書士講義そのまんま。 改訂第5版 2007年版
中央 1階
芳賀啓寿, 佐藤史子編著
週刊住宅新聞社

倫理学 3 (岩波文庫:青(33)-144-9, 青(33)-144-10, 青(33)-144-11)
中央 1階
和辻哲郎著
岩波書店

深き淵よりの嘆息 : 『阿片常用者の告白』続篇 (岩波文庫:赤(32)-267-2)
中央 1階
ド・クインシー作/野島秀勝訳
岩波書店

国語学原論 上 (岩波文庫:青N-110-1)
中央 1階
時枝誠記著
岩波書店

「生きている」を見つめる医療 : ゲノムでよみとく生命誌講座 (講談社現代新書:1881)
中央 1階
中村桂子+山岸敦著
講談社

百年前の私たち : 雑書から見る男と女 (講談社現代新書:1882)
中央 1階
石原千秋著
講談社

ゲーム的リアリズムの誕生 (講談社現代新書:1883. 動物化するポストモダン:2)
中央 1階
東浩紀著
講談社

中国を知る : ビジネスのための新しい常識 (日経文庫:1131)
中央 1階
遊川和郎著
日本経済新聞出版社


技術マネジメント入門 (日経文庫:1132)
中央 1階
三澤一文著
日本経済新聞出版社


株式用語辞典 10版 (日経文庫:1133)
中央 1階
日本経済新聞社編
日本経済新聞出版社

ビジュアルIT活用の基本 第2版 (日経文庫:1909)
中央 1階
内山力著
日本経済新聞出版社

東京 : 東京ディズニーリゾート汐留・お台場銀座・渋谷・原宿白金・新宿浅草・深川 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:4)
中央 1階
あるっく社編集部編集
山と溪谷社

横浜・鎌倉 : みなとみらい・中華街・山手・八景島・北鎌倉・小町通り・長谷・江の島 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:5)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

伊豆・箱根・富士 : 熱海・伊豆高原・下田・修善寺・堂ケ島・松崎・箱根湯本・芦ノ湖・富士五湖・白糸の滝 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:6)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

軽井沢・長野 : 旧軽井沢・塩沢湖・草津・小諸・別所温泉・善光寺・小布施・志賀高原・戸隠・黒姫・野沢温泉 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:7)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

松本・上高地 : 美ケ原・河童橋・乗鞍・安曇野・アルペンルート・白馬・諏訪・白樺湖・清里・妻籠・馬籠・高遠 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:8)
中央 1階
あるっく社編集部編集
山と渓谷社

金沢・能登・越前 : 兼六園・金沢城・香林坊・近江町市場・輪島・加賀温泉郷・永平寺・東尋坊 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:9)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

南紀・伊勢・志摩 : 伊勢神宮・松阪・鳥羽・賢島・英虞湾・熊野・那智・勝浦・潮岬・白浜・和歌山・高野山 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:11)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

京都 : 東山・南禅寺哲学の道・二条城金閣寺・嵐山嵯峨野・高雄・大原鞍馬・伏見・宇治/ あるっく社編集部編集 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:12)
中央 1階
あるっく社編集部編集
山と溪谷社

奈良・大和路 : 奈良公園・西の京・斑鳩・柳生・山の辺の道・長谷・室生・飛鳥・吉野・當麻 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:13)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

大阪神戸 : ユニバーサル・スタジオ・ジャパンキタ・ミナミ・大阪城・北野ハーバーランド・六甲山・須磨・舞子 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:14)
中央 1階
あるっく社編集部編集
山と溪谷社

山陽山陰 : 岡山・津山・倉敷尾道・広島・宮島・下関山口・萩・津和野城崎・鳥取・松江・出雲 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:15)
中央 1階
あるっく社編集部編集
山と溪谷社

九州 : 福岡・門司港・柳川・平戸・長崎・雲仙・熊本・阿蘇・湯布院・別府・宮崎・鹿児島・屋久島 (歩く地図Nippon : 歩いてみたい街がある:17)
中央 1階
あるっく社編集部編
山と渓谷社

2007年4月6日金曜日

理工学部オリエンテーション

 今、理工学部オリエンテーションが終わりました。
 理工学部のオリエンテーションは、他の学部と違い、図書館を見学する形式をとっています。
 ですので、施設見学みたいなもので、図書館を利用する上で重要な「資料検索法」について、お話しすることができません。
 適当に、書架を探しても、本を探すことはできますが、70万冊にも及ぶ図書の中から、自分が見たいと思った本をピンポイントでてにするには、やはり資料検索が大切です。
 資料を検索して、それが、世田谷・鶴川・多摩のどのキャンパスの図書館にあるのか、そして、図書館の中のどこにその本はあるのか?
 皆さん、是非資料検索をしてください。そして、資料検索の方法がわからなかったら、図書館員にお尋ねください。
 資料検索方法を覚えれば、本を探す時間を短縮することができます。学生生活を有意義に過ごすためにも、是非、資料検索をしてください。

国士舘大学附属図書館 蔵書検索OPAC

URL:http://libuu.kokushikan.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do

2007年4月4日水曜日

2007/04/04新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。

著作権とのつきあい方 : 活字文化・出版関係者のために
021.2O 42
中央 3階
岡本薫著
商事法務

中国「抗日戦争」史跡ガイド
222.075Ta 28
中央 5階
高田明子著
文芸社

情報量経済分析 : 統計実務における有用性
331.19F 74
中央 5階
福田公正著
日本評論社

資産運用会社のビジネスモデルとモジュール戦略
338.8O 88
中央 2階
大塚明生著
金融財政事情研究会/きんざい (発売)

変容する世界と法律・政治・文化 : 北海学園大学法学部40周年記念論文集 上巻
377.28H 521
中央 5階
北海学園大学法学部編
北海学園大学法学部

変容する世界と法律・政治・文化 : 北海学園大学法学部40周年記念論文集 下巻
377.28H 522
中央 5階
北海学園大学法学部編
北海学園大学法学部

中南米 (世界の食文化:13)
383.8Se 2213
中央 2階
山本紀夫責任編集
農山漁村文化協会

スペイン (世界の食文化:14)
383.8Se 2214
中央 2階
立石博高著
農山漁村文化協会

ライセンス契約 (ビジネス法務大系:1)
507.2R 12
中央 2階
椙山敬士, 高林龍, 小川憲久, 平嶋竜太編
日本評論社

コンクリート工学 第2版
511.7Ko 75
中央 2階
大塚浩司 [ほか] 著
朝倉書店

自然再生のための生物多様性モニタリング
519.8Sh 93
中央 2階
鷲谷いづみ, 鬼頭秀一編
東京大学出版会

農耕技術の歴史地理 (愛知大學文學會叢書:12)
610.121A 79
中央 5階
有薗正一郎著
古今書院

北欧世界のことばと文化 (世界のことばと文化シリーズ)
802.389H 82
中央 5階
岡澤憲芙, 村井誠人編著
成文堂

古事記をよむ 2 (中西進著作集:1-2)
910.23N 382
中央 5階
中西進著
四季社

上代和歌史の研究 (新典社研究叢書:183)
911.101Ta 42
中央 5階
高松寿夫著
新典社

地獄の一三六六日 : ポル・ポト政権下での真実 (アジアの現代文芸:Cambodia「カンボジア」 ; 2)
929.38Sa 57
中央 5階
オム・ソンバット著/岡田知子訳
大同生命国際文化基金

2007年4月3日火曜日

本日、オリエンテーション

 今日は、文学部と法学部で図書館のオリエンテーションがありました。
 両学部ともかなり多くの学生が参加してくださり、みなさん熱心に図書館利用方法を聞いていました。
 今日、図書館のオリエンテーションに参加してくださった学生さん達は、きっとこれからの学生生活を図書館を通して有意義に過ごせることと思います。
 もちろん、今日、行ったオリエンテーションが図書館の全てではありません。
 今日、オリエンテーションに参加した学生も、そうでない学生も、わからないことは遠慮なく図書館員にお尋ねください。
 図書館員は皆さんからどんなに小さな質問でもいいですから、アプローチされるのを待っています。

2007年4月2日月曜日

今日から年度始めです!

 昨日は入学式。入学された皆様おめでとうございます。
 本日より、図書館も年度始めです。図書館おばさんTも新たな気持ちで取り組みたいと思います。

 明日、明後日と図書館のオリエンテーションがあります。各学部より皆様通知がいっていると思います。是非とも、参加してくださいね。

 図書館おばさんTもオリエンテーションやりますよ。少しでも皆様に図書館の利用方法がわかるように案内したいと思います。もう既に図書館の利用方法など承知済み!と思っている方も、もしかしたら、お得な情報もあるかもしれません。是非、参加してください。

 中央図書館のフロア案内、資料検索(蔵書検索や雑誌の記事検索、他大学の所蔵などなど)、予約や他キャンパス資料の取り寄せ、Opac新機能の「マイフォルダ」などご案内したいと思っています。

 オリエンテーションに参加して、少しでも図書館利用術を身に着け、他のライバルより先に資料探しができるようがんばってくださいね。

2007年4月1日日曜日

入学おめでとうございます。

 本日は、国士舘大学の入学式。新入生の皆様、入学おめでとうございます。
 今日から、国士舘大学の学生となる皆様方と一緒に、大学生活を大いに楽しんでください。
 図書館おばさんTは、図書館で皆さんが来館するのを楽しみにお待ち申し上げております。皆さんの学習・研究のサポートはもちろん、様々な局面で図書館がお手伝いできれば幸いと思います。