2007年5月31日木曜日

アイコンタクト

 今日もアイコンタクトで2人くらいの学生さんと言葉を交わした。

 アイコンタクトなのに言葉を交わすって?何か変?

 アイコンタクトとは、JapanKnowledgeによると、

 ①視線を合わせること
 ②会話中などに相手の目を見つめて思いを伝えること
 ③目と目を合わせてサインを交わすこと

 と、書いてある。

 私はカウンターに座っているのだが、明らかに資料を探すために、近くの書架をうろうろしている学生さんが目に入った。

 そこで、私はその学生さんに視線を投げかける。

 人の視線ってけっこう感じるものなのか、学生さんもだれか教えてくれる人はいないだろうかと振り向いたのか?しばらくして、私が見ていることに気付いた学生さんと目があった。

 学生さんがにっこり笑う、私も微笑みかえした。

 そこで、はじめて声をかける。「何を探しているんですか?」

 このアイコンタクトがなかったら、学生さんはどうしたのだろうか?

 もちろん、図書館員に声をかけて、尋ねる学生さんもいるだろう。

 端から端まで、何としてでも自分で探そうと、時間をかける学生さんもいるだろう。

 あきらめて、帰ってしまう学生さんもいるかもしれない・・・

 最近の図書館は、あらゆる面でOA化して、本を調べるのもパソコン、何か資料をつくるのもパソコン、貸出返却するのもパソコン、図書館員は常にカウンターにいても、パソコンに向かっている様子だ。

 確かに、パソコンがないと最近の仕事はできないくらいパソコンが必須になっている。だけど、利用者から見たときにはどうなのだろう?

 必至になって、画面にくらいついて、ぱちぱちとキーボードを叩いている。近寄りがたいオーラを出してはいないか???

 パソコンがなかったとき、図書館のカウンターにいる図書館員は、何もせず、じっと利用者がくるのを待っていたか、手書き仕事をしていたか、本を調べていたか、読んでいたか・・・。そんな様子だったのではないだろうか。

 そして、実は、利用者から見たとき、こういった姿の方が、声をかけやすかったのかもしれない、と思う。

 私ももれなく、カウンターでパソコンを使っている図書館員の一人なのですが、気をつけていることがあります。

 それは、図書館員は常に利用者に向かって仕事をしているということ。
 決して、パソコンに向かって仕事をしているのではない、ということです。

 そして、それは、図書館のどんな仕事をしている人であっても、そう思っていてほしい。直接利用者に関わる仕事をしていない人でも、パソコンに向かって仕事をしている先には、必ず利用者がいるということ。それを忘れてはならないと思います。

 今日のアイコンタクトは私なりに心がけていることなのですが、カウンターの前を通り過ぎるたくさんの利用者の顔を「チラ見」します。
 あんまりじーっと見ても、悪いので、軽く「チラ見」をします。「チラ見」でも、結構利用者の様子ってわかります。助けが必要か必要でないか等・・・。

 利用者さんの中には、すぐに手出ししてほしい人ばかりではありません。利用者さんの自主性を尊重しながら、折を見て、目線を向けると、たいてい助けを求めている利用者さんとは、アイコンタクトが成立します。

 そして、これは図書館だけに留まらず、大学のスタッフ全員に対しても言えることなのではないでしょうか?
 OA化がすすみ、様々な業務が杓子定規になりがちな今日この頃、あらためて、視線を学生さんに向けて見る必要があるのではないでしょうか。

 とは言っても、人間だれでも、夢中になると、まわりが目に入らなくなってしまうことも多々あります。
 学生さん達には遠慮なく声を掛けてもらいたいと思います。

2007年5月30日水曜日

2007/05/30新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



心理学の研究法 : 実験法・測定法・統計法
140.7Ka 86
中央 3階
加藤司著
北樹出版

古墳時代政治構造の研究
210.32H 72
中央 5階
広瀬和雄著
塙書房

継体天皇の実像
288.41Sh 85
中央 5階
白崎昭一郎著
雄山閣

財産権の領分 : 経済的自由の憲法理論 (現代憲法理論叢書)
323.01N 34
中央 5階
中島徹著
日本評論社

憲法 : ベーシックテキスト
323.14Ke 37
中央 5階
君塚正臣編/河野良継 [ほか] 著
法律文化社

憲法判例 第5版
323.14Ke 37
中央 5階
戸松秀典, 初宿正典編著
有斐閣

自主規制の公法学的研究 (九州大学法学叢書:1)
323.95H 32
中央 5階
原田大樹著
有斐閣

初歩からはじめる物権法 第5版
324.2Y 38
中央 2階
山野目章夫著
日本評論社

契約法講義 第2版
324.52G 72
中央 5階
後藤巻則著
弘文堂

総則・物権総論 第3版 (基本民法:1)
324Ki 171
中央 2階
大村敦志著
有斐閣

刑法総論 補正版
326.1A 81
中央 2階
浅田和茂著
成文堂

中国経済論 : 高度成長のメカニズムと課題
332.22Sh 99
中央 5階
周牧之著
日本経済評論社

経営資源の国際移転 : 日本型経営資源の中国への移転の研究
335.5To 11
中央 2階
董光哲著
文眞堂

財務会計・入門 : 企業活動を描き出す会計情報とその活用法 第4版補訂 (有斐閣アルマ. Basic)
336.9Sa 47
中央 2階
桜井久勝, 須田一幸著
有斐閣

SRIと新しい企業・金融
338.15E 75
中央 5階
谷本寛治編著
東洋経済新報社

財政学 改訂版
341J 52
中央 2階
神野直彦著
有斐閣

現代日本の人間関係 : 団塊ジュニアからのアプローチ
361.4G 34
中央 2階
高橋勇悦 [ほか] 著
学文社

母親が子どもに抱く罪障感の心理学的研究
367.3I 79
中央 2階
石野陽子著
風間書房

シークレット・ミュージアム : 猥褻と検閲の近代
367.9Ke 42
中央 2階
ウォルター・ケンドリック著/大浦康介, 河田学訳
平凡社

発達・学習の心理学
371.4H 43
中央 2階
多鹿秀継, 竹内謙彰編著
学文社

教職概論 : 教師を目指す人のために 第2次改訂版
374.3Sa 85
中央 2階
佐藤晴雄著
学陽書房

進学支援の教育臨床社会学 : 商業高校におけるアクションリサーチ
375.25Sh 62
中央 5階
酒井朗編著
勁草書房

中等社会科の理論と実践
375.3C 68
中央 2階
二谷貞夫, 和井田清司編
学文社

科学者のための法律相談 : 知っておいて損はない25の解決法
407Ka 16
中央 2階
京都第一法律事務所編著
化学同人

線形代数学講義
411.3Ts 91
中央 2階
対馬龍司著
共立出版

要点がわかるベクトル解析
414.7Ma 59
中央 2階
丸山武男, 石井望共著
コロナ社

物理化学要論 第4版
431A 94
中央 2階
Peter Atkins, Julio de Paula [著]/千原秀昭, 稲葉章訳
東京化学同人

人類紀自然学 : 地層に記録された人間と環境の歴史
456.8J 52
中央 2階
人類紀自然学編集委員会編著
共立出版

微生物学 (基礎生物学テキストシリーズ:4)
465B 47
中央 2階
青木健次編著
化学同人

自然人類学入門 : ヒトらしさの原点
469Ma 31
中央 2階
真家和生著
技報堂出版

実戦心理療法
493.72Mu 43
中央 5階
村上伸治著
日本評論社

他人がこわい : あがり症・内気・社会恐怖の心理学
493.74A 48
中央 5階
クリストフ・アンドレ, パトリック・レジュロン [著]/野田嘉秀, 田中裕子訳
紀伊國屋書店

成年後見と医療行為
498.12Se 19
中央 5階
新井誠編
日本評論社

センシング入門
501.22Se 73
中央 5階
西原主計編/河原崎徳之 [ほか] 共著
オーム社

オムニバス技術者倫理
507O 64
中央 2階
北海道技術者倫理研究会編
共立出版

国際ビジネスと技術標準
509.13Ko 51
中央 5階
梶浦雅己編著
文眞堂

新土質実験法
511.37Sh 62
中央 5階
高専土質実験教育研究会編
鹿島出版会

琵琶湖発環境フィールドワークのすすめ
519.07B 48
中央 5階
滋賀県立大学環境フィールドワーク研究会編
昭和堂

ケンチク模型。宮本流
525.1Ke 41
中央 2階
宮本佳明編著
彰国社

イラストでわかる建築模型のつくり方
525.1O 93
中央 2階
大脇賢次著
彰国社

戸田建設の建築標準ディテール図集 : 設計・施工の蓄積から 第2版
525.1To 17
中央 2階
戸田建設建築工事技術部編著
彰国社

建築家のための建築環境デザイン
528I 89
中央 2階
伊藤眞人著
オーム社

ヒートポンプ入門 : 地球温暖化対策の切り札
533.6Y 66
中央 2階
ヒートポンプ研究会編/矢田部隆志著
オーム社

高電圧・絶縁システム入門
541.33O 67
中央 5階
小野田光宣, 中山博史, 上野秀樹共著
森北出版

電子・光材料 : 基礎から応用まで
549Sa 96
中央 2階
澤岡昭著
森北出版

森林水文学 : 森林の水のゆくえを科学する
656.5Sh 69
中央 2階
森林水文学編集委員会編
森北出版

鉄道日本文化史考
686.21U 26
中央 5階
宇田正著
思文閣

日本を変える観光力 : 地域再生への道を探る
689.4H 89
中央 2階
堀川紀年著
昭和堂

教育者シラー : 美と芸術による人間性の獲得
701.1Sc 1
中央 3階
ユルゲン・シェーファー著/久野弘幸, 澤たか子編訳/岡田泰枝 [ほか] 訳と解説
学文社

メディアは透明になるべきか
702.07B 63
中央 5階
ジェイ・デイヴィッド・ボルター, ダイアン・グロマラ著/田畑暁生訳
NTT出版

2007年5月29日火曜日

お詫び

 5月26日(土)ブログでご紹介した、ルール・マナーキャンペーンについて、実施延期となりました。

 お知らせが遅くなり申し訳ありません。

 あらためて日程がわかりましたらお知らせします。

2007年5月26日土曜日

ルール・マナーキャンペーン実施について

 平成19年5月28日(月)~6月1日(金)10:30~18:00、学生・厚生課主催で、ルール・マナーキャンペーンを実施します。

 世田谷キャンパス構内外、世田谷区役所駐車場、梅ヶ丘駅から大学通学路周辺にかけて、迷惑駐輪及び歩行喫煙、ゴミのポイ捨てに対する注意・清掃を行います。

 昨年の秋に引き続き、みんなでルール・マナーを呼びかけましょう。

 そして、キャンペーン自体に参加できなくても、まず、迷惑行為をやめること。これがいちばん大切なことです。

 このようなキャンペーンをしなくても住みよい、居心地の良い大学・町にしたいですね。

2007年5月25日金曜日

自宅でゆっくり休みましょう

 朝、よく見かける光景なのですが、中央図書館エントランスのソファで学生さんが横になって寝ています。

 私が、朝、エントランスの前を通のは、8:00頃です。

 「この、寝ている学生さんたちは、何時からここにいて、こうしているのだろう?」

 朝、早く来たけれど、図書館が開いていなかったため、待っているのか?
 夜遅くまでエントランスのPCを使用していて、帰りそびれてしまったのか?

 きっと、それぞれに、各々の理由があるのだろう。

 だけれども、ちょっとおばさんの声に耳を傾けていただきたい。

 まず、中央図書館エントランスは大学の入口にほど近いところにあります。大学の入口として、ソファに寝そべっている姿は、あまりよくありません。きちんと腰掛けて座ってください。

 次に、いくら大学内といっても、危険なことがあるかもしれません。防犯の面からも、無防備に眠り惚けることはやめましょう。

 そして、何よりも、あなた方の健康が心配です。体を休めるためには、自宅でゆっくりやすみましょう。

2007年5月24日木曜日

麻疹(はしか)に注意!part2

 5月も半ばを過ぎましたが、麻疹(はしか)がおさまる様子はいっこうにありません。

 先日、6大学コンソーシアムで相互協力を行っている、駒澤大学図書館より、Faxで、麻疹(はしか)のため全学休講になるに伴い、駒澤大学の大学院生が6大学コンソーシアムということで図書館利用に来ても「断っていただいても構いません」と通知をいただきました。

 そして、本日、昭和女子大学より同じく、麻疹(はしか)のため全学休講にすること、そして、昭和女子大学の大学院生がほんがく図書館に来館しても「断っていただいて構いません」との通知をいただきました。

 6大学コンソーシアムでは、駒澤大学・昭和女子大学・東京農業大学と3校が麻疹(はしか)のため、休講となってしまいました。

 その他、成蹊大学・東京工科大学・日本大学文理学部・早稲田大学など、多数の大学で休講の措置をとっています。

 当然のことながら、国士舘大学の大学生・大学院生さん達も、これらの大学の図書館は来館利用できません。紹介状も発行できない旨、ご了承ください。

 今は、一刻でも早く、麻疹(はしか)が治まることを願うばかりです。

2007年5月23日水曜日

図書館内のパソコン

 お願いです!

 図書館内のパソコンは、学術研究用の端末です!
 ゲームやチャットなど娯楽目的の使用はやめてください!

 皆さんも、既にご存じだと思いますが、図書館内にあるパソコンは、そんなに数が多いわけではありません。
 皆さんで譲り合って使わないと、本当に、レポートや課題、卒業論文などで使いたいと思ったときに、使えないことになります。
 自分一人くらい良いだろう、などと思っていると、それは必ず自分に返ってきます。
 まず、自分自身から、進んで譲り合う気持ちになってください。


 お願いです!

 図書館のパソコンの場所取りをしないでください!

 お昼休みや夕方16時頃などは端末が混み合う時間です。こういう混み合う時間帯に荷物を置いて場所取りをしている方は、大顰蹙(だいひんしゅく)です。

 午前中や、午後1時過ぎなど、すいている時間帯もあります。時間を見計らって利用するようにしたら如何ですか?


 お願いです!

 図書館のパソコンからのプリントは節約を心がけてください。

 プリントは無限にできるわけではありません。コンピュータ上1人1年間1,000枚の上限を設けていますが、それでも、限界はあります。

 複数部必要な方は、1部をパソコンから印刷し、あとはコピーするなどして節約するようお願いします。
 また、あやまって、印刷をしているケースも多いようです。プリントする前に、確認するようにしましょう。

 図書館のパソコンについて、図書館でも図書以上に人気があるのではないか!と思われるほどよく、ご利用いただいております。

 皆さんが使いたいと思う物であればあるほど、利用マナーや譲り合いの気持ちなどをもってご利用いただきたいと思います。

2007/05/23新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


会計の経済理論分析 : 会計とゲーム理論・ファイナンスの学際的研究 (滋賀大学経済学部研究叢書:第44号)
336.9Sh 66
中央 2階
篠田朝也著
滋賀大学経済学部

英語の語用論的能力向上を目指すタスク活動
835Ta 73
中央 3階
瀧本将弘著
ユニオンプレス

2007年5月22日火曜日

2007/05/22新着図書案内

国士舘大学政経学部教授佐藤圭一先生の著書です。

米国政教関係の諸相 改訂版
312.53Sa 85
中央 5階
佐藤圭一著
成文堂



その他、国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。

ヘルダー論集 (比較社会文化叢書:5)
134.3Sh 36
中央 3階
嶋田洋一郎著
花書院

九州大学21世紀COEプログラム「東アジアと日本:交流と変容」 : 統括ワークショップ報告書
319.2Ky 9
中央 2階
今西裕一郎編
九州大学21世紀COEプログラム(人文科学)「東アジアと日本:交流と変容」

会社法と実務対応
325.2Ka 21
中央 2階
住友信託銀行証券代行部編
商事法務

財務業績報告の基礎概念 (滋賀大学経済学部研究叢書:第43号)
336.9Y 19
中央 2階
山田康裕著
滋賀大学経済学部

名著から探るグローバル化時代の市民像 : 九州大学公開講座講義録 (比較社会文化叢書:6)
362.0604Me 22
中央 5階
九州大学政治哲学リサーチコア編
花書院

居住福祉と生活資本の構築 : 社会と暮らしをつむぐ居住 (中京大学総合政策研究叢書:No.1)
365.3O 42
中央 2階
岡本祥浩著
ミネルヴァ書房/中京大学総合政策学部 (発売)

女性と法 (国士舘アカデミア叢書:5)
367.1J 76
中央 2階
植野妙実子 [ほか] 著
成文堂

鉄道・航空機事故全史 (日外選書:fontana. シリーズ災害・事故史:1)
369.3Sh 881
中央 2階
災害情報センター, 日外アソシエーツ編
日外アソシエーツ

どうしたら賢い子に育てられるか : 知的発達を促す幼児教育
376.15D 88
中央 5階
銀林浩編著
日本評論社

発明とブランドを見る目に確かさを (国士舘アカデミア叢書:6)
507.2H 42
中央 2階
飯田昭夫 [ほか] 著
成文堂

掘削と土留め : 仮設構造物の設計 (考え方と設計がよくわかる実務シリーズ:4)
513.4Ku 89
中央 2階
大成建設株式会社土木本部土木設計部編
山海堂

土木と景観 : 風景のためのデザインとマネジメント
518.8D 81
中央 2階
田中尚人, 柴田久編著/藤井聡, 秀島栄三, 横松宗太著
学芸出版社

水辺市街地における気温分布と風の吹送 : 文部科学省学術フロンティア推進事業『都市における水辺空間の再生に関する研究』エコプロジェクト2 都市微気象
519.4Mi 94
中央 2階
佐藤典人
エコ地域デザイン研究所

海軍装甲技術史 : 戦艦富士・三笠から大和まで
556.9Te 56
中央 2階
寺西英之著
慶友社

ビジネス技術 : わざの伝承 : ものづくりからマーケティングまで (日外選書:fontana)
675Sh 18
中央 2階
柴田亮介著
日外アソシエーツ

日中対照研究ヴォイス : 自・他の対応・受身・使役・可能・自発
815.1N 34
中央 3階
中島悦子著
おうふう

モンゴル語ハルハ方言における派生接尾辞の研究 (大阪外国語大学学術研究双書:35)
829.55Sh 77
中央 5階
塩谷茂樹著
大阪外国語大学研究推進室編集部門

二人の父・蘆花と蘇峰 : 「みみずのたはこと」と鶴子
910.268To 45 W
中央 5階
渡邊勲著
創友社

島木赤彦論
911.162Mi 76
中央 5階
宮川康雄著
おうふう

鈍感力
914.6W 46
中央 3階
渡辺淳一著
集英社

2007年5月19日土曜日

城山三郎「落日燃ゆ」を読んで

 先々月、小説家の城山三郎氏が亡くなったという記事を、書きました。

  ブログ記事 → 小説家 城山三郎氏 死去

 その記事の中で、 「私は、作品を一度も読んだことがないので読みます。」と書いたので、ちゃんと読みました。

 その1冊がつい先頃、読み終わりました。

 読んだ作品は、1975年、吉川英治文学賞、毎日出版文化賞を受賞した作品 「落日燃ゆ」です。

 この作品は、第二次世界大戦後の東京裁判で死刑を言い渡された、7人のA級戦犯のうち、ただ一人文官であった、「広田弘毅」元総理大臣、元外務大臣を主人公としています。

 広田弘毅は、決して、官僚血筋のお家柄ではないが、自らの努力と、日本を思う気持ちとで、外務省に入省し、外交官として活躍、外務大臣、総理大臣にまで上り詰めた。

 しかし、戦争前の動乱期、外務官僚として、諸外国に対して、粘り強い外交交渉を行い、戦争になることを防ごうと努力するが、統帥権の名のもと、強行路線を貫こうとする軍部に押し切られる形でついに、第二次世界停戦へと突入していく。

 自分が行ってきた外交交渉がこの戦争でご破算となり、広田自身としては一番苦い思いをさせられてきたはず。
 にも拘わらず、その軍人たちと共に、A級戦犯として死刑宣告をされるという運命を受けとめたのは、「自ら計らわぬ」という信条のもと、東京裁判においても、自ら言い訳することはしなかった、という。

 城山三郎氏が、この作品を書くにあたっては、様々な文献を読みあさったことと思います。東京裁判での細かな描写など、どのような文献を参照したかは、わかりませんが・・・。

 ところで、国士舘大学附属図書館では、この東京裁判の生資料を持っているんです!
 その資料には、城山三郎氏の小説にでてきた「東条」や「ウェッブ裁判長」「清瀬弁護人」の名前がずらっと出ており、本当に、裁判の様子をよく伝えています。

 「極東国際軍事裁判資料」として、図書(貴重書)とマイクロフィルムを所蔵しています。
 図書は、貴重書なので閲覧する場合には手続が必要になります。
 マイクロ資料は、AV資料室で申込みをしていただければ、すぐ見ていただくことができます。

 本学にも歴史を研究する学部があります。東京裁判について研究をしていらっしゃる方には、是非見ていただきたい資料です。
 そうでないかたでも、一見の価値があると思います。

2007年5月18日金曜日

麻疹(はしか)に注意!

 最近、ニュース等でも伝えられていますが、東京都内で、麻疹(はしか)の発生が増加しています。

 近隣の大学でも、麻疹(はしか)のため、全学休講という措置をとっているところが見受けられます。

 麻疹(はしか)の症状は、発熱・せき・鼻水・口腔内にプツプツとした斑点ができ、3~4日で全身に発疹ができるといいます。
 初期症状が風邪に似ているので、注意が必要です。風邪だから大丈夫だと思って、無理して登校すると、症状も悪化しますし、他の人達に感染する可能性もあります。
 早い段階で、お医者様に行って診察してもらう方が良いでしょう。

 麻疹(はしか)は空気感染もするようなので、今、感染していなくても、うがい・手洗い・マスクなどで予防しましょう。

 潜伏期間は10日ほどだそうです。

 とにかく、早期予防と早期処置で、この感染が広がらないようにみんなで気をつけましょう。

2007年5月17日木曜日

文献複写のFax送信

 文献複写物を「Faxで取り寄せて!」という質問にお答えして・・・

 今日、当たり前のように行っている、大学図書館間での文献複写のやりとり。
 これがどうして、Faxでできないのか? 疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

 実は、これにも、著作権が大きくからんでいます。

 文献を複写することは、著作権法第31条で、図書館の利用者が個人の研究に必要な場合は1部複写することができる、となっているので、かまわないのですが(→「図書館のコピー機http://obasan-t.blogspot.com/2007/05/blog-post_10.html参照)、その複写した文献をFaxで送信するとなると、著作権法第23条の公衆送信権で制限されることとなります。

 著作権法第23条の公衆送信権では、「著作者は、その著作物について、公衆送信(~略~)を行う権利を専有する。」と定められており、公衆送信するためには著作者の許可が必要になるのです。

 公衆送信とはテレビ・ラジオなどの放送や有線放送、インターネット、Faxやメールなどを使って送信することです。(参考文献:「著作権テキスト ~初めて学ぶ人のために~」平成16年度文化庁長官官房著作権課)

 理屈で言えば、著作者の許可を取ればFax送信で取り寄せることができるのですが、著作者の許可をとるというのは実は、大変な作業になります。

 著作者がすぐ突き止められるとは限りませんし(居所がつかめないとか、亡くなっている場合もあります)、もし突き止められたとしても、それが出版物であれば、それを出版している出版社の版権の問題もでてきます。文献に写真や挿絵などがあると、それについても著作者がいますので、著作権が発生します。あれやこれやと、一つの文献にはたくさんの権利者が存在することが多々ありますので、それをすべてクリヤにしてFax送信してもらうくらいならば、郵送で送ってもらった方が、実は早かったりします。

 ですから、文献の複写を依頼するときには、余裕をもって申込みをしていただきたいと思います。約1週間程度かかると思っていてください。(依頼先図書館や文献の種類によっても届く日数はかわってきます。)

 ちなみに、一部Fax送信できる文献も存在します。

 株式会社日本著作出版権管理システム有限責任中間法人学術著作権協会が複写許諾管理を委託されている著作物は、Fax送信することができます。
 管理を委託されている著作物については、各団体のホームページにて確認することができます。

 なぜかというと、これら2団体と国公私立大学図書館協力委員会(国士舘大学も入っています)の間で、利用許諾の契約を結んでおり、そのガイドラインによれば、複写物を「通信回線を利用して送信」してもよいとなっているからです。(この利用許諾も、実は2004年以降、実現したことなのです。リンクのガイドラインは平成17年(2005)を参照しています。)

 その他、著作権が消失している文献については、法律上は可能です。だけれども、その依頼先となる図書館がFax送信サービスそのものをしていない場合も多々ありますので、上記にあてはまる文献であってもFax送信できない可能性もあります。

 なにやら、複雑な著作権ですが、本来、著作物は著作者の許諾がなければ複写できないところ、図書館であるが故に、譲歩されている部分があるのです。ですから、我々、図書館員はその著作権者と研究活動をする利用者の間に立って、著作権法を遵守した上で、利用者サービスを行っていかなければなりません。

 利用者の皆様にもご理解とご協力をお願い申し上げます。

2007年5月15日火曜日

成城大学図書館見学

 昨日は、PS分科会の研究会で、成城大学図書館を見学させていただきました。
 また、PS分科会の先輩による、グループ研究に関する講義もしていただき、大変参考になりました。
 成城大学図書館の皆々様、本当にありがとうございました。

 大学図書館は、AV資料の多さがなんといっても特徴的だったと思います。大学に文芸学部芸術学科がある故なのでしょう。映画や音楽のDVD・CD・VIDEOなどが数多く所蔵されており、また、視聴スペースも様々なタイプのブースを用意して、利用者の様々なニーズに応える工夫が見られました。

 館内の案内表示も、とても親切で、学内の研究分野に即した表示になっていたようです(例えば、「シェイクスピア研究」、「フランス文学作品研究」など)。

 貴重書室も拝見させて頂きました。ナトルプ文庫や種々の和装本などきれいに整理されており、手袋が用意されていたので、扱いに関しても丁寧にしている様子がうかがえました。

 その他、法学部の資料室や、高校の図書室まで見せて頂き、新しい建物の、広い講義室や見晴らしの良い学生がリラックスできるスペースなども見せて頂き、図書館だけではない、大学自体が学生に対して、どのように取り組んでいるのか、かいま見せて頂いたように思います。(トレーニングルームは全く羨ましい限りです。)

 学食の、「麻婆春雨がけチャーハン(スープ付き)」も、とてもおいしかったです。

 ご案内頂いた図書館の課長さん、本当にありがとうございました。

 PS分科会OBの講義も、とても参考になりました。
 私達が現在取り組んでいるグループ研究を、前々年度まで行っていらっしゃった方でしたから、グループ研究に取り組む生の話が聞けたと思います。

 グループ研究のテーマは違えども、私達のグループ研究が、先輩方から見るとかなり遅いということが分かりました。

 そんな先輩方でも、研究会以外で、業務終了後、遅い時間まで、テーマに関する勉強や資料づくりをしたようですし、グループメンバーで集まることが難しい中、日に5~6通のメールをやり取りしながら、研究を進められたといいます。

 12月の発表会、研究論文が、無事できるのだろうか?不安に思いますが、がんばるしかないのだなと、改めて気を引き締めました。

 その問題のグループ研究では、今回あらためて、大学図書館評価を作成するにあたって、グループ編成を行い、私は「教育支援」のグループに入りました。

 今まで、「教育支援」については、何も勉強していなかったので、不安ではありますが、それでも、昨日から早速、グループ研究にとりかかりました。

 まずはじめに、私達が評価項目をつくる「教育支援」とは、広い意味で言うと、「図書館」そのものが、「教育支援」施設ですので、もう少し絞り込み、「授業に関する支援」に限定して取りかかることとしました。

 そして、「図書館で行える授業支援には、どんなものがあるか、挙げてみよう」ということで、

 1.図書館資料の選書において、
   ・シラバスを見て選書する
   ・先生が授業で使う資料、参考になる資料を推薦する
   ・授業の中で課題として与えられた資料を購入する
 2.課題作成のためのPC指導
 3.開館時間の延長
   ・試験期における図書館の開館時間の延長
   ・学生のレポート提出に合わせた開館時間の延長
 4.教材づくりに対する支援

など、いくつかの項目を挙げました。
 
 そして、これらの項目について、評価できるような評価項目を作成しようということで、昨日のグループ研究は終わりとなりました。

 その他、合宿について、いよいよ計画も具体的にしていかなければならなくなってきました。
 とりあえず、今は、分科会のメンバーに、日程調整をお願いしています。なるべくみんなで参加できるようにしたいと思いますので、1日でも多く参加できる日にちをお知らせ頂きたいと思います。
 また、宿泊施設についてもご提供願います。

 昨日は、一日お疲れ様でした。
 最後に、成城大学の皆様方、本当にお世話になり、ありがとうございました。

2007年5月12日土曜日

第23回 鶴川祭開催

今年のテーマは「MOVE

 「MOVE」には「動く」、「進む」の他に「進展する」、「感動させる」と言った意味があります。今年、創立90周年を迎える国士舘大学の活気づけになるようにとの願いが込められています。

 サークル対抗企画「鉄腕キング決定戦」(12(土)16:30~メインステージ)、ビンゴ企画「はじけろッ!!MOOビンゴ」(13(日)15:30~メインステージ)など、様々な企画が目白押し!

 毎年恒例のお笑いライブは、「バナナショー」と題して、お笑いコンビバナナマンビームがやってくる!(13(日)13:00~メインステージ)

 子供企画は「なぞなぞ戦隊トケルンジャー」!
 なぞのかいじん「ツルサーイ」が、こくしかんだいがくに、ひそんでいる。なぞをかいけつして、ツルサーイをたおせ!!(12・13両日、鶴川祭開催期間中)

 cologneライブ(13(日)11:35~メインステージ)
 ぶちぬき!!鶴川音楽BATTLE(12(土)12:25~メインステージ)
 サークル出店の露店
 等々

 行ったら、きっと楽しいことがあるはず!
 是非、参加してください!

 鶴川キャンパスへのアクセス
   ↓  ↓  ↓
 http://www.kokushikan.ac.jp/campus_map/tsurukawa.html

今日と明日、鶴川祭

 今日と明日、鶴川キャンパスにて、鶴川祭が行われています。

 国士舘大学の学園祭実行委員の学生たちが、一生懸命に企画し、準備し今日の日を迎えております。
 多数の方々のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 これに伴い、鶴川図書館は、今日から明後日まで、休館となります。(明後日は、日曜日の振替休日です。)
 鶴川校舎の職員たちは、鶴川祭を盛り上げるため、鶴川図書館の職員も学園祭に参加しております。

 さて、図書館おばさんTは、世田谷校舎勤務のため、鶴川祭には残念ながら参加できないのですが、中央図書館を利用しに来る人のために、図書館にて多数の利用者が来るのをお待ちしております。

 鶴川祭に参加する方、勉学に勤しむ方、それぞれがんばってください。

 尚、鶴川祭開催期間中は、鶴川キャンパスは全面駐車禁止となります。
 スクールバスが、鶴川祭期間中は鶴川駅前~鶴川キャンパス間を無料で送迎しますので、ご利用ください。


 

 

2007年5月11日金曜日

2007/05/11新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


臨床心理学 (朝倉心理学講座:9)
140.8A 859
中央 3階
桑原知子編
朝倉書店

植民都市・青島1914-1931 : 日・独・中政治経済の結節点
222.12B 28
中央 5階
ヴォルフガング・バウワー著/森宜人, 柳沢のどか訳
昭和堂

「新しい安全保障」論の視座 : 人間・環境・経済・情報 増補改訂版
319.8A 94
中央 2階
赤根谷達雄, 落合浩太郎編著/中西寛, 栗栖薫子, 中沢力著
亜紀書房

詳解新信託法
324.82Sh 96
中央 5階
福田政之 [ほか] 著
清文社

基礎から学べる会社法
325.2Ki 59
中央 2階
近藤光男[ほか]著
弘文堂

株式会社の登記と実務
325.241Ka 11
中央 5階
企業法務実務研究会著/埼玉司法書士協同組合編
民事法研究会

民事訴訟実務の基礎 第2版 解説篇
327.2Ma 26
中央 2階
加藤新太郎編/前田惠三, 村田渉, 松家元著
弘文堂

民事訴訟実務の基礎 第2版 記録篇
327.2Ma 26
中央 2階
加藤新太郎編/前田惠三, 村田渉, 松家元著
弘文堂

ロースクール民事訴訟法 第2版補訂
327.2R 73
中央 2階
三木浩一, 山本和彦編
有斐閣

要件事実論30講
327.2Y 74
中央 2階
村田渉, 山野目章夫編著/後藤巻則 [ほか] 著
弘文堂

内部監査機能 : 管理の観点からのアプローチ
336.84Ma 77
中央 5階
松井隆幸編著
同文舘出版

社会的スキルを測る:KiSS-18ハンドブック
361.4Sh 12
中央 2階
菊池章夫編著
川島書店

中学生における問題行動の要因と心理教育的介入
371.42A 47
中央 5階
安藤美華代著
風間書房

国際バカロレア : 世界が認める卓越した教育プログラム
373.1Ko 51
中央 2階
相良憲昭, 岩崎久美子編著/石村清則, 橋本八重子, 吉田孝 [執筆]
明石書店

スウェーデンにおける統一学校構想と補助学級改革の研究
378.0238Ko 79
中央 5階
是永かな子著
風間書房

世界の軍旗・翼章・国旗図鑑
390.9Se 22
中央 2階
苅安望編著
彩流社

症例に学ぶ骨・関節疾患の画像診断 : 鑑別診断と治療のポイント
493.6Sh 96
中央 2階
松井宣夫, 龍順之助, 勝呂徹監修
メジカルビュー社

海外に学ぶ建設業のパートナリングの実際
510.95Ka 21
中央 5階
海外建設協会編
鹿島出版会

イラストでみる認知症高齢者のためのしつらえ : ユニットケアと小規模多機能施設
526.36Sa 32
中央 5階
坂本啓治著
学芸出版社

躯体蓄熱
528.2Ku 94
中央 2階
ヒートポンプ・蓄熱センター躯体蓄熱研究会出版WG著
オーム社

ディジタルフーリエ解析 1 基礎編 (音響入門シリーズ:B-1, B-2)
547.1Ki 131
中央 2階
コロナ社

作物の一代雑種 : ヘテロシスの科学とその周辺
615.21Y 19
中央 5階
山田実著
養賢堂

消費社会とマーケティング : ブランド・広告・ファッション・産業クラスター
675Sh 95
中央 2階
東伸一 [ほか] 著
嵯峨野書院

戦争はいかに「マンガ」を変えるか : アメリカンコミックスの変貌
726.101O 17
中央 5階
小田切博著
NTT出版

平安中期私家集論 : 歌人・伝本・表現
911.138F 74
中央 5階
福田智子著
勉誠出版

2007年5月10日木曜日

図書館のコピー機

 新年度が始まって、早1ヶ月が経ちました。
 学生さん達も、学生生活に慣れてきたのでしょう。連日、図書館にもたくさんの学生さん達が訪れます。

 そんな中、図書館を訪れる学生さん達は、必ずしも(こういっては何なんですが)、本を読んだり、勉強や研究をしたりするためだけに来館しているとは限りません。

 学生さんであれば、自由に使える端末、みんなでワイワイ話ができる読書室、映画や音楽を視聴するAVブース、リフレッシュコーナー、等々、様々なアイテムが図書館にはあります。

 それらの中で、コピー機というのも、図書館備え付けのアイテムの一つです。

 ここで、問題なのは、このコピー機の使い方です。

 図書館のコピー機というのは、何でもコピーして良いコピー機ではないということを、皆さんご存じでしょうか。

 図書館のコピー機は、「著作権法」第三十一条の範囲内で、利用しなければなりません。

 その「著作権法」第三十一条とは・・・

(図書館等における複製)
第三十一条 図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。

一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあっては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
(以下省略)

 要するに・・・ 図書館で複製できるのは、

1.図書館所蔵の資料であること
2.営利目的でない、調査研究のためであること
3.著作物の一部(おおよそ半分まで)
4.雑誌等は、発行後相当期間を経過していれば(→最新号以外)全部

です。

 年度始めは、様々な申請手続などで、免許証やパスポートなどをコピーしている学生さんが見受けられます。
 また、これから、前期試験やレポート提出などに向けて、ノートのコピーなども必要になってくるのでしょう。

 自分の持ち物なんだから、いいじゃない! ノートの持主に許可をもらっているからいいじゃない!

 それでも、これらのコピーは図書館ではできません。図書館のコピー機では、著作権法を遵守し、純粋に調査研究のために必要なものをコピーするようにしてください。


※ ちなみに、コンビニエンスストアなどにあるコピー機だったら、何でもコピーして良いのかといったら、そうではありません。
 それこそ、著作物は著作権によって護られているのですから、著作権の範囲内でコピーしてくださいね。

【参考】

CRIC(著作権情報センター)ホームページ
http://www.cric.or.jp/index.html

著作権法
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

2007年5月9日水曜日

2007/05/09新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


存在と人間 : 存在論的経験の本質について (叢書・ウニベルシタス:862)
134.4F 27
中央 3階
オイゲン・フィンク [著]/座小田豊, 信田光郎, 池田隼訳
法政大学出版局

藤原道長 : 男は妻がらなり (ミネルヴァ日本評伝選)
289.1F 68 O
中央 3階
朧谷寿著
ミネルヴァ書房

支倉常長 : 武士、ローマを行進す (ミネルヴァ日本評伝選)
289.1H 36 Ta
中央 3階
田中英道著
ミネルヴァ書房

2007年5月8日火曜日

2007/05/08新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


法則探検に出かけよう
002.7H 94
中央 3階
法則研究プラザ編
三重大学出版会

大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法
002.7Ma 81
中央 3階
松本茂, 河野哲也著
玉川大学出版部

デジタルコンテンツマネジメント (青山学院大学総合研究所叢書)
007.35Ka 21
中央 5階
戒野敏浩著
同文舘出版

書物の日米関係 : リテラシー史に向けて
010.253W 12
中央 5階
和田敦彦著
新曜社

児童図書館の誕生
016.28A 28
中央 5階
赤星隆子著
理想社

大学生諸君! : 今求められる問題解決力
141.5H 46
中央 3階
早川修著
流通経済大学出版会

法隆寺を語る : 世界文化遺産
188.215Ta 28
中央 5階
高田良信著
柳原出版

民俗学と歴史学 : 網野善彦、アラン・コルバンとの対話
204A 32
中央 3階
赤坂憲雄著/[網野善彦, アラン・コルバン述]
藤原書店

平安京の住まい
210.36H 51
中央 5階
西山良平, 藤田勝也編著
京都大学学術出版会

平安京-京都 : 都市図と都市構造
216.2H 51
中央 3階
金田章裕編
京都大学学術出版会

胎土分析からみた九州弥生土器文化の研究
219Ka 52
中央 3階
鐘ヶ江賢二著
九州大学出版会

法と暴力の記憶 : 東アジアの歴史経験
220.7H 96
中央 3階
高橋哲哉, 北川東子, 中島隆博編
東京大学出版会

図説台湾の歴史
222.4Sh 99
中央 3階
周婉窈著/石川豪, 中西美貴訳
平凡社

アメリカは忘れない : 記憶のなかのパールハーバー
253.07R 72
中央 5階
エミリー・S.ローゼンバーグ [著]/飯倉章訳
法政大学出版局

南原繁の言葉 : 8月15日・憲法・学問の自由
289.1N 47
中央 3階
立花隆編/石坂公成[ほか述]
東京大学出版会

大地の肖像 : 絵図・地図が語る世界
290.38D 14
中央 5階
藤井譲治, 杉山正明, 金田章裕編
京都大学学術出版会

「世界地図」の誕生 : 地図は語る
290.38O 35
中央 5階
応地利明著
日本経済新聞出版社

国民投票制
314.9F 76
中央 2階
福井康佐著
信山社出版

肖像権 新版 (ユニ知的所有権ブックス:No.7)
316.1O 31
中央 2階
大家重夫著
太田出版

内務省の社会史
317.21So 21
中央 5階
副田義也著
東京大学出版会

ヨーロッパ国際関係史
319.3N 83
中央 2階
西川吉光著
学文社

国家と社会 (法の再構築:1)
320.4H 851
中央 2階
江頭憲治郎, 碓井光明編
東京大学出版会

末弘厳太郎と日本の法社会学
321.3Su 16
中央 2階
六本佳平, 吉田勇編
東京大学出版会

国法学 : 人権原論 補訂版 (法律学大系)
323.08H 56
中央 5階
樋口陽一著
有斐閣

不動産登記法
324.86I 42
中央 5階
今上益雄著
法学書院

新・アメリカ商事判例研究
325.953Sh 57
中央 5階
近藤光男, 志谷匡史編著
商事法務

ケイスメソッド刑事訴訟法
327.6Ke 27
中央 2階
山口直也, 上田信太郎編著/岡田悦典 [ほか執筆]
不磨書房/信山社 (発売)

刑事訴訟法講義 第4版
327.6W 46
中央 2階
渡辺咲子著
不磨書房/信山社(発売)

緊急事態と人権 : テロを例に (学術選書. 法律)
329.21H 42
中央 5階
初川満著
信山社

国家契約の法理論 (日本比較法研究所研究叢書:72)
329.84Ta 71
中央 5階
多喜寛著
中央大学出版部

Excelによる経済分析入門 : 経済統計データの見方・使い方を習得する
331.19I 19
中央 5階
井出眞弘著
産業能率大学出版部

入門書を読む前の経済学入門 第2版
331N 44
中央 2階
中矢俊博著
同文舘出版

大東亜共栄圏の文化建設
334.51D 28
中央 5階
池田浩士編/池田浩士 [ほか] 著
人文書院

国際経営法学 : コーポレート・ガバナンス、米国企業改革法、内部統制、企業防衛策ならびに金融コングロマリット・金融商品取引法など国際的企業経営をめぐる法制度の現代的課題と実践 (SBC法科大学院シリーズ:8)
335.5F 58
中央 2階
藤川信夫著
信山社/星雲社 (発売)

財務会計論 : 国際的視点から
336.9Z 1
中央 2階
木村敏夫, 向伊知郎編著
税務経理協会

エッセンス簿記会計 第4版
336.91E 74
中央 5階
新田忠誓 [ほか] 著
森山書店

監査論の基礎
336.97Ka 59
中央 5階
石田三郎, 林隆敏, 岸牧人編著
東京経済情報出版

租税法 第12版 (法律学講座双書)
345.12Ka 53
中央 5階
金子宏著
弘文堂

格差社会とたたかう : 「努力・チャンス・自立」論批判 (現代のテキスト)
361.8Ka 28
中央 2階
後藤道夫 [ほか] 著
青木書店

文化と闘争 : 東宝争議1946-1948
366.66I 57
中央 5階
井上雅雄著
新曜社

新しい実践を創造する学校カウンセリング入門
371.43A 94
中央 5階
国立大学教育実践研究関連センター協議会教育臨床部会編
東洋館出版社

ドルトン・プランにおける「自由」と「協同」の教育的構造
371.5I 89
中央 2階
伊藤朋子著
風間書房

新版基礎線形代数 第2版
411.3Sh 69
中央 2階
基礎数学研究会編
東海大学出版会

経済系のための微分積分
413.3Ta 73
中央 2階
西原健二編著/滝沢武信, 山下元著
共立出版

はじめての数理統計学
417.078F 94
中央 5階
古島幹雄, 市橋勝, 坂西文俊著
近代科学社

熱力学の基礎
426.5Sh 49
中央 2階
清水明著
東京大学出版会

基礎量子化学 : 軌道概念で化学を考える
431.19To 61
中央 5階
友田修司著
東京大学出版会

有機化学 : 有機反応論で理解する
437Mu 59
中央 2階
村田滋著
東京大学出版会

明治・大正の日本の地震学 : 「ローカル・サイエンス」を超えて
453.021Ki 38
中央 5階
金凡性著
東京大学出版会

21世紀の乾燥地科学 : 人と自然の持続性 (乾燥地科学シリーズ:第1巻)
454.64Ka 591
中央 5階
恒川篤史編
古今書院

基礎生命科学実験
460.75Ki 59
中央 5階
東京大学教養学部基礎生命科学実験編集委員会編
東京大学出版会

相模湾動物誌 (国立科学博物館叢書:6)
481.72Sa 15
中央 5階
国立科学博物館編
東海大学出版会

ザリガニの博物誌 : 里川学入門
485.3Ka 93
中央 2階
川井唯史著
東海大学出版会

知的財産法入門 第10版
507.2D 82
中央 2階
土肥一史著
中央経済社

知的財産法講義
507.2Ma 35
中央 2階
牧野和夫著
税務経理協会

知財紛争トラブル100選 : ビジネスの新常識 (知財シリーズ)
507.2U 66
中央 2階
梅原潤一編著
三和書籍

明治日本のごみ対策 : 汚物掃除法はどのようにして成立したか
518.52Mi 93
中央 5階
溝入茂著
リサイクル文化社/星雲社 (発売)

環境ガバナンスとコミュニケーション機能 (中央大学現代GP)
519Ka 56
中央 2階
田中廣滋編著
中央大学経済学部・田中研究室

風で読む地球環境
519Ma 34
中央 2階
真木太一著
古今書院

環境投資と規制の経済分析
519O 91
中央 2階
大内田康徳著
九州大学出版会

ルイス・カーン (建築家の講義)
520.4Ka 19
中央 2階
[ルイス・カーン著]/香山壽夫訳
丸善

楽しく建てる : 建築家遠藤楽作品集
520.87E 59
中央 5階
遠藤楽 [作]/遠藤楽作品集編集委員会編
丸善

森里海 (もりさとうみ) 連環学 : 森から海までの統合的管理を目指して
656.5Mo 63
中央 2階
京都大学フィールド科学教育研究センター編
京都大学学術出版会

新・注解不正競争防止法 新版 上巻
671.3Sh 611
中央 2階
小野昌延編著
青林書院

新・注解不正競争防止法 新版 下巻
671.3Sh 612
中央 2階
小野昌延編著
青林書院

文化としてのテレビ・コマーシャル
674.6B 89
中央 2階
山田奨治編
世界思想社

漢字テキストとしての古事記 (Liberal arts)
913.2Ko 78
中央 3階
神野志隆光著
東京大学出版会

藤野先生と魯迅 : 惜別百年
920.278R 88 F
中央 5階
「藤野先生と魯迅」刊行委員会編
東北大学出版会

2007年5月7日月曜日

今日から気を引き締めて!

 昨日で、ゴールデンウィークも終わり、皆さん、お休みボケなどになっていないでしょうか?

 今日から、7/16(月)海の日まで、祝日はありません。
 月曜日から土曜日まで気合いを入れて、勉学に励みましょう。
 これから、前期試験やレポート提出に向けて、大学の授業も本格始動することと思います。
 図書館おばさんも、気合いを入れて皆様方をサポートしていきたいと思います。

 そうそう、今週末、鶴川では鶴川祭が行われます。それに伴って、鶴川図書館は12日(土)~14日(月)は休館です。
 中央図書館・多摩図書館は通常通り開館しておりますのでご利用ください。

2007年5月6日日曜日

体調を整えて!

 今日で、ゴールデンウィークも最終日。皆様方、いかがお過ごしでしょうか。

 私は、一昨日、大和の常泉寺に行って来たのですが(先日のブログ報告の通り)、その日、軽い熱中症のようなものにかかり、体調を崩してしまいました。

 日ごろ、日の当る所に出ることがないせいか、その日、一日、日差しが強く、気温が上がったことなども、熱中症の原因と考えられます。
 急激な暑さと、直射日光の強さに、体の体温調節がきちんとできなかったようです。(熱中症は、子供や高齢者に多く見られるそうです・・・。私もすでに高齢ということか?)
 症状は、最初は頭痛からはじまり、吐き気を催し、寒さを感じ、おう吐(食事中の方ごめんなさい)・・・といった具合です。
 水分を補給し、じっと動かず寝てました。今は、脱力感のようなものが残りますが、なんとか平常通りの日常生活を送ることができています。

 ゴールデンウィーク最終日の今日は、先日までと違い、生憎の雨模様。気温も昨日に比べ、ぐっと下がっています。でも、熱中症は、気温が高くなくても、かかるそうです。

 今日のように雨で湿度が高く、蒸し暑いようなときには、体の中に熱をこもらせてしまって、熱が発散できず熱中症になる可能性があります。

 まめに、水分補給をし、適度に汗をかくことが、予防の近道です。体を大切にしましょう。

 明日から、大学の授業も、前期試験やレポートに向けて本格始動します。
 何卒、体調にはお気をつけて、元気に大学でお会いしましょう。

 

2007年5月5日土曜日

花のお寺 常泉寺

 ゴールデンウィークもいよいよ終盤。

 昨日、図書館おばさんは、神奈川県大和市にある花のお寺「常泉寺」にいってきました。

 常泉寺の創建は、1588年頃(天正16年〉と言われています。当寺の宗旨は、禅宗の中の曹洞宗で、本山は、福井県の永平寺、神奈川県の総持寺です。御本尊様は木造の聖観世音菩薩で座像です。

 「花のお寺」というくらいですから、お花の名所ということで、「かながわ花の名所100選」に指定されています。
 とくに、三椏(みつまた)のお花が有名です。見ごろは3月から4月ということで、私が行ったときにはもう盛りを過ぎたあとでした。それでも、三椏の名称の通り、みっつに分かれた枝が見て取れました。

 また、「河童のお寺」とも呼ばれているのは、常泉寺のある清流山には水の湧き出るところがあり、「清流山」の名称など、水にご縁のある所ということで、河童を祀っているそうです。こういうところも変わったお寺ですよね。

 最後に、境内にある「縁結び菩薩」に、良縁をお願いしてきました。
 良縁とは、決して、男女の間柄のことだけではありません。図書館で様々な人と出会えることもご縁の一つです。これからも、様々な利用者さんたちと出会えることを楽しみにしています。

常泉寺で撮影してきた、「お花」や「河童」(石像)の写真スライドショーです。
  ↓  ↓  ↓
http://photos.yahoo.co.jp/ph/ttomo1516/lst?.dir=/e467&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/

 

2007年5月2日水曜日

2007/05/02新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


ソフトウェア工学の基礎 (ソフトウェアエンジニアリング講座:1)
007.63So 241
中央 5階
ITトップガン育成プロジェクト著
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

システム開発プロジェクト (ソフトウェアエンジニアリング講座:2)
007.63So 242
中央 5階
ITトップガン育成プロジェクト著
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

プログラミング (ソフトウェアエンジニアリング講座:3)
007.63So 243
中央 5階
ITトップガン育成プロジェクト著
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

オープンシステム技術 (ソフトウェアエンジニアリング講座:4)
007.63So 244
中央 5階
ITトップガン育成プロジェクト著
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

図書館はまちの真ん中 : 静岡市立御幸町図書館の挑戦 (図書館の現場:6)
016.2154Ta 67
中央 5階
竹内比呂也, 豊田高広, 平野雅彦著
勁草書房

中国の図書情報文化史 : 書物の話
020.22Ku 17
中央 5階
工藤一郎著
柘植書房新社

映画・ゲームビジネスの著作権 (エンタテインメントと著作権 : 初歩から実践まで:2)
021.27N 29
中央 5階
内藤篤, 升本喜郎著/福井健策編
著作権情報センター

本居宣長の古道論 : 図書館で読み解く『直毘霊』
121.52Sa 85
中央 5階
佐藤雉鳴著
ブイツーソリューション/星雲社 (発売)

シーア派の自画像 : 歴史・思想・教義
167.8Ta 11
中央 3階
モハンマド=ホセイン・タバータバーイー著/森本一夫訳
慶應義塾大学出版会

日本列島の戦争と初期国家形成
210.27Ma 79
中央 5階
松木武彦著
東京大学出版会

都城古代日本のシンボリズム : 飛鳥から平安京へ
210.3To 27
中央 3階
吉村武彦, 山路直充編
青木書店

我が国の皇統継承の歴史と理念 : 昨今のいわゆる女帝論議に触れて
288.41N 39
中央 5階
中野好之著
御茶の水書房

都市の景観地理 日本編 1
290.173To 721
中央 5階
阿部和俊編
古今書院

都市の景観地理 日本編 2
290.173To 722
中央 5階
阿部和俊編
古今書院

日本の地誌
291N 77
中央 3階
立正大学地理学教室編
古今書院

立法の制度と過程
314.1F 77
中央 2階
福元健太郎著
木鐸社

現代行政のフロンティア
317.1G 34
中央 2階
土岐寛, 平石正美, 外山公美 [ほか] 著
北樹出版

地域・都市計画
318.7C 43
中央 2階
石井一郎, 湯沢昭編著
鹿島出版会

日本外交史ハンドブック : 解説と資料 新版
319.1N 77
中央 2階
増田弘, 佐藤晋編
有信堂高文社

日中講和の研究 : 戦後日中関係の原点
319.1022I 51
中央 5階
殷燕軍著
柏書房

現代の国際安全保障 (安全保障学のフロンティア : 21世紀の国際関係と公共政策:1)
319.8N 731
中央 2階
村井友秀, 真山全編著
明石書店

フレームワーク法学入門
321F 92
中央 2階
石川明編
不磨書房/信山社 (発売)

法律学習マニュアル 第2版補訂版
321Y 51
中央 2階
弥永真生著
有斐閣

明治憲法欽定史
323.13Ka 92
中央 5階
川口暁弘著
北海道大学出版会

憲法 第2版
323.14Ke 51
中央 5階
高野敏樹 [ほか] 著
不磨書房/信山社 (発売)

ケースブック憲法 第2版 (弘文堂ケースブックシリーズ)
323.14Ke 61
中央 5階
長谷部恭男 [ほか] 編著
弘文堂

人権 第3版 (有斐閣アルマ:Specialized. 憲法:1)
323.14Sh 221
中央 5階
渋谷秀樹, 赤坂正浩著
有斐閣

統治 第3版 (有斐閣アルマ:Specialized. 憲法:2)
323.14Sh 222
中央 5階
渋谷秀樹, 赤坂正浩著
有斐閣

区分所有法 改訂版
324.23Ku 14
中央 5階
丸山英氣編
大成出版社

民法総則 (ハイブリッド民法:1)
324H 151
中央 2階
小野秀誠, 良永和隆, 山田創一 [ほか] 著
法律文化社

解説商業登記法 全訂版 (司法書士シリーズ)
325.13F 82
中央 5階
福岡一夫著
住宅新報社

会社法 第9版 (法律学講座双書)
325.2Ka 51
中央 2階
神田秀樹著
弘文堂

現物出資等の財産価格証明の理論と実務 : 弁護士・公認会計士・税理士・司法書士必携 : 「会社法版」 [改訂版]
325.242Mu 59
中央 5階
村田英幸著
花伝社/共栄書房 (発売)

刑法各論 第4版 (法律学講座双書)
326.2N 81
中央 2階
西田典之著
弘文堂

『チャタレー夫人の恋人』裁判 : 日米英の比較
326.22Ku 53
中央 5階
倉持三郎著
彩流社

ケースブック刑法 (弘文堂ケースブックシリーズ)
326Ke 61
中央 2階
笠井治, 前田雅英編
弘文堂

刑事法再入門
326Ma 26
中央 2階
前田朗著
インパクト出版会

ケースブック刑事訴訟法 (弘文堂ケースブックシリーズ)
327.6Ke 61
中央 2階
笠井治, 前田雅英編
弘文堂

計量経済学の基礎 : 統計的手法の理論とプログラミング
331.19To 17
中央 5階
戸田裕之, 山田宏著
東京大学出版会

入門マクロ経済学 第5版
331N 43
中央 2階
中谷巌著
日本評論社

入門ミクロ経済学
331V 42
中央 2階
ハル・R・ヴァリアン著/大住栄治 [ほか] 訳
勁草書房/オータス研究所

現代中国の経済改革 (叢書《制度を考える》)
332.22G 54
中央 5階
呉敬璉著/日野正子訳
NTT出版

西洋経済史講義 : 古代から情報革命まで
332.3Sh 18
中央 2階
柴田英樹著
学文社

現代経営学要論
335.1Sa 45
中央 2階
佐久間信夫, 三浦庸男著
創成社

韓国財閥史の研究 : 分断体制資本主義と韓国財閥
335.58C 53
中央 5階
鄭章淵著
日本経済評論社

ダイナミック知識資産 : 不完全性からの創造
336.17Ko 75
中央 5階
紺野登著
白桃書房

入門組織行動論
336.3N 99
中央 2階
開本浩矢編著
中央経済社

基礎から学ぶ原価計算
336.85Sh 56
中央 5階
志村正著
東京経済情報出版

会計学の基礎 第3版
336.9Ka 21
中央 2階
藤井達敬, 斉藤昭雄, 千葉洋編著
東京経済情報出版

現代簿記 : 簿記A to Z : 基礎から応用までを具体的に説明 新訂第4版
336.91N 37
中央 5階
中村忠著
白桃書房

会社法決算書の読み方・作り方 : 計算書類の分析と記載例
336.92Ka 21
中央 5階
新日本監査法人編
中央経済社

財務諸表論の基礎 6訂版
336.92W 46
中央 5階
渡辺和夫著
税務経理協会

解説金融商品取引法 第2版
338.32O 73
中央 5階
大崎貞和著
弘文堂

現代国際金融論 第3版 (有斐閣ブックス:[410])
338.9G 34
中央 2階
上川孝夫, 藤田誠一, 向壽一編
有斐閣

日系企業の中国市場販売 (中京大学大学院ビジネス・イノベーションシリーズ)
338.9222F 94
中央 5階
古田秋太郎著
税務経理協会

ケースブック租税法 第2版 (弘文堂ケースブックシリーズ)
345.19Ke 61
中央 5階
金子宏 [ほか] 編著
弘文堂

実務家のための借地権の評価と課税の実務
345Y 24
中央 2階
山口昇著
TKC出版

地方財政学 : 公民連携の限界責任
349N 34
中央 2階
中井英雄著
有斐閣

介護保険制度の総合的研究
364.4N 73
中央 2階
二木立著
勁草書房

労働関係法 第5版 (有斐閣Sシリーズ:47)
366.14Ko 75
中央 5階
小西國友, 渡辺章, 中嶋士元也著
有斐閣

労働法 第7版補正2版 (法律学講座双書)
366.14Su 31
中央 5階
菅野和夫著
弘文堂

ウォッチング労働法 第2版 (法学教室Library)
366.14Ts 26
中央 5階
土田道夫, 豊川義明, 和田肇著
有斐閣

子ども虐待と発達障害 : 発達障害のある子ども虐待への援助手法
369.49W 46
中央 5階
渡辺隆著
東洋館出版社

学校心理学ガイドブック 第2版
371.4G 16
中央 2階
学校心理士資格認定委員会編
風間書房

事例に学ぶスクールカウンセリングの実際
371.43J 53
中央 5階
村山正治, 滝口俊子編
創元社

現代社会と教育
372.107O 37
中央 5階
岡部一興著
学文社

戦後民主主義と教育の再生 : いま、教育に何が求められているのか? (明石ライブラリー:106)
372.107Sa 32
中央 5階
坂本秀夫著
明石書店

学校選択と教育バウチャー : 教育格差と公立小・中学校の行方
373.1Mi 42
中央 2階
嶺井正也, 中川登志男著
八月書館

新教育基本法 : 全文と解説
373.22Sa 37
中央 5階
坂田仰著
教育開発研究所

学びのための教師論
374.3Ma 43
中央 2階
グループ・ディダクティカ編
勁草書房

科学的な思考力を育むカリキュラムと教材開発 : 特色ある中学校・高等学校づくり
375Ka 16
中央 2階
広島大学附属福山中・高等学校著
東洋館出版社

大学教育と「産業化」
377.1Ki 22
中央 2階
吉家清次著
専修大学出版局

日本人の住まい : 生きる場のかたちとその変遷 (百の知恵双書:013)
383.9Mi 77
中央 2階
宮本常一著, 田村善次郎編
農山漁村文化協会

計算幾何 : 理論の基礎から実装まで (アルゴリズム・サイエンスシリーズ:10 数理技法編)
414A 87
中央 2階
浅野哲夫著
共立出版

確率論の黎明
417.1A 47
中央 2階
安藤洋美著
現代数学社

土木・建築のための確率・統計の基礎 改訂
417A 49
中央 2階
Alfredo H-S.Ang, Wilson H.Tang [著]/能島暢呂, 阿部雅人訳
丸善

入門はじめての多変量解析
417I 78
中央 2階
石村貞夫, 石村光資郎著
東京図書

確率・統計解析の基礎
417Ku 13
中央 2階
久保木久孝著
朝倉書店

化学安全ノート : 安全衛生教育・管理のための 改訂版
432.1Ka 16
中央 2階
日本化学会編
丸善

基礎からの分析化学
433Ki 59
中央 2階
熊丸尚宏 [ほか] 編著/板橋英之 [ほか] 著
朝倉書店

豪雨・豪雪の気象学 (応用気象学シリーズ:4)
451.64Y 94
中央 5階
吉崎正憲, 加藤輝之著
朝倉書店

精神保健学 第6版
493.79Su 96
中央 5階
鈴木英鷹著
清風堂書店出版部

基礎数学 (科学のことばとしての数学. 機械工学のための数学:1)
501.1Ki 211
中央 2階
東京工業大学機械科学科編
朝倉書店

基礎数値解析法 (科学のことばとしての数学. 機械工学のための数学:2)
501.1Ki 212
中央 2階
東京工業大学機械科学科編
朝倉書店

知財最前線からのメッセージ : 知財プロフェッショナルが語る実務の真髄 (現代産業選書. 知的財産実務シリーズ)
507.2C 49
中央 2階
知的財産プロフェッショナルを考える研究会編集
経済産業調査会

特許翻訳基本演習 : 英文明細書を読めて書けることを目指す : 英文明細書翻訳編
507.23Y 31
中央 5階
山元俊仁著 : 日本弁理士協同組合編
東洋法規出版

知的財産権としてのブランドとデザイン (21世紀COE知的財産研究叢書:3)
507.26A 53
中央 5階
青木博通著
有斐閣

中国製造業の競争力 (学術選書. 経済)
509.222C 46
中央 5階
陳晋著
信山社出版

環境配慮・地域特性を生かした干潟造成法
517.35Ka 56
中央 5階
中村充, 石川公敏編
恒星社厚生閣

循環型地域社会のデザインとゼロ・ウェイスト (三重中京大学地域社会研究所叢書:8)
518.52Te 53
中央 5階
寺本博美編著
和泉書院

地球環境保護への制度設計
519.1C 44
中央 2階
清野一治, 新保一成編
東京大学出版会

ドイツ環境史 : 19世紀と20世紀における自然と人間の共生の歴史
519.234D 83
中央 5階
フランツ=ヨセフ・ブリュックゲマイアー, トーマス・ロンメルスパッハー編/平井旭訳
リーベル出版

瀬戸内海を里海に : 新たな視点による再生方策
519.8174Se 93
中央 5階
瀬戸内海研究会議編
恒星社厚生閣

環境経済学 (有斐閣アルマ:Specialized)
519H 93
中央 2階
細田衛士, 横山彰著
有斐閣

建築基準法・建築士法の解説 : 平成18年6月改正
520.91Ke 41
中央 5階
建築法制研究会編
第一法規

元勲・財閥の邸宅 (JTBキャンブックス. 文学歴史:26)
521.6G 34
中央 2階
鈴木博之監修/和田久士写真
JTBパブリッシング

写真でたどるヨーロッパ建築インテリア大事典
523.3Ta 26
中央 2階
田島恭子著
柏書房

建築耐震・設備耐震 : 考え方・進め方 : Q&A
524.91Ke 41
中央 5階
建築耐震研究会編
オーム社

地震に強い家づくり
524.91So 15
中央 5階
左右田鑑穂著
日経BP企画/日経BP出版センター (発売)

テレンス・コンランの狭小空間
527C 86
中央 2階
テレンス・コンラン著/坂本響子翻訳
エクスナレッジ

自然素材でつくる家
527Sh 93
中央 2階
地球丸

JISによる製図の基礎
531.98Ka 83
中央 5階
片岡徳昌著
日本理工出版会

はじめてのロボット工学 : 製作を通じて学ぶ基礎と応用
548.3I 73
中央 2階
石黒浩, 浅田稔, 大和信夫共著
オーム社

レーザ加工の基礎工学 : 理論からシミュレーションまで
549.95A 62
中央 5階
新井武二著
丸善

流通系列化と独占禁止法 : 化粧品業界を手掛かりとして (Hakuto management)
576.7F 66
中央 2階
藤澤憲著
白桃書房

森林と報徳と温暖化と
650.4Sh 64
中央 2階
榛村純一著
清文社

アメリカ巨大食品小売業の発展 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書:第8巻)
673.7N 39
中央 2階
中野安著
御茶の水書房

築地
675.5B 39
中央 2階
テオドル・ベスター著/和波雅子, 福岡伸一訳
木楽舎

ブランド価値の創造 : 情報価値と経験価値の観点から (阪南大学叢書:82)
675H 69
中央 2階
平山弘著
晃洋書房

韓国における日本語教育
810.7Ka 56
中央 3階
纓坂英子編著
三元社

2007年5月1日火曜日

OPAC検索

 今日は、GW半ばの平日と言うことで、若干利用者が少なめです。
 そんな中、来ている学生は、恐らく授業がある、あるいは、急ぎやらなければならないレポートがある、図書館が開館しているときは毎日来る!など、様々な理由があって来館していることと思います。

 さて、今日は、全く違った利用者から、同じ質問を受けました。「○○に関する本はありませんか?」

 検索をしてみると、おおよその資料が貸出中でした。利用者さんに聞いてみました。「レポートですか?」、利用者さん「そうです。」
 図書館おばさん「鶴川の本がありますよ。」、利用者さん「鶴川のはいいです。」、図書館おばさん「取り寄せできますよ。」、利用者さん「結構です。」

 急ぎやらなければ成らないレポートだったのでしょう。鶴川からの取り寄せでは間に合わないようです。

 別の利用者さんが同じく「○○に関する本はありませんか?」
 同じようなやり取りの後、2番目に来た人達(2名いました。)は、何とかテーマにかすっている本を、それぞれ手にして、そして、借りてはいかずに、館内で見る様子でした。

 このようなやり取りは、もちろん、今回が初めてではありません。同じ質問を違う利用者さんから受けるということは本当によくあることです。そして、それらの本が概ね、貸出中になっていることも、そして、他多キャンパスからの取り寄せでは間に合わないということも・・・

 このように、レポートでテーマが出たときには、皆さんが借りたいと思う本が集中します。図書館も残念ながら、皆さんに1冊ずつ資料を用意できるほど同じ本を置くことはできません。

 ですから、OPAC検索はなるべく自分でできるようになりましょう。今日まで、「○○に関する本はありませんか?」という質問を受けていませんので、恐らく、今貸出中になっている本を借りている利用者さんは、自分でOPAC検索をして、いち早く資料を手にしたのでしょう。

 そして、なるべくならば、レポート提出ぎりぎりになる前に、取りかかりましょう。もし、図書館の資料が概ね借り出されていても、他キャンパスの資料を取り寄せたり、公共図書館を探したり、他大学図書館を探したりなど、手当ができます。

 そうこうしているうちに、隣のカウンターにまた同じ質問をしに利用者さん(2名)が来ました。本当に早く取りかかりましょう。

 図書館おばさんの方が、ハラハラドキドキです。