2007年8月31日金曜日

AVホール工事について(昨日の続き)

 昨日のブログで、国士舘大学附属図書館中央図書館4階AVホールの工事を行っていることお伝えしました。



 その続報です。



 昨日は、AVホール付近の通路が、一方ふさがっており、資材の搬入等があり、通行にはご注意くださいということでお知らせしました。

 本日は、資材の搬入は終了し、AVホール内の調整に入っていますので、通路も開きました。

 しかし、AVホールの工事は行なっております、いつ、AVホールの扉が開いて、大きな荷物がでてくるとも限りませんので、やはり通行の際にはご注意いただきたく存じます。

 工事予定は9月7日までです。

 リニューアルしたAVホールがどのようになるのか、図書館おばさんTも楽しみです。

 みなさんも、是非ご活用下さい。

2007年8月30日木曜日

4階AVホール工事中です

 昨日・今日と雨が降り、暑さも一段落といったところでしょうか。

 さて、先日、国士舘大学附属図書館中央図書館の5階書庫増設工事のお知らせをしたばかりですが、もう一つ、工事が始まりました。

 4階AVホールの工事です。

 今日は詳細がわからなくって、大変申し訳ないのですが、この工事のため4階フロアのAVブースに向かう通路が一方だけふさがっています。

 資材の搬入のためであれば、一両日中に通行できるようになるかもしれません。分かり次第、お知らせします。

 何分、通行にはご注意ください。

 AVホール内の工事は9月7日までを予定しています。

 この間AVホールはご利用いただけません。

 いろいろとお知らせが行き届かない部分が多く申し訳ないです。

 随時追加でお知らせしていきます。

2007年8月27日月曜日

中央図書館5階書庫増設工事について

 先日来、何度かお知らせ申し上げました、国士舘大学附属図書館中央図書館5階の書庫増設工事について、お知らせ致します。

 この増設工事は、9月10日までを予定しております。

 その間の、大変申し訳ありませんが、5階フロアを利用していただくことが出来ません。危険ですので立入禁止とさせていただきます。

 5階フロアに配架してある資料に関しては、図書館職員に申し出てください。

 (できる範囲でなんですが)資料を出納して貸出致します。

 出納できる範囲は残念ながら、工事の進み具合によるのではっきりお知らせできずに申し訳ありません。

 今日、工事の様子を見た限りでは、Cブロック・Eブロックの洋書、Aブロックの別置図書・Gブロックの大型本・大学紀要等は、増設対象外ブロックのため利用可能です。

 しかし、利用頻度の高い一般図書の部分は、日替わりで利用できる部分が変わってきそうです。

 当たりハズレがあるようで本当に申し訳ありませんが、ご了承下さい。

 
 この増設工事をするにあたって、5階フロアの開館をどうするか、いろいろと検討致しました。

 案としては、増設期間中全館を閉館して、なるべく短期間で終わらせるという方法、開館しながらの増設工事で時間はかかるが、利用できない資料が一部で済む、結局折衷案という形で、先週の館内清掃のための閉館と合わせて開館しながらの増設ということになりました。

 皆様には御迷惑をおかけしますが、再度ご了承いただきたくお願い申し上げます。

2007年8月24日金曜日

今日から開館しています

 今日から国士舘大学附属図書館中央図書館は開館しています。
 ご利用ください。

2007年8月23日木曜日

黒部立山アルペンルート




 8/20・21のお休みを利用して、図書館おばさんTは、黒部立山アルペンルートに行って来ました。




 長野県の扇沢からアルペンルートに入り、ケーブルカーやトロリーバス、ロープウェイなどを使って富山県の立山まで、行って来ました。




 今年は、各地で最高気温を記録するなど、とっても暑かったので、アルペンルートにいけば涼しいのかと思いきや、ここでも、猛暑の影響でしょうか?




 一番標高の高い室堂(2,450m)では上着を1枚はおりましたが、それ以外の場所では半袖でも大丈夫でした。天気も良かったので、むしろ暑いくらいでした。




 関東地方のように、湿気がありませんし、標高が高い分、太陽に近いこともあって、日差しが強く、肌がじりじりと焼けるように痛かったくらいです。




 それでも、天候に恵まれたため、とっても晴れ渡った山の景色を見ることができました。




 黒部湖はお水が澄んできれいでしたし、黒部ダムの放水は、暑い日差しの中とても心地よい水蒸気をあげていました。




 宿泊は宇奈月温泉。湯量が豊富で、なかなか湯がさめないとのこと。




 本当にその通りで、お湯が熱かったです。図書館おばさんTは熱いお風呂が苦手で、温泉に泊まったけれど、1回しか入りませんでした。




 翌日は、黒部川沿いをトロッコ電車にのって鐘釣まで往復してきました。




 トロッコ電車も、とても涼しい風を切って走りました。




 2日間、実際はとっても暑かったんですが、写真の風景はとても涼しげに写っていると思います。




 以下URLより、写真のスライドショーをご覧下さい。涼しさのおすそ分けです。




 (全58枚、スライドショーの再生速度、速くで約2分、普通で約4分かかります。)




2007年8月19日日曜日

明日から4日間中央図書館は休館です。

 8/20(月)から23(木)、国士舘大学附属図書館中央図書館は休館となります。

 館内清掃が入るためです。

 それと併せて、中央図書館5階の書庫増設工事が入ります。

 この増設工事は、B・Fブロックが今までスタックランナー形式の書庫で固定で動かなかった部分に書庫を増やし、移動式の書庫にすることと、Dブロックの組み立て式の書庫の部分をなくして、全てスタックランナー形式の移動書庫にするものです。

 この工事は、中央図書館の清掃期間による休館が明けても続きます。

 利用の際は、図書館員の指示に従って、ご利用いただくようになります。


 この増設工事によって、5階フロアの図書の収納能力はかなりあがります。

 2階や3階の一般図書や4階の雑誌などから資料を移動することとなりますが、実は、まだ計画中でどのような資料を移動するのか決まっていません。(おおよそは決めてあるのですが、、、、)

 資料の配置については今後、変更をしていくこととなりますが、その都度、ご案内していきたいと思います。

 とにかく、資料の移動計画が後手になっていてすみません。

 でも、書庫が増えるので、今後ますます資料を増やすことはできます。

 あとは、資料を買う予算が増えることを願うのみです。

2007年8月17日金曜日

今日・明日開館しています

 昨日でお盆休みが終わり、今日・明日と国士舘大学附属図書館は開館をしております。

 しかし、来週月曜日から木曜日は中央図書館は館内清掃が入るため、休館となります。

 明日の土曜日は停電の為鶴川図書館は休館となります。

 お盆明けてすぐ休館で申し訳ありませんが、ご了承願います。

 この間、中央図書館内では、館内清掃と併用して、5階フロアの書庫増設の工事も入ります。

 館内清掃終了後も引き続き、工事は行われます。

 ご利用の際には、図書館員の指示に従ってご利用願います。

 鶴川図書館・多摩図書館は来週月曜日より開館いたします。

 詳しくは開館カレンダーをご参照ください。

 http://www.kokushikan.ac.jp/library/calendar/2003ex.central.htm

2007年8月13日月曜日

今日からお盆休みです

 8/13~16はお盆休みの為、国士舘大学附属図書館は休館となります。

 利用者の皆様もこの間は、田舎に帰られたり、あるいは盆行事があったりお忙しいのではないかと思います。



 この「お盆」というのは、地域によって、時期が違うようですね。

 そもそもお盆とは夏に先祖の霊を祀る行事だそうですが、その時期は7月15日が一般的だったそうです。

 それが明治以降、グレゴリオ新暦を採用するようになってから、月遅れの8月15日にお盆行事を行うところが増えてきたそうです。

 今でも、地域によっては7月にお盆でご先祖様の霊を自宅に招く行事を行っているところはあります。
 私の住んでいるあたりでも、7月中旬には、お墓に行って、お墓のお掃除をしたりしていますし、地域の行事として、盆踊りなど行っています。

 でも、8月は8月でそれもまたお墓参りに行ったりしています。

 企業や大学などもそうですが、8月がお盆休みというのが定番となっていますが、お盆行事を日本各地で行うからお休みというより、8月が企業などにとっては一番業務の閑散期なのかもしれません。

 なにはともあれ、この暑い時期にご先祖様の霊をお迎えして日ごろ、私たちを見守ってくださっていることに感謝を示すという気持ちが大事なのでしょう。

 皆様のお盆はどんなお盆様なのでしょうか?



 

2007年8月10日金曜日

オープンキャンパスに多数のご来館ありがとうございます

 今日は、国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスが行われました。

 夏休み期間中の開催は、今回が初めて。

 どのくらいの方々が来てくれたかというと、、、、

 なんと!

 約4,000人の方々が大学に訪れたとのこと!

 7月のオープンキャンパスでは、1,000人強の方々に来校いただいたのだから、3~4倍近い人々が訪れてくれたのだ!

 そして、国士舘大学附属図書館中央図書館には、1,361名の方々が来館してくれました。

 7月のオープンキャンパスでは、373名の来館でしたから、こちらも3.6倍の人々が来館してくれました。

 暑い中、こんなに大勢の方々に大学を訪問していただき、本当に、ありがとうございます。


 そして、本当に、多くの方々にご来館いただいたにもかかわらず、対応に至らない部分が数多くありましたこと、お詫び申し上げます。

 せっかく来ていただいたのに、会場に入れなかった方、大学のパンフレットが足りなくなってしまって、もらえなかった方、キャンパスランチを食べられなかった方、入試説明や模擬授業を受けられなかった方々、etc....、本当に、申し訳ありませんでした。

 次回、9月のオープンキャンパスではこのようなことがないように、大学側の対応がきちんとできるよう願います。

 また、図書館においても、配布のパンフレットが、なくなってしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。

 本日、既に、パンフレットの増刷を、印刷業者に依頼しました。9月のオープンキャンパスに間に合うよう手はずを整えております。

 今日のオープンキャンパスで充分な対応ができなかった分も、9月のオープンキャンパスでより多くの方々に、1日大学生活を楽しんでいただけるよう努力いたします。



 そして、今日このような中、図書館をご利用に来ていただいた方へ、大学行事へご理解いただきありがとうございました。

 このように館内が、騒々しくなるような日は、研究に集中できないので、開館していない方が良いのか、それとも、このような日であっても、開館していて図書館を利用できる方が良いのか、図書館員としては悩むところではあります。

 とにかく、今日はいつも以上の見学者が図書館開館中に館内を見学して回ったことに、利用者の皆様、ご理解ご協力いただきましたこと感謝申し上げます。 

2007年8月9日木曜日

明日はオープンキャンパスです!

 明日、8月10日は国士舘大学世田谷校舎にてオープンキャンパスを行います。

 大学ホームページ、オープンキャンパスの案内は以下URLをご参照ください。

  http://www.kokushikan.ac.jp/nyugaku/opencampus/index.html


 あわせて、国士舘大学附属図書館中央図書館も見学会を行います。

 お友達やご家族お誘い合わせの上、ご来場ください。

 多くの方々のご来場をお待ちしております!

 (up遅くなってすみません。。。)

2007年8月6日月曜日

請求記号と資料ID

 梅雨が明け、今日も真夏の日射しが図書館の中に差し込んで参ります。

 皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今日は、請求記号と資料IDについて、書いてみようと思います。

 以前、請求記号については、http://obasan-t.blogspot.com/2007/03/blog-post_26.html で、書いているんですが、請求記号とは、要するに、本の在処を示す住所だと記しました。

 請求記号は本の在処を示しますので、利用者の皆さんが国士舘大学附属図書館のOPACで所蔵を調べたら、請求記号をメモしておけば本の在処がわかるわけです。(最近のOPACは、「中央2階」とか「中央3階」など、階層を表示してくれるのでそれもメモしてあるとより早く本の場所にたどり着くことができます。)

 そして、この請求記号とよく間違われてしまうのが、「資料ID」です。本学のOPACですと、請求記号の隣に表示されています。

 この資料IDは何か?

 これは、図書館の本1冊1冊についている、通しナンバーです。

 何の順番かといったら、とくにありません。

 図書館に本が納品されて整理した順に番号が振られていくので、図書館で本を探すにあたっては、これといって役割を果たすことがありません。

 でも、この資料ID、特徴なのが、同じ番号がない!ということです。

 同じ番号がないということは、同じ資料であっても、違う資料IDが付与されているということです。

 このことが何に役に立つか?というと。。。

 例えば、全く同じ本が図書館に2冊あったとします。請求記号は同じです。

 それぞれ、利用者に貸出されています。

 同じ本であっても、どちらの本をどちらの利用者に貸出ししたのか、わかります。

 そのことがそれほど、重要ではないと思うかもしれませんが、例えば、図書館の閉館時に、返却ボックスにその本が返却されたとします。

 資料IDがないとどちらの本が返却されたのかわかりません。ということは、どちらの人が返却してくれたのかわからない、ということになります。

 資料IDは、図書館の本1冊1冊についているバーコードのナンバーがそれです。

 このバーコードによって、同じ図書であっても違うものとして管理できるようになっているのです。

 ちなみに、OPAC検索をされたときに、資料IDまでメモしておくとこれも便利ですよ。

 なぜなら、資料ID8桁の数字を入力するだけで、ピンポイントで同じ資料を検索することができます。

 キーワード検索だと他の候補も一覧表示されてしまいますし、書名をフルネームで入れるのもめんどうですよね。

2007年8月2日木曜日

今日から交替勤務です

 今日から図書館のスタッフは交替勤務となります。

 交替勤務とは、図書館スタッフ数人が日替わりで勤務することで、すこーし、長い夏休みをいただくというものです。

 国士舘大学は、週休2日制でもありませんし、隔週2日というほど、土曜日のお休みをいただいているわけではありませんので、一般の企業に比べたら、多少長い夏休みかもしれませんが、ご容赦下さい。

 図書館自体は、人手は少ないですけれど、お盆と清掃日以外は基本的に開館しています。

 さて、交替勤務中の中央図書館のスタッフは、専任職員2名、パートタイム職員2名の常時4名体制で開館しております。

 1名は案内カウンター、1名は閲覧カウンター、1名はレファレンスカウンター、1名は配架・館内巡回となっています。

 先日、このブログの「夏休み中のサービス」(以下URL)でも、お伝えしましたが、このようなスタッフ配置ですので、日頃のようにサービスが円滑にいかないことがままあります。

http://obasan-t.blogspot.com/2007/07/blog-post_8828.html

 そして、他の大学もおそらく、同じような状況なのでしょう。

 だから、特に他大学を絡めたサービス(紹介状の発行、文献複写・貸借等)は平日のように、円滑にはいかないのです。

 さて、図書館おばさんTも今日は、お当番で勤務していますが、明日から土曜日まではお休みです。

 ほんのしばらく夏休みをいただきます。
 

2007年8月1日水曜日

2007/08/01新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。


三國志研究入門 (日外選書Fontana)
222.043W 46
中央 5階
渡邉義浩著/三国志学会監修
日外アソシエーツ

生還/弟 (石原慎太郎の文学:7)
913.6I 747
中央 3階
石原慎太郎著
文芸春秋