2008年9月30日火曜日

ありがとうございました。




 今まで、このブログを応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました。


 今日をもちまして、私図書館おばさんTは図書館を去ることとなりました。


 およそ1年半に渡って、ブログを続けさせていただきました。



 ブログで記事を書く際、最初は、言葉をえらび、慎重に、誤解のないようにと、筆を運んだつもりですが、読んで下さる皆様が、思った以上に好意的にこのブログを思って下さったことで、だんだんと、皆様のご好意に甘えるような感じで、思ったことを素直に書かせていただくことが多くなりました。


 最初は、図書館の仕事の一環として、利用者の皆さんとの情報交換のツールとしてなにか活用できないかと思って始めたブログが、いつのまにか、私個人の思いのはけ口にもなってしまったようです。。。



 時には、こんなこと書いちゃって大丈夫?というご心配もいただきました。


 でも、こういう心配をいただけることは、皆様のやさしいお気持ちを実感できる瞬間でもありました。


 このブログは、とりあえず、今日のこの記事をもって、更新をストップします。


 でも、私という人間がいなくなるわけではありませんし、このブログも閉鎖するわけではありません。
 これからも同じ大学内においてまだまだお仕事させていただきたいと思っておりますので、どうぞこれからも応援よろしくお願い申し上げます。


 場所は変わっても、大学職員として、学生の皆様のサポートをするという立場は変わりません。


 また、新しい職場で、ブログという手法が何か役に立つ手法となるのであれば、新たにブログを始めるかも?しれません。


 だから、さようならは言いません。


 また、会う日まで。。。


 また、今日まで、本当にありがとうございました。
(写真は、先日の茶話会で、第1司書課のみなさまよりいただいた、お花束です。自宅のピアノの上に置いて、撮影しました。ピアノがアップライト、というところが、たまに傷なのですが。。。)

終わるかな?

 図書館の仕事やその他のことで、図書館のパソコンに様々なデータを落とし込んでいましたが、それを新しい職場のパソコンに移行するに当たって、とりあえず、USBメモリーに移動をしているんだけれど、データが大量にあって、ものすごく時間がかかっています。。。

 特にメールのフォルダが時間かかっています。。。

 まもなく、開始して1時間。。。

 でも、5分の4くらいは進んだかな。。。


 さて、今日の勤務時間もあとわずか。。。

 自分が使っていた事務机やロッカーの掃除もしました。

 あとはファイルの移動が済むのを待つのみ。。。

 終わるかな?

2008/09/30新着図書案内

これで、最後かな。。。

このブログでお届けできる、新着図書案内は。。。

国士舘大学附属図書館中央図書館の今日の新着図書の案内です。



お話会のプログラム : 多様な手法で多様な楽しみを
015.8Sa 85
中央 3階
佐藤凉子著/出久根育画
編書房/星雲社 (発売)

語ってあげてよ!子どもたちに : お話の語り方ガイドブック
019.5Ma 14
中央 3階
マーガレット・リード・マクドナルド著/佐藤凉子訳
編書房/星雲社 (発売)

明かりが消えたそのあとで : 20の怖いお話
019.5Ma 14
中央 3階
マーガレット・リード・マクドナルド著/佐藤凉子訳/出久根育画
編書房/星雲社 (発売)

三分間で語れるお話 : 地球をぐるっと77編
019.5Ma 14
中央 3階
マーガレット・リード・マクドナルド著/佐藤凉子訳
編書房

ユダとは誰か : 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ
192.8A 62
中央 3階
荒井献著
岩波書店

歴史としての天皇制
210.04A 45
中央 5階
網野善彦, 吉本隆明, 川村湊著
作品社

アイデンティティの危機 : アルザスの運命
235P 54
中央 3階
ウージェーヌ・フィリップス著/宇京頼三訳
三元社

現代政治理論 (有斐閣アルマ:Basic)
311G 34
中央 2階
川崎修, 杉田敦編
有斐閣

社会人になったら読む世界でいちばん簡単な「経営学」のきょうか書
335.1Mi 88
中央 2階
宮崎哲也著
秀和システム

ベンチャー・ビジネス要論 改訂版
335Y 63
中央 2階
岸川善光編著/八杉哲, 谷井良著
同文舘出版

経営を見る眼 : 日々の仕事の意味を知るための経営入門
336I 88
中央 2階
伊丹敬之著
東洋経済新報社

金利が上がるとどうなるか 時代即応版 (Asuka business & language books)
338.12Ka 14
中央 5階
角川総一著
明日香出版社

テキストブック金融入門
338I 97
中央 2階
岩田規久男著
東洋経済新報社

地域の社会学 (有斐閣アルマ:Specialized)
361.7C 43
中央 2階
森岡清志編
有斐閣

よくわかる社会調査法 : 基礎から統計分析まで 新版
361.9Ku 72
中央 2階
黒田宣代, 東巧著
大学教育出版

置き去り社会の孤独
368.2O 87
中央 2階
大津和夫著
日本評論社

相談援助のための福祉実習ハンドブック
369.16So 15
中央 5階
関西福祉科学大学社会福祉実習教育モデル研究会編
ミネルヴァ書房

教育法規スタートアップ : 教育行政・政策入門
373.22Ky 4
中央 5階
高見茂, 開沼太郎編
昭和堂

子どもは小さな数学者 : 子どもをみつめる心理学/子どものなかの40億年
375.412I 91
中央 5階
糸井尚子著
学文社

指導計画の考え方とその編成方法 (シリーズ子ども発の指導計画:1巻)
376.15Ta 78
中央 5階
玉置哲淳著
北大路書房

学び合いで育つ未来への学力 : 中高一貫教育の新しいデザイン
376.48Ma 43
中央 5階
東京大学教育学部附属中等教育学校編著/衞藤隆 [ほか] 著
明石書店

ミニマム線形代数
411.3O 28
中央 2階
大橋常道, 加藤末広, 谷口哲也共著
コロナ社

生命と非生命のあいだ : NASAの地球外生命研究
440W 38
中央 2階
ピーター・D.ウォード著/長野敬, 野村尚子訳
青土社

手の五〇〇万年史 : 手と脳と言語はいかに結びついたか
491.197W 75
中央 5階
フランク・ウィルソン著/藤野邦夫, 古賀祥子訳
新評論

水の消毒副生成物
518.15I 89
中央 5階
伊藤禎彦, 越後信哉著
技報堂出版

市街地再生の構想と戦略 : 天王洲アイル開発に学ぶ
518.8H 32
中央 2階
原川洋之著
日経BP企画/日経BP出版センター (発売)

「間」と景観 : 敷地から考える都市デザイン
518.8Y 19
中央 2階
山田圭二郎著
技報堂出版

排出権取引制度の政治経済学
519.13H 24
中央 5階
浜本光紹著
有斐閣

グレン・マーカットの建築
520.87G 95
中央 5階
マリアム・グーシェ [ほか] 著/グレン・マーカット監修協力
TOTO出版

航空事業論 : エアライン・ビジネスの未来像
687I 55
中央 5階
井上泰日子著
日本評論社

仏像のひみつ [正]
718Y 311
中央 5階
山本勉著/川口澄子イラスト
朝日出版社

仏像のひみつ 続
718Y 312
中央 5階
山本勉著/川口澄子イラスト
朝日出版社

浮世絵の歴史 : カラー版
721.8U 59
中央 5階
美術出版社

消された漱石 : 明治の日本語の探し方
810.26Ko 75
中央 5階
今野真二著
笠間書院

やさしい文章表現法 新版
816Y 61
中央 5階
中西一弘編
朝倉書店

視線は人を殺すか : 小説論11講 (MINERVA歴史・文化ライブラリー:11)
902.3H 71
中央 3階
廣野由美子著
ミネルヴァ書房

夕暮れの文学
910.26H 67
中央 5階
平岡敏夫著
おうふう

紫式部集大成 : 実践女子大学本・瑞光寺本・陽明文庫本
911.138Mu 56
中央 5階
久保田孝夫, 廣田收, 横井孝編著
笠間書院

王朝物語のしぐさとことば
913.3O 15
中央 3階
糸井通浩, 神尾暢子編
清文堂出版

最終日

 今日で、このブログは最終日です。

 このブログの存続を願ってくれる人もいました。。。

 やめようか、やめまいか。。。

 考えました。。。

 でも、やっぱり、このブログの更新は、今日を最後とさせていただこうと思います。

 一図書館員である私が、多くの利用者さんや大学関係者の皆様とコミュニケーションをとることで、よりよい図書館づくりを目指す一助となることを願って始めたブログ。。。

 私が人事異動で、図書館を出ることで、私は今度は一利用者となります。

 一利用者が、図書館を良くするために、このブログで何かを伝えようとすると、それは図書館の悪口になってしまったり、愚痴になってしまったり、そんなことにもなりかねません。。。

 企画やアイディアは、これからもこの図書館にいらっしゃる図書館員さんに直接伝えていきたいと思っています。


 それでは、ブログの趣旨を変えて、、、ということも考えられるかもしれません。。。

 でも、ブログの趣旨を変えるとすると、何を伝えれば良いのでしょうか?

 新しい仕事のこと?

 新しい仕事のことは、まだ、何をどうするかもわからない状態で、ブログという方法を使って何かお役に立てることがあるのか?判断もできません。。。

 それでは、私のプライベートなこと?

 だれも、そんなの知りたくないでしょう。。。


 私自身も、このブログの更新をやめることを、とても寂しく思います。

 ほぼ、毎日、この記事を書くことで、一方的ではありますが、目に見えない多くの人たちとコミュニケーションを取っているような気持でいましたから。。。

 それが、なくなるのはとても残念ですが、でも、図書館を異動してしまったら、このブログで伝えるべきことが見つからない、というのが現在の状況です。。。


 ところで、ブログの更新はやめますが、閉鎖はしません。

 しばらくは、開設した状態に置きます。

 興味がありましたら、ぜひぜひ読んでいただきたい、その気持は今でも変わりません。

 もちろん、コメントもOKです。


 さて!

 今日、あと1日は、ブログ更新続けます!

2008年9月29日月曜日

多摩キャンパスより

今、多摩キャンパスに来ています。

今日は先週の日曜日にオープンキャンパスで出勤した分のお休みをいただいています。

お昼過ぎから、趣味で習っているピアノのレッスンに行き、その足で多摩キャンパスにやって来ました。

永山駅からのバスがわからなかったので、とりあえずタクシーで乗り付けちゃいました。

体育学部の事務所に顔を出しご挨拶。

事務長さんは事務連絡会で、世田谷に行っているとのこと。タイミングの悪いときに来てしまいました。。。

それでも、事務長補佐が丁寧に対応してくれました。

その後、多摩キャンパスの図書館にご挨拶。

大変お世話になりました。

さて、学バスに乗って帰ろうと思ったら、ちょっと時間があるので、ブログに報告です。

バスが走り出しました。これからはこのバスにお世話になるんだなぁ〜。

駅までの道程をしっかり覚えよう!

2008年9月28日日曜日

人事異動まであとわずか。。。

 明々後日の人事異動まで、あとわずかです。。。


 昨日は、写真展が最終日ということもあり、多くの職員さんたちが見に来てくれました。

 私も見に行ってきました。


 海の中の写真とは思えないくらい、色鮮やかで、写っているお魚たちも、近くに人が来ているなんて思いもよらないような、可愛い表情で写っていました。

 見ている人たち、みんな、感心しながら見ていました。


 今日は、日曜日でお休みしています。


 明日は、すみません。。。

 先週のオープンキャンパスで出勤した日曜日の分、お休みをいただきます。。。


 ということは、、、


 9月30日、あと1日です。。。


 

2008年9月27日土曜日

写真展。。。

 国士舘大学附属図書館、中央図書館内で写真展を開催中!

 といっても、今日が最終日!

 あと1時間ばかりで終了です。。。


 詳しくは、こちら ↓ をごらん下さい。

http://www.kokushikan.ac.jp/tagblocks/SetagayaL/news/SetagayaL/0000000933.html



 今日は、土曜日ということもあり、多くの方が見に来て下さっています。

 写真家の大門直樹さんは、本学文学部の技術職員で考古学を専門にしています。

 そして、今日は文学部の卒業生が来館してくれました。

 大門さんの文学部でのお仕事とはまた違った側面を見ることができたのではないでしょうか。。。

 さて、実は、私もまだ見に行っていない、という不届き者でしたので、さっそく見に行ってきたいと思います。

2008年9月26日金曜日

2008/09/26新着図書案内part2

 今日は、もう1便、新着の図書が届きました。
 国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。



翻訳出版の実務 第4版
021.2Mi 84
中央 3階
宮田昇著
日本エディタースクール出版部

著作権法講座 第2版
021.2Sa 42
中央 3階
作花文雄著
著作権情報センター

占領期の朝日新聞と戦争責任 : 村山長挙と緒方竹虎 (朝日選書:840)
070.21I 45
中央 5階
今西光男著
朝日新聞社

新聞資本と経営の昭和史 : 朝日新聞筆政・緒方竹虎の苦悩 (朝日選書:824)
070.21I 45
中央 5階
今西光男著
朝日新聞社

改正雇用対策法の実務解説
324.52Ka 21
中央 5階
労働新聞社編
労働新聞社

関係性における暴力 : その理解と回復への手立て
361.3Ka 56
中央 2階
藤岡淳子編著/浅野恭子 [ほか著]
岩崎学術出版社

イギリス雇用法
366.1933C 84
中央 5階
ヒュー・コリンズ [著]/イギリス労働法研究会訳
成文堂

無能力批評 : 労働と生存のエチカ
366.8Su 46
中央 2階
杉田俊介著
大月書店

若者の雇用・社会保障 : 主体形成と制度・政策の課題 (龍谷大学社会科学研究所叢書:第80巻)
367.6W 23
中央 2階
脇田滋, 井上英夫, 木下秀雄編
日本評論社

日本人のリテラシー : 1600-1900年
372.1R 81
中央 2階
リチャード・ルビンジャー著/川村肇訳
柏書房

科学者として生き残る方法
407R 72
中央 2階
フェデリコ・ロージ, テューダー・ジョンストン著/高橋さきの訳
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

フラクタル曲線についての解析学 : 擬等角写像外伝
413.53Ta 87
中央 5階
谷口雅彦著
培風館

フラクタル幾何学 (新しい解析学の流れ)
414F 13
中央 2階
Kenneth Falconer著/服部久美子, 村井浄信訳
共立出版

組織検査用試料の作り方 : 組織の現出 (NPシリーズ)
501.55So 63
中央 5階
材料技術教育研究会編
槙書店

化学・バイオ特許の出願戦略 改訂3版 (現代産業選書. 知的財産実務シリーズ)
507.23H 93
中央 5階
細田芳徳著
経済産業調査会

発明の進歩性 : 判断の実務
507.23N 82
中央 5階
西島孝喜著
東洋法規出版

意匠法 新版 (知的財産法実務シリーズ:3)
507.25Su 19
中央 5階
末吉亙著
中央経済社

エコデザインパイロット : 持続可能な製品開発のための製品調査、学習、最適化ツール
509.63W 75
中央 5階
ヴォルフガング・ヴィマー, ライナー・ツスト原共著/中澤克紀訳/梅田靖編訳
産業環境管理協会/丸善株式会社出版事業部 (発売)

グラウンドアンカー維持管理マニュアル
513.42G 95
中央 5階
土木研究所, 日本アンカー協会共編
鹿島出版会

環境科学要論 : 現状そして未来を考える 第2版
519Se 81
中央 2階
世良力著
東京化学同人

図解はじめての機械要素 (やさしいメカトロニクス入門シリーズ)
531.3O 82
中央 2階
大高敏男著
科学図書出版

穴あけ中ぐりのポイント (技能ブックス:10)
532.6A 46
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

石油・ガスとロシア経済 (スラブ・ユーラシア叢書:3)
568.09Se 44
中央 5階
田畑伸一郎編著
北海道大学出版会

最後の試練?

 なんて、たいした試練ではないのですが、今朝は、自宅の最寄り駅の路線で、電車が運休してしまって大変でした。



 今日、私は早出当番だったので、私ともう一人の職員さんで8:30までに出勤して、図書館を開館しなければなりません。。。



 通常の勤務であれば私が遅れても、他の方がカバーしてくださるので、なんとかなるのですが、早出当番の時は、そうはいきません!



 いつもより早めに出かけたのですが、結局、またされること40分。。。



 携帯電話のメールで、課長さんと課長補佐に連絡。。。



 間に合いそうもありません、と。。。



 課長さん、課長補佐が間に合ってくれました。。。



 良かった良かった。。。



 結局、タイムカードはぎりぎり間に合ったのですが、勤務するにはあまりに乱れた状態(一生懸命駅から歩いて(走ってない。。。)来たので、顔は紅潮して、息も乱れ。。。)だったので、今日は通常勤務にしてもらいました。。。





 それにしても、今日、止まってしまった路線は(悪口になるので名前は内緒です。まあ、知っている人なら知っていると思うのですが。。。)、手際が悪いというか何というか。。。

 小田急線や田園都市線、京王線などの私鉄だと、止まる原因となった駅付近を除く路線で、折り返し運転をしてくれるのに、今日の止まった路線ではそういうことを全然しない!

 私が駅についたのは、6時30分くらいだったけれど、電光掲示板を見ると、6時10分の電車が来ていないことになっている。。。

 反対路線は、6時2分から、来ていない。。。

 駅では「○○駅で人身事故のため、××線は全線運行を見合わせております。。。」のアナウンスを繰り返すばかり。。。

 結局7時ちょっと前くらいに、復旧しますとのアナウンスがあり、それから、一本目の電車が来たのが、7時10分。。。

 およそ、1時間分の乗客がたった一本の電車に殺到する。。。

 私も遅れてなるものかと、ホームの一番前を、駅についたときから陣取っていました。

 もちろん、その電車はすし詰め状態!

 足の踏み場もないくらい。。。

 一度、足を浮かせると、足のつく場所を探さないと、見つからない。。。

 そんな状態でした。。。


 多摩キャンパスに異動になる前、最後の試練?といったところでしょうか。。。


 いつもは、ラッシュより早めに出かけているので、そんなにすし詰め状態では来ないのですが、今日は最悪でした。。。


 ちなみに、間に合ったので、良かったのですが、運休していた電車の駅を降りたとき、遅延証明をもらう列が長蛇の列になっていて、並んでまで、遅延証明をもらう気にはなりませんでした。。。

 JRさん。。。

 もう少し、止まったときの、対応を手際よくできないでしょうか?

 もちろん、安全第1なのは、わかっているのですが。。。

2008/09/26新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。



ZEN心理療法 (21世紀カウンセリング叢書)
146.8A 47
中央 3階
安藤治著
駿河台出版社

間主観カウンセリング : 「どう生きるか」を主題に (21世紀カウンセリング叢書)
146.8I 89
中央 3階
伊藤隆二著
駿河台出版社

家族療法的カウンセリング (21世紀カウンセリング叢書)
146.8Ka 33
中央 3階
亀口憲治著
駿河台出版社

構成的グループ・エンカウンター (21世紀カウンセリング叢書)
146.8Ka 82
中央 3階
片野智治著
駿河台出版社

実存カウンセリング (21世紀カウンセリング叢書)
146.8N 23
中央 3階
永田勝太郎著
駿河台出版社

気づきのホリスティック・アプローチ (21世紀カウンセリング叢書)
146.8N 32
中央 3階
中川吉晴著
駿河台出版社

クライエント中心のカウンセリング (21世紀カウンセリング叢書)
146.8Sa 75
中央 3階
佐々木正宏著
駿河台出版社

生きがいカウンセリング (21世紀カウンセリング叢書)
146.8Ts 87
中央 3階
鶴田一郎著
駿河台出版社

カインのポリティック : ルネ・ジラールとの対話 (叢書・ウニベルシタス:888)
193.211G 47
中央 5階
ルネ・ジラール, ドメーニカ・マッツ他 [著]/内藤雅文訳
法政大学出版局

第一次世界大戦 上
209.71L 611
中央 5階
リデル・ハート著/上村達雄訳
中央公論新社

第一次世界大戦 下
209.71L 612
中央 5階
リデル・ハート著/上村達雄訳
中央公論新社

御蔵島の社会と民俗 増補
291.369Ku 63
中央 5階
栗本惣吉著/栗本力, 栗本大器編
西田書店

判例教材刑事訴訟法 第3版
327.6H 29
中央 2階
三井誠編
東京大学出版会

経済学は自然をどうとらえてきたか
331.2I 47
中央 2階
ハンス・イムラー著/栗山純訳
農山漁村文化協会

エネルギーと産業革命 : 連続性・偶然・変化
332.33W 94
中央 5階
E・A・リグリィ著/近藤正臣訳
同文舘出版

戦後アメリカ通貨金融政策の形成 : ニューディールから「アコード」ヘ
338.253Su 84
中央 5階
須藤功著
名古屋大学出版会

教育学を学ぶ : 発達と教育の人間科学 新版 (有斐閣選書:620)
371Ky 4
中央 2階
柴田義松, 竹内常一, 為本六花治編
有斐閣

親業トレーニング (21世紀カウンセリング叢書)
379.9Ku 11
中央 2階
久保まゆみ著/近藤千恵編
駿河台出版社

岩石から読み取る地球の自叙伝
450.4B 51
中央 2階
マーシャ・ビョーネルード著/渡会圭子訳
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

プレートテクトニクスの拒絶と受容 : 戦後日本の地球科学史
455.021To 49
中央 5階
泊次郎著
東京大学出版会

ADHD(注意欠陥/多動性障害) (21世紀カウンセリング叢書)
493.937Ma 18
中央 5階
町沢静夫著
駿河台出版社

絵とき熱力学基礎のきそ (Machine design series)
501.26O 82
中央 5階
大高敏男著
日刊工業新聞社

太陽の恵みバイオマス : CO[2]を出さないこれからのエネルギー (シリーズ21世紀のエネルギー:7)
501.6Sh 887
中央 2階
松村幸彦著
コロナ社

機械設計技術者のための基礎知識 : 機械設計技術者試験準拠
531.9Ki 21
中央 2階
機械設計技術者試験研究会編
日本理工出版会

旋盤のテクニシャン 改訂版 (技能ブックス:3)
532.1Se 57
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

フライス盤のダンドリ 増補改訂版 (技能ブックス:4)
532.4F 92
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

ねじ切りのメイジン (技能ブックス:5)
532.49N 62
中央 5階
技能士の友編集部編著
大河出版

研削盤のエキスパート (技能ブックス:8)
532.5Ke 51
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

手仕上げのベテラン (技能ブックス:7)
532.7Te 82
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

測定のテクニック 増補改訂版 (技能ブックス:1)
532.8So 32
中央 2階
技能士の友編集部編著
大河出版

言葉の暴力 : 「よけいなもの」の言語学 (叢書・ウニベルシタス:893)
801.01L 49
中央 5階
ジャン=ジャック・ルセルクル [著]/岸正樹訳
法政大学出版局

2008年9月25日木曜日

人事異動

 ついに、この時がやってきてしまいました。

 人事異動です。

 図書館おばさんTは、人事異動のため、国士舘大学附属図書館を去ることとなりました。


 9年半にかけて、図書館第1司書課に勤務して参りましたが、10月1日の人事異動で、多摩キャンパスの体育学部事務室に異動します。

 長きにわたって、図書館では大変お世話になりました。


 私が図書館司書の仕事に初めて興味を持ったのは、高校生の時だと思います。

 新設校で、校舎や体育館など新しく、グランドはまだできていない状況から高校生活を始めます。

 高校1年生の時、本を読むのが好きだったこともあり、図書委員になりました。

 でも、図書委員といっても、図書室もまだできていない状況。。。

 図書の先生と、図書委員が集まって、購入された本にラベルを貼ったり、カバーを掛けたり、書棚に並べたりして、図書室を一から作り上げていきました。

 そんな仕事をしたのをきっかけに司書に興味を持ちました。

 司書資格がとれる大学に進もうということで、国士舘大学になんとか入れていただき、4年間かけて司書に必要な科目を取得します。

 でも、大学生活4年間を過ごす中で、司書になるということがどれだけ狭き門か、思い知ります。

 まして、私の世代は、就職氷河期でもあり、一般企業に就職するのも大変な時代でした。

 あまり、業種や職種を選ぶことなく、就職活動をしていた中で、国士舘大学の新聞で職員募集の公募を見かけます。

 大学生時代お世話になった主事が、時々、私をアルバイトで大学の仕事のお手伝いに使ってくださったこともあり、職員の試験を受けました。

 おかげさまで内定をいただき、この大学に勤めることとなります。

 大学の職員になっても、図書館に配属されるとは限らず、最初は大学院の事務室、次は就職センターへと配属になりました。

 就職センターでは、鶴川キャンパスの勤務も経験しました。

 人事異動の希望を聞かれるごとに、できたら図書館に行きたいと、言い続けていたことが、3つめの部署でついにかないます。

 念願かなって、図書館に配属されることとなったのが、今から、9年半前です。

 ここで、誤解していただきたくないのが、図書館に来るまでの部署で、いい加減な気持ちでつとめてきたというわけではないことを、ご承知いただきたいと思います。

 各部署で、自分なりに一生懸命勤めてきたつもりです。

 大学院では、多くの大学院生さんがお勤めをしながら、税理士になる希望を叶えるために努力している姿を毎日目にしておりましたし、就職センターでは、大学生が将来の方向性について真剣に考える姿を日々見ておりました。

 そんな姿を見ていて、私もやっぱりやりたいことはなんだろう?と考えさせられることが多かったです。


 図書館に配属になって、本格的に図書館員として勤めることになるわけですが、図書館の仕事は、たとえ資格を持っていたとしても、すぐにその効果を発揮できる仕事ではありませんでした。

 司書資格を持っていない人より、持っている引き出しがちょっと多いだけ。。。

 せっかく持っている引き出しも、引き出しの開け方がわからなけれが、宝の持ち腐れ。。。

 この持っている引き出しをあける方法は、実践を重ねていく中で、身につけていくことだと思います。

 そして、この引き出しは大学職員なら誰しもがもっている引き出してはないということ。。。

 ここに、図書館員に求められる専門性があるんだと思います。

 この引き出しは、司書資格を持っていなくても、図書館にきてから増やすことはできます。

 実践を重ねる中で積み重ねるもよし、研修などに参加するもよし、様々な方法で、専門性を身につけることはできます。

 でも、ほんの数年の勉強で身につくものではありません。

 図書館員は、多くの引き出しを持っていれば持っているほど、多くの情報を利用者のみなさんに提供できるんだと思うのです。


 私は、9年半かけていろいろと勉強をしたつもりです。

 昨年度末まで2年間かけて、研究分科会にも参加しました。

 図書館員になって、2年か3年目には、慶應義塾大学の三田メディアセンターで1ヶ月の研修もさせていただきました。

 その他、短期の研修などもいくつも行かせていただきました。

 それでも、私の中の引き出しは満たされることはありませんでした。

 まだまだ、空いている引き出しの方が多いくらいです。


 まだまだ空いている引き出しがたくさんある中、図書館を去るのは本当にさびしいことですが、私は、図書館員である前に、大学職員です。

 大学の他部署で、私を必要としてくれるところがあれば、行かなければなりません。

 むしろ、呼んでくださる部署があることに感謝しています。

 図書館で学んだこと、けっして無駄にはならないと思っています。

 新しい部署では、どんな仕事をするのか?

 今までに経験したことのない部署なので、不安もあります。

 でも、新しい部署でも、一つ一つ経験を重ねて、みなさんのお役に立てるようにがんばりたいと思います。

 これからも、どうぞよろしくお願いします。


 ちなみに、このブログは、もう少し続きます。

 もう少しお付き合いの程、よろしくお願いします。

 

2008年9月24日水曜日

納骨。。。

 最近、お休みがちで本当に、申し訳ないです。。。

 先週は、親戚の叔父さんの告別式で。。。

 今日は、弟のお骨の納骨の為。。。



 7月初旬、不幸があって、、、とブログにちょっと記載をしましたが、それは、私の弟のことでした。

 享年36歳。

 7月のお誕生日を迎えられれば、37歳だったのですが。。。


 職場のみなさんにはいろいろとご心配をいただき、また、友人各位にも、心配をいただきました。

 皆様方の支えがあって、ここまでやってくることができました。

 本当に、ありがとうございます。


 亡くなって、直後は、あまりに辛くって、お伝えすることが出来ませんでしたが、今日、無事に納骨を済ませ、ひと段落つきました。



 弟は長い間病気を患っておりました。

 うつ病です。

 そんな弟を私たち家族は支えることができず、死なせることとなってしまいました。。。


 うつ病は、本当に周りにいる家族や親戚、友人、職場の同僚、上司、など。。。

 多くの方の理解が必要です。

 もちろん、全てを理解することが、どんな人間であっても難しいことではあります。

 でも、多くの人が理性や自制心を持って制御できる心や体の動きを、うつ病の人はできないことが、多くあります。

 普通の人から見たら、サボっているんではないか?というふうに思われることも、うつ病の人はさぼっているのではなく、できないのです。。。

 それが、病気の症状なのです。。。

 自分の頭の中で、何かをしなくちゃ、今、こうしなくっちゃ、、、そんなふうに思ってもできないのです。。。


 うまく伝えることが出来なくて、申し訳ないのですが、今、多くの人がうつ病で苦しんでいると聞きます。

 現代病でしょうか。。。

 心療内科などに行くと、小学生くらいからいるそうですね。。。


 こういう心の病について、多くの人たちに理解をしてもらいたいと思い、ここに公表することとしました。

 このブログの、図書館おばさんが伝えるべきこととして、あまりふさわしくないことはわかるのですが、多くの大学関係者に見ていただいているブログです。。。

 多くの方々と接するに当たって、心の隅にちょっと留めて置いていただいてもいいのかな?なんて思いました。 

2008年9月22日月曜日

傘の忘れ物

 ここ数日間、はっきりしないお天気が続いていますね。。。

 朝、出かける時も、傘を持って出ようか、出まいか。。。

 今朝、家を出るときは、ほとんど降っていなかったので、傘を日傘にしようかと思ったけれど、駅を出ると、ざあざあ降り。。。

 ちょっと距離が離れただけでだいぶお天気も違います。。。


 さて、こんな日は、傘の忘れ物が非常に多くなっています。

 家を出るときに持って出たものをきちんと確認しましょう。

 また、家を出る時より増えていたりしませんか?

 そういうこともあるかもしれませんが、自分の持ち物かどうか、きちんと確かめましょう。

 傘の取り違いなども増えています。。。

 傘をなくしたという方もいるようですよ。。。

 
 明日は、秋分の日でお休みです。

 図書館も休館となります。

 お天気になるといいですね。

2008年9月21日日曜日

今日のオープンキャンパス、終了。。。

 今日のオープンキャンパスは終了しました。

 途中から雨が降る悪天候の中、多くの皆様にご来場いただきました。

 図書館に来館いただいたのは、182名でした。

 大学への来場者数はまだ確認できていません。。。

 足もとの悪い中、ご来館ありがとうございます。


 次回オープンキャンパスは10月26日(日)。

 世田谷・鶴川・多摩3キャンパスで同時開催です。

 またのご来場をお待ち申し上げております。

オープンキャンパス始まりました!

 国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスが始まりました!

 今日は今のところ、雨は降っていませんが、台風の影響を考えて、オープンキャンパスの案内に印刷されている会場と、変わっている場所がありますので、お気を付け下さい。

 詳しくは、係の方に聞いて下さいね。

 基本的には、外会場を予定していたところをすべて建物内に移動しました。

 世田谷校舎側の受付も、いつもだったら、世田谷区役所正面側にテントを貼っているんですが、今日は、中央図書館地下1階が受付になっています。

 それでは、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 お気をつけて来て下さい。


 そうそう、今朝、地震があったんですって?

 私はちっとも気が付きませんでした。。。

 図書館内では図書の落下などはありませんでしたので、大丈夫です。

 中央図書館では予定通り見学会を実施しています。

 みなさん、来て下さいね~!

2008年9月20日土曜日

明日はオープンキャンパス 中央図書館見学会

 遅い時間になりましたが、明日のご案内。


 明日は、国士舘大学世田谷キャンパスにて、オープンキャンパスが行なわれます。

 同時に、中央図書館では見学会を実施しますので、是非、ご見学にいらして下さい。

 多くの皆様のご来場をお待ち申し上げております。


 開催時間:11:00~16:00

2008年9月19日金曜日

明日は休館

 しばらくお休みをいただいておりました。

 ここ、3日ばかり、親戚の叔父さんが亡くなったため、忌引き休暇をいただいておりました。

 昨日、湯かんとお通夜でした。

 湯かんをする時、叔父さんの住んでいる地域での風習なのか、宗派による習慣なのかわからないのですが、木綿豆腐を一口大に切ったものにお塩をつけていただき、お清めのお酒を一口飲んでから、湯かんをはじめました。

 その他、アルコールで、お亡くなりになった方の身体を拭いてあげて、旅装束をつけて、思い出の品などを棺に入れて湯かんを済ませるのは、どこでも同じようなことでしょうかね。。。

 お通夜、告別式は斎場で行なわれたので、一般的な葬儀と変わらず、滞りなく進みました。

 お陰さまで、今日無事に、叔父さんをお見送りすることができました。

 ありがとうございます。


 さて、明日なんですが、9月15日(祝:敬老の日)授業日の振り替え休日のため、お休みです。

 図書館も合わせて、休館日となります。

 ご了承願います。


 そして、明日は、大学はお休みですが、鶴川キャンパス・多摩キャンパスでオープンキャンパスを予定しています。

 台風が接近していることもありますので、実施の有無については大学ホームページにて、ご確認願います。

  http://www.kokushikan.ac.jp/index.html

 また、明後日、日曜日は世田谷キャンパスで、オープンキャンパスを予定しています。

 こちらも、台風接近が心配されますので、大学ホームページにて、ご確認の上、ご来場下さい。
 今のところ、両日とも開催予定です。
 それでは、また来週、またはオープンキャンパスでお会いしましょう!

2008年9月16日火曜日

オープンキャンパスにかかわるお知らせ

 またも、すみません。。。

 図書館おばさんTは、明日から3日間、親戚の叔父さんにご不幸があって、お休みをいただきます。

 それで、ちょっと早いですが、オープンキャンパスにかかわるお知らせをいたします。


 今週木曜日、中央図書館エントランスに設置してあるPCを移動します。(なので、使えません。。。)

 土曜日、9月15日の振替休日でお休み。図書館も休館です。

 日曜日、世田谷キャンパスのオープンキャンパスです。

 図書館は休館ですが、オープンキャンパス来場者のための見学会を実施しています。

 図書館利用の際には、開館時間等をご確認の上、ご来館下さい。

司法試験合格!!!

 おめでたいニュースで~す!

 国士舘大学法学部卒業生の中から、今年の司法試験に合格した方が2名いらっしゃるとのニュースを聞きました!

 おめでとうございま~~~~す!


 本学卒業後、法科大学院に進んでさらに研鑽を積んだとのこと。

 大きな実を結ぶことができましたね~!

 このような先輩方がいること、在学生たちにとっても大きな励みになると思います。


 同じく大学関係者として、図書館おばさんTもとてもうれしく思います。

 在学中は、図書館を利用してくれたのかな?

 何かお手伝いできたのかな?


 これからも、図書館は一人一人の学生が大きな目標に向かって歩んでいくのを応援し続けていきたいと思います。

2008年9月14日日曜日

明日から授業です。

 明日は、敬老の日で祝日です。

 私にも、もう定年を過ぎた両親がおりますので、親孝行したいと思います。

 ちょうどお休みでもありますし、何か、してあげられることはないか、考え中です。


 あっ、私は職員の指定休暇をこの日にいただいているので、お休みなんですが、学生のみなさんは授業がありますよ~!

 月曜日の授業をとっているかたは、明日から授業開始ですからお気を付け下さい。

 休講情報については、各自ご確認願います。


 図書館も授業がある日ですので、通常開館になります。

 8:40~21:20の開館時間です。

 休み中のレポートにまだ格闘していらっしゃる方、がんばって仕上げましょう!


 それでは、私は今日に引き続き、明日もお休みいただいちゃいますが、皆様がんばって下さい。

 失礼します。

2008年9月13日土曜日

VISTA vs. XP

 近頃は朝夕がだいぶ涼しくなりましたね。

 朝6:30頃、出かける私は、涼しいと思って、多めに着てくるのですが、梅ヶ丘につくと、かなり蒸し暑い状態になっています。。。

 まだまだ残暑を感じる今日この頃です。


 さて、先日も図書館内のPCの入れ替え作業があったことを記事にしました。

 今日も、それに関してお話ししようと思います。


 まず、今回のPC入れ替え作業で、利用者さんが使うPCはすべてOSがVISTAとなりました。

 USBメモリーが反応しないケースが多く発生していますが、USBメモリーを使う際に少々お気を付けいただければと思います。

 業務用のPCはいくつかXP対応のものも残っていますが、9月中にはおおよそVISTAにする予定です。


 でも、一部、XPのまま、残すものもあります。


 まずは、AV資料室内マイクロ資料室にあるマイクロリーダーです。

 こちらは、マイクロフィルムを読むためのアプリケーションソフトがVISTAに対応していないためOSをXPにしておかないと使えないのです。。。

 また、中央図書館総合カウンター脇にあるデータベース用PC(朝日新聞のデータベースや読売新聞のデータベースとして使われることが多いです)。

 こちらも、インターネット上で見られるデータベースはOSを問わないのですが、CD-ROMからインストールしているデータベースが古いもので、VISTAに対応していないため、XPのままおきます。

 また、中央図書館総合カウンター内にあるBook Shot(簡単に言うと大きなスキャナーみたいなものです)に接続しているPC。

 こちらも、VISTA対応のアプリケーションではないためXPのままおきます。


 ということで、図書館内にはまだ数台XP対応の機種が残っています。


 それにしても、VISTAは確か、2007年明けてすぐぐらいに出たものだと思うのですが、まもなく2年経とうとしています。

 もともと古いCD-ROMがVISTAで見られないのは仕方がないとしても、Book Shotやマイクロリーダーなどのアプリケーションソフトは、もうVISTA対応のモデルが出ていてもおかしくないんじゃないかと思ったりするのです。。。

 どうしてなんでしょう?

 また、他部署のPCの入れ替え状況の話を聞くと、あんまりVISTAに切り替えていない様子。。。

 どうしてなんでしょう?


 確かに、XPって何かが悪かったわけでもなく、VISTAにしなければならない必要性もなかったと思います。。。


 なんだか、図書館ばかり先行して新しいOSを入れてしまって、しかも利用者用PCがすべてVISTAになってしまったけれど、もしかして、こんなに先走りすぎてしまって、かえってXP端末がないことで利用者さんは困ったりしないのかしら?


 ちょっと心配も残る、今回のPC入れ替えでした。。。


 

2008年9月12日金曜日

明日から。。。

 国士舘大学附属図書館中央図書館の開館時間について、、、


  今日まで、10:00~15:00開館。

  明日は、9:20~16:40開館。

  日曜日はお休み。

  月曜日から通常開館、8:40~21:20(土曜日は~19:20)となります。


 さて、職員の交代勤務も今日までです。

 明日から、通常勤務となります。(土曜日だけど。。。)


 学生さんは月曜日から授業開始ですね。

 月曜日は祝日敬老の日で大安ですが、授業があります。

 図書館も通常通り開館していますので、ご利用下さい。

2008年9月11日木曜日

USBメモリーについて

 最近、学生さんから、USBメモリーが端末に認識されない、との苦情を寄せられることが多くなっています。

 Wordなどで文書を作成した後に、保存をしようと思ったら、USBメモリーが認識されず、保存ができなくて困ったと。。。

 端末が悪いのか?

 USBメモリーが悪いのか?

 私にはわかるわけもなく、これらの現象が起きることについて、SEさんに聞いてみました。

 SEさんがおっしゃるには、USBメモリーを認識しづらい時があるとのことです。。。

 だから、USBメモリーをもう一度差し込み直すか、パソコンを再起動するなどして、やってみてほしい、とのことでした。。。

 まあ、裏を返せば、機械は悪くないので、メンテのしようがない、ということですね。。。

 でも、ここ最近の新機種導入に伴って、こういう苦情が多くなったように思うのですが?と訪ねてみました。

 そうしたら、SEさん、「新機種導入というより、VISTAになってから、こういうことが多いように思う」と。。。

 なるほど。。。

 VISTAが悪いのか?

 USBメモリーが悪いのか?

 それだって私にはわからなけれど、以前、私がUSBメモリーをお店で購入しようとしたとき、たくさんのUSBメモリーが並んでいて、パッケージをみると、「VISTA対応」と書いてあるUSBメモリーがありました。

 わざわざ書いていなくてもVISTAに対応できるものもあるのでしょうが、対応できないUSBメモリーもあるかもしれませ。。。


 こういうことは、何が悪い、って一概には決めつけられないし、素人では、何が悪いのか判断もできません。。。

 端末を用意している図書館として無責任な発言と思われたらごめんなさい。。。


 でも、利用者のみなさんは端末利用に関しては自己防衛も是非是非なさって下さい。


 もし、Wordでレポートをすべて完成して保存しよう、という段階になったときに、保存できなかったら。。。

 とりあえず、デスクトップに保存をして、自分のメール宛に添付ファイルで送っておいたり、YAHOOなどのプロバイダーで用意している保存先に一時的に保存をするなどして、対処願います。

2008年9月10日水曜日

PCの入れ替え作業

 大変です~~~!

 昨日、事務用のPCの入れ替え作業が行われたんですけれど、こういうのがあった翌日って、必ず、トラブルがあります~~~。。。

 トラブルというと語弊があるかもしれませんが、PCのような機械が苦手なおばさんにとっては、大きなトラブルです!


 まず、図書館開館前、図書の貸出返却システムを立ち上げようとしましたが、立ち上がりません。。。

 (→ 開館時間ぴったりくらいに、作動しました。それまで、SEさんがシステムについて作業をしていたため動かなかったんです。。。言っておいて下さいよ。。。)

 入れ替え前のPCに統計表のファイルを置いてきてしまっていました!

 (→ SEさんにお願いして、古い方のパソコンをもう一度起動してもらい、ファイルを取得!これは完全に私たちのミスですね。。。すみません。ご迷惑をおかけします。。。)

 プリンターも新しくなりました。新しく搬入されたPCはそのプリンターに接続されていますが、今まで使っていたPCは新しいプリンターに接続されていません!印刷できない~~~!

 (→ 今、SEさんがセッティングしてくれています。。。ありがとうございます。。。)


 今までは、こうやったら、こうできた、ということができなくなると、おばさんはどきどきしてしまいますよ。。。

 でも、皆様方の努力のおかげで、少しずつ改善されています。

 よかったです。。。



 それにしても、利用者さんが使うパソコンもしばらく前から、入れ替え作業を行ったり、新しく搬入したりして、新しい機械が増えていますが、利用者さんも、今まで使っていたのと、違う!と、戸惑ったりしていたのでしょうね。。。

 こちらは、新しい機械が入ってよかったよかったなんて安易に思っていたけれど、利用者さんのPCを新しくしたときこそ、PCに関する対応をきちんとしなくちゃいけなかったですね。。。

2008年9月9日火曜日

慣れない仕事といえば。。。

 慣れない仕事といえば、交代勤務中、少ないスタッフで図書館の開館をしているので、いつもやらない仕事も幅広くこなさないといけません。

 前の記事の配架は、その最たるもので、いつもパートさんやアルバイトさんがして下さっているので、私はあんまり配架をしていません。。。

 朝の開館作業でも、カウンター周りの準備をいつもパートさんがしてくれているんですが、いつも朝勤務しているパートさんがしているので、開館後に出勤してくるパートさんたちはいつもしません。

 でも、この交代勤務の時は慣れないながらも、がんばってみなさんしてくれています。


 そして、この交代勤務の時、最も慣れない仕事をしているのは、たぶん、図書館の事務所でいつもお仕事をしている縁の下の力持ち、庶務課の方々かもしれません。。。

 いつもは、事務所で本の受入、分類、整理などをしていたり、物品管理や予算管理などをしてくれている職員さんたち。。。

 時々、案内カウンターに座ってくれています。

 「学生証忘れちゃったんですけど。。。」

 「大学のものじゃないんですけど。。。」

 「紹介状をもってきたんですけど。。。」

 「Where is a public office?」

 etc...

 どんなことを聞かれるのか、わからず、不安ですよね。。。

 ご協力、ありがとうございます。

久々の配架

 昨日も出勤していたんだけれども、ブログを更新しそびれました。。。

 交代勤務期間ということで、私の勤務時間は9:00~15:00。

 9時に出勤して、10時の開館に向けて準備。

 昨日は午前中は、案内カウンターに座りました。

 通常開館の時はほとんどパートさんやアルバイトさんが座っていますが、交代勤務の時は、スタッフが少ないので、いる人たちでカバーします。

 お昼は12時にとらせていただき、午後13時からは、レファレンスカウンターに。

 13時からのお昼の人が14時に戻ってきたので、私は配架をしました。

 カウンターに返却された図書をブックトラックに載せて、各階を回ります。

 配架しながら、各階の返却台に置かれた図書も回収します。

  配架 → 回収 → 配架 → 回収

 15時15分前。。。閉館準備のため総合カウンターに戻ります。。。

 ブックトラックに最初に持って出た図書数より多くなって。。。

 
 久々の配架。。。約30分間。。。
 配架もいつもパートさんやアルバイトさんが主にしてくれています。
 腕が鈍ったとは思わないけれど、時間までに終わらなかったのが悔しい。。。
 でも、言い訳。。。
 ホント、返却台の図書たくさんあったんですよ。。。
 コピー機のところも、山積みになっていたし、事典のところにもたくさんありました。。。
 雑誌もたくさんあったし。。。
 利用者数は少ないとはいえ、来ている方は熱心に資料集めしているんですね。
 それと、昨日は1日2万歩、歩きましたよ。
 通常通勤している時はだいたい1万歩から1万5千歩くらいです。
 昨日の2万歩は、配架で各階ぐるぐる周ったのが大きかったと思うんです。。。
 さて、今日は、何歩くらい歩いちゃうかな?
 今で6000歩、歩いています。

2008年9月7日日曜日

夏休みもあと1週間

 今日は日曜日。。。

 私の夏休みは、もう、今日でおしまい。。。

 明日から、交代勤務期間ではあるんだけれど、私はお当番なので、毎日出勤しています。

 どうぞ、よろしくお願いします。


 学生さんたちも、夏休みはあと1週間で終わりですね。。。

 休み中に与えられた、レポートや課題などあると思いますので、今週中にがんばって終わりにしたいですね。

 明日から金曜日まで、図書館は10時から15時の開館時間です。

 土曜日は、9:20から16:40の開館時間となっています。

 開館時間がちょっと短いけれども、必要な資料集めなどできると思いますので、どうぞご来館下さい。

 先週も、数日出勤しましたが、8月の出勤日より、レファレンスカウンターで質問されることが多くなったように感じています。

 夏休み明けに向けて、そろそろ始動している学生さんたちが、資料集めに来ているようですよ!

2008年9月6日土曜日

督促メールの効果

 いつ頃だったか忘れてしまったんですが、ここ1年以内くらいのうちから、図書館の本を延滞してしまった利用者にメールでの督促をはじめました。

 延滞をして約1週間で督促のメールが利用者さんに届きます。


 その効果を最近富に感じるのは、教員の先生からの督促メールに対して返信が来て、すぐ返しますとか、いついつ返しますとか、返信が来るようになったことです。

 実際のところ、督促メールを始める前と後で、返却率を計算しているわけではないので数値的にはどの程度の効果が得られているのかは、わかりませんが、着実に返却率がよくなっているんではないかと思うのです。

 ハガキで督促していた時は、およそ1か月に1回の割合で督促していたので、最長で1ヶ月経っても督促されない状況がありました。(中央図書館の場合です。)

 それが、メールになってからは1週間で、督促されるので、忘れていた利用者さんはすぐ気がつくことができますよね。

 最初メールを送るタイミングをどうしようか、図書館内で検討した時に、1週間では早すぎるんではないか、という意見もありました。

 私も最初は、様子見で2週間くらいがいいんじゃないかと思ったものです。

 でも、今は、この早いタイミングでの督促メールが徐々に効果をあげているんじゃないかと実感をしています。

 1冊でも多く、1日でも早く、延滞している本を返してもらって、次の利用者さんに貸出できるようにしたいと思っています。

 皆様がたのご協力をお願い申し上げます。



 ちなみに、延滞中の図書に予約がかかった場合は、一両日中に督促をしています。予約をした方は1習慣も待てないですよね。

2008年9月5日金曜日

入口に掲示してみました。

 国士舘大学附属図書館中央図書館の入口に掲示をしてみました。

 きっかけは、このブログにコメントを下さった、在校生のご意見です。

 図書館スタッフが見回りをして、館内の学習環境がより良くなったことを評価いただいたと同時に、1階の入り口付近とレファレンスカウンターがちょっと騒々しいとのご指摘をいただきました。

 そこで、中央図書館の入口に掲示をしてみました。

 「深呼吸をして!心を落ち着けてから入館しましょう。」

 「図書館では、お静かにお願いします。」

 中央図書館は、入口を入るとすぐ吹き抜けとなっていて、その付近で出る大きな音は、すぐに吹き抜けに響き渡ります。

 図書館に入ってくる利用者さんは、図書館の外からお友達などと一緒にお話をしながら入ってくる方が多いです。

 友達とのお話の興奮冷めやらぬまま、大きな声で笑ったり、話をしたりしたまま図書館に入ってきます。

 そうすると、それらの声が、すぐ吹き抜けに響き渡って、図書館中に響き渡ります。

 1階はもちろん、2階もそうですね。

 なので、図書館に入る前に、一度心を落ち着けていただいて、図書館に入るから静かにしなくっちゃ、という気持ちを促そうという意味で、この掲示を作りました。

 中央図書館に入館する前、ちょっとでも目にとめていただいて、深呼吸をして、心を落ち着けて、入館してもらえるとうれしいです。

2008年9月1日月曜日

今日から9月。。。

 今日から9月。。。

 多くの小中学校では、今日が始業式というところが多いのではないでしょうか。

 国士舘大学世田谷キャンパスのお向かいにある高等学校でも、始業式があるのでしょう。

 体育館に向かって歩く高校生が、多く見られました。


 図書館おばさんTも、今日からまたお仕事に従事させていただきます。

 朝5時前、目ざましに起こされたら、当たりが薄暗くって、日が短くなったことを感じました。。。

 もう秋なんですね。。。


 大学内はまだ夏休みということもあり、学生の姿があまり見えません。

 図書館内も静かです。。。


 今、私が座っているレファレンスカウンターから見える、1号館の窓づたいに人が降りてきました。。。

 窓掃除です。。。

 ブランコみたいにロープにぶらさがってゆらゆら。。。

 大変なお仕事です。。。

 命がけのお仕事です。。。


 私も少しは世の中のお役にたてるお仕事ができるよう、がんばります。。。

2008年8月31日日曜日

合宿から帰ってきました。

 昨日、ピアノ合宿から帰ってきました。

 ピアノの先生と2人というシチュエーションで、だいぶ気疲れしましたが、充実したピアノレッスンができたと思います。

 私生活での充実も、仕事に生きるはず!

 明日から、交代勤務の当番に出ますので、またまた、よろしくお願いします。

2008年8月28日木曜日

今日から合宿に行って来ます!

 さあ、今日から合宿だ~!


 って、私はどのクラブチームの監督も何もしていないのだけれど。。。


 じゃあ、何の合宿?



 ・・・・・・・・



 ピアノの合宿なんです。。。


 ピアノの合宿って何?


 私も行ってみないとわからないです。。。


 とりあえず、行って来ます!

2008年8月26日火曜日

やたらに撮るもんじゃないですね。。。

 今日は、両親とともにお墓に行ってきました。

 まだ、住人のいないお墓です。。。

 新しく入る住人のために準備したお墓を見てきました。


 両親がその新しいお墓の写真を撮る、というので、私が持っていた携帯電話で、写真を数枚撮影。


 写真をよくよく見ると、墓石に人影が。。。


 ぞくぞくっ、、、

 まだ、住人のいないお墓なのに。。。

 だれ?


 またまた、よくよく見ると、傘をさして、携帯電話を向けている私の姿でした。。。

 あ~あ、やたらにこういうものを撮っちゃいけないですね。。。

2008年8月25日月曜日

もう秋?

 すみませ~ん。。。


 今日から1週間ばかり、図書館おばさんTはお休みします~。。。

 ここ数日雨が続いていますが、今日はちょっとお出かけしました。

 雨なので、傘をさして行ったんですが、時々、晴れ間が見えるときもありました。

 蝉の声が聞こえるな~と思っていたら、ものすごく近くで、ジジジジジッっと音が聴こえ、あっという間に、私の傘の中に、蝉が飛び込んできました。



 そして、、、






















 という状況です。。。

 蝉の泣く声が、ジジジジジッっとたくさん聴こえてくると、なんとなく夏の終わりを感じるのは、私だけでしょうか?


 ちなみに、この蝉、、、自分から、止まるところを間違えたと思って、出て行ってくれました。。。

2008年8月24日日曜日

全力を出し切ったシンクロナイズドスイミング

 昨日も、北京オリンピック、シンクロナイズドスイミングで国士舘大学卒業生の川嶋奈緒子さんが、大活躍でした!

 昨日は、フリールーティーンということで、テクニカルルーティーンよりも、演技時間も長く、見ている人が想像する以上に過酷な演技種目!

 そんな中、川嶋奈緒子選手は、演技も終盤の疲れも極限状態の中、リフトからのジャンプを決めてくれました!

 高く大きく飛び上がって、顔の表情からは、ぐぐぐっ、っと、目力が伝わってきました。

 とても力強いジャンプです!


 競技としては残念ながら、メダル獲得ならず、でしたが、5位に入賞。

 同じチームメイトが、疲労困憊の中倒れるというアクシデントもありましたが、それだけ、全力を出し切った演技だったと思います。

 私たち日本人が見れば、きっと日本チームの演技は、いちばん輝いて見えていたはずです!


 北京オリンピックもいよいよ今日が最終日。

 川嶋さんは閉会式に出られるのかな?

 北京オリンピックを最後まで楽しんで、笑顔で帰国して下さいね!

2008年8月23日土曜日

シンクロナイズドスイミング 応援しよう!

 北京オリンピックも、もう明後日で終わりですね。。。

 昨日は、陸上男子100m×4リレーで、日本チームが銅メダルを獲得して、日本中が歓喜しましたねぇ~。

 私も中継を見ていて、「行け!行け!」と叫んでしまいました。

 疾走した4人の選手も、感極まった感じでしたね。。。


 さて、今日は、シンクロナイズドスイミングのフリールーティーンに、国士舘大学の卒業生、川島奈緒子さんが出場します。

 昨日のテクニカルルーティーンでは、4位につけています。

 陸上は4位につけていたら、メダルが狙える!

 今までにない快挙!

 なんて言われて、喜ばれるのに、

 シンクロのチームは、ロサンゼルス大会以来、連続でメダルを獲得してきているもんだから、4位という今の成績に「ピンチ」なんて記事を書いている新聞社もあるようですね。。。

 でも、世界中で4位と思ったら、すごくないですか!?

 もちろん、今日のフリールーティーンで、がんばってもらいたいのはもちろんです。

 全力を出し切って、今の日本チームでできる最高の演技をしてくれたら、いいなと思います。

 結果、メダルがついてきたらいいんじゃないかしら?

 とにかく、プレッシャーに思わず、最高の演技をして下さい。

 みんなで応援しています! 

 

2008年8月22日金曜日

北京オリンピック シンクロナイズドスイミング

 今日は、北京オリンピックのシンクロナイズドスイミングで、国士舘大学卒業生の川嶋奈緒子さんが出場します。

 今日は予選でチームのテクニカルルーティーンです。

 日本時間の16:00ごろ始まるようです。

 (日本チームは何番目かわかりませんが。。。)

 みんなで応援しましょう!

エントランスのモニターに。。。

 国士舘大学附属図書館中央図書館のエントランスのモニター。。。

 だいぶ前から設置されていたんですが、なんにも映っていないか、パソコンのデスクトップ画面が表示されている状態がずーっと続いていたと思うんです。

 このモニターに映像を流すためのアプリケーションソフトの説明も、だ~いぶ前に聞きました。。。

 (もう、はるかかなた、、、記憶の隅っこの方に行ってしまって、もう操作できないかも。。。)


 さて、このモニターに、今日、映像が映っています。

 ひとつは、情報科学センターのオープン利用教室の案内や講座のシスアド講座の案内が表示されています。

 ひとつは、図書館の開館時間の案内。

 今日、気がついただけで、もしかしたらもっと前から表示されていたのかもしれません。

 でも、図書館おばさんTは今日気がつきました。

 やっと、このモニターが使えるんだ~と思ったけれど、図書館おばさんTがいる図書館には、このモニターを操作するアプリケーションがまだインストールされていないので、図書館では直接モニターに何かの映像を流すことはできません。。。

 だから、今、表示されている映像も、図書館からこの操作のできる部署にお願いして、表示してもらっているものらしい。。。

 で、図書館の開館時間の案内が表示されているのは良いのだけれど、これを載せた人、あるいは載せるように依頼した人なのか、それはわからないけれど、もう少しセンスよく掲載できなかったのかな。。。

 今表示されている図書館の開館時間の案内は、映像というより画像。。。

 しかも、図書館のホームページの開館カレンダーが表示されている部分まで、画面をスクロールしてその画面だけ表示しているような状態。。。

 せめて、開館カレンダー部分だけでも切り取って1画像として掲載するとかできなかったのかな。。。

 まあ、こんなこと言うと、自分でやれ、なんて言われそうだから、黙っておくことにします。。。

 (と言いながら、ちゃっかりブログに書いちゃいましたけど。。。)


 でも、いちおうあのモニターが使えるようになったのは良かったですよ。。。

2008年8月21日木曜日

今日からお当番です

 昨日まで、夏休みをいただいておりました。

 今日からお当番で、図書館おばさんTは出勤しています。


 先週の土曜日からお休みをいただいていたので、5日間お休みをいただいたんですが、さっそく、ぼけぼけぶりを発揮!

 閲覧カウンターのPCを立ち上げるためのアカウントを間違え、プリントができないと一人で焦ってしまった。

 あげく、プリントできないって、庶務課に電話しちゃって、電話している途中に、気づきました。。。

 なんて言い訳したもんか。。。と思いましたが、結局、素直に謝りました。。。

 アカウント間違えて立ち上げていました、と。。。

 ごめんなさい。。。

 たった5日休んで、このぼけぼけぶり。。。

 困ったもんです。。。

 こんなぼけぼけぶりですが、どうぞまたしばらくよろしくお願いします。

 来週またお休みいただいちゃうんですが、、、すみません。。。

2008年8月19日火曜日

少々夏休みをいただきました。

 先週の土曜日から、図書館おばさんTは夏休みをいただいております。

 明日まで、お休みを頂、週末出勤します。

 そうしたら、また何か図書館情報をお届けできると思います。


 ここ数日は、仏事にかまけておりました。

 今日、はじめて四十九日なるものをしましたので、そんな記事も書いてみたいと思うのですが、今日はかなり疲れました。。。

 もう少し、痩せたら、正座も楽になるのかな。。。

2008年8月16日土曜日

石井慧選手、金メダル!

 石井慧選手!金メダル!おめでとうございます!

 みなさん、もうご存知だと思いますが、昨日は、北京オリンピック、男子柔道100kg超級で、国士舘大学体育学部4年生の石井慧選手が見事優勝しました!

 金メダルです~!

 おめでとうございま~す!


 準決勝まではすべて一本勝ちという見事な勝ちっぷり!

 決勝戦では一本勝ちではなく優勢がちでしたけれど、危なげない闘い方で、安心してみていられました。

 試合後のインタビューでは「国士舘の柔道」ということを繰り返し言ってくれていましたね。

 うれしいことです。

 斉藤仁先生もホッと胸をなでおろしたことと思います。

 男子柔道は今大会、不振のようなことを言われておりましたが、石井選手が見事に有終の美を決めてくれました!

 本当におめでとうございます。

 そして、みんなに感動を与えてくれてありがとう!


 昨日は、多摩キャンパスでも有志の人たちが集まって応援をしているようすがテレビに映っていました。

 昨日の仕事帰りに、学長が多摩校舎に急ぎ向かう姿を見ました。

 みんな期待していたんですね~~~!

 本学学生や卒業生の活躍、本当にうれしいですね~!


 さて、来週22日(金)と23日(土)には、シンクロナイズドスイミングのチームで本学卒業生の川嶋奈緒子選手が登場します。

 引き続きみんなで応援しましょう!


 

2008年8月15日金曜日

だれも来ないよ~!

 お盆も終盤に入ってきました。

 図書館の利用者さんたちも、日に日に減っていくような感じです。

 今のところ、レファレンスカウンターに、相談に来た人はいません。。。

 複写物を取りに来た方と、検索できたけど本の場所が分からないと言って来た方の2人としか口をきいていません。。。

 さびしいですね~。。。


 さて、そんなふうに閑古鳥が鳴いている状態なので、またまたオリンピック情報をご案内。

 今日はいよいよ国士舘大学体育学部4年生の石井慧君が柔道100kg超級に登場です!

 初戦は見事一本勝ちしたとのことです!

 良かったですね~~~!


 今日は、世田谷キャンパスの梅ヶ丘校舎の1階入り口付近でテレビモニターで観戦できるようにしているそうです。

 多摩キャンパスでも合同の応援をしているそうです。

 みんなの応援をパワーに変えて、石井君には頑張ってもらいたいです。

 もちろん、その他の選手たちも、頑張ってほしいです!


 最後に中央図書館のご案内。

 今日と明日までが9:20~16:40開館となります。

 日曜日はお休みで、月曜日から10:00~15:00の開館となりますので、ご了承ください。

 この短縮開館時は、図書館のスタッフも交替勤務ということで、ところどころ私も夏休みをいただきます。

 ブログはマメに更新したいと思っていますが、時々お休みするかもしれないです。

 それでも、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

2008年8月14日木曜日

がんばったね!

 お盆に入ってから、図書館内は本当に静かになってしまいました。

 きっと、みんな北京オリンピックに釘付けになっているのでしょうね。。。

 私だって図書館で仕事しているより、、、いやいや、いかん、いかん。。。!


 連日日本選手が大活躍している北京オリンピック。

 今日は、国士舘大学の卒業生、鈴木桂治君が男子柔道100kg級に出場です。

 66kg級の内柴正人君に続けとばかりに、みなさんの期待を背負って、試合に臨んだことと思います。

 でも、今、インターネットでちょっと見てみたら、、、

 残念!

 1回戦で負けてしまったとのことです。。。

 今回のオリンピックでは日本選手団の団長ということもあり、前回オリンピックの時のような気軽さと違い、大きな重圧がかかっていたことと思います。

 また、男子柔道がここのところ、かんばしくない結果が続いていたこともプレッシャーになったのかな?

 そして、なんと言っても、柔道という競技の、難しさ!

 私は、柔道を経験したこともないですし、現在、鈴木桂治君の試合を見てもいないので、うかつなことは言えませんが、今まで柔道の試合などを見ていて思ったのが、本当に気を許す隙のない競技だなということです。

 競技時間の5分間、延長戦もあるようなので、最大で10分間、ちょっとの隙も見せられないって、大変な精神力が必要ですし、その精神力とあわせて動く身体作り、これも大変なことだと思います。

 そして、相手に攻撃をするためには、そこに多少の隙ができるのも当たり前。

 どんなに達人でも、100%勝てるなんてことがない競技ではないでしょうか?

 今回、負けてしまったことはとても残念で、きっとご本人がなにより悔しい思いをしていることと思います。

 それでも、私は、今日までこの日を迎えるまでの日々の努力に惜しみないエールを送りたいと思います。


 ちなみに、敗者復活戦に勝ち上がれる可能性もまだあるかもしれません。

 あきらめないで、結果を待ちたいと思います。



 追記:鈴木桂治君は敗者復活戦に進んだんですが、敗者復活戦でも残念ながらメダルには届きませんでした。本当に悔しい思いをしていることと思います。それでも、ここまでのがんばりにエールを送りたいと思います。

2008年8月13日水曜日

EDIUSの編集作業

 連日、北京オリンピックで日本の選手が大活躍して、毎日、毎日テレビにくぎ付けとなっている方、多いんではないでしょうか?

 日本選手に限らず、世界各国の選手たちが自分たちの力を発揮して、パフォーマンスをする姿は、見ている人たちに多くの感動を与えていることと思います。

 さて、そんな中、図書館おばさんTは、今週金曜日まで、勤務がありますので、オリンピックは気になるところではありますが、連日、お仕事をしております。

 昨日は、久しぶりにブログの更新ができなかったのですが、ちゃんと仕事をしていました。

 テレビの画面にくぎ付けではなく、パソコンの画面にくぎ付けになっていて、すっかりブログ更新できないまま、帰宅、家でも、何もできなくて、今になっています。

 昨日は、何で、そんなにパソコンの画面にくぎ付けになってしまったかというと、ちょっと前にも記事で書いたんですが、EDIUSというビデオなどを編集するソフトウェアと格闘していたからです。

 昨日は、いよいよ独り立ち?とまではいかないまでも、一通り、編集の方法を教えてもらったので、一人でやってみることとなり、カウンター業務もそっちのけで、パソコンとにらめっこ!(カウンター業務はもちろん、他の方が、ばっちり、図書館おばさんT以上に親切丁寧に対応してくれています。)

 教えてもらっているときって、言われたとおりに操作して、その言われたとおりの操作が簡単だったりするから、メモも取らずに、作業をしてしまったけれど、いざ、一人でやってみようとすると、最初のさの字も思い出せないくらい、わからなくなっている!

 すぐに、わかる人に聞くのも、悔しいし、すぐ聞いちゃうと、それはそれで覚えられない原因になると思い、かすかな記憶とところどころメモをとったところを頼りに、作業をはじめる。

 最初はDVテープからEDIUSへの取り込み作業。

 これは、すでに一昨日、格闘して、残念ながら、自分の力ではできず、アドバイスをもらっていたので、朝一でそのアドバイスに従って作業をしました。(すでに、ここで1度、Give up!)

 今度はつつがなく、取り込み完了できました!

 続いて、取り込んだビデオの編集作業。

 ビデオの余分な映像をカットし、タイトル画像と終了の画像を取り込み、画像から映像への移行部分をトリミングしてみたり、そこは、なんとか自力で作業できました。

 ビデオ編集ができたら、WMVファイルへの変換。

 この変換においても、もう1度、Give up!

 取り込む際の、細かな設定がまったくもって、わからなかった。。。(この設定をすることで、画質をよくしたり、インターネット上で見る際の映像の取り込み速度などがかわってくるようです。。。←残念ながら、細かな設定は理解不能のため、ここは言われたとおりの設定をすることにしました。。。)

 そうして、言われたとおりの設定をして、やっと変換をすることができました。

 この変換作業は思ったより時間がかかるため、昨日はパソコンをつけっぱなしで、帰宅。

 今朝、無事、WMVへの変換が完了していました。

 そして、今日は、同じこのビデオをDVDに焼く作業。

 これも、WMVへの変換とほぼかわらずできると思っていたら。。。

 やっぱり、細かな設定がわからない。。。

 けっこう迷うんですよね。。。

 残念ながら、ここも、Give up!

 わかる人が来るのを待つこととします。。。


 でも、ここで、わかる人が来るのを待っているだけでは、私自身も情けないので、とりあえず、DVDの表面にタイトルを印刷する作業を進めています。

 この印刷も1枚印刷するのに20分くらいかかります。

 さて、そろそろ、印刷が終わりそうです。

 どんな風にできているかな?


 追記:印刷はきれいにできました!

 その後、DVDへの処理も教わって、無事作業を終了しました。

2008年8月11日月曜日

中央図書館開館時間

 国士舘大学附属図書館中央図書館の開館時間についてお知らせです。

 中央図書館は今日まで通常開館です。(21時20分まで開いています。)

 明日から16日(土)まで、9:20~16:40開館。

 18日(月)から、10:00~15:00開館となります。

 ご来館の際は、開館時間をご確認願います。

2008/08/11新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。



ポーランドの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)
234.9L 96
中央 3階
イェジ・ルコフスキ, フベルト・ザヴァツキ著/河野肇訳
創土社

個人情報保護法の理念と現代的課題 : プライバシー権の歴史と国際的視点
316.1I 75
中央 2階
石井夏生利著
勁草書房

憲法の基本
323.14Ke 67
中央 5階
小泉洋一 [ほか] 著
法律文化社

たのしい刑法 第2版
326Ta 89
中央 2階
島伸一編/[島伸一ほか著]
弘文堂

市民と司法の架け橋を目指して : 法テラスのスタッフ弁護士
327.14Sh 48
中央 5階
本林徹 [ほか] 編
日本評論社

報道の自由と刑事手続
327.6I 32
中央 2階
池田公博著
有斐閣

ケースで学ぶ国際私法
329.8Ke 61
中央 2階
野村美明編著
法律文化社

はじめよう経済学のための情報処理 : Excelによるデータ処理とシミュレーション 第3版
331.19H 16
中央 5階
浅利一郎 [ほか] 著
日本評論社

限定合理性のモデリング
331.19R 81
中央 5階
Ariel Rubinstein著/兼田敏之, 徳永健一訳
共立出版

講義仕事と人生
366.04Ko 26
中央 5階
井上雅雄, 立教大学キャリアセンター編
新曜社

身体とアイデンティティ・トラブル : ジェンダー/セックスの二元論を超えて
367.1Sh 69
中央 5階
金井淑子編著
明石書店

ケアを実践するしかけ (ケアその思想と実践:6)
369.04Ke 126
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

授業を変える : 認知心理学のさらなる挑戦
371.4J 92
中央 2階
米国学術研究推進会議編著/21世紀の認知心理学を創る会訳
北大路書房

子どものこころを育む発達科学 : 発達の理解・問題解決・支援のために
371.4Ko 21
中央 2階
内山伊知郎, 青山謙二郎, 田中あゆみ編著
北大路書房

いま、授業成立の原則を問う (教育方法:22)
375.1I 41
中央 2階
日本教育方法学会編
明治図書出版

質的研究法による授業研究 : 教育学/教育工学/心理学からのアプローチ
375.1Sh 92
中央 2階
平山満義編著
北大路書房

算数・数学教育の国際比較 (国際数学・理科教育動向調査の2003年調査報告書 : TIMSS 2003)
375.41Sa 66
中央 5階
国立教育政策研究所編
ぎょうせい

学校文化の創造と教育技術の課題 (教育方法:20)
375G 16
中央 2階
日本教育方法学会編
明治図書出版

新教育課程と人間的感性の育成 (教育方法:18)
375Sh 64
中央 2階
日本教育方法学会編
明治図書出版

保育の周辺 : 子どもの発達と心理と環境をめぐる30章
376.11Sh 96
中央 5階
庄司順一著
明石書店

保育所保育指針幼稚園教育要領解説とポイント
376.15H 81
中央 5階
ミネルヴァ書房編集部編
ミネルヴァ書房

分子・細胞・シナプスからみる脳 (脳科学:5)
491.371B 89
中央 5階
古市貞一編
東京大学出版会

不安・うつは必ず治る (精神科医からのメッセージ)
493.74Y 19
中央 5階
山田和夫著
勉誠出版

うつ病新時代 : 双極2型障害という病 (精神科医からのメッセージ)
493.764U 96
中央 5階
内海健著
勉誠出版

シャルコー : 力動精神医学と神経病学の歴史を遡る (精神科医からのメッセージ)
493.7E 33
中央 2階
江口重幸著
勉誠出版

精神医療の静かな革命 : 向精神薬の光と影 (精神科医からのメッセージ)
493.7Ta 26
中央 2階
田島治著
勉誠出版

サンドイッチ構造
501.49Mi 74
中央 5階
宮入裕夫著
養賢堂

ヒット商品を生む観察工学 : これからのSE, 開発・企画者へ
501.84H 77
中央 5階
山岡俊樹編著
共立出版

技術者に必要な地すべり山くずれの知識
511.34Ta 56
中央 5階
高谷精二著
鹿島出版会

ゼロからはじめる「RC造建築」入門
525.52H 32
中央 5階
原口秀昭著
彰国社

地球温暖化と農業 : 地域の食料生産はどうなるのか? (地球研叢書)
613.1C 44
中央 5階
渡邉紹裕編
昭和堂

日本のフェアトレード : 世界を変える希望の貿易
678.21N 77
中央 5階
長坂寿久編著
明石書店

ポーランドの建築・デザイン史 : 工芸復興からモダニズムへ
757.0234C 93
中央 5階
デイヴィッド・クラウリー著/井口壽乃, 菅靖子訳
彩流社

音楽の教え方 : 音楽的な音楽教育のために
760.7Sw 2
中央 5階
キース・スワニック著/塩原麻里, 高須一共訳
音楽之友社

2008年8月10日日曜日

内柴正人選手、金メダル!

 やりました~~~!

 北京オリンピック、男子柔道66kg級、内柴正人選手が優勝で、金メダルです!

 おめでとうございま~す!

 オリンピック日本選手の中でも、第1号の金メダル!

 すごいです!

 卒業生の活躍はうれしいものですね!

 

2008年8月9日土曜日

ご来館ありがとうございました。

 本日の国士舘大学のオープンキャンパス、無事終了いたしました。

 中央図書館の見学会の方も、終了です。

 中央図書館には590名もの来館がありました。
 多くの皆様にご来館いただきありがとうございました。

 世田谷キャンパスへの来場も3,000名を超える皆様方にお集まりいただいたそうです。

 次回オープンキャンパスは、9月21日(日)です。(9月20日は鶴川・多摩キャンパスで行われます。)

 中央図書館でも見学会を実施しますので、またのご来館をお待ちしております。

オープンキャンパス!

 本日、11:00より、国士舘大学世田谷キャンパスにてオープンキャンパスが行われます。

 間もなくですね~!

 中央図書館でも見学会を実施していますので、ぜひ、図書館を見学して行って下さい。

 (暑いので、避暑地としても使えます。。。)

 多くの皆様方のご来場をお待ちしております。

2008年8月8日金曜日

北京オリンピック開幕!

 北京オリンピックが開幕しました!

 国士舘大学からも、体育学部4年生の石井慧選手が柔道100キロ超級で参加します。

 卒業生では、川嶋奈緒子選手(シンクロナイズドスイミング)、 内柴正人選手(柔道)、鈴木桂治選手(柔道)が参加します。

 鈴木桂治選手は、日本代表選手団の主将という大役も任されています!

 是非是非、応援お願いいたします!

2008/08/08新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。




オートマトンと言語 (計算理論の基礎:1)
007.1Si 81
中央 3階
Michael Sipser著/阿部正幸 [ほか] 訳
共立出版

計算可能性の理論 (計算理論の基礎:2)
007.1Si 82
中央 3階
Michael Sipser著/阿部正幸 [ほか] 訳
共立出版

複雑さの理論 (計算理論の基礎:3)
007.1Si 83
中央 3階
Michael Sipser著/阿部正幸 [ほか] 訳
共立出版

インターネットで文献探索 2007年版 (JLA図書館実践シリーズ:7)
007.58I 892007
中央 5階
伊藤民雄, 実践女子大学図書館著
日本図書館協会

著作権法の新論点
021.2C 54
中央 3階
第二東京弁護士会知的財産権法研究会編
商事法務

シニェポンジュ (叢書・ウニベルシタス:892)
085D 63
中央 3階
ジャック・デリダ [著]/梶田裕訳
法政大学出版局

モラリア 1 (西洋古典叢書)
131.9P 751
中央 3階
プルタルコス [著]/戸塚七郎訳
京都大学学術出版会

啓蒙の精神 : 明日への遺産 (叢書・ウニベルシタス:895)
135.3To 18
中央 3階
ツヴェタン・トドロフ [著]/石川光一訳
法政大学出版局

社会と場所の経験 (質的心理学講座:3)
140.8Sh 923
中央 3階
サトウタツヤ, 南博文編
東京大学出版会

関係精神分析の視座 : 分析過程における希望と怖れ
146.1Mi 59
中央 3階
S.A.ミッチェル著
ミネルヴァ書房

今川義元 : 新装版 (人物叢書:[通巻254])
281.08J 51254
中央 3階
有光友學著/日本歴史学会編
吉川弘文館

アジア三国志 : 中国・インド・日本の大戦略
302.2E 53
中央 2階
ビル・エモット著/伏見威蕃訳
日本経済新聞出版社

サバルタンは語ることができるか 第1版第2刷 (みすずライブラリー)
304Sp 5
中央 2階
G.C.スピヴァク[著]/上村忠男訳
みすず書房

近代の再構築 : 日本政治イデオロギーにおける自然の概念 (叢書・ウニベルシタス:894)
311.2Th 5
中央 2階
ジュリア・アデニー・トーマス [著]/杉田米行訳
法政大学出版局

政治を考えたいあなたへの80問 : 朝日新聞3000人世論調査から (朝日選書:835)
311Se 17
中央 2階
高木文哉 [ほか] 著
朝日新聞社

人権入門 : 憲法/人権/マイノリティ
316.1Y 74
中央 2階
横藤田誠, 中坂恵美子著
法律文化社

公務員試験六法 2009
317.4Ko 682009
中央 2階
三省堂編修所編
三省堂

ネットで調べる経済指標
331.19Ku 14
中央 5階
久保田博幸著
毎日コミュニケーションズ

自治体の経済波及効果の算出 : パソコンでできる産業連関分析
331.19Y 62
中央 5階
安田秀穂著
学陽書房

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書
331Y 42
中央 2階
山岡道男, 淺野忠克著
アスペクト

22歳からの日本経済入門 : すぐに使える経済指標 (Mainichi Business Books)
332.107N 73
中央 5階
みずほ総合研究所編
毎日新聞社

撤退の研究 : 時機を得た戦略の転換
336Mo 66
中央 2階
森田松太郎, 杉之尾宜生著
日本経済新聞出版社

ナイチンゲールは統計学者だった! : 統計の人物と歴史の物語
350.12Ma 59
中央 5階
丸山健夫著
日科技連出版社

地震住まい生活 : 阪神・淡路大震災の教訓
369.31Ki 58
中央 5階
岸本幸臣, 宮崎陽子著
彰国社

子どもの権利条約を読み解く : かかわり合いの知恵を
369.4O 81
中央 2階
大田堯著
岩波書店

住民主体の地域福祉論 : 理論と実践
369.7J 99
中央 2階
井岡勉監修/牧里毎治, 山本隆編
法律文化社

「学ぶ」ということの意味 (子どもと教育)
370.4Sa 14
中央 2階
佐伯胖著
岩波書店

ユネスコ創設の源流を訪ねて : 新教育連盟と神智学協会
370.6I 94
中央 2階
岩間浩著
学苑社

教育方法 第4版 (岩波全書:248)
371.16H 95
中央 5階
細谷俊夫著
岩波書店

教育思想史 (有斐閣Sシリーズ:52)
371.2Ky 4
中央 2階
小澤周三[ほか]著
有斐閣

持続可能な教育と文化 : 深化する環太平洋のESD (ホリスティック教育ライブラリー:8)
371.5J 55
中央 2階
日本ホリスティック教育協会編
せせらぎ出版

教育学入門 (子どもと教育)
371F 67
中央 2階
藤田英典, 田中孝彦, 寺崎弘昭著
岩波書店

日本の教育
372.1H 89
中央 2階
堀尾輝久著
東京大学出版会

教師の条件 : 授業と学校をつくる力 第3版
374.3Ky 5
中央 2階
小島弘道 [ほか] 著
学文社

総合的な学習と音楽表現
375.76N 87
中央 5階
西園芳信, 小島律子著
黎明書房

これからの音楽教育を考える : 展望と指針
375.76Y 31
中央 5階
山本文茂著
音楽之友社

伝説の算数教科書「緑表紙」 : 塩野直道の考えたこと (岩波科学ライブラリー:135)
375.9Ma 81
中央 2階
松宮哲夫著
岩波書店

高エネルギー加速器 (実験物理科学シリーズ:7)
429.2Ko 22
中央 2階
木村嘉孝責任編集
共立出版

ガイアの時代 : 地球生命圏の進化
460.4L 94
中央 2階
J・ラヴロック著/ルイス・トマス序文/スワミ・プレム・プラブッダ訳/米沢敬編
工作舎

認識と行動の脳科学 (脳科学:2)
491.371N 76
中央 5階
田中啓治編
東京大学出版会

共生する科学技術 : 自然・人間・社会
504Sa 85
中央 2階
里深文彦著
コロナ社

風景学 : 風景と景観をめぐる歴史と現在 (造形ライブラリー:06)
629.1N 32
中央 5階
中川理著
共立出版

第二言語習得研究の現在 : これからの外国語教育への視点
807D 25
中央 5階
小池生夫編集主幹/寺内正典, 木下耕児, 成田真澄編集
大修館書店

ディベートで学ぶ国際関係
809.6D 69
中央 5階
小沢一彦 [ほか] 編
玉川大学出版部

はじめてのディベート : 聴く力・話す力・考える力がぐんぐん身につく! (1発でできるSUPERラーニング)
809.6N 81
中央 5階
西部直樹著
あさ出版

明日は、オープンキャンパスです。

 明日、国士舘大学世田谷キャンパスでは、オープンキャンパスが行なわれます。

 中央図書館でも、あわせて見学会を行ないますので、皆様お誘い合わせの上、ご来館下さい。

 多くの皆様のご来場を楽しみにしております。


 さて、昨年8月のオープンキャンパスでは、本当に多くの方々の来場をいただきました。

 1年間を通して一番多い来場者数でした。

 そのため、この暑い中、強い日差しの中で、外で待つような状況が発生してしまいました。

 暑さ対策を充分にしていただき、熱中症などにお気をつけ下さい。

 今年は、梅丘キャンパスでの受付もできますので、2箇所の受付口があります。

 お近くの受付口から校舎内に入って下さいね。


 それでは、明日、お会いできるのを楽しみにしています。


 そうそう、今日は、鶴川キャンパスでオープンキャンパスを行ないます

 21世紀アジア学部の様子を知るには、鶴川キャンパスへ!

2008年8月7日木曜日

エントランスのPC オープンキャンパスのため利用できません。

 今日も、ものすごい暑さですね。。。

 正直なところ、図書館おばさんTはバテ気味です。。。

 図書館の中が暑いんだか、寒いんだかわからないような感じがします。。。

 身体の中はとっても暑いんだけれど、空気に触れている部分はやけにひんやりしていてぞくぞくする。。。

 熱中症かな!?

 いやいや、そんなに私はか弱くなかったです!


 さて、前置きが長くなりましたが、明日・明後日は、中央図書館エントランスに設置してあるパソコンを使うことができません。

 皆さんにはご迷惑をおかけしますがご了承願います。

 明後日、世田谷キャンパスで行われるオープンキャンパスで、エントランスを利用するため、明日、パソコンを撤去して、オープンキャンパスの準備を行うためです。

 明後日は、オープンキャンパスを実施していますが、中央図書館は同時に開館もしています。

 オープンキャンパス終了後、パソコンは元に戻します。

 

2008年8月6日水曜日

OPACの新着図書案内

 国士館大学附属図書館のホームページではお知らせしてあるのですが、もしかしたら、図書館のホームページは見ないけど、このブログは見ている!?という人もいるかもしれないので、遅ればせながらお知らせです。


 このブログではけっこう前から、新着図書の案内をしていたのですが、今度はOPAC検索画面からも、新着資料の一覧を見ることができるようになりました。


 OPAC検索画面の右上にある「新着資料一覧」の文字をクリックすれば、新着資料の一覧を見ることができます。(下の図ちょっと小さいですけど、参照して下さい。)


 中央図書館・鶴川図書館・多摩図書館などのカテゴリーごとに分かれていますので、それぞれのリンクをクリックして下さい。


 図書館に資料が入ってから、2週間以内の資料が表示されます。


 このブログの新着図書案内と合わせてご利用下さい。

2008年8月5日火曜日

ありがとうございました!

 昨日、デジタル・ライブラリアン講習会に参加している図書館のスタッフの方からうれしいお土産をいただきました。

 この講習会に講師でいらっしゃっている先生の大学の図書館情報学の授業の中で、このブログの「学生生活実態調査報告書を読んで」という記事を、教材として取り上げていただいたようなのですが、この記事を読んだ学生さんたちのそれぞれの意見を見せていただくことができたのです。

 記事を読んで、私の意見に共感してくれたり、反対意見を書いてくれたり、新しい提案をしてくれたり、具体的な方策まで書いてくれたり、どれもこれも、ありがたい意見ばかりでした。

 ありがとうございました!

 本当なら、1人1人にコメントをお返ししたいくらいなんですが、学生さん1人1人の意見をブログに掲載するような許可を得ていませんので、ここではしないこととします。

 でも、今後の記事の中で、少しずつ、こんな意見があった、くらいなことなら、書いてもいいかしら?

 今の大学生の目線で、大学図書館を見つめていただいた、貴重な意見。。。1つ1つを大切に、今後の図書館の仕事にも活かしていきたいと思います。

 そして、教材として取り上げて下さった先生にも感謝!

 学生たちの意見を私に読ませる、ということ、学生たちに言っていなかったらごめんなさい。記事にしてしまいました。。。(あんまりうれしかったので。。。)

 個人のプライバシーに関わるようなことは一切記載していませんが、それでも、万一具合が悪いようであれば、コメント下さい。

 すぐに削除します。。。

  

2008/08/05新着図書案内

 国士館大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



アジアから問う実存 (実存思想論集:23 (第2期第15号))
134.9J 5523
中央 3階
実存思想協会編
理想社

実録三国志
222.042U 11
中央 5階
于濤著/鈴木博訳
青土社

景観の歴史学
233.3H 92
中央 3階
W.G.ホスキンズ著/柴田忠作訳
東海大学出版会

ヨーロッパ史研究の新地平 : ポーランドからのまなざし
234.9Y 84
中央 3階
中山昭吉, 松川克彦編
昭和堂

王朝の変容と武者 (古代の人物:6)
281.04Ko 176
中央 5階
元木泰雄編
清文堂出版

ムラとマチの時空 : 社会と暮らしの地理
290.1H 38
中央 3階
橋本征治著
関西大学出版部

ポーランドのユダヤ人 : 歴史・文化・ホロコースト
316.88P 82
中央 5階
フェリクス・ティフ編著/阪東宏訳
みすず書房

植民地朝鮮の開発と民衆 : 植民地近代化論、収奪論の超克
317.8Ky 1
中央 2階
許粹烈著/保坂祐二訳
明石書店

海外交渉史の視点 第2巻 : 近世
319.1Ka 212
中央 2階
森克己 [ほか] 編
日本書籍

アジアの安全保障 2008-2009
319.8A 272008~2009
中央 2階
平和・安全保障研究所編
朝雲新聞社

ライフステージと法 第5版 (有斐閣アルマ:Interest)
320.4R 12
中央 2階
副田隆重 [ほか] 著
有斐閣

刑法総論 第6版
326.1Sa 25
中央 2階
斎藤信治著
有斐閣

国際法学講義
329Su 34
中央 2階
杉原高嶺著
有斐閣

経営戦略の基礎
336.1Ke 22
中央 2階
中橋國藏編著
東京経済情報出版

要説経営分析 三訂版
336.83A 53
中央 5階
青木茂男著
森山書店

新しい企業会計の内容と形式
336.9Mu 59
中央 2階
村田直樹著
創成社

租税法入門 4訂版
345.12Ka 92
中央 5階
川田剛著
大蔵財務協会

家族社会学 : 基礎と応用 新版
361.63Ka 99
中央 5階
木下謙治, 保坂恵美子, 園井ゆり編著
九州大学出版会

福祉の総合政策 新訂4版
364Ko 58
中央 2階
駒村康平著
創成社

ケアを支えるしくみ (ケアその思想と実践:5)
369.04Ke 125
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

子ども観の社会学 : 子どもにまつわる法の立法過程分析
371.45H 55
中央 5階
東野充成著
大学教育出版

現代社会と教育 : 知識基盤社会にむけたこれからの教育
373.1A 79
中央 2階
有薗格, 齋藤陽子著
教育開発研究所

関数への一歩 (算数から見えてくる数学:4)
410.8Sh 274
中央 2階
志賀浩二著
岩波書店

数学のかがやき (算数から見えてくる数学:5)
410.8Sh 275
中央 2階
志賀浩二著
岩波書店

電磁気学 (朝倉物理学選書:2)
420.8A 852
中央 2階
伊東敏雄著
朝倉書店

相対性理論 (朝倉物理学選書:6)
420.8A 856
中央 2階
小玉英雄著
朝倉書店

野に咲く花 (山溪ハンディ図鑑:1)
470.38N 95
中央 5階
平野隆久写真/畔上能力 [ほか] 解説
山と溪谷社

救急処置「なぜ・なに」事典 基礎編1 (「なぜ・なに」事典シリーズ:No.1-No.5)
492.29Ky 81
中央 5階
大谷尚子, 中桐佐智子, 岡田加奈子編著
東山書房

救急処置「なぜ・なに」事典 外傷編1 (「なぜ・なに」事典シリーズ:No.1-No.5)
492.29Ky 81
中央 5階
大谷尚子, 中桐佐智子, 岡田加奈子編著
東山書房

救急処置「なぜ・なに」事典 基礎編2 (「なぜ・なに」事典シリーズ:No.1-No.5)
492.29Ky 82
中央 5階
大谷尚子, 中桐佐智子, 岡田加奈子編著
東山書房

救急処置「なぜ・なに」事典 外傷編3 (「なぜ・なに」事典シリーズ:No.1-No.5)
492.29Ky 83
中央 5階
大谷尚子, 中桐佐智子, 岡田加奈子編著
東山書房

薬物乱用と人のからだ : イラストで見るドラッグの害
493.155L 85
中央 5階
Gesina L. Longenecker著/Nelson W. Heeイラスト/吉本寛司監修・訳
アーニ出版

家族心理臨床の実際 : 保育カウンセリングを中心に (シリーズこころとからだの処方箋:16)
493.7Sh 8816
中央 2階
滝口俊子, 東山弘子編/滝口俊子ほか著
ゆまに書房

21世紀の健康学 : ウェルネス・ライフのすすめ
498.3Ki 39
中央 2階
木村靖夫著
東洋書店

中東欧の日系ハイブリッド工場 : 拡大EUに向かう移行経済における日系企業
509.5C 68
中央 2階
苑志佳編
東洋経済新報社

河川汽水域 : その環境特性と生態系の保全・再生
519.4Ka 74
中央 2階
河川環境管理財団編
技報堂出版

環境問題の本質
519A 41
中央 2階
クロード・アレグレ著/林昌宏訳
NTT出版

建築 : 風土とデザイン
520.87To 42
中央 5階
徳岡昌克著
建築資料研究社

マーケティング論
675Ma 33
中央 5階
新津重幸, 庄司真人編著
白桃書房

書きたい、書けない、「書く」の壁 (シリーズ日本語があぶない)
810.4Ka 26
中央 5階
丸谷才一 [ほか] 著
ゆまに書房

例解おかしな日本語正しい日本語
814Ts 32
中央 5階
土屋道雄著
柏書房

はじめての論文作成術 : 問うことは生きること 3訂版
816.5Ta 74
中央 5階
宅間紘一著
日中出版

万葉集の様式と表現 : 伝達可能な造形としての「心」
911.12O 92
中央 5階
大浦誠士著
笠間書院

万葉集字余りの研究
911.12Y 24
中央 5階
山口佳紀著
塙書房

源氏物語表現の理路
913.36I 43
中央 5階
今井上著
笠間書院

統計調査員余話 : 詩とエッセー
914.6Ki 65
中央 3階
北嶋一夫著
北方新社

2008年8月4日月曜日

辞書は、貸し出せない資料です。。。

 土曜日より、試験期間が始まっておりますが、本格的に試験が始まったのは、今日からのようですね。

 土曜日とは打って変わって、利用者の数が違います。

 それでも、7月末の図書館の込み具合よりはだいぶ、静かな図書館です。


 さて、この試験期間中によくある利用者さんからの質問が、辞書や六法全書など貸してくれませんか?という質問です。

 おそらく、試験に辞書や六法など持ち込みができるのでしょう。。。

 でも、図書館で所蔵している辞書や六法などは、図書館の外に貸出をしていない資料なんです。

 図書館の中で使っていただく資料なんです。


 図書館が所蔵している資料には、貸出できる資料と、貸出できない資料があります。

 大雑把にわけると、貸出できる資料は、本の最初から最後までを通読する性質の本、時間をかけて読む本で、貸出できない資料は、図書館に調べ物をしにきた利用者さんが調べるために使う本、つまり、本の端から端まで読むのではなく、本の1部分をインデックス等をつかって探し当て、必要な部分を見るための本、となります。

 なので、辞書や六法などは、端から端まで通読するのではなく、必要に応じて、必要な項目を調べる本なので、図書館の利用者さんのために、図書館に置いておかなければいけない本、となります。

 この時期だけでも、貸出したら良いのに。。。と思われるかもしれないですね。。。

 でも、これが仮に貸出できるようになったとしても、同じことが起こり得ます。

 ちょっと前にも記事にしましたが、同じ本に何人もの利用者が殺到するという現象です。

 つまり、貸出できるようになったとしても、図書館では同じ本を複数冊そろえることはしませんので、結局借りられる人と、借りられない人がでてきます。

 試験で、持ち込みをOKと言われるものは、図書館で借りなければ手に入らないようなものはないと思います。

 その授業を受ける上で必要な資料として、持っていなければならない資料のはずです。

 必要な参考書・辞書類は、持参するようにしましょう。

 それでも、当日、うっかり忘れちゃった。。。ということもあると思います。

 先生に相談するか、学部事務所で相談するなどして下さい。

2008年8月3日日曜日

掌庵蕎麦(しょうあんそば) 石はら


 昨日のことなんですが、世田谷通り沿いにある、おそば屋さん「石はら」でお昼をいただいてきました。


 上の写真は、夏季限定の「トマトそば」です。


 最初、名前を聞いた時は、正直「えっ?」って思ったけれど、メニューに「ごまだれ」と書いてあるのをみて、即注文!


 「ごまだれ」に目がない私でした。。。


 トマトとそば、それぞれ食べるのはいいけれど、ミックスしたらどうなのよ?


 でも、これがいけるんです!


 トマトは、生のまま添えられているものと、いちど湯通ししたやわらかいトマトも添えられています。


 しゃきしゃきした歯ごたえと、やわらかい歯ごたえ、どちらも楽しめます。


 ごまだれが、かかっているのですが、いつものそばつゆも添えられていて、混ぜていただきます。


 トータル、さっぱり、あっさり、おいしくいただきました~!


 また、ここのそば湯はとっても濃厚でとろっとしています。


 それがまたおいしいのです!


 トマトそばは1,300円。


 学生たちには、ちょっと贅沢なおそばになっちゃうかもしれませんが(もちろん、私にもかなり贅沢なランチです。。。)、時々ご褒美に、おいしいおそばをいただくのもいいですね。

2008年8月2日土曜日

今日から試験期間

 今日から、国士舘大学世田谷キャンパスでは、試験期間となります。

 鶴川キャンパス・多摩キャンパスでは、もうほぼ、試験が終わったころですかね。。。


 さて、今日から、試験期間ということで、どれだけ沢山の人が来るのだろう、と思いましたが。。。

 今日は、土曜日、試験日初日といっても、図書館の中は比較的緩やかな空気が漂っております。

 静かです。。。


 今日は、専任の職員は15時までの勤務となっております。

 図書館おばさんTも、何事もなく時間が過ぎれば、15時には、退勤します。


 8月の土曜日の勤務時間って、9時~15時だったんですね。。。

 むか~し、職員の指定休を獲得するのに、組合とか、法人事務局とか、いろいろと調整して、「8月を除く」土曜日の勤務を9時から17時までにしたことを、すっかり忘れていましたよ。。。

 でも、ご心配なく。

 中央図書館は、とっても頼りになるパートさんたちがいて、彼らはいつも通り勤務してくれますし、夜間勤務の専任職員もいますので、通常通り、夜7時20分まで開館しております。

 

2008年8月1日金曜日

今日から8月です。

 今日から8月です。

 例年だとこの時期、もう前期試験の終りにさしかかっているころだと思いますが、今年は、もう少し、がんばらないといけないですね。


 中央図書館の8月の予定です。

 今日までが補講期間で、明日から、前期試験が始まります。

 試験日程では、8月16日(土)までが試験期間となっていますが、8月12日(火)以降は試験がないことがわかりましたので、8月11日(月)まで、通常開館となります。

 平日 8:40~21:20 土曜日 8:40~19:20 日曜 休館

 8月9日(土)はオープンキャンパスのための見学会も行われています。

 8月12日(火)~8月16(土)は9:20~16:40開館となります。8月16日(土)のお盆の終りまで、職員は通常勤務です。。。

 8月18日(月)~9月12(金)は10:00~15:00開館です。この間、職員は交代勤務となります。ご理解願います。

 9月13日(土)、この日から職員は通常勤務に戻ります。開館時間は9:20~16:40です。

 9月15日(月)敬老の日で祝日ですが、大学の授業日のため、通常開館となります。この日以降、中央図書館は通常開館となります。

 皆様のご利用お待ちしております。

2008/08/01新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



特集・日本 (NHKブックス:別巻. 思想地図:vol.1)
302.1To 43
中央 2階
東浩紀, 北田暁大編
日本放送出版協会

グローバル時代の国際政治史 (Minerva text library:56)
319.53G 95
中央 5階
佐藤信一, 太田正登編著
ミネルヴァ書房

国際公共政策学入門 (大阪大学新世紀レクチャー)
319Ko 51
中央 2階
高阪章編
大阪大学出版会

民法を学ぼう : ようこそ民法ワールドへ
324F 63
中央 2階
藤村和夫著
法学書院

上場会社法入門
325.2Mo 66
中央 2階
森田章著
有斐閣

判例教材刑事訴訟法 第3版
327.6H 29
中央 2階
三井誠編
東京大学出版会

マクロ経済理論の基礎
331F 67
中央 2階
藤田康範著
慶應義塾大学出版会

はじめて学ぶ経済学
331I 71
中央 2階
石橋春男, 関谷喜三郎, 河口雄司著
慶應義塾大学出版会

開発教育序論 : 世界はそして日本はなぜ開発援助を行うか
333.8Ka 21
中央 2階
志賀美英編著
九州大学出版会

IMF・世界銀行と途上国の構造改革 : 経済自由化と貧困削滅を中心に
333.8Sa 32
中央 2階
坂元浩一著
大学教育出版

ケースに学ぶ経営学 新版 (有斐閣ブックス:[397])
335.1Ke 61
中央 2階
東北大学経営学グループ著
有斐閣

精説簿記論
336.91Ta 84
中央 5階
田中恵美子著
大学教育出版

企業会計情報の評価 : 社会的信頼性の観点から
336.9N 39
中央 2階
中野勲著
中央経済社

国際金融理論 (新・国際金融テキスト:1)
338.9Sh 571
中央 2階
藤田誠一, 小川英治編
有斐閣

財政学をつかむ (Textbooks tsukamu)
341H 42
中央 2階
畑農鋭矢, 林正義, 吉田浩著
有斐閣

巨大都市の危機と再生 : ニューヨーク市財政の軌跡
349.2532Y 78
中央 5階
横田茂著
有斐閣

基礎からわかる自治体の財政分析 第1次改訂版
349I 19
中央 2階
出井信夫著
学陽書房

多文化主義社会の福祉国家 : カナダの実験 (シリーズ・現代の福祉国家:2)
364.0251Ta 12
中央 5階
新川敏光編著
ミネルヴァ書房

社会福祉法入門 第2版
369.12Sh 12
中央 5階
河野正輝 [ほか] 編
有斐閣

ヒューマンサービスに関わる人のための障害科学
369.27H 99
中央 5階
徳田克己, 塙和明, 水野智美編著/安心院朗子 [ほか] 執筆
文化書房博文社

児童養護問題の構造とその対策体系 : 児童福祉の位置と役割 (佛教大学研究叢書:4)
369.43Ma 66
中央 5階
増淵千保美著
佛教大学

教育と人間の探究 : 子どもがわかる・教育がわかる
371Ky 4
中央 2階
曽我雅比児, 皿田琢司編著
大学教育出版

中国の少数民族教育と言語政策 増補改訂版
372.22O 42
中央 5階
岡本雅享著
社会評論社

全国学力調査 : 日米比較研究
375.17Z 3
中央 5階
荒井克弘, 倉元直樹編著
金子書房

国語科 : 理論と実践の接点 : 新学習指導要領をふまえて 新訂
375.82O 25
中央 5階
大越和孝著
東洋館出版社

母語教育という思想 : 国語科解体/再構築に向けて (Sekaishiso seminar)
375.8N 48
中央 2階
難波博孝著
世界思想社

常識としての線形代数
411.3A 47
中央 2階
安藤四郎著
現代数学社

公共工事のデザイン・ビルド : 日・米・英にみるパートナーシップのデザイン・ビルド方式
510.91Ko 54
中央 5階
埜本信一編著
大成出版社

恒久グラウト・本設注入工法 : 薬液注入の耐久性と耐震補強の設計施工
513.4Y 83
中央 2階
米倉亮三, 島田俊介, 大野康年共著
理工図書

河川堤防学 : 新しい河川工学
517.57Ka 74
中央 5階
吉川勝秀編著/長瀬迪夫 [ほか] 著
技報堂出版

プレッジ・アンド・レビューによる将来枠組み (これが正しい温暖化対策:続)
519.1Ko 792
中央 2階
杉山大志編
エネルギーフォーラム

住まいの中の自然 : パッシブデザインのすすめ
527Ko 18
中央 2階
小玉祐一郎著
丸善

自動車のエレクトロニクス化と標準化 : 転換期に立つ電子制御システム市場
537.6J 48
中央 2階
徳田昭雄編著
晃洋書房

世界の食料生産とバイオマスエネルギー : 2050年の展望
611.3Ka 97
中央 5階
川島博之著
東京大学出版会

見る美術。⇔見られる美術。 (表現 : human contact:2)
701Mi 49
中央 5階
京都精華大学表現研究機構編集
京都精華大学表現研究機構/ミネルヴァ書房(発売)

芸術文化がまちをつくる : 地域文化政策の担い手たち
709.1Ko 24
中央 5階
古賀弥生著
九州大学出版会

入門文化政策 : 地域の文化を創るということ (Minerva text library:55)
709N 99
中央 5階
井口貢編著
ミネルヴァ書房

言語文化学への招待 (大阪大学新世紀レクチャー)
801.03G 34
中央 5階
木村健治, 金崎春幸編
大阪大学出版会

ことばの世界とその魅力 (人文社会科学講演シリーズ:3)
804Ko 94
中央 5階
阿子島香編
東北大学出版会

日本の諺・中国の諺 : 両国の文化の違いを知る
814.4C 46
中央 5階
陳力衛著
明治書院

懐風藻 (かいふうそう) : 日本的自然観はどのように成立したか
919.3Ka 21
中央 3階
辰巳正明編
笠間書院

2008年7月31日木曜日

補講期間

 昨日から、世田谷キャンパスは補講期間となっています。

 昨日も今日も午前中の図書館への来館者は少なかったのですが、午後になると、ちょっと人手が出てきます。

 いつもの補講期間より利用者が多いような気がするのは、梅ヶ丘校舎ができて、政経・法・文学部の1・2年生が中央図書館を利用するようになったことと、麻疹による休校の影響もあるのでしょう。

 さて、補講期間中も中央図書館は通常通りの開館をしています。

 夜は21:20分まで開館していますので、ゆっくりご利用下さい。 

 中央図書館は8月9日(土)まで通常開館しています。

  平  日 8:40~21:20
  土曜日 8:40~19:20

 

2008年7月30日水曜日

仕事はなくても人手がいる!?

 図書館とは不思議なところです。。。

 たとえ、仕事がなくても人手がいるのです!


 来週から、鶴川図書館・多摩図書館は学生の夏休みに併せて、開館時間が短くなります。

 中央図書館は、麻疹による休講があったため、1週間遅れで、開館時間が短くなります。

 職員の勤務体系も開館時間の短縮と併せて、夏休みの交替勤務となります。


 この交替勤務をするにあたって、考えなければならないのは、中央図書館を、いつもより短時間とはいえ開館するにあたり、何人のスタッフが必要になるかということです。

 前にも交替勤務に関する記事を書いたと思うので、あまりくどい言い訳はしないようにしたいと思いますが、私たち職員は通常勤務の時、基本的にはカレンダー通りのお休みと言うことで、一般企業のように週休2日で休みをいただいていません。

 ささやかながら、この夏休みの交替勤務で年間の休日日数を補っていると思って下さい。(十分言い訳してます。すみません。。。)


 さて、それで、交替勤務中、学生が夏休みと言うことで、圧倒的に利用者さんの来館が減るわけですが、いつも、思われるのが、「図書館はこんなに人いらないじゃん!」ということです。

 確かに、夏休み中、本の貸出・返却のカウンターにいても、借りに来るのは、1日通して数十人。時には数人というときもあります。

 1日の入館者数をみても、数百人という入館者数。

 「案内のカウンターに人を置かなくても、貸出・返却カウンターに人がいれば、大丈夫なんじゃないの?」

 「夏休み、カウンターで暇そうにしているよね。」(これは夏休みじゃなくても、言われることがあります。。。)

 etc...


 でも、例え、1日開館していて、1人も本を借りに来なかったからといって、カウンターにだれもいなくて良かった、ということになるのでしょうか?

 そうじゃないですよね~~~!

 やっぱり、図書館を開館して利用者さんにサービスを展開するためには、たとえ、その日1日の仕事が結果としてなかったとしても、やっぱりサービスを展開するための人材は必要なんです。

 図書館のカウンターに座っている人達は、何もしていない、と思われることが多いようですが、何もしていなくても、そこにいなくちゃいけないんです。(もちろん、余計なことをしているようだったら、ご注意願います。余計なこととは、おしゃべり、読書、パソコンでインターネット等。。。)

 「仕事はなくても人手がいる。」

 そんな仕事もあるんです。



 (追記)

  またまた、誤解を生みそうなので、追記します。

  図書館員、決して、仕事がないわけじゃないんです。

  利用者さんが来館しなくても、しなければならないことはたくさんあるのです。

  みんな仕事がないわけではありません!

  

2008/07/30新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。



研究発表から論文執筆、評価、新次元の研究法まで (ライブ講義・質的研究とは何か:SCQRMアドバンス編)
002.7Sa 19
中央 3階
西條剛央著
新曜社

システム開発を見える化するマインドマップ : 6つのケーススタディから学ぶ応用例
007.61W 46
中央 5階
渡邉安夫著
オーム社

学力世界一を支えるフィンランドの図書館
010.2389G 16
中央 5階
西川馨編著
西川馨/教育史料出版会 (発売)

Q&Aで学ぶ図書館の著作権基礎知識 第2版 (ユニ知的所有権ブックス:no. 8)
015Ku 76
中央 3階
黒澤節男著
太田出版

ヴィゴツキー心理学論集
140.4V 99
中央 3階
ヴィゴツキー著/柴田義松, 宮坂琇子訳
学文社

現代臨床心理学
146G 34
中央 3階
伊藤義美編著
ナカニシヤ出版

古文書をはじめる前の準備講座
210.029Y 86
中央 5階
吉田豊著
柏書房

現代世界の女性リーダーたち : 世界を駆け抜けた11人
280.4G 34
中央 3階
石井貫太郎編著
ミネルヴァ書房

平和の地政学 : アメリカ世界戦略の原点
312.9Sp 9
中央 2階
ニコラス・スパイクマン著/奥山真司訳
芙蓉書房出版

新・情報公開法の逐条解説 : 行政機関情報公開法・独立行政法人等情報公開法 第4版
317.6U 53
中央 2階
宇賀克也著
有斐閣

法を学ぶパートナー
321H 96
中央 2階
武藤眞朗 [ほか] 著
成文堂

法の世界 : philosophy・society・culture
321Ts 82
中央 2階
角田猛之著
晃洋書房

ベーシック民法総則
324.1O 96
中央 2階
尾崎三芳著
法律文化社

総則 第3版 (新・民法学:1)
324Sh 571
中央 2階
副田隆重, 中舎寛樹, 山崎敏彦著
成文堂

刑事法総合ゼミナール
326Ke 23
中央 2階
小松進 [ほか] 共著
成文堂

裁判員のための刑法入門
327.6F 89
中央 2階
船山泰範, 平野節子著
ミネルヴァ書房

経済=統計学 : 基礎理論の理解と習得
331.19O 66
中央 5階
大西広, 藤山英樹著
昭和堂

新・ビジネス法と現代社会
335Sh 59
中央 2階
山本忠弘, 久保田富也, 田澤元章編著/井上健一 [ほか] 共著
嵯峨野書院

現代会計学入門 改訂版
336.9G 34
中央 2階
倉田三郎, 藤永弘編著/堤一浩 [ほか] 著
同文舘出版

企業社会と会計学
336.9N 39
中央 2階
中野一豊, 米田正巳著
創成社

モラル・ハザードは倫理崩壊か
339Ta 82
中央 2階
田村祐一郎著
千倉書房

対人ストレスコーピングハンドブック : 人間関係のストレスにどう立ち向かうか
361.4Ka 86
中央 2階
加藤司著
ナカニシヤ出版

ソーシャルリサーチ : キーコンセプト
361.9P 29
中央 2階
ジェフ・ペイン, ジュディ・ペイン著/高坂健次 [ほか] 訳
新曜社

労働法重要判例を読む
366.18R 59
中央 5階
唐津博, 和田肇編
日本評論社

ジェンダー学への道案内 改訂版
367.1Ta 33
中央 2階
高橋準著
北樹出版

人間形成のイデア 改訂版
370N 76
中央 2階
武安宥, 長尾和英編
昭和堂

思春期・青年期のこころ : かかわりの中での発達
371.47Sh 91
中央 5階
平石賢二編著
北樹出版

国際教育開発の再検討 : 途上国の基礎教育普及に向けて
373Ko 51
中央 2階
小川啓一, 西村幹子, 北村友人編著
東信堂

教職概論 : 教師になるには
374.3Ky 5
中央 2階
田中耕二郎, 井ノ口淳三編著
ミネルヴァ書房

生徒指導の新展開
375.2Se 19
中央 2階
岩城孝次, 森嶋昭伸編著
ミネルヴァ書房

教育実践力をつける家庭科教育法 新版
375.5Ky 4
中央 2階
多々納道子, 福田公子編著
大学教育出版

学生をやる気にさせる歴史の授業
377.15Mo 67
中央 5階
森谷公俊著
青木書店

科学者・技術者のための英語プレゼンテーション : 国際的に通用する英語表現と発表技術
407L 59
中央 2階
Robert M. Lewis著
東京化学同人

数理工学最新ツアーガイド : 応用から生まれつつある新しい数学
410Su 76
中央 2階
杉原正顯, 杉原厚吉編著
日本評論社

座標幾何学 : 古典的解析幾何学入門
414.5Ta 67
中央 2階
竹内伸子, 泉屋周一, 村山光孝著
日科技連出版社

統計学 : Rを用いた入門書
417C 91
中央 2階
Michael J. Crawley著/野間口謙太郎, 菊池泰樹訳
共立出版

非線形波動の古典解析 : ソリトン,それに続く非線形の世界
423.84O 62
中央 5階
大宮眞弓著
森北出版

基礎から学ぶ生命倫理学
490.15Mu 43
中央 5階
村上喜良著
勁草書房

ISO審査の極意
509.13H 14
中央 5階
萩原睦幸著
オーム社

モダン都市の系譜 : 地図から読み解く社会と空間
518.8Mi 94
中央 2階
水内俊雄, 加藤政洋, 大城直樹著
ナカニシヤ出版

都市再生・街づくり学 : 大阪発・民主導の実践
518.8To 72
中央 2階
大阪市街地再開発促進協議会編
創元社

先進国の環境ミッション : 日本とドイツの使命
519.1F 23
中央 2階
K.H. フォイヤヘアト, 中野加都子共著
技報堂出版

環境政策論 第2版
519.1Ku 55
中央 2階
倉阪秀史著
信山社出版

写真的建築論
520.4Sh 53
中央 2階
下村純一著
鹿島出版会

Jun Itami 1970-2008
520.87I 88
中央 5階
伊丹潤著
Hanegi Museum/主婦の友社 (発売)

はじめて学ぶ建築構造力学
524.1O 81
中央 2階
大田和彦, 藤井大地共著
森北出版

建築家の小屋 : プライベート・リトリート
527G 17
中央 2階
グスタフ・ジリ・ガルフェッティ [編] 著/岩下暢男訳
鹿島出版会

住まいの境界を読む : 人・場・建築のフィールドノート 新版
527Sh 67
中央 2階
篠原聡子著
彰国社

振動工学の基礎
531.18Sh 62
中央 5階
岩壷卓三, 松久寛編著/井上喜雄[ほか]共著
森北出版

基礎から学ぶ電気回路計算
541.2N 23
中央 2階
永田博義著
オーム社

電気エネルギー工学 : 発電から送配電まで
543D 58
中央 2階
八坂保能編著
森北出版

MATLAB/Simulinkによるやさしいシステム制御工学
548.31A 43
中央 5階
天野耀鴻著
森北出版

ダイナミカルシステム解析の基礎
548.31H 64
中央 5階
平井一正著
森北出版

プロの英語 : 金融・会計の最新キーワード事典
670.93H 48
中央 5階
林泰成, ダニエル・ドーラン著
日経BP社/日経BP出版センター(発売)

サービス産業経営論
673.9Te 21
中央 5階
鄭森豪著
同文舘出版

京都紫式部のまち : その生涯と『源氏物語』
910.23Sa 29
中央 5階
坂井輝久文/井上匠写真
淡交社

2008年7月29日火曜日

明日から頑張ろう!

 こんばんは!

 昨日に引き続き、夜の更新です。

 今日も、図書館おばさんTはお休みをいただいていました。

 先日のオープンキャンパスに出勤した分のお休みをいただきました。

 海の日の授業日の振り替え休日の土曜日から、4連休いただいてしまいました。。。


 7月は、大学が麻疹で休講になったり、プライベートでもちょっといろいろあったし、仕事でもいろいろあって(あっ、いや、仕事はそうでもないか。。。)、なんだか、ばたばたしたまま過ぎてしまったような感じです。


 明日から、また、気持ちを切り替えて、明るく楽しく仕事に向かいたいと思います。

 どうぞ、よろしくお願いします。

2008年7月28日月曜日

2008/07/28新着図書案内

 遅い時間となりましたが、中央図書館の本日の新着図書の案内です。

 (すみません、図書館おばさんTは今日はお休みでした。。。)




インターネットで文献探索 2007年版 (JLA図書館実践シリーズ:7)
007.58I 892007
中央 5階
伊藤民雄, 実践女子大学図書館著
日本図書館協会

情報検索演習 三訂 (新・図書館学シリーズ:6)
010.8Sh 696
中央 3階
原田智子編/原田智子 [ほか] 著
樹村房

分類・目録法入門 : メディアの構成 新改訂第5版 / 志保田務 [ほか] 改訂
014.4Ki 17
中央 3階
木原通夫, 志保田務著
第一法規

図書館の再出発 : ICU図書館の15年
017.7136To 72
中央 5階
畠山珠美 [ほか] 著
大学教育出版

読書と豊かな人間性 (司書教諭テキストシリーズ:04)
017Sh 914
中央 3階
朝比奈大作 [ほか] 共著/朝比奈大作編
樹村房

日本書誌学を学ぶ人のために
020H 71
中央 3階
廣庭基介, 長友千代治著
世界思想社

人間とは何か : 過去・現在・未来の省察
114W 55
中央 3階
カール・フォン・ヴァイツゼッカー著/小杉尅次, 新垣誠正共訳
ミネルヴァ書房

感覚知覚心理学 (朝倉心理学講座:6)
140.8A 856
中央 3階
菊地正編
朝倉書店

育ちと学びの生成 (質的心理学講座:1)
140.8Sh 921
中央 3階
無藤隆, 麻生武編
東京大学出版会

人生と病いの語り (質的心理学講座:2)
140.8Sh 922
中央 3階
やまだようこ編
東京大学出版会

仏は叫んでいる
188.74Ta 84
中央 5階
田中教照著
武蔵野大学出版会

歴史世界としての東南アジア 2版 (世界史リブレット:12)
223Mo 25
中央 3階
桃木至朗著
山川出版社

ローマ建国以来の歴史 3 (西洋古典叢書)
232L 753
中央 3階
リウィウス [著]/毛利晶訳
京都大学学術出版会

常陸・秋田佐竹一族 : 新装版
288.2Sh 24
中央 3階
七宮涬三著
新人物往来社

歴史地理調査ハンドブック 2刷
290.18R 25
中央 5階
有薗正一郎 [ほか] 編
古今書院

ジオ・パル21 : 地理学便利帖
290.1J 53
中央 3階
浮田典良 [ほか] 著
海青社

日本の風土と文化
291.04N 77
中央 5階
市川健夫編/市川健夫 [ほか] 執筆
古今書院

情報化時代のプライバシー研究 : 「個の尊厳」と「公共性」の調和に向けて
316.1A 57
中央 2階
青柳武彦著
NTT出版

EU法 実務篇 (岩波テキストブックス)
329.37Sh 96
中央 5階
庄司克宏著
岩波書店

南北・南南問題 2版 (世界史リブレット:56)
333.6Mu 73
中央 2階
室井義雄著
山川出版社

経済法 (演習ノート)
335.57Ke 29
中央 5階
土田和博, 岡田外司博編
法学書院

実践ナビゲーション経営 : バランススコアカード簡単導入法
336J 54
中央 2階
落合和雄編著
同友館

日本古代の家族と社会
361.63N 31
中央 5階
中田興吉著
清文堂出版

高等学校学習指導要領解説 一部補訂 地理歴史編
375.1Ko 94
中央 2階
文部科学省 [編]
実教出版

児童理解の方法と資料の活用 (小学校生徒指導資料:2)
375.2J 48
中央 2階
文部省編
大蔵省印刷局

キャリア教育の本質に迫る : 神戸大附属明石校園(幼・小・中)の先進的キャリア教育の取り組み
375.6J 56
中央 2階
城仁士編著
雇用問題研究会

誰でもできる簡単キャリア教育 : はじめて入門
375.6W 46
中央 2階
渡部昌平著
雇用問題研究会

心を育てる美術教育 : 小学校教師の37年の実践から
375.72O 54
中央 5階
奥原球喜著
溪水社

子どもを育む心理学
376.11Ko 21
中央 5階
小林芳郎編著
保育出版社/教育情報出版 (販売)

臨床心理学 (保育ライブラリ. 子どもを知る)
376.11R 45
中央 5階
無藤隆, 福丸由佳編著
北大路書房

保育内容表現 (保育ライブラリ. 保育の内容・方法を知る)
376.1H 81
中央 2階
花原幹夫編著/民秋言 [ほか] 編集委員
北大路書房

保育内容健康 (保育ライブラリ. 保育の内容・方法を知る)
376.1H 81
中央 2階
民秋言, 穐丸武臣編著
北大路書房

対称性 : レーダーマンが語る量子から宇宙まで
421L 49
中央 2階
レオン・レーダーマン, クリストファー・ヒル著/小林茂樹訳
白揚社

地図表現ガイドブック : 主題図作成の原理と応用
448.9U 59
中央 2階
浮田典良, 森三紀著
ナカニシヤ出版

最新看護学 : 学校で役立つ看護技術 第3版 (養護教諭必携シリーズ:No.3)
492.911Sa 22
中央 5階
中桐佐智子, 天野敦子, 岡田加奈子編著
東山書房

外来森田療法 : 神経症の短期集中治療
493.74I 14
中央 5階
市川光洋著
白揚社

有機 (オーガニック) の世紀 : アトピーを生む文明への警鐘
498.54Mu 55
中央 5階
村岡亘著
御園書房/文園社(発売)

知的財産を語る : 知的財産権を活かすための着眼点を4人のスペシャリストが語る対談集。
507.2C 49
中央 2階
レクシスネクシス・ジャパン株式会社編
レクシスネクシス・ジャパン/雄松堂出版 (発売)

「屋上緑化」完全ガイド
518.85F 89
中央 5階
船瀬俊介著
築地書館

建築家・園芸家のための都市緑化読本
518.85Ko 73
中央 5階
近藤三雄著
エヌ・ティー・エス

緑で建築と都市を潤す環境ビジネス : 緑化建築論
518.85Ko 73
中央 5階
近藤三雄著
創樹社/ランドハウスビレッジ (販売)

屋上・建物緑化事典 : 計画・設計・施工・維持管理・事例、全てを網羅した決定版
518.85O 54
中央 5階
建物緑化編集委員会編
産業調査会/産調出版(発売)

新・緑空間デザイン設計・施工マニュアル (特殊空間緑化シリーズ:4)
518.85To 434
中央 5階
都市緑化技術開発機構特殊緑化共同研究会著
誠文堂新光社

都市空間を多彩に創造する屋上緑化&壁面緑化
518.85To 72
中央 5階
講談社編
講談社

生物多様性緑化ハンドブック : 豊かな環境と生態系を保全・創出するための計画と技術
519.8Se 17
中央 2階
小林達明, 倉本宣編
地人書館

環境工学 : 持続可能な社会とその創造のために 新版
519Ka 56
中央 2階
住友恒 [ほか] 共著
理工図書

環境工学入門 増補改訂版
519N 11
中央 2階
鍋島淑郎, 森棟隆昭, 是松孝治共著
産業図書

建築実習 1
520.7Ke 411
中央 2階
間宮靖郎 [ほか] 著
実務教育出版

銭湯遺産
521.6Ma 16
中央 2階
町田忍写真・文
戎光祥出版

初めての建築模型
525.1Mi 77
中央 2階
宮元健次著
学芸出版社

図解鉄筋コンクリート造建築の積算 新版
525.52Z 6
中央 5階
奥田幸司 [ほか] 共著
東洋書店

鉄の時代史
564.021Sa 75
中央 5階
佐々木稔著
雄山閣

最新環境緑化工学
656.5Sa 22
中央 5階
森本幸裕, 小林達明編著
朝倉書店

図説指揮者列伝 : 世界の指揮者100人 (ふくろうの本)
762.8Ta 78
中央 5階
玉木正之, 平林直哉著
河出書房新社

電脳国文学 : インターネットで広がる古典の世界
910.7D 59
中央 3階
漢字文献情報処理研究会編
好文出版

日本文学どっとコム
910.7I 26
中央 3階
伊井春樹編
おうふう

2008年7月26日土曜日

今日は休館です。

 おはようございます。

 今日も良いお天気の朝を迎えました!


 今日は、国士舘大学は全学お休みの日です。

 今週月曜日の海の日、授業日となっていた分の振り替え休日です。

 図書館もあわせてお休みとなっています。


 学生さんは、授業がないので分かっているかもしれないけれど、公開利用の登録をされている方、他大学からいらっしゃる方など、お気をつけ下さい。

 国士舘大学の人たちは今日は一斉にお休みしています。


 さて、今日、図書館おばさんTは、たまったお洗濯をして、お掃除をして、おうちをきれいにしてから、ピアノ三昧といきたいと思います。

 みんなでお休みを上手に利用して、リフレッシュしましょう!
 

2008年7月25日金曜日

今日から休暇貸出はじまります。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館でも、休暇貸出が始まりました。

 鶴川図書館・多摩図書館ではすでに開始しておりましたが、中央図書館は世田谷キャンパスの麻疹防止による休講措置のため、休暇貸出の開始が遅れておりました。


 休暇貸出の概要は次の通りです。

  受付期間:平成20年7月25日~平成20年9月11日(大学院生は~8月25日)

  返却日:平成20年9月26日まで(9月卒業生は9月8日まで)

  貸出冊数:学部生10冊(9月卒業生は5冊)
         大学院生20冊


 みなさん、いつもの倍の冊数を借りることができますので、大いに活用して下さい。

2008年7月24日木曜日

フェアメニュー サラダうどん


 今日のランチは、学食スエヒロのフェアメニュー、サラダうどんをいただいてきました。


 冷たいおうどんに、きゅうり、レタス、ハム、シーチキン、薄焼き卵の千切りがのっていて、マヨネーズをベースとしたスープがかかっています。


 付け合わせは、ふりかけごはん。かりかり梅風味(と私は思ったのですが。。。)です。


 デザートにアイスクリームがつくという女性にうれしい1品!
 味は全体的に濃いめですね。


 これだけついて500円。



 暑い夏にはさっぱり、すっきり、お薦めです。

2008年7月23日水曜日

クレーム対応と図書館の組織

(7/24加筆・削除等の修正をしました。私の書いた記事で、個人攻撃にとられる可能性のある個所があるということで、その部分を加筆・削除等で修正させていただきました。くれぐれも、この記事の趣旨は、個人攻撃を目的としたものではないことを、改めてご理解いただけますよう、お願い申し上げます。)


 以前に、国士舘大学附属図書館の組織について、↓次のような記事を書きました。

   http://obasan-t.blogspot.com/2007/06/blog-post_18.html

 第1司書課と第2司書課と庶務課と分かれていて、それぞれどんな役割を果たしているのか、説明をしたと思います。

 そんな中、図書館おばさんTがいるのは第1司書課で、その中の、平職員(←正式な呼び名ではありませんが、要するに何の役にも付いていないただの職員です。)をやっています。

 ちなみに、おばさんだけれど、専任職員の中では第1司書課の中では1番若いんですよ。(余計な事を言いました。。。)

 今日は、何をお伝えしたかったかというと、第1司書課の中での組織のお話とそれが利用者からクレームが来た時にどのように機能するかをお話ししたいと思い、記事を書き進めています。

 第1司書課は、第1司書課長を筆頭にその下に、課長補佐1名、主任が2名、平職員が4名となっております。

 うち、主任1名と平職員1名が夜間の担当です。

 私たちの組織は思いっきりトップダウン形式というのでしょうか。

 上位者が図書館の運営方針を決めて、下位者はそれに従って実行していく、そういう組織になっています。

 第1司書課員は、みなさんもよく目にする図書館のカウンター付近にいるのですが、基本的に課長は3階の事務所におります。

 たま~にお昼や夏休みなどのスタッフが足りない時に、カウンター付近に来てくれます。

 そして、私たち課員は、朝1番で朝の連絡会なるものを実施しているのですが、それは課長補佐以下の出席で、課長は参加しません。

 以前は、この朝の連絡会に、課長も参加していたので、何か第1司書課の中で話し合いたい事や問題になっていること、それこそ利用者からのクレームなどがあったときの改善策などをどうするか、連絡会と称しながらもそのようなことを話し合っていました。

 しかし、今年の6月過ぎから、課長はこの連絡会には参加をしないこととなり、連絡事項は課長補佐を通して伝えられることとなりました。

 連絡会と称しながらも、今までいろいろなことを検討してきたことについても、逆に課長補佐を通して課長に伝えられることとなりました。


 さて、現在第1司書課はそのような組織体系で運営されているのですが、このような運営状態で、利用者からクレームが来た場合の、対応はどのようになるか?

 先日も、OPAC専用端末が欲しい、という利用者のクレームというか、お願いをカウンターで聞きました。

 翌日、朝の連絡会で、伝えます。

 課長に話が伝わります。

 翌日、回答が返ってきました。

 各階のPCのうち1台をOPAC専用端末にします、と。

 それは、良かった、良かったと思いきや。

 でも、OPACしか開かない状態には設定できないので、もし、他の目的に使っている人がいたら、それは注意をしてやめさせてください、とのこと。

 私「他の大学では、OPAC専用の端末があるのに、どうしてうちの大学ではできないのですか?」

 それはわかりません。

 私「なんで、できないのか聞いていただけませんか?」

 今はとりあえず、この体制で実施します。



 今回、このことを書いた意図として是非ご理解いただきたいのが、図書館利用に関する意見や要望などを、もっと利用者のみなさんから、声をあげていただきたい!

 そのように思っています。

 今のトップダウンの形式では、私がいくらこのような要望がありました、クレームがありました、と伝えても、結局伝言ゲームになるだけで、その困っている利用者さんの心情がストレートに伝わらないということなのです。

 きっと言いたいことがあっても、がまんしている利用者さんもたくさんいることと思います。

 私はそれを利用者さんを見て感じる部分もあります。

 でも、見ていない人たちはそれを感じることができません。

 人づてに聞いたことから自分なりに感じるだけなのです。

 困っている人を目の当たりにするのと、そうでないのでは感じる感覚は全然違います。

 是非、大きな声をあげて、伝えてほしいのです。

 利用者の皆さんの声を集めたい、そのように思っております。

 そもそもこのブログの始まりはそれだったはずでもあります。。。

2008/07/23新着図書案内

 国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書案内です。



ニューロ・ファジィ・遺伝的アルゴリズム (エレクトロニクス実践シリーズ)
007.13H 14
中央 5階
萩原将文著
産業図書

マシンビジョン (ロボティクスシリーズ:15)
007.13I 75
中央 5階
石井明, 斉藤文彦共著
コロナ社

マズローの心理学
140.1G 54
中央 3階
フランク・ゴーブル著/小口忠彦監訳
産能大学出版部

考古学入門
202.5Su 96
中央 3階
鈴木公雄著
東京大学出版会

足利義持 : 新装版 (人物叢書:[通巻253])
289.1A 92
中央 3階
伊藤喜良著/日本歴史学会編集
吉川弘文館

アインシュタインとロブソン : 人種差別に抗して (叢書・ウニベルシタス:890)
289.3A 25
中央 3階
フレッド・ジェローム, ロジャー・テイラー[著]/豊田彰訳
法政大学出版局

地域づくり : 創造への歩み 増補版
318.6Mi 73
中央 2階
宮口侗廸著
古今書院

日本法制史 第15刷 (青林法学双書)
322.1N 77
中央 2階
牧英正, 藤原明久編
青林書院

人口減少社会の家族と地域 : ワークライフバランス社会の実現のために
334.31J 52
中央 5階
樋口美雄, 財務省財務総合政策研究所編著
日本評論社

技術者のための現代経営戦略の方法 : バランススコアカードを中心として
336.1O 91
中央 2階
大内東, 高谷敏彦, 森本伸夫共著
コロナ社

史料にみる日本女性のあゆみ
367.21Sh 89
中央 5階
総合女性史研究会編
吉川弘文館

ケアという思想 (ケアその思想と実践:1)
369.04Se 121
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

ケアすること (ケアその思想と実践:2)
369.04Se 122
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

シュタイナー教育ハンドブック (Steiner books)
371.5St 3
中央 2階
ルドルフ・シュタイナー著/西川隆範編訳
風濤社

時代を拓いた教師たち : 戦後教育実践からのメッセージ
372.107J 48
中央 5階
田中耕治編著
日本標準

教育三法の改正で学校はこう変わる!
373.22Ky 4
中央 5階
小島宏, 寺崎千秋編著
ぎょうせい

子どもとの上手なつきあい方 高学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

子どもとの上手なつきあい方 低学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

教師のためのICT活用ネタ70選 : 教室が変わる!授業が変わる! 小学校編
375.199Ko 47
中央 5階
国眼厚志著
明治図書出版

視聴覚メディアと教育
375.19Sh 24
中央 5階
佐賀啓男編著/梅田泉[ほか]共著
樹村房

授業で「集団を動かす」技術の開発 中学年
375.1J 992
中央 2階
漆山仁志編著/TOSS Medeshima著
明治図書出版

授業で「集団を動かす」技術の開発 高学年
375.1J 993
中央 2階
漆山仁志編著/TOSS Medeshima著
明治図書出版

「考える力」をつける授業の開発 (若い教師へのメッセージ:3)
375.1Ka 54
中央 2階
伊藤雅亮編著
明治図書出版

高等学校学習指導要領解説 一部補訂 数学編・理数編
375.1Ko 94
中央 2階
文部科学省 [編]
実教出版

先生、出番です! : 担任教師のふれあい指導
375.2Mu 33
中央 2階
宗内敦著
雇用問題研究会

生徒指導の実践上の諸問題とその解明 (生徒指導資料:第2集)
375.2Se 19
中央 2階
文部省 [編]
大蔵省印刷局

小学校体育が得意になる!運動遊びの本 : 中島先生の体育教室
375.492N 34
中央 5階
中島清貴著
学習研究社

中学校学習指導要領解説 一部補訂 保健体育編
375.493C 62
中央 5階
文部科学省 [編]
東山書房

名古屋発!教育的ニーズに応じた指導・支援 : 校内支援体制の実際と特別な支援を必要とする子どもの授業づくり (「先進事例集」地域の特色ある特別支援教育:1)
378Se 731
中央 2階
名古屋の特別支援教育を推進する会著
明治図書出版

『戦争論』の読み方 : クラウゼヴィッツの現代的意義
391.1Se 73
中央 2階
郷田豊 [ほか] 著
芙蓉書房出版

確率概論
417.1Ko 76
中央 2階
河野敬雄著
京都大学学術出版会

統計解析入門 (新数学入門シリーズ:21)
417A 29
中央 2階
赤平昌文著
森北出版

先端材料の魔術師 : 希土類のすべて : 光・磁石・エネルギー・環境・バイオ
436.3Se 74
中央 2階
第13回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会編
クバプロ

希土類の話 (ポピュラーサイエンス)
436.3Su 96
中央 2階
鈴木康雄著
裳華房

地図と測量のQ&A 新版
448.9C 49
中央 2階
日本地図センター編集
日本地図センター

大気環境学 : 地球の気象環境と生物環境
451.3Ma 34
中央 2階
真木太一著
朝倉書店

伝熱工学 : 例題演習
501.26D 59
中央 5階
斎藤彬夫 [ほか] 共著
産業図書

工業熱力学の基礎 (エンジニアリングライブラリ基礎機械工学:5)
501.26Sa 25
中央 5階
斎藤孟著
サイエンス社

構造力学を学ぶ 応用編
501.34Y 82
中央 5階
米田昌弘著
森北出版

新・知的財産法入門 : ここから読む・こう覚える
507.2Ta 64
中央 2階
竹永亮著
同友館

特許・実用新案・意匠・商標の調査とパテントマップ作成の手引
507.2To 33
中央 2階
特許リサーチ研究会編
日本法令

わかる土質力学220問 : 基礎から公務員試験までナビゲート
511.3W 25
中央 2階
安田進 [ほか] 共著
理工図書

土質力学 : 国際単位による全訂新版 全訂6版
511.3Y 38
中央 2階
山内豊聡著
理工図書

都市と緑 : 近代ドイツの緑化文化 (山川歴史モノグラフ:6)
518.85H 96
中央 5階
穗鷹知美著
山川出版社

環境工学の新世紀
519Ka 56
中央 2階
土木学会編
技報堂出版

ホメオスタシスのゆくえ : 環境問題の読み解き 増補版
519Ka 57
中央 2階
菅野孝彦, 三宅光一著
東海大学出版会

キャップ・アンド・トレード : 排出権取引を中心とした環境保護の政策科学 (立命館大学叢書・政策科学:7)
519Ta 49
中央 2階
高尾克樹著
有斐閣

環境工学系のための数学 (新・工科系の数学:TKM-A12)
519Ta 73
中央 2階
滝沢智著
数理工学社/サイエンス社(発売)

21世紀は超小型車の時代 (カースタイリング別冊:193 1/2)
537Ka 79139
中央 2階
三栄書房

電気施設管理と電気法規解説 11版改訂
540.9D 58
中央 2階
冨田弘平編著
電気学会/オーム社(発売)

セラミックスの化学 第2版
573Se 81
中央 2階
柳田博明編著
丸善

芸術の条件 : 近代美学の境界
701.1O 81
中央 5階
小田部胤久著
東京大学出版会

この一冊でわかるピアノ実技と楽典 : 保育士、幼稚園・小学校教諭を目指す人のために
763.2F 72
中央 5階
深見友紀子, 小林田鶴子, 坂本暁美共著
音楽之友社

作文ルール66 : 日中翻訳技法
826Sa 44
中央 5階
相原茂編著
朝日出版社

2008年7月22日火曜日

請求記号の見方

 以前に、↓このような記事を書きましたが、、、

  http://obasan-t.blogspot.com/2007/03/blog-post_26.html

 そもそも、請求記号って、どう読むの?

 と思っている方大勢いらっしゃることと思います。


 数字の順番で並んでいると、一言で言っても、小数点があったり、アルファベットがあったり、どういう順番なのか?わからないですよね。。。


 それでは、下のいくつかの請求記号を例にとって見てみましょう。

 ちなみに、数字とアルファベットの間の[ // ]のマークは、本の背表紙に貼ってある請求記号ラベルが3段にわたって記載されているんですが、その1段目と2段目の区切りになります。


   310 // A 1

   311 // A 1

   311.01 // A 1

   311.1 // A 1


 上に記載の請求記号はすべて書架に並ぶとしたら、上の記号から下の記号にかけて、書架の左から右へと並びます。

 310 // A 1 と 311 // A 1 は、請求記号ラベル1段目の数字が310の方が小さいので、左に並びます。

 次の311 // A 1 と 311.01 // A 1 と 311.1 // A 1 も、請求記号ラベル1段目の数字が、

  311 < 311.01 < 311.1

と、数字の小さい順になっているのがわかると思います。

 もし、2段目の記載のアルファベットが違うアルファベットになっていても、1段目の数字の小さい順に並ぶことは変わりありません。

 では、次はいかがでしょうか?

   210 // A 1

   210 // B 1

   210 // B 10

   210 // Ba 1

   210 // Ba 1 B

   210 // Ba 10 A

   210 // Be 1

 上に記載の請求記号も、書架に並べると、上から順に左から並ぶことになります。

 請求記号ラベルの1段目が同じ時、2段目に記載の記号の順番となります。

 2番目に記載の記号は常にアルファベットから始まっていますので、基本はアルファベット順になります。

 A → Z という具合です。

 同じアルファベットだった場合は、アルファベットの隣に記載の数字の小さい順となります。(B 1 → B 10)

 アルファベットが1文字じゃなかった場合。

 アルファベットの2文字目のアルファベット順になります。(2文字目の記載がないものが先です。)

 B → Ba → Be → C という具合です。

 アルファベットの数字の隣にさらにアルファベットがある場合。

 アルファベットがないものが先になります。

 B 1 → B 1 A → B 1 B → B 2

 という具合です。


 ここまでわかればきっと請求記号を頼りに、本を探せるはずです!

 頑張ってみて下さい!

全滅?

 ポーランド史に関する資料が概ね全滅したようです。。。

 今年、よく聞かれる質問です。

  「ポーランドの歴史の本ありますか?」

  「ポーランドのことが書いてある本ありますか?」

  「ポーランドの本ありますか?」

 等々。。。

 どちらかの科目を担当する先生がレポートでも出したようです。


 今までは、なんとか館内にある資料で賄うことができていたのですが、限界のようです。。。

 もともと、西洋史の専門の学科や専攻はないので、そんなに多く所蔵している分野の資料ではありませんでした。。。

 ただ、ポーランドの通史ぐらいの概説的な本であれば、公共図書館でもっている可能性もあります。

 今後は、そのあたりの図書館にあたるしかないようです。。。




 それと同じく、「第一次世界大戦期の日米関係史」、本学政経学部教授の池田十吾先生の著作ですが、こちらも、売り切れという状況。。。

 図書館には、2002年出版のものが中央図書館に2冊、2007年の補訂版が鶴川図書館に2冊所蔵されています。

 うち、中央図書館の1冊が不明という状況となっており、残り3冊はすべて貸出中となっております。。。

 2007年の補訂版を中央図書館に急きょ2冊備えるよう注文しましたが、来週の月曜日が試験だそうで、間に合うか間に合わないか???

 でも、池田先生の図書は、教科書として指定されているのですから、本当は購入して、授業のときには常に持っている状態でなければいけなかったですね。

 みなさん、教科書はきちんと購入して持っているようにしましょう。

2008年7月21日月曜日

グループスタディ室開放!

 今日、もう一つお知らせです。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館のグループスタディ室1室を、閲覧室として開放しています。

 予約とか申し込みとか必要ないですので、空いていたらお使い下さい。

 みなさんと共有の場になりますから、みなさんで譲り合ってご利用下さい。



 ※ 予定では7/31までです。(予約が入っている時には使えないときもあります。)

今日は開館しています。

 もう、多くの学生たちが来ておりますので、すでに、ご存知のことと思いますが、今日は祝日「海の日」ですが、国士舘大学附属図書館は開館しております。

 大学の授業日になっているからです。

 開館時間は通常通り

  中央図書館 8:40~21:20
  鶴川図書館 8:40~18:50
  多摩図書館 8:40~18:50

 です。


 ちなみに、今日が授業日のため、今週の土曜日26日は大学はお休み。

 図書館も休館です。

昨日のオープンキャンパス見学会

 昨日は国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスに多数ご来場いただきまして、ありがとうございました。

 世田谷キャンパスには2,492名の来場があったそうです。

 中央図書館にも、447名の方が見学に訪れて下さいました。

 昨年より、増えています!(昨年の記事はこちら↓)

  http://obasan-t.blogspot.com/2007/07/blog-post_6769.html


 さて、今回のオープンキャンパスでは、ちょっと中央図書館の見学会はいつもと様子が違っていたのわかりましたでしょうか?

 まず、入口入ってすぐ脇の新聞コーナー近くに、喫茶室のようなスペースがあったの、わかりましたか?

 図書館の館長先生がお見えになっていて、受験生の皆さんとお話をしたいということで、ちょっとコーヒーなど用意しておりました。

 (もちろん、オープンキャンパス時の特別です。普段は飲食禁止です~~~!)

 暑いさなか、10代の若い受験生相手に、あったかいコーヒーでおもてなし、というセンスについては、図書館内では正直、賛否両論ありました。

 まあ、フタをあけてみたら、受験生たちが座ってリラックスできるスペースになっていたようで、まあ、良かったのかなと思います。

 また、4階AVホールでは、館内ツアーの映像、5~6分程度のものですが、流していました。

 午前中は、ただエンドレスで流していただけなのですが、午後は、図書館おばさんTがついて、見学者を呼び込んでみていただきました。

 感触としては、、、私のしゃべりがもう少し上手だったら、もっと有効な場にできたのかな?と反省です。


 ちなみに、この映像を流すことについては、全く打ち合わせはありませんでした。

 お昼前に1度、見学ツアーをつれて歩いていたら、AVホールで、4月の入学生対象に行ったオリエンテーションで使った館内ツアーが流れていたのです。

 だれが、流し始めたのかは知りませんが、お昼過ぎに、ちょっと見学ツアーの来館者が落ち着いた時に、手があいたので、AVホールに行って、見学者の呼び込みをしてみました。

 呼び込むと意外とみんな見に来てくれました。

 せっかく、見に来てくれたのだから、もう少し上手にしゃべれれば良かったのですが、打ち合わせにないことをしたもんだから、不器用さ加減を大暴露した感じになりました。。。

 反省。。。


 次回オープンキャンパスは、8月9日(土)の開館している時間帯なので、また、今回と同じような形態で実施するのかどうかわかりませんが、また、多くの方々に来ていただけると嬉しく思います。

2008年7月20日日曜日

オープンキャンパスにご来場いただきましてありがとうございました。

 国士舘大学オープンキャンパスに多くの方々のご来場をいただき、ありがとうございました。

 中央図書館・鶴川図書館・多摩図書館にも多くの方に見学に来ていただき、じっくり図書館を見ていただいたことと思います。

 次のオープンキャンパスは、8月8日(金)に鶴川キャンパスで、8月9日(土)に世田谷キャンパスで行われます。

 また、図書館の見学会も行いますので、みなさまお誘い合わせのうえ、ご来場下さい。

 お待ちしております。

今日はオープンキャンパスです

 今日は国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスです。

 中央図書館でも見学会を実施しております。

 多くの方のご来場をお待ちしております。


 とっても良いお天気で、気温も上昇しそうですね。。。

 図書館の中は涼しいですから、涼みに来るだけでもいらして下さいね。

2008年7月18日金曜日

明日朝エントランスのPC撤収です

 明日、朝9:00に、エントランスのPCを撤収します。


 明後日行われるオープンキャンパスで、エントランスが学部の個別相談ブースとして使われるからです。



 ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ブログタイトル変えました

 ますます、自分を追い込んだような気がします。。。


 ブログタイトル。。。


 「図書館おばさんTの奮闘日記」


 「つれづれ」 → 「奮闘」


 変えました。。。



 これから、奮闘しなくっちゃいけないじゃ~~~~ん!!!!

 大変だ~~~!



 まあ、今までも、自分なりには、いろいろ奮闘していたつもりだけど、奮闘したこともこれから書いていこうかななんて思ったもので。。。


 このブログを読んで下さっている皆様のご協力を是非ともいただきたい!


 そんなふうに思っております。

 これからも、応援よろしくお願いします。

2008年7月17日木曜日

混雑しています。。。

 麻疹のための休講が明けて、一気に学生が大学内にあふれかえっています!



 昨日、今日、お昼ごろ、学食のモスバーガーのカウンターには長蛇の列ができ、座席も人があふれかえっていました。



 図書館おばさんTなど、さっさと食べて早く撤退しないと申し訳ない、そんな気分になるほど人がたくさん!



 図書館の中も、時間帯によりますが、人であふれています!



 めずらしく(?)、レファレンスカウンターに人が並ぶような光景も見られました。



 レファレンスカウンターに来るほとんどの人が、図書館内の資料検索をしてほしい、と言ってやってきます。



 図書館内がこんなに混雑していなければ、OPAC検索は自分でやるように言うところだけれど、検索するための端末がないのだから仕方がないです。。。



 昨日も、一人の女子学生に言われました。



 検索できないわけではないけれど、検索する端末がないから検索して下さい、と。。。



 図書館に来て、図書館の資料が検索できない状況では仕方がないですね。。。





 以前から、図書館の端末については、検索専用の端末があるといいのに、と私も思っておりました。



 たびたび、図書館内のパソコンの入れ替え作業があるたびに、そのことは申し上げてきているのですが、上層部では、せっかくある端末1台、OPAC検索のためだけに使うのはもったいない、と考えているのです。



 確かに今のパソコンはいろんなことができるようになっています。



 レポートを作成したり、プレゼンテーション用の資料を作成したり、メールをしたり、データベースを活用してみたり。。。



 こんなに多機能なパソコンをOPAC検索のためにしか使わないなんてもったいない!



 確かにこういう考え方もできます。。。





 でも、私は思います。



 利用者の一人一人がいつでも使いたいときにパソコンが使える状況だったら、全てのパソコンを多機能に備えておくのも良いでしょう。



 でも、今のような時期、端末が空くのを待っている学生がいるような状況のさなか、ちょっと図書館の資料を調べたいだけなのに、レポートを作成している学生の端末が空くのを待たなければいけないような状況で良いのでしょうか?


 私はやっぱり、OPAC専用の端末を備えるべきだと思います。


 パソコン1台の機能をフルに使うことができなくても、OPAC検索用の端末をつくることで、図書館の機能をもっとたくさん使ってもらえるようになるのですから。


 みなさんは、どちらが図書館としての役割を果たしていることになると思われますか?

2008年7月15日火曜日

クールビズ?

 ちょっと、クールビズに対して、もの申す!

 どの室にいっても、クールビズというより、ウォームビスという感じがするのは私だけですか?

 まず、私のいる図書館、半袖でいると、肌の出ているところが、冷たくなって、ほてりやすい手先やほっぺたなどにあてると、ひんやり気持ちいいくらい、そのくらい冷えてしまいます。

 まあ、図書館は広いので、日当たりの良いところと、そうでないところがあって、なかなか均等に温度を設定するのは難しいかも知れません。

 でも、他の部署へいっても、すごく涼しい、、、というか、寒いですよ。。。

 たいがいどの部署でも、女性は膝掛けをしたり、ジャケットやカーディガンを羽織ったり。。。

 クールビズって、男性だったらネクタイをとって、背広も着なくていいくらい、服装を簡略化して、冷房の温度を少しでも上げて、省エネルギーに貢献しようというものかと思っていましたよ。。。

 確かに、人それぞれ体感温度は違うでしょう。。。

 部署によっては、冷房の温度を上げる人・下げる人でバトルが繰り広げられているなんてことも聞いています。

 でも、寒くって、冬場以上に室内で着込むような状態は、どうみても、クールビズじゃないです!

 作業などを行ってとーっても暑い方、いらっしゃると思いますが、何卒、クールビズにご協力を願います!

2008年7月14日月曜日

中央図書館のプリンター

 麻疹による休講が明けて、初めての月曜日。

 やっぱり月曜日は授業が多いのでしょうか?

 多くの学生が午前中から来館しています。


 さて、この休館中に、国士舘大学附属図書館中央図書館のプリンターの位置が変わりましたので、お知らせします。

 今までは、1台は、図書館の入り口正面の新着図書の棚の背向かいにあって、もう1台は、総合カウンター貸出返却カウンターの右にありました。

 今度から、新着図書の棚の背向かいに2台並べて置きました。


 たぶん、今までの方がどっちから印刷されているのか、案内しないと分らなかったと思うのですが、今度は並んで置いてあるので、どっちか見て貰えば大丈夫ですよね。

 正直、今まで2台分かれて置いてあるのは不便でしたね。。。

 私もどっちからでてくるのか?実はわからなかったです。。。(すみません。)


 2台並べておく、こんな簡単なことに今まで気づかずに、ずーっといたなんて。。。

 長い間、その状況に慣れてしまうと、それが当たり前になってしまって、変えようなんて気が湧かなくなる。。。

 マンネリ化の恐ろしいところです。。。反省。。。

 

2008年7月13日日曜日

つまらない記事です。。。

 今日も、昨日のようにとっても良いお天気!

 今日も、昨日のように、急激な大雨が降ってしまうのかしら?

 昨日は、ものすごい大雨でしたね。

 もう、雨、なんて言葉では言い尽くせないほどの雨でした。

 図書館の外の自動ドアが自動じゃなく、勝手に開いてしまって、大雨が入りこんでしまったり、入口付近のマットが吹き飛んでしまったり。。。

 でも、この雨、自宅の方ではまったくなかったそうです。

 局地的だったんですね。。。


 今、私は出先に来ています。

 そこで、コーヒーを一口飲みました。

 それが。。。

 息の穴の方に入ってしまったみたいで、大変苦しい。。。

 でも、出先。。。

 近くに人もいます。。。

 口のなかに残ったコーヒーを吐き出してしまいたいけど、吐き出すところはなし。。。

 なんとか、飲み込む。。。

 さらに、苦しい。。。

 顔を真っ赤にして(見えていないけどたぶんそうなってると思います。)咳きこむ。。。

 恥ずかしいですね。。。

 いい年して、飲み物一つきちんと飲めないなんて。。。

 やっと落ち着いてきました。

 あわてることは何にもなかったのですが、このざまです。。。

 人生気楽にゆったり生きたいですね。

 今日は、本当につまらない記事でした。

 すみません。。。

2008年7月12日土曜日

返却期間の過ぎた本。。。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館もはじまり、世田谷キャンパスは2週間遅れではありますが、授業も始まりました。

 レポートの提出や試験間際で、はやく大学が始まらないかな、と待ちこがれていた方もたくさんいることと思います。

 今日は、土曜日の割には比較的多くの学生が来館しているように思います。

 (とくに、パソコン付近に学生が多いです。。。)


 さて、麻疹による休講期間中に、図書館の資料の返却日が過ぎてしまった方、たくさんいるんではないでしょうか。

 返却ポストに入れようと思っても、世田谷キャンパスに入校できなかったと思うので、それもできず。。。

 遅れて返すと、延滞のペナルティーで、今日まで本が借りられなくなっちゃう。。。

 そんな風に、思っている方いませんか?


 図書館のホームページをみて、休館を確認された方は大丈夫だと思いますが、この休講期間中に返却日が過ぎてしまった図書に関しては、ペナルティがつかないように措置をしますので、大丈夫です。 (ただし、中央図書館のみです。)

 とにかく来週の土曜日(19日)までに返却をして下さい。

 来週中に返していただければ、ペナルティはつきません。

 ご安心下さい。


 試験期間もずれてしまって、いろいろなスケジュール調整が大変だと思いますが、がんばって前期の試験を乗り越えましょう。

 図書館おばさんTも協力いたします。

2008/07/12新着図書案内

 麻疹による、休講が終わり、今日から、中央図書館も開館です。

 さっそく、本日、新着の図書をご案内いたします。



インテリジェントシステム : 適応・学習・進化システムと計算機知能
007.13I 57
中央 5階
福田敏男編著
昭晃堂

コンテンツビジネスマネジメント Ver.2.0
007.35Ko 78
中央 5階
トーマツ編
日本経済新聞出版社

情報と職業 : 情報産業で働くための必要知識
007.35Y 48
中央 5階
山崎信雄編著
丸善プラネット/丸善株式会社出版事業部 (発売)

基礎から学ぶJava
007.64Se 64
中央 5階
千石靖, 中沢実, 石井充著
共立出版

演習と応用Java (セミナーライブラリ計算機:9)
007.64To 22
中央 5階
戸川隼人著
サイエンス社

資料・メディア総論 : 図書館資料論・専門資料論・資料特論の統合化 第2版
014.1Sh 89
中央 3階
志保田務 [ほか] 編著/平井尊士 [ほか著]
学芸図書

インターネット時代の学校図書館 : 司書・司書教諭のための「情報」入門 4刷
017I 57
中央 3階
堀川照代, 中村百合子編著/芳鐘冬樹 [ほか] 著
東京電機大学出版局

西田幾多郎世界のなかの私
121.63Sa 47
中央 5階
櫻井歓著
朝文社

回想五十年慶應義塾と私
289.1I 39
中央 3階
生田正輝著
慶應義塾大学出版会

日本文化紹介小和独事典 : 難訳語中心 増補改訂版
302.1N 39
中央 2階
中埜芳之, Oliver Aumann著
朝日出版社

日本を問い続けて : 加藤周一、ロナルド・ドーアの世界
302.1N 77
中央 2階
福岡ユネスコ協会編
岩波書店

政治概念の歴史的展開 第1巻
311.2Se 171
中央 2階
古賀敬太編著
晃洋書房

みんなの憲法二四条
323.143Mi 44
中央 5階
福島みずほ編
明石書店

憲法の現在 (いま) (信山社叢書. 憲法)
323.14Ke 37
中央 5階
自由人権協会編/[奥平康弘ほか述]
信山社

誰が憲法を壊したのか
323.14Ko 67
中央 5階
小森陽一, 佐高信著
五月書房

うちのネコが訴えられました!? : 実録ネコ裁判
324.55Y 19
中央 5階
山田タロウ著
角川書店

総則 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:1)
324Ko 761
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

物権 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:2)
324Ko 762
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

債権 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:3)
324Ko 763
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

総則・物権法 (はじめて学ぶ民法:1)
324U 251
中央 2階
打矢恵著
泉文堂

債権法総論・各論 (はじめて学ぶ民法:2)
324U 252
中央 2階
打矢恵著
泉文堂

日米欧独占禁止法
335.57O 15
中央 5階
越知保見著
商事法務

事例教材独禁法
335.57Sh 82
中央 5階
白石忠志著
商事法務

「育児休職」協約の成立 : 高度成長期と家族的責任 (双書ジェンダー分析:18)
366.38H 14
中央 5階
萩原久美子著
勁草書房

少年非行の行動科学 : 学際的アプローチと実践への応用
368.71Sh 96
中央 5階
小林寿一編著
北大路書房

形態別介護技術 障害者編 (リーディングス介護福祉学:17)
369R 3717
中央 2階
山田幸子, 山崎久子編著
建帛社

教師でいてよかった : 自分をはぐくむ高校生
370.49Ka 86
中央 5階
加藤稲子著
牧歌舎/星雲社(発売)

子ども・学校・社会 : 教育と文化の社会学
371.3Ko 21
中央 2階
稲垣恭子編
世界思想社

子どもとの上手なつきあい方 中学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

中学校学習指導要領(平成10年12月)解説 一部補訂 数学編
375.1C 62
中央 2階
文部科学省 [編]
大阪書籍

学び合い,分かり合う授業づくり : 「教えること」の見直しから
375.1Ma 43
中央 2階
兵庫教育大学附属小学校教育研究会著
明治図書出版

教材・教具の選び方チェックポイント (新規採用者向け演習方式による教職の基礎トレーニング:5巻)
375.1Mu 27
中央 2階
向山洋一監修/田健編
明治図書出版

最新「授業書」方式による保健の授業
375.494Sa 22
中央 5階
保健教材研究会編
大修館書店

「授業書」方式による保健の授業 新版
375.49J 99
中央 5階
保健教材研究会編
大修館書店

子どもの未来を拓け学校体育
375.49Ko 21
中央 5階
松永淳一編著
アイオーエム

技術科の授業を創る : 学力への挑戦
375.53G 43
中央 5階
河野義顕, 大谷良光, 田中喜美編著
学文社

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学3年生
375.82W 113
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学4年生
375.82W 114
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学5年生
375.82W 115
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

0〜5歳児の運動する力を楽しく育てる簡単あそび47 (子育て支援シリーズ:9)
376.157Sa 25
中央 5階
斎藤道雄著
黎明書房

運動会おもしろ種目集 : アイデアたっぷり!
376.157Y 31
中央 5階
やまもとかつひこ, こやまみさと著
チャイルド本社

自然を解剖する (やりなおしサイエンス講座:3)
408Y 593
中央 2階
池内了著
NTT出版

微分積分学入門
413.3I 97
中央 2階
岩谷輝生著
学術図書出版社

計算力が身に付く微分積分
413.3Sa 66
中央 2階
佐野公朗著
学術図書出版社

測度から確率へ : はじめての確率論 2刷
417.1Sa 85
中央 2階
佐藤坦著
共立出版

理工系の力学 : 基礎と演習
423Ta 33
中央 2階
高橋正雄著
共立出版

伝熱概論
426.3Ka 88
中央 2階
甲藤好郎著
養賢堂

図説基礎熱力学
426.5C 29
中央 2階
Yunus A. Çengel, Michael A. Boles共著/浅見敏彦, 細川欯延, 桃瀬一成共訳
オーム社

熱力学概論 訂正版
426.5Mo 45
中央 2階
森康夫 [ほか] 著
養賢堂

電磁気学演習ノート [正]
427.1F 671
中央 2階
藤田広一, 野口晃共著
コロナ社

高電圧プラズマ工学 (電気・電子・情報・通信基礎コース)
427.6H 48
中央 2階
林泉著
丸善

活火山・活断層赤色立体地図でみる日本の凸凹
453.821C 42
中央 5階
千葉達朗編
技術評論社

解剖生理学 (モダン・ナース・シリーズ:2)
491.31Ka 21
中央 5階
竹中敏文, 楠豊和共編
培風館

新食品成分表 : FOODS 2008 [CD-ROM版]
498.51Sh 69
中央 5階
新食品成分表編集委員会編
一橋出版

災害医療 : 救急医・救急看護師・救急救命士のための災害マニュアル (Emergency care:2007年新春増刊(通巻242号))
498.89Sa 17
中央 5階
太田宗夫編集
メディカ出版

弾塑性力学の基礎
501.33Y 86
中央 5階
吉田総仁著
共立出版

構造力学 : 考え方解き方
501.34Ko 98
中央 5階
近畿高校土木会編
オーム社

構造力学を学ぶ 基礎編
501.34Y 82
中央 5階
米田昌弘著
森北出版

米国特許法 : 判例による米国特許法の解説 (現代産業選書. 知的財産実務シリーズ)
507.23B 32
中央 5階
山下弘綱編著
経済産業調査会

国際特許出願マニュアル : 「特許協力条約」活用の実務
507.23O 54
中央 5階
奥田百子著
中央経済社

商標法 新版 (知的財産法実務シリーズ:2)
507.26Su 19
中央 5階
末吉亙著
中央経済社

最新判例知財法 : 小松陽一郎先生還暦記念論文集
507.2Sa 22
中央 2階
小松陽一郎先生還暦記念論文集刊行会編
青林書院

知的財産法 第4版 (有斐閣アルマ:Specialized)
507.2Su 58
中央 2階
角田政芳, 辰巳直彦著
有斐閣

実践的工学倫理 : みじかく、やさしく、役にたつ
507N 37
中央 2階
中村収三著
化学同人

技術者による実践的工学倫理 : 先人の知恵と戦いから学ぶ
507N 37
中央 2階
中村収三, 近畿化学協会工学倫理研究会編著
化学同人

水理学 : 水工学序論
517.1Su 51
中央 2階
水工学研究会編
技報堂出版

水理学 15刷 (土木系大学講義シリーズ:6)
517.1Su 54
中央 2階
鮏川登著
コロナ社

はじめてのランドスケープデザイン
518.8Y 15
中央 2階
八木健一著
学芸出版社

近代建築史図集 新訂版
520.8Ki 42
中央 2階
日本建築学会編
彰国社

建築の構造 (ヴィジュアル版建築入門:3)
520.8V 693
中央 2階
神田順担当編集委員
彰国社

建築空間構造 (建築学構造シリーズ)
524Ke 41
中央 2階
皆川洋一編著
オーム社

図説建築構造のなりたち
524Z 8
中央 2階
日本建築構造技術者協会編
彰国社

最新エンジン・ハイブリッド・燃料電池の動向
537.2Sa 22
中央 2階
GP企画センター編
グランプリ出版

クルマの時代とかたち (テクノライフ選書)
537.92Ka 96
中央 5階
河岡徳彦著
オーム社

高電圧大電流工学 (電気学会大学講座)
541.33Ko 21
中央 5階
宅間董, 柳父悟執筆/電気学会通信教育会著
電気学会/オーム社 (発売)

演習集積回路工学
549.7N 23
中央 2階
永田穰, 川邊潮共著
コロナ社

パワーエレクトロニクスの基礎 : 新しいパワーデバイスとその応用 (理工学講座)
549.8Ki 57
中央 2階
岸敬二著
東京電機大学出版局

葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑
653.2038H 29
中央 5階
池田書店編集部編
池田書店

統合型ブランドコミュニケーション : マーケティングコミュニケーションの新展開
675A 99
中央 5階
東英弥著
早稲田大学出版部

闘魂の柔道 : 必勝の技と心 : 新装版
789.2Y 44
中央 5階
山下泰裕著
ベースボール・マガジン社

DVDでわかる!剣道入門
789.3D 71
中央 5階
蒔田実監修
西東社

技を極める剣道
789.3Ka 59
中央 5階
神崎浩著
ベースボール・マガジン社

文章作成のキーポイント
816Y 15
中央 5階
八木和久著
米田出版

鏡花と怪異
910.268I 99 Ta
中央 5階
田中貴子著
平凡社

鴎外の三男坊 : 森類の生涯
910.268Mo 45 Y
中央 5階
山崎國紀著
三一書房

こころの病の文化史
910.26I 32
中央 5階
池田功著
おうふう

絵とあらすじで読む源氏物語 : 渓斎英泉『源氏物語絵尽大意抄』
913.36E 78
中央 5階
小町谷照彦編著
新典社

文化の旅
920.4Sh 99
中央 3階
周穎南著/有川けい訳
澪標