2008年4月30日水曜日

今日で1ヶ月が経ちました。

 今日は、4月30日。

 入学式を終えて1ヶ月が経ちました。

 大学生活にも、そろそろ慣れた頃でしょうか?


 大学としても、この4月から梅ヶ丘校舎をオープンして1ヶ月。

 右往左往したことも、たぶんあったでしょう。。。


 図書館も、今年初めて、1・2年生を迎えるガイダンスをしたりと、初めてなことがたくさんありました。


 今日は、世間的にはゴールデンウィークの中日になっています。

 でも、国士舘大学は、昨日の祝日を授業日としたので、まだゴールデンウィークに突入した感じはありませんね。。。

 そう思うのは私だけかしら?


 さて、明日の授業を終えて、国士舘大学もいよいよゴールデンウィークに突入です。

 この1ヶ月で、初めての大学生活を過ごされた方、

 初めての授業に高校生までの授業と違いとまどってしまった方、

 新しいアルバイトを初めて、緊張が続いた方、etc...


 この1ヶ月で、たくさんの初めてがあったことと思います。

 ゴールデンウィークは、羽を伸ばして遠出をしたり、新しくできたお友達と遊んだり、たっくさんやりたいことがあるかもしれないですね。

 でも、ゆっくり休養をとることも大事です。

 体調を整えて、ゴールデンウィークあけには元気な姿で通学してきて下さいね。


 なんて言っていると、図書館おばさんT、明日休みで、一足お先にゴールデンウィークに突入か!

 と思われそうですが、明日は、鶴川図書館に行って、鶴川図書館の蔵書を見てきます。

 久しぶりの鶴川図書館、本だけじゃなく、館内の様子を見てきたいと思います。

 レポートできたら致しますね。

2008年4月29日火曜日

祝日の授業日

 今日は、昭和の日、ということで、祝日です。

 世の中では、先週の土曜日から、ゴールデンウィークに突入という人も多いようで、今日も通勤電車の中で、スーツケースをもった女性2人組みなど見かけました。海外旅行でしょうか?

 さて、みんなが休んでいるときに、国士舘大学では、なんと、授業をしています!

 いや~~~!熱心、熱心!

 それでも、4月以降の今までの火曜日からくらべると、ちょっと静かな感じがします。

 休講をしている先生もいるのでしょうか?(はっきりはわかりませんが。。。)


 国士館大学附属図書館中央図書館では、カウンター周りのスタッフが交代で、図書館内を見回っているのですが、今日、ふっと思ったのは、、、

 今の大学生って、こんなに【眠い】の?

 午後、見回りに行くと、多くの学生がうつぶせになって寝ています。

 寝るのは悪いことではないけれど、みんなよっぽど疲れているんだなぁ。。。と思います。

 横に椅子を並べたり、ソファーで寝そべっていないかぎり、起こしたりしませんが、それにしてもみなさんよく寝ています。

 もちろん、寝ないでお勉強をしている方もいらっしゃるのですが、それにしてもみんなよく寝ています。


 私が学生の頃、(もう、20年近くも前ですが。。。)こんなに寝たかな?

 確かに、眠い授業もありました。。。(先生、すみません!!)

 疲れているときもありました。。。


 でも、図書館でこんなにすやすや、眠ることはなかったよなぁ。。。

 なんて思ったのです。。。


 まあ、寝る子は育つといいますから、周りの人に迷惑をかけず、そっと寝ている人はそのまま、見守り、その成長を期待するとしましょう。


 まったりした、祝日授業日の中央図書館の様子でした~~~!

2008年4月28日月曜日

ベーゼンドルファーの音色

 昨日の私の休日記事の続きでごめんなさい。

 ベーゼンドルファーの音色をお届けしようと思ってできなかったので、今日、再チャレンジ!

 国士舘大学附属図書館データベースkissのサーバーをお借りして、音源upしました。

 → http://libw01.kokushikan.ac.jp/RING/data/1000644/0000/registfile/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E8%BF%8E%E8%B3%93%E9%A4%A8%E3%81%AE%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%9F%B3%E8%89%B2.WMA


 私よりもずーっと上手に弾いてくれた人がたくさんいたのですが、著作権の問題で、自分のものしか録音できませんでした。

 つたない演奏で、ミスタッチもたっくさんありますが、ベーゼンドルファーの音色を楽しんで頂ければと思います。

 掲載期間は2008/05/10までとします。

 曲名は、

 ドビュッシー:「ロマンティックなワルツ」

 ラヴェル:『クープランの墓』より、「プレリュード」「メヌエット」

2008年4月27日日曜日

休日の図書館おばさんT


 みなさん、あんまり興味がないかもしれませんが、ちょっと今日の休日のこと、書いてみます。


 今日、図書館おばさんTは、趣味でやっているピアノの発表会に行ってきました。


 成城学園と二子玉川の間くらいにある、音楽迎賓館というところで、発表会をしてきました。


  音楽迎賓館ホームページ → http://ongakugeihinkan.jp/


 この会場は初めてだったのですが、その名の通り、音楽振興に力を入れているみたいで、入口はいってすぐに、様々な楽器が置いてありました。


 私たちが使ったホールには、ベーゼンドルファーというオーストラリアの名器のグランドピアノがおいてあり、今日はそれを弾かせていただきました。


 ベーゼンドルファー社といえば、今年、日本のYAMAHAに買収されてしまい、今までのベーゼンドルファーの音色がきちんと保たれていくのか?


 音楽関係者にはとっても気になることだと思います。


 どんな仕事でもそうだと思うのですが、親玉が変わったことで、すべてが変わってしまうようなことがありますが、保たれていくべき部分は保ち続けていかなければならないことってあると思うんです。


 ベーゼンドルファーの音色は、生産性を抜きにして、1台1台丁寧に作られて、その人気を得てきました。


 YAMAHAの生産性を重視する余り、ベーゼンドルファー独特の大切な音色が失われるようなことがないようにお願いしたいものです。


 さて、その音色をお届けしようと思うのですが、なにぶん、弾いているのが、私です。。。


 ピアノの演奏自体はとてもつたないものですが、少しでもベーゼンドルファーの音色がお伝えできればと思い、思い切って、upしてみます。


 ミスタッチ、、、たっくさんありますが、ご容赦を!






 曲は、次の通り



 ドビュッシー:ロマンティックなワルツ


 ラヴェル:クープランの墓より プレリュード、メヌエット

 すみません、音声upしようと思ったのですが、うまくいきませんでした。。。

 明日、またトライしてみます。。。

2008年4月26日土曜日

OPAC所在コード

 ちょっと進歩です。

 そして、自我自賛!


 もしかして、気がついた方いらっしゃるかしら?


 国士舘大学附属図書館のOPACで検索をして、資料の詳細画面に入ると、その資料の所在とか請求記号とか表示されると思うんですが、一昨日から、一部の所在にリンクを張って、その所在を地図または説明文で案内するようにしてみました。

 一昨日、リコーのSEさんがいらっしゃって、そのシステムが稼動するように変更してもらったんです。

 そして、一昨日は所在が「特別資料室」となるものにリンクを張ってみました。

 特別資料室の資料は、図書館員が出納するものなので、地図ではなく、申込方法を記載したhtmにリンクを貼りました。

 一昨日リコーさんがきてそのシステムを稼動するようにしてもらって、その動作確認ができたので、昨日、所在が「中央2階参考」と「中央1階参考」のものに、リンクを張って、今日、その動作確認をしたら、ちゃんとできていました。

 この2つの所在については地図みたいなhtmにリンクを張っています。

 ページ作成のセンスはともかくとして、これで、資料の案内も一歩前進!

 むふふふふ。。。。。。うれしいです。


 これから、どんどん所在を示すリンクをどんどん増やしていきたいと思います。

2008年4月25日金曜日

2008/04/25新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



量子コンピュータ入門
007.1Mi 79
中央 3階
宮野健次郎, 古澤明著
日本評論社

情報法入門 : デジタル・ネットワークの法律
007.3Ko 68
中央 3階
小向太郎著
NTT出版

生命に学ぶシステムデザイン : 知能化から生命化へのパラダイムシフト
007.61Se 18
中央 5階
吉田和夫編著
コロナ社

インターネット時代の情報システム入門 新版
007.6Su 38
中央 3階
杉本英二著
同文舘出版

エディトリアル技術教本
021.4I 88
中央 3階
板谷成雄著
オーム社

発達支援のための生涯発達心理学
143H 43
中央 3階
前原武子編
ナカニシヤ出版

西田天香 : この心この身このくらし (ミネルヴァ日本評伝選)
169.1N 81
中央 3階
宮田昌明著
ミネルヴァ書房

近世の好古家たち : 光圀・君平・貞幹・種信
210.2Ki 46
中央 3階
國學院大學日本文化研究所編
雄山閣

中世の覚醒 : アリストテレス再発見から知の革命へ
230.4R 81
中央 3階
リチャード・E.ルーベンスタイン著/小沢千重子訳
紀伊國屋書店

747 : ジャンボをつくった男
289.3Su 84
中央 3階
ジョー・サッター, ジェイ・スペンサー著/堀千恵子訳
日経BP社/日経BP出版センター (発売), 2008.3

はじめて学ぶ政治学 : 古典・名著への誘い
311H 16
中央 2階
岡崎晴輝, 木村俊道編
ミネルヴァ書房

プレステップ政治学 (PRE-STEP:01)
311Ka 21
中央 2階
甲斐信好著
弘文堂

リーガル・リサーチ 第3版
320.7R 39
中央 2階
いしかわまりこ, 藤井康子, 村井のり子著/指宿信 [ほか] 監修
日本評論社

リアルタイム法学・憲法 改訂3版
321Mi 67
中央 2階
三浦一郎著
北樹出版

憲法学へのいざない
323.14Ke 37
中央 5階
大隈義和, 大江正昭編
青林書院

クロススタディ物権法 : 事案分析をとおして学ぶ
324.2Ta 16
中央 2階
田高寛貴著
日本評論社

債権各論 第3版 (民法判例集)
324.5Se 16
中央 2階
瀬川信久, 内田貴著
有斐閣

総則・物権法 第3版 (民法:1)
324Mi 331
中央 2階
我妻榮, 有泉亨, 川井健著
勁草書房

序論・民法総則 第2版補訂 (民法:1)
324N 951
中央 2階
野村豊弘著
有斐閣

新会社法 改訂版
325.2Sh 64
中央 2階
酒巻俊雄, 尾崎安央編
青林書院

会社法入門
325.2Y 86
中央 2階
葭田英人著
同文舘出版

ADR仲裁法
327.5Y 31
中央 2階
山本和彦, 山田文著
日本評論社

疑問解消刑事訴訟法
327.6Mi 97
中央 2階
水谷規男著
日本評論社

ケインズ経済学を読む : 『貨幣改革論』・『貨幣論』・『雇用・利子および貨幣の一般理論』
331.74Ta 71
中央 5階
滝川好夫著
ミネルヴァ書房

マンキュー入門経済学
331Ma 44
中央 2階
N. グレゴリー・マンキュー著/足立英之 [ほか] 訳
東洋経済新報社

標準ミクロ経済学
331N 23
中央 2階
永田良, 荻沼隆, 荒木一法著
東洋経済新報社

標準マクロ経済学
331Sa 75
中央 2階
笹倉和幸著
東洋経済新報社

「公民」が苦手だった人のための現代経済入門講義
331Ta 33
中央 2階
高橋勉著
法律文化社

新興コンツェルンと財閥 : 理論と歴史
335.55Sh 54
中央 5階
下谷政弘著
日本経済評論社

税務会計要論 16訂版
336.98N 43
中央 5階
中田信正著
同文舘出版

入門新しい金融・ファイナンス : 最低限必要な金融知識
338W 46
中央 2階
渡辺信一著
日本評論社

法人税法要説 新版
345.35Ki 29
中央 5階
菊谷正人, 依田俊伸著
同文舘出版

メディアとプロパガンダ
361.453C 53
中央 5階
ノーム・チョムスキー著/本橋哲也訳
青土社

労働法 第2版
366.14Mi 95
中央 5階
水町勇一郎著
有斐閣

解雇規制の法と経済 : 労使の合意形成メカニズムとしての解雇ルール
366.18Ka 21
中央 5階
神林龍編著
日本評論社

労働経済学
366O 63
中央 2階
大森義明著
日本評論社

知識伝達の構造 : 教育社会学の展開
371.3C 48
中央 2階
天童睦子編
世界思想社

軍事とロジスティクス
395.9E 12
中央 2階
江畑謙介著
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

実データで学ぶ、使うための統計入門 : データの取りかたと見かた
417Mo 39
中央 2階
デイヴィッド・ムーア, ジョージ・マッケイブ著/麻生一枝, 南條郁子訳
日本評論社

これならわかる化学のための統計手法 : 正しいデータの扱い方
433N 89
中央 2階
丹羽誠著
化学同人

生物有機化学 : 生物活性物質を中心に
464N 22
中央 2階
長澤寛道著
東京化学同人

鋼・コンクリート複合構造
511.49Ki 77
中央 5階
鬼頭宏明, 園田惠一郎著
森北出版

西村幸夫風景論ノート : 景観法・町並み・再生
518.8N 84
中央 2階
西村幸夫著
鹿島出版会

入門サステイナビリティ学 : 循環経済と調和社会へ向けて
519.04N 99
中央 5階
京都サステイナビリティ・イニシアティブ, 立命館サステイナビリティ学研究センター編
ダイヤモンド社

地球環境「危機」報告 : いまここまできた崩壊の現実
519I 71
中央 2階
石弘之著
有斐閣

イラストでわかるエクステリアデザインのポイント
524.89I 63
中央 5階
猪狩達夫 [ほか] 著/猪狩達夫編
彰国社

イラストで見る空調・給排水
528.2I 63
中央 2階
空気調和・衛生工学会編
オーム社

建築設備入門
528Ka 25
中央 2階
柿沼整三, 伊藤教子共著
オーム社

ディジタル通信・放送の変復調技術
547.16H 11
中央 5階
生岩量久著
コロナ社

道路誕生 : 考古学からみた道づくり
682.1O 62
中央 5階
近江俊秀著
青木書店

原典をめざして : 古典文学のための書誌 新装普及版
910.31H 38
中央 5階
橋本不美男著
笠間書院

西鶴全句集 : 解釈と鑑賞
911.31Y 87
中央 5階
吉江久彌著
笠間書院

和泉式部の心性と日記
915.34O 28
中央 5階
大橋清秀, 大橋京子著
世界思想社

対訳唐詩三百首 上
921.43E 331
中央 5階
江口孝夫著
勉誠出版

対訳唐詩三百首 下
921.43E 332
中央 5階
江口孝夫著
勉誠出版

2008年4月24日木曜日

図書館ガイダンス

 いや~~~!

 こういうところに現われていますね。。。。


 今年は、昨年に比べて、個別のガイダンスの申し込みが、とても多いです。


 今年度から、梅ヶ丘校舎ができて、政経学部・法学部・文学部の1・2年生が、世田谷キャンパスに通学するようになり、利用するメインの図書館も、ここ国士舘大学附属図書館 中央図書館になりました。

 はじめての大学図書館の利用をする学生がほとんどだと思うので、利用の仕方がわからなくって、当然です。

 新入生オリエンテーションでも、図書館の説明をしましたが、実際に図書館の中に入って利用してみなければわからないことがたっくさんあります。

 それで、各授業を担当する先生が、まず、一番最初に図書館の使い方を学生に知ってもらいたいと思うのでしょう。。。

 1年生の申し込みが多いです。

 たぶん、昨年までは、鶴川図書館で実施していたのでしょう。

 それが一気に、中央図書館に集中してきました。


 さらに、昨年まで引き続き実施していた、在学生もガイダンスを希望しています。

 時期も、なるべく、年度初め、期の初めに集中することから、ゴールデンウィーク明けは、図書館ガイダンスのラッシュです。


 でも、より多くの学生に図書館について知っていただきたいと思います。

 これからも、積極的なガイダンスの申し込みお待ちしたいと思います。

2008年4月23日水曜日

中央図書館のロッカー

 国士舘大学附属図書館 中央図書館のロッカーについて、今日はお話ししたいと思います。

 まず、耳の痛い話から。。。

 中央図書館のロッカーは、図書館を利用している人がお荷物を置くためにあります。

 なので、キャンパス内で動くときに邪魔になる荷物を置いておこう!

 なんてことは、しないで下さい。


 そして、一番よくあるのが、明日も大学で使う荷物を、図書館のロッカーに預けておこう!とすることです。

 これは、みなさんにとって、とっても、手痛いことが起こります!

 なんと、図書館のロッカーに、1日荷物を預けっぱなしにすると、そのお荷物は、宿泊料を払わなければなりません!(まあ、正確には「荷物保管料」と言います。)

 その宿泊料、1泊、なんと、500円!

 2日で1000円!

 その後、3日で1500円、4日で2000円、5日で2500円、6日で3000円と続きます。

 雪だるま式に、宿泊料が増えていきます!!!!

 お荷物、1週間預けて3000円は、ちょっとお財布に厳しいですよね。。。(お仕事している私にも、これはキツイ!!)

 気を付けましょう。。。

 ちなみに、朝1番で図書館に荷物を預けて、図書館閉館まで荷物を預けることに対しては宿泊料は発生しません。



 で、そもそも、このロッカー、、、どうしてあるのか?


 最近、他の大学ではあんまり図書館内のロッカーは見かけなくなりました。

 なぜって、最近は、BDS(Book Ditection system ←綴りは信用しないで下さい)設置の大学図書館が増えたからです。

 BDSは、中央図書館の出口にもありますが、図書館の図書を持ち出すと、「ピーピー」鳴る、あのシステムです。

 BDSがないときは、図書館の図書をかばんの中に入れたまま、図書館の外に出てしまうと図書の紛失につながるため、図書館内にかばんを持ち込まないで、筆記用具だけもって入って貰うために、ロッカーを用意していました。

 けれど、最近はBDSシステムがあるので、かばんの中に図書を入れたまま図書館外に出てしまっても、気が付くので、図書館の中をみなさん、自分の持ち物をもって歩けるようになりました。

 だから、ロッカーをなくしてしまう大学図書館、多くなっているんです。


 中央図書館でも、ロッカーの廃止について話し合ったことがあります。

 廃止するか、存続するか。。。


 結局、スペースにまだ余力があるので、置いておくことに。。。

 やっぱり、図書館内で使わない荷物をあずけて、1階から5階まで、縦横無尽に図書を探し歩くのに、邪魔になる荷物、ありますよね。。。

 そういった方へのサービスとして、ロッカーを置いています。

 だから、大学内の荷物置き場にすることは、ご遠慮下さい。

 図書館を利用するみなさんが、気持ちよく利用できるように、協力頂きたいと思います。 

2008年4月22日火曜日

とりあえず完成?

 昨日中に作ることのできなかった、国士舘大学附属図書館ホームページの年間カレンダー、やっとできました。

 今までより、文字サイズも大きくしたし、ウィンドウいっぱいに広がるように作成したので、ちょっとは見やすくなったと思います。

 いかがでしょうか?


 年間カレンダーURL

  ↓ ↓ ↓

http://www.kokushikan.ac.jp/library/calendar/2003ex.central.htm


 その他のページもどんどん、新しくしていきま~す!

2008年4月21日月曜日

残念!間に合わなかった。。。

 今日中に図書館の年間カレンダーを、ホームページのリニューアルに合わせて、リニューアルしようと思ったけれど、間に合わなかった。。。

 また、明日。。。


 ちなみに、いくつかのホームページのデザインを変更してあります。

 大学のホームページがリニューアルして、図書館のトップページもリニューアルしたけれど、それにぶら下がるいくつかのページは図書館の手作りのページです。

 これを徐々にリニューアルしていく予定です。。。

 その手始めに、紀要データベースや開館カレンダーなどを手掛けています。。。

2008年4月19日土曜日

学生食堂アンブラン

 今日は図書館おばさんTはお休みをいただいていました。


 で、以前に撮っていた写真なんですが、とっておきをご紹介!


 これ、学生食堂アンブランの「もやし炒め定食」なんです。



 学生食堂アンブランは、国士舘大学世田谷キャンパス8号館地下1階にある、学生食堂。


 私が学生の時からずーっとある食堂です。。。


 私は学生の時あんまり学生食堂を利用することがなかったのですが、最近はよく、このアンブランを利用します。


 この「もやし炒め定食」にはまっているのです。。。


 名前だけ聞くと、もやし炒めただけ?と思われそうですが、まあ、本当にそうなんですが、それでも、はまっちゃったんですね。。。


 確かに、メインに炒められているのはもやしなんですが、それと微妙にダシのためでしょうか、ひき肉と少々の野菜が炒められていて、塩コショウの味付けも絶妙!


 そして、最後にのせてもらえる目玉焼きの目玉の半熟具合がたまらない!


 目玉をぐじゅぐじゅっ!っとくずして、もやしにからめていただくのが最高です!


 学食って、どうしても一度にたくさんの量をこなすため、作りおきしたものが多い中、このもやし炒め定食と野菜炒め定食はその場で炒めて出してくれるので、本当に作りたて!


 そして、もやし定食には目玉焼き!(野菜定食には目玉焼きが乗っていません。)


 そして、ご飯とお味噌汁がついて、350円はお得じゃないですか?


 週に1~3回くらいは食べていたんだけれど、最近は学食が混んでいるので、ご無沙汰しています。


 上の写真も16日に撮ったものです。


 図書館のお昼の当番で、お昼休みがずれた時に、行って食べてきました!


 アンブランのもやし炒め定食、お勧めです!

2008年4月18日金曜日

授業がはじまって1週間。

 昨日で、ちょうど授業が始まって1週間。

 今日から2週目に突入ですね。

 この1週間で、みなさん履修には思い悩んだことと思います。決まりましたか?


 さて、一昨日のことになるのですが、梅ヶ丘校舎に研究室を持つ先生に会いに行くため、梅ヶ丘校舎に足を運びました。

 ちょうど時間帯が授業と授業の合間頃になってしまったせいもあり、梅ヶ丘校舎は学生でごったがえしていました。

 私が訪ねる先生の研究室は7階。

 とてもじゃないけど、図書館おばさん7階まで階段で行く勇気はありません。

 当然のことながら、エレベーターを待ちます。

 世田谷校舎から、梅ヶ丘校舎への連絡通路は梅ヶ丘校舎の2階につながっています。

 2階フロアでエレベーターを待つこと、数分。。。

 やっと来た~!

 と思ったら、そのエレベーターはスルー。。。

 次、来た~!

 と思ったら、そのエレベーターもスルー。。。

 どうやら、1階からのってくる人たちでいっぱいらしい。。。

 最後の1台。。。

 来た~

 止まった~~

 開いた~~~


 ぎゅ~~~~~~~っ!


 私ともう一人一緒にエレベーターを待っていた先生で何とか乗り込んだ。

 もちろん、乗れない学生もたくさんいた。。。



 それにしても、何という混みよう!!!

 私たちが待っている間に、多くの学生たちが、「よし!階段で行こう!」「階段の方が早い!」と行って、階段に挑んでいきました。

 若いっていいわ~~~!


 梅ヶ丘校舎ができてから、授業と授業の間の休み時間が15分に変更されましたが、正解なのか?もしかして、足りないのでは?と思わせるほどの混みよう!

 先生との用事を済ませて、帰るとき、さすがにエレベーターに乗る気がしなかったので、階段で下りるため、階段に向かうと、ここまで階段であがってきた学生とすれ違いました。

 お疲れ様でした!

 思わず、授業が始まる前から、とっても疲れてしまったであろう学生に、声をかけたくなったのですが、怒られそうなので止めました。


 梅ヶ丘校舎の学部事務所にも寄るため、1階まで降りたら、今度は2階に上がるエスカレーターも大行列。。。

 連絡通路に向かうのをあきらめ、外を回って図書館に戻ったのでした。。。


 そして、さっそく、図書館の首脳陣に、梅ヶ丘校舎の同線の悪さについて話したのですが、それは大学の首脳陣に届くのか、どうか???


 とりあえず、学生は早め早めの行動をとるようにした方が良いですね。。。

 また、ゴールデンウィーク明けくらいになれば少しは落ち着くのか?

 でも、どうせ試験時期には同じような状態が発生するのでは?

 ちょっと、新しい校舎に懸念を抱いてしまう、今日この頃です。。。

2008年4月17日木曜日

2008/04/17新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



真理と方法 : 哲学的解釈学の要綱 2 (叢書・ウニベルシタス:175-176)
116.8G 122
中央 3階
ハンス=ゲオルク・ガダマー [著]/轡田収 [ほか] 訳
法政大学出版局

倫理的叡智を求めて
150.4R 45
中央 3階
上廣倫理財団編
東洋館出版社

風林火山 : 信玄・謙信、そして伝説の軍師 : 大河ドラマ特別展
210.47F 92
中央 5階
NHK, NHKプロモーション編集
NHK/NHKプロモーション

人と動物の昭和誌 : 山梨県立博物館企画展
215.1H 77
中央 3階
山梨県立博物館編
山梨県立博物館

時代の目撃者 : 資料としての視覚イメージを利用した歴史研究
230B 92
中央 3階
ピーター・バーク著/諸川春樹訳
中央公論美術出版

太平洋地域の過去・現在・未来 (社研叢書:23)
302Ta 22
中央 2階
中京大学社会科学研究所運営委員会編
中京大学社会科学研究所

自治体行政法入門 改訂版 (法務研修・学習テキスト)
318.1Ka 53
中央 2階
兼子仁著
北樹出版

日本の軍縮・不拡散外交 第4版
319.8N 77
中央 2階
外務省軍縮不拡散・科学部編集
[出版者不明]

転換期の法と文化 : 京都学園大学法学部二十周年記念論文集
321.1Te 36
中央 2階
京都学園大学法学会編
法律文化社

初学者のための憲法学
323.14Sh 95
中央 5階
麻生多聞 [ほか] 著
北樹出版

憲法訴訟 第2版
327.01To 49
中央 5階
戸松秀典著
有斐閣

民事裁判実務講義 : 学生と社会人のための民事裁判のセオリー
327.2H 94
中央 2階
細見利明著
嵯峨野書院

教育史研究の最前線
372Ky 4
中央 2階
教育史学会編
日本図書センター

世界史をどう教えるか : 歴史学の進展と教科書
375.324Se 22
中央 5階
神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会編
山川出版社

生徒の学力形成を支援する構成主義的学習指導モデルの開発
375.53Ma 68
中央 5階
増尾慶裕著
風間書房

「育ち」観からの保育者論
376.1H 23
中央 2階
浜口順子著
風間書房

大学はなぜ必要か
377.04D 16
中央 5階
学術研究フォーラム編
NTT出版

C言語ではじめる医用情報処理 : 生体情報計測と医用電子工学
492.1O 17
中央 2階
小高知宏著
オーム社

ナノメディシン : ナノテクの医療応用
492.8N 48
中央 2階
宇理須恒雄編
オーム社

基礎製図 第4版
501.8O 66
中央 2階
大西清著
理工学社

ヨーロッパの都市はなぜ美しいのか
518.8Sa 66
中央 2階
佐野敬彦著
平凡社

「子供の森」計画 : 親子で読む環境問題
519.8Ko 21
中央 2階
オイスカ編著/清流出版株式会社編集・制作
オイスカ

宮大工西岡常一の遺言
521.81Y 48
中央 5階
山崎佑次著
彰国社

図説やさしい建築材料
524.2Ma 81
中央 2階
松本進著
学芸出版社

環境建築ガイドブック
525.1Ka 56
中央 2階
日本建築家協会環境行動委員会編
建築ジャーナル

電波工学 (電気・電子系教科書シリーズ:24)
540.8D 5824
中央 2階
松田豊稔, 宮田克正, 南部幸久共著
コロナ社

なぜ、日本が太陽光発電で世界一になれたのか 第2版 (NEDO books)
543.8N 59
中央 2階
「NEDO books」編集委員会編
新エネルギー・産業技術総合開発機構

祈りのかたち : 甲斐の信仰 : 山梨県立博物館開館一周年記念特別展
702.1951I 56
中央 5階
山梨県立博物館編集
山梨県立博物館

芸術家とデザイナー
704Mu 32
中央 5階
ブルーノ・ムナーリ [著]/萱野有美訳
みすず書房

木喰展 : 生誕二九〇年 : 庶民の信仰 : 微笑仏図録
718.3Mo 21
中央 5階
神戸新聞社

北斎と広重 : ふたりの冨嶽三十六景
721.8H 82
中央 5階
山梨県立博物館編
山梨県立博物館

IAAF世界陸上2007大阪大会報告書
782A 24
中央 5階
読売新聞大阪本社編
IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会

IAAF世界陸上2007大阪大会写真集
782A 24
中央 5階
読売新聞大阪本社編
IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会

物語編集力 : 人を動かす。仕事をつくる。 : 母型要約連想3000字
901.307Mo 35
中央 5階
木村久美子企画編集/イシス編集学校執筆構成
ダイヤモンド社

伸び支度 : 名作に描かれた少年少女
910.26N 91
中央 5階
古澤夕起子, 辻本千鶴編
おうふう

横光利一と小説の論理
910.268Y 77 Y
中央 5階
山本亮介著
笠間書院

北原白秋 : 象徴派詩人から童謡・民謡作家への軌跡 (新典社研究叢書:191)
911.52N 34
中央 5階
中路基夫著
新典社

明治の文人たち : 候文と言文一致体 (日本近代文学館資料叢書:第2期. 文学者の手紙:1)
915.68B 891
中央 5階
夏目漱石他著/日本近代文学館編
博文館新社

2008年4月16日水曜日

雑誌のOPAC表示

 ごめんなさいです!!!!!

 本当に、ごめんなさい!

 雑誌のOPAC表示なんですが、違っているものがあるようです。。。


 以下、言い訳。


 3月末に、図書館内の資料の移動を行いました。

 大学紀要や新聞などを5階Fブロックに移動したことで、4階の雑誌書庫にスペースができ、そのスペースには、4階の開架コーナーの雑誌のうち、数タイトルを抜粋して移動をしました。

 その、開架コーナーから、雑誌書庫に移動した雑誌のOPAC表示がまだ修正できていないのです。。。

 雑誌の係に、急ぎOPAC表示の変更をするよう依頼しています。

 でも、間に合わないこともありますよね。

 図書館のカウンターにおたずね下さい。

 いっしょにお探しします!


 そして、もし、気が付いたならば、OPAC検索をして4階開架にあることになっているのに、雑誌が見あたらない、と思ったら、雑誌書庫も見て下さい。

 そして、OPAC表示が間違っていること、是非、図書館員にお知らせ下さい。

 そういうものから、順次データの修正をしていきたいと思います。

 大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2008年4月15日火曜日

PS分科会引き継ぎ会

 昨日は、大学を15時頃出させていただき、慶応義塾大学三田メディアセンター内にて行われたパブリック・サービス研究分科会(PS分科会)の引き継ぎ会に行ってきました。

 昨年まで、ずっとPS分科会のことについては、研究会のたびにブログで報告して参りましたが、それも、今年3月にて終了し、この4月から、新しいメンバーで構成された研究会が開始します。

 この会は、独自の運営のみではなく、私立大学図書館協会(私図協)の研究分科会の一つとして活動をしているので、活動については、逐一母体である私図協と連絡を取りながら運営しています。

 そういった事務的な手続きなどの引き継ぎを昨日はしてきました。


 新メンバーは、それはまた、フレッシュなメンバーで、意気揚々とした雰囲気が漂っていました。

 私はPS分科会では合宿の担当をしていたので、その業務について、新しく担当となった若いお2人に引き継ぎを行いました。

 私図協との文書のやり取りは、基本的には、代表が行うので、その資料作りをするにあたって、基本的な流れを説明しました。

 私図協のマニュアルがあるので、それに従えば、ほぼOK。

 あとは、友人どうしで旅行に行くように、泊まるところを確保し、食べ物を確保しさえすれば、なんとかなる。

 人間食べ物ないと、やっぱりイラつきますからね。。。

 なんて、いい加減な引き継ぎだったような気もしますが、若い2人にはご理解をいただいたようで、つつがなく、引き継ぎ終了!

 1年間抱えていた書類を新担当者に渡し、肩の荷を下ろしました。(←なんて、それほど肩の荷、重かったわけじゃないのですが。。。)

 他に、会計担当や旧代表もつつがなく、引き継ぎを終え、新メンバーの懇親会に、私も参加。

 会場移動の途中、旧担当者から、とにかく、代表と合宿は大変だよね。。。との一言。。。

 聞こえたことで、びびってしまったかもしれませんが、合宿は、その時過ぎれば後は悠々自適!

 そんなに大変なことはないですよ、と思っているのは私だけかもしれません。

 きっと、私がお気楽な分、パートナーは大変だったのかもしれませんね。


 なんにしても、代表をはじめ、新運営委員の方々には、がんばっていただき、会を盛り上げていただきたいなと思います。


 懇親会の中でも、一人一人の自己紹介が行われました。

 みなさん、様々な経歴をお持ちで、個性的!

 今後の展開がますます楽しみなPS分科会です!


 私はここで卒業となりますが、引き続き、支援をしていきたいと思います。

 何かお手伝いできることありましたら、遠慮なくおっしゃっていただきたいなと思います。


 最後に、うれしい、お知らせ。

 新メンバーの中に、このブログ読者を発見!

 読んでくれてありがとう!!!!!感謝!

2008年4月14日月曜日

譲り合い。。。

 今日は、授業が始まって、はじめての月曜日、今日から、本格的に授業開始の学生さんが多いようですね。

 午前中から、図書館内もにぎわっております。


 今年は、はじめて、この世田谷キャンパスに、政経学部・法学部・文学部の1年生・2年生もやってきています。

 今までの、在校生も含め、この中央図書館の利用対象者数はたいへん増えました。

 けれども、今まで中央図書館に来ていた方々にはわかると思うのですが、中央図書館の中、閲覧机とか、椅子とか、ちっとも増えていないですよね。。。

 そうなんです。。。

 増えていないんです。。。


 当然、今までより、座席の狭隘化が発生すると思います。

 でも、今まで見てきた感じで言うならば、全席埋まってしまったこと、ないです。。。

 たとえば、6人掛けの閲覧机に、2人で座っていたり、ボックスタイプの4人の閲覧机に1人だったり。。。

 つまり、全席空いているブースはないかもしれないけれど、合席すれば座れると思われます。

 これからは譲り合いをしてほしいと思います。

 自分が座った隣の椅子を、荷物置きにするのはやめましょう。

 もちろん、足をかけたり、横になったりするのもやめましょう。


 PCの場所取りもご遠慮願います。

 PCの方が、実は、図書館内の端末は利用対象者数の割に少ないかもしれません。

 それは、梅ヶ丘校舎の方に端末室ができたために、キャンパス内の総数では増えています。

 でも、図書館での調べ物をするPCは増えていませんので、場所取り、目的外使用、やめましょう。


 新学期早々、口うるさいことを書いてしまいましたが、みなさんで気持ちよく図書館を使ってもらいたいと思います。

 みんなで、譲り合いの気持ちをもって、ご利用になって下さい。

 よろしくお願いいたします。

2008年4月13日日曜日

春をお届け・・・


椿



つつじ


かいどう


 今日、うちの庭で見つけた春です。。。

 心がやすらぎますね。。。

2008年4月12日土曜日

梅ヶ丘校舎地下1階の食堂


 今日は土曜日で学生が少ないこともあり、梅ヶ丘校舎の地下1階の食堂にお昼を食べに行きました。


 初めてだったのですが、なかなか雰囲気の良いところでした。


 地価といっても、サンテラスの光が十分に差し込み、明るいフロアです。


 今日は、鶏肉ときのこのクリーム煮定食をいただきました。


 味は良かったです。


 ただ、ちょっとアツアツではなかったのが、残念かな。。。


 おみそ汁のお椀もちょっと小さいような。。。



 でも、メニューは日替わりの定食が3種類というのは、うれしいですね。


 そのほか、丼物やカレー、そば・うどんなどの定番メニューもありました。


 (今日は定食と野菜カレーとどっちにしようか迷いました。。。)



 そして、なんといっても、作りがカフェテリア風なのがおしゃれです。



 学生が多い時にはどのくらいの混雑具合なのか、わからないけれど、ここも学生が集まりそうな場所になりそうです。

休暇貸出の返却日です。

 昨日から、国士舘大学附属図書館は通常開館になっています。

 中央図書館の開館時間は以下の通りです。

  平日 8:40~21:20
  土曜 8:40~19:20

 さて、今日は、1月末より開始した休暇貸出の返却期限です。

 今日までに返却いただかないと、延滞になっちゃいます。

 延滞になると、ペナルティ(ワッキーとヒデじゃないですよ~~寒!)ということで、延滞している本があるうちは別の本を借りることができません。

 延滞本を返したその日まで、貸出ができないです。

 つまり、延滞本を返した、その日のうちに別の本を借りることができません。

 延滞本を返した翌日から借りることができます。

 気をつけて下さい。


 ついでに言うなら、今日の閉館後に返却ポストに返却した本も、次の開館日の処理になるので、(つまり今日なら、土曜日なので、次の開館日は月曜日ということです。)その日までペナルティで借りることができません。

 まあ、要するに期限内にきちんと返却するのが一番良いですね。

 今年度からは、梅ヶ丘校舎ができたこともあり、中央図書館の利用者も増えることと思います。

 みんなでルールを守って、みんなで気持ちよく図書館を使いましょう。

 みなさんのご協力をお願いいたします。

2008年4月11日金曜日

図書館オリエンテーション資料up!

 思ったより、時間がかかってしまいましたが、、、

 今日、昨日まで行っていた国士舘大学附属図書館 中央図書館のオリエンテーションの資料を、オリジナルデータベースkissにupしました。

 URLは、以下の通りです。
 http://libw01.kokushikan.ac.jp/RING/data/1000591/0000/registfile/oriten.ppsx


 今回、オリジナルデータベースに登録する前に、普通に、図書館のサーバーにupして、ホームページからリンクを貼ろうとしたのですが、できませんでした。

 なぜなんだか、よくわからないのですが、いろいろなホームページで、パワーポイント資料のホームページへのupの仕方を探してみると、どうも、パワーポイント資料への直接のリンクは、データが大きくてできないようです。。。(専門的なことはよくわからないのです。ホームページの書き込みみたいなので見ただけなのです。。。)

 パワーポイント資料をwebページとして保存することもできますが、最初のファイル状態を保ってくれない部分もあり、なかなかうまくいきません。。。

 そんなこんなで四苦八苦していたところ、先輩が、「kiss」に登録したら?と一言。

 そうか。。。

 そうだった。。。

 図書館員が、本学オリジナルデータベースkissをここで活用しなくてどうする!?

 ということで、kissに登録!

 kissのすぐれているのは、こういうところですね。

 ファイルの形式を問わず、丸ごと飲み込んでくれるように簡単にupできちゃう!

 まあ、パワーポイント資料に貼ったリンクはすべて貼り直しをする必要があったのですが、それでも、それは大した手間ではありません。

 それで、無事、up作業、完了!


 国士舘大学に所属のみなさんなら、Personal kissという形で、ご自分のファイルをkissサーバーに置くことができます。

 kissサーバーに置いておけば、インターネットに接続した環境があれば、いつでもそのファイルを見ることができます。

 Personal kissの使い方も、オリエンテーション資料から見ていただくことができます。
(上のURLをクリックするとパワーポイント資料が起ち上がります。スライドショーにしてみていただくと、パワーポイント資料から様々な動画へ進むリンクがあります。)

 興味のある方は、お試し下さい!

2008年4月10日木曜日

オリエンテーション残り1回

 世田谷区のホールを借りてのオリエンテーションも、残すところ後1回となりました。

 今日は、あいにくのお天気になってしまいました。

 オリエンテーション、授業じゃないし、出るのいやだな~、なんて思っていませんか?

 でも、オリエンテーションでは、大学生活において大切なお話がたくさんあります。

 一生懸命聞いて、これからの生活に役立てていただきたいなと思います。


 さて、昨日、今日を通じて、大方の新入生とはオリエンテーションで顔を合わせることができたと思います。

 そんな中、オリエンテーションでは残念な光景も見受けられました。

  お友達とおしゃべり

  携帯電話での通話

  居眠り

 残念です。。。

 オリエンテーションを実施している私たちが一生懸命やっているから、聞いてほしいではないのです。

 これからの皆様方のことを思うから、この時間を設けてお話をしているのです。

 そして、きちんと真面目に聞いている方もたくさんいます。

 この方たちは、これからの大学生活で必要な情報を聞き漏らすまいと、懸命に聞いています。

 こういう方たちの邪魔になるような行為はいけません。。。

 そして、何より、自分のためにならないです。。。


 オリエンテーションの中では、皆様方に苦言を言う方もいましたね。

  「静かに聞きなさい。」

  「人が話をしている時は聞く姿勢を取る。」

 皆さんのことを思うからの一言です。


 残り1回、文学部の1年生対象のオリエンテーションがあります。

 是非、最後まで、大事なことを聞き漏らさないよう、聞いて下さい。

 そんな皆様方のサポートを、私たちは懸命にいたします。

2008年4月9日水曜日

今日・明日区民会館にて新入生のオリエンテーション

 今日は、昨日と打って変って良いお天気です。

 春らしい暖かな日差しが図書館の中にも差し込んできています。


 さて、今日と明日、国士舘大学の新入生のためのオリエンテーションが世田谷区の区民会館で行われます。

 今日 午前 体育学部  午後 政経学部
 明日 午前 理工学部・法学部  午後 文学部


 学長の講和や学生部・生涯学習センターの説明とともに、図書館のオリエンテーションも実施します。

 新入生の皆さんは、どの話もよ~く聞いて下さい。

 今後の学生生活に役に立つ情報が満載です。

 図書館でも、図書館のいろはの「い」の字から説明します。

 ここで、お話を聞いていただくだけでも、聞かなかった方とくらべて、図書館利用の第一歩が大きく違うはずです。

 是非、最後まで、ご静聴願います。


 そして、今日の午前の部はすでに終了。

 体育学部の学生さんたちには、お疲れ様でした。

 これからのキャンパスライフを充実したものにして下さい。

 私たち大学構成員一同、全力でサポートして参ります。

2008年4月8日火曜日

2008/04/08新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



だれもが学べる博物館へ : 公教育の博物館学
069Ko 58
中央 3階
駒見和夫著
学文社

アリストテレスの現象学的解釈 : 『存在と時間』への道
131.4H 51
中央 3階
M. ハイデガー著/高田珠樹訳
平凡社

悪の知性
158B 28
中央 3階
ジャン・ボードリヤール著/塚原史, 久保昭博訳
NTT出版

幕末Nippon : 日米修好通商条約の光と闇 : 尊王攘夷への道 : 黄昏の大君の都
210.58B 15
中央 5階
たばこと塩の博物館企画・編
角川春樹事務所

オバマ : アメリカを変える挑戦
289.3B 21
中央 3階
マーリーン・タージ・ブリル著/本間正人訳/日本漢字教育振興会編
オーク

現代政治の理論と思想 : 現代政治学提要
311N 83
中央 2階
西川吉光著
学文社

アイゼンハワー政権の封じ込め政策 : ソ連の脅威、ミサイル・ギャップ論争と東西交流
319.53Sa 75
中央 5階
佐々木卓也著
有斐閣

憲法入門 4訂
323.14H 56
中央 5階
樋口陽一著
勁草書房

民法がわかる民法総則 第2版
324.1Ta 73
中央 2階
滝沢昌彦著
弘文堂

はじめての家族法 (First step)
324.6H 16
中央 2階
常岡史子編著 : 鈴木伸智 [ほか] 著
成文堂

刑法各論講義 第2版
326.2Ma 81
中央 2階
松宮孝明著
成文堂

刑事法演習 第2版
326Ke 23
中央 2階
平川宗信, 後藤昭編著
有斐閣

行政書士法コンメンタール 新3版
327.17Ka 53
中央 5階
兼子仁著
北樹出版

少年事件と家族の再生 : 心理臨床と司法の架け橋
327.8Ka 39
中央 2階
神谷信行著
日本評論社

国際紛争と国際法
329Ko 51
中央 2階
家正治 [ほか]共著
嵯峨野書院

ネットワーク時代の経済分析 改訂版
331.19N 58
中央 5階
小川雅弘, 品部久志, 藤川清史編
法律文化社

最新・経済地理学 : グローバル経済と地域の優位性
333.6Sa 98
中央 2階
アナリー・サクセニアン著/酒井泰介訳
日経BP社/日経BP出版センター (発売)

経済発展の政治経済学 : 地域・制度・歴史からのアプローチ
333.8G 75
中央 2階
R.グラボウスキー, S.セルフ, M.P.シールズ著/山本一巳 [ほか] 訳
日本評論社

異なっていられる社会を : 女性学/ジェンダー研究の視座
367.1Ka 44
中央 2階
金井淑子著
明石書店

ホームレスと自立/排除 : 路上に〈幸福を夢見る権利〉はあるか
368.2Sa 76
中央 2階
笹沼弘志著
大月書店

ファカルティ・ディベロプメント 学部ゼミナール編
377.15F 12
中央 5階
洞口治夫編著
白桃書房

特別支援教育の新たな展開 (学習者の多様なニーズと教育政策:続)
378Ts 39
中央 2階
柘植雅義著
勁草書房

社会教育入門
379O 26
中央 2階
大串隆吉著
有信堂高文社

同盟変革 : 日米軍事体制の近未来
392.1075Ma 85
中央 5階
松尾高志著
日本評論社

科学・技術の二〇〇年をたどりなおす (やりなおしサイエンス講座:1)
408Y 591
中央 2階
村上陽一郎著
NTT出版

モンスター銀河狩り (やりなおしサイエンス講座:2)
408Y 592
中央 2階
谷口義明著
NTT出版

基礎化学実験
432Ki 59
中央 2階
京都大学大学院人間・環境学研究科化学部会編
共立出版

地球温暖化は止まらない : 地球は1500年の気候周期を物語る
451.85Si 8
中央 5階
S・フレッド・シンガー, デニス・T・エイヴァリー著/山形浩生, 守岡桜訳
東洋経済新報社

生態リスク学入門 : 予防的順応的管理
468Ma 74
中央 2階
松田裕之著
共立出版

自殺予防マニュアル : 地域医療を担う医師へのうつ状態・うつ病の早期発見と対応の指針 第2版
493.764J 54
中央 5階
日本医師会編集/西島英利監修/神庭重信, 高橋祥友, 中村純執筆
明石書店

基礎からの衝撃工学 : 構造物の衝撃設計の基礎
501.34Ki 59
中央 5階
石川信隆 [ほか] 著
森北出版

エネルギー・環境への考え方 : その提言と問いかけ
501.6E 59
中央 2階
谷口博著作代表
養賢堂

知的財産政策とマネジメント : 公共性と知的財産権の最適バランスをめぐって
507.2Su 61
中央 2階
隅藏康一編著
白桃書房

中国のハイテク産業 : 自主イノベーションへの道
509.222H 37
中央 5階
橋田坦著
白桃書房

環境リスクと合理的意思決定 : 市民参加の哲学
519.15Sh 98
中央 5階
クリスティン・シュレーダー=フレチェット著/松田毅監訳
昭和堂

地球の掟 : 文明と環境のバランスを求めて : 新装版
519G 67
中央 2階
アル・ゴア著/小杉隆訳
ダイヤモンド社

宮脇檀旅の手帖
520.4Mi 87
中央 2階
宮脇檀 [著]/宮脇彩編
彰国社

堀部安嗣の建築 : form and imagination
520.87H 87
中央 5階
堀部安嗣著
TOTO出版

図説アール・ヌーヴォー建築 : 華麗なる世紀末 (ふくろうの本)
523.3H 38
中央 2階
橋本文隆著
河出書房新社

谷内田章夫/集合住宅を立体化ユニットでつくる
527.8Y 12
中央 2階
谷内田章夫文/谷内田章夫ワークショップ編著
彰国社

現代中国の電力産業 : 「不足の経済」と産業組織
540.9222G 34
中央 5階
田島俊雄編著
昭和堂

Core memory : ヴィンテージコンピュータの美
548.2A 41
中央 2階
Mark Richards写真/John Alderman文/鴨澤眞夫訳
オライリー・ジャパン/オーム社 (発売)

パワーエレクトロニクスノート : 工作と理論
549.8F 93
中央 2階
古橋武著
コロナ社

ディスプレイデバイス
549.9D 69
中央 2階
松川文雄編著
森北出版

ジャズの巨人たち
764.7Te 72
中央 5階
スタッズ・ターケル著/諸岡敏行訳
青土社

流行と虚栄の生成 : 消費文化を映す日本近代文学
910.26Se 99
中央 5階
瀬崎圭二著
世界思想社

小説の設計図 (メカニクス)
910.264Ma 26
中央 5階
前田塁著
青土社

万葉集校注拾遺
911.124Ku 17
中央 5階
工藤力男著
笠間書院

雨の時の図書館




 おはようございます。




 昨日の夜から、激しい雨が降り続いていますね。。。




 図書館おばさんTは、今日は長靴をはいてきましたよ。




 いつもの皮靴ではちょっと、かわいそうな感じの激しい降りです。




 それに、風も強いですね~~~!




 前に、ビニール傘の、傘の部分がぜーんぶとれてしまうほど、風にあおられてしまったことがありましたが、今日もその二の舞になりそうなほどの強風でした。。。




 今日は、ビニール傘じゃなくってお気に入りの傘だったから、そんなことになりたくない!と必死に傘にしがみついて、風をよけながら出勤してきました。






 と、雑談が長くなってすみません。






 今日の本題は、今日のような雨の日に、みなさん持っているだろう傘を、国士舘大学附属図書館 中央図書館に入るとき、どうしたらよいのか、ということをお話しします。




 前にも、一度書いたような気もしますが、新年度の始まりですし、あらためてご紹介です。




 まず、中央図書館の入口に【傘ぽん】という、濡れた傘を入れるためのビニール袋を設置しています。(1枚目の写真です。)




 使い方は簡単です。




 足もとのペダルを踏んで下さい。




 傘ぽん上部の方に、ビニール袋が口をあけて、傘が入ってくるのを待っていますので、そこに、傘を差し込みます。




 ビニール袋の奥まで、傘を差し込めたら、傘を手前に引いて下さい。




 傘が収納されて出てきます。






 そして、中央図書館では、そのまま、傘を持ってもらったまま入館してもらっています。




 入館後は、各閲覧机脇に設置されている、傘立てに差し込んで下さい。(2枚目の写真です。)




 変わった形していますけど、傘立てなんです。






 くれぐれも、濡れたままの傘を、そのままの状態で、持ち込まないで下さい。




 図書館に置いてある資料は、水にはとっても弱いです。。。






 今日は、濡れるだけで済むかもしれませんが、後日、蒸し暑い曇りの日などに、その濡れた資料は、【カビ】が繁殖する恐れがあります。。。




 【カビ】が繁殖すると、そのカビを食べる微生物が発生し、カビのくっついた紙ごと食べられてしまい、穴のあいた資料となります。。。




 ちょっと気色の悪い話になってきましたが、そういうことになりかねないので、濡れた傘は袋に入れて、持って入って下さい。




 最近は、My 傘袋を持っている方もいらっしゃるようですね。




 ビニール袋も大切な資源ですから、My 傘袋、お持ちの方は、是非使って下さい。






 ついでに、また口うるさい話ですが、、、






 図書館の資料は水に弱い、それは、飲み物などをこぼしても同じです。。。




 飲み物では、甘い成分も一緒に資料に残りますから、もっともっと多くの虫たちが、資料によって来て、その資料を食べつくします!




 飲み物の持ち込み、お気をつけください!

2008年4月7日月曜日

ずれています!

 新年度があけて、図書館への来館者もだいぶ増えてきました。

 たぶん、1月末から、国士舘大学附属図書館へ来ていなかった、という方も大勢いると思います。

 さて、ここ数日、中央図書館に来る利用者の方々に言われることで多いのが、

 「今まで、あったところに、本がない!」

 ということです。


 実は、ブログでも何度か書いたように思うのですが、2月・3月の間、中央図書館の図書の再配置をしておりまして、本の場所が移動しています。

 大きく、変わったのは、次の通りです。

 ①大学紀要 4階雑誌書庫 → 5階Fブロック

 ②新聞原紙 4階雑誌書庫 → 5階Fブロック(1階新聞コーナーはそのまま)

 ③新聞縮刷版 5階Bブロック → 5階Fブロック

 ④衆議員や参議院の会議録 5階Aブロック → 5階Fブロック

 ⑤3階請求記号700~800番代の一般図書 → 5階Dブロック

 ⑥2階請求記号323~329番代の一般図書のうち古い本を抜粋 → 5階B・Dブロック


 以上の、資料は、完全に所在が変わっていますので、合わせて、OPACの表示も変更しています。

 そして、それ以外の資料。。。。

 基本的にはOPACの表示が変わらず、所在変更が行われていない資料も、

 「今まで、あったところに、本がない!」

 と言われます。。。


 これは、本の置き場所が、ずれたんです


 たとえば、3階の図書では請求記号700~800番代の図書を5階に動かしたので、700~800の棚が空きました。

 そして、残った図書、請求記号000~200、900でならしましたので、当然、今まであった棚から本がずれています。

 でも、基本的には、本の並びは変わりません。

 請求記号がわかれば、その順番に並んでいます。

 同じような例は、5階でもあります。

 5階は、今まで、B・D・Fブロックを使って請求記号000~900の一般図書を並べていました。

 しかし、今回の移動で、Fブロックを一般図書ではない、大学紀要や新聞などにしましたので、一般図書の000~900はB・Dの2ブロックに集約されました。

 当然、図書の置いてある場所がずれています。

 2階も抜粋して図書を抜いて、その分ならしたので、若干ずれています。

 でも、これらは基本的には所在変更ではなく、ずらしただけですので、いつものところにない!と思ったら、OPACを検索してみて下さい。

 所在と請求記号を確認して所定の位置に行ってみて下さい。

 きっと、あるはずです。

 もちろん、なかったら、図書館員に言って下さい。

 探します。

2008年4月6日日曜日

相模原市の桜祭り


 図書館おばさんTの地元では、4年に3回、市役所前の大通りを車両通行止めにして、大規模な桜祭りが開催されます。


 4年に3回、というのは、4年に1回は、地方選挙が行われるため、この時期のお祭りが無理ということで、5月に青葉祭りとなるからです。


 今年は、桜祭りでした。


 実は、昨日、午後、お休みをいただいて、このお祭りに行ってきました。


 桜祭りというくらいですから、桜がとってもきれい!


 まあ、もちろん、お祭りの時期に、桜がぴったり見ごろか?というと、そうじゃない年もあります。


 今年も、おそらく、一週間前の開催なら、桜も一番の見ごろだったかもしれません。


 でも、それでも、昨日もまだ桜は十分に残っていたし、風が吹くたびに、ハラハラと舞い落ちる、桜の花びらはとってもきれいで、まさに、《桜吹雪》でした!


 車両通行止めにされる、市役所前の大通りは、かなり大きな通りで、その通りには、桜の木がずーっと並んで植えられています。


 国道16号線の相模原警察署のある角を出発点に、直角に交差点3つか4つくらいまで通行止めになります。


 何メートルくらいあるのかな?


 その相模原警察署から、市役所のあたりまでは、市などの催し物が実施される場所になっていて、パレードが行われたり、子供の広場があったり、敷物を敷いて花見をする方などがいます。


 さらに、その先に進むと、露店が並び、定番のたこやきややきそば、お好み焼き、とうもろこしなどが、道路の左右にびっしり並んでいます。


 午後3時半ごろは、神奈川県警のマーチングバンドによる、演目が大きな交差点のど真ん中で行われました。


 図書館おばさんTは、この演目が結構好きなんです。


 トランペットやチューバ、大太鼓・子太鼓などの楽器をもった方々が、隊列を揃えて、様々な形に変形して動き、それに合わせて、大きな旗をもった女性のグループが、その旗をバトンのように回したり、投げあげてキャッチしたり、、、


 この人たちの、呼吸がぴったりあったのを感じたとき、とっても感動してなんだか、涙があふれてしまいました。


 人のエネルギーを感じるのかな?


 大勢の力ってすごいですね。


 見る人たちも、圧倒されていました。


 とにかく、どの通りも人がいっぱいで、大盛況でした。


 この桜祭りは今日まで、行われています。


 地元民自慢のお祭りです。


 お近くまでいらしたかたは、是非、お花見などなさって見て下さい。

2008年4月5日土曜日

春眠暁を覚えず

 今日は土曜日ということもあり、通勤電車がすいていたので、座って居眠りをしていたら、何を勘違いしたか、小田急線の新百合ヶ丘駅と思って降りたところが、見も知らぬところ。。。

 はてさて?

 どこに、迷いこんだものか?


 あわてて、自分が乗ってきた電車を見返ると、各駅停車の新宿行き。

 とりあえず、もう一度、同じ電車に乗り込み考える。。。

 あれ、町田で急行に乗ったつもりが。。。

 いつも、土曜日は、町田で急行に乗って、新百合ヶ丘駅で各駅停車に乗り換える。

 最後乗り換える各駅停車はこれだから。

 ということは、知らぬ間に、乗り換えたのか?


 春眠暁を覚えず。。。

 春の陽気の良さに、ここちよく、うつらうつらしていたら、乗り過ごしはしなかったけど、知らぬ間に乗り換えていた!?

 こういう乗客がきっと、スリとかにあっても、気がつかないのだろう。。。

 と自分のことながら、他人事のように、あぶないなぁ。。。なんて思ってみたりする。。。



 ちなみに、「春眠暁を覚えず」は、中国の詩人孟浩然の「春暁」の一節です。

 使い方が、図書館おばさんTの使い方が間違っているといけないので、以下に『唐詩選』「新釈漢文大系」より白文・書き下し文・通釈を記載します。

  春眠暁不覚 處處聞啼鳥
  夜来風雨聲 花落知多少


 【書き下し文】
  春眠暁を覚えず。處處啼鳥(しょしょていてう)を聞く。
  夜来風雨の聲。花落つること 知んぬ 多少ぞ。

 【通釈】
 春はねむい季節で、夜明けも知らず、うつらうつらとしていると、あちこちで鳥の囀る声がきこえる。
 もう朝になったのだろうか。そう言えば、昨夜は、雨風がだいぶ烈しかったようだが、花はどのくらい散ったことであろう。

2008年4月4日金曜日

理工学部新入生の見学会、無事終了。

 理工学部新入生の見学会は、無事、終了しました。

 のべ、400名近い新入生が、中央図書館の中を見学して歩きました。

 今度は、図書館の利用者として戻ってきてくれることを期待します。

 また、今日、図書館をご利用の皆様には、ざわざわとお騒がせしましたことお詫び申し上げます。

 ご協力ありがとうございました。

理工学部の見学会実施中!

 またまた、すみません。

 今日の午前中、理工学部の新入生を対象とした図書館の見学会を行っています。

 利用者の方には、ご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくご理解とご協力願います。

入館ゲート直りました

 昨日は、大変ご迷惑をおかけしましたが、中央図書館の入館ゲートが直りました。

 原因の1つは、カードデータの読み取り桁数が間違ってしまっていたです。

 この点は修正しましたので、大丈夫かと思います。

 そして、もう1つの原因は、学生証自体に不備のあるものも数点あるようです。

 もし、入館ゲートが開かない場合がありましたら、その原因が考えられます。

 案内カウンターにいるスタッフにお声をおかけ下さい。

 残念ながら、図書館で学生証の不備を直すことができないのですが、原因を突き止めて対処したいと思います。

 本当にご迷惑をおかけしました。

2008年4月3日木曜日

梅ヶ丘校舎10階のスカイラウンジにて




 今日は、世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎の10階スカイラウンジにて、お昼を食べてきました。


 まだ、新しいし、学生もオリエンテーションでたくさん来ているので、13時過ぎにいっても、けっこう混んでいました。


 今日は、「イカ墨ライス」をいただいてきました。


 上の写真がそうです。


 味も良かったです!


 とにかく、ここは眺めがよくって、すがすがしいですね。


 都庁から六本木ヒルズまでよく見えます(お天気が良ければ。。。)。


 中央図書館から、もう少し近ければ、お昼に気分転換に行きたいなと思うのです。。。

入館ゲート故障???

 大変なことになっています。。。

 入館ゲートが故障です。。。

 不思議なことに、大学生さんが入れない状態になっています。。。

 教職員、公開利用者はゲートがきちんと反応します。。。

 図書館庶務課で対応中です。。。

 ご迷惑をおかけします。

2008年4月2日水曜日

図書館のホームページリニューアル!

 昨日、入学式を終えて、今日から、世田谷・梅ヶ丘キャンパスに続々と新入生が登校してきています。

 今年度から、文学部・法学部・政経学部が世田谷・梅ヶ丘キャンパスでの一貫教育となったため、多くの学生たちが集まっています。

 さて、国士舘大学梅ヶ丘キャンパスが開校したのに伴い(というわけでもないですが)、国士舘大学のホームページがリニューアルしました。

 それこそ、それに伴い、図書館のホームページもリニューアルです!

  http://www.kokushikan.ac.jp/research/library/index.html

 URLが変わっていますので、今までお気に入り等に登録してくれていた方は、登録をしなおしていただくようお願い申し上げます。

 大学のホームページのURLは変わりないです。

 図書館の既存のホームページも、新しいホームページに徐々にリンクを貼り直していきます。

 最初、ちょっと戸惑うかもしれませんね。

 今までは、ここから行けたのに、、、みたいに。。。

 でも、わからない場合は、図書館員にお尋ねいただいてかまいませんので、どんどん聞いて下さい。

 少しでも使い良くなっていればいいのですが。。。

 使いづらいなどの、苦情もどうぞ、お寄せ下さい。


 なんだか、暗い案内になってしまいそうですが、

 年度も変わり、キャンパスも変わり、ホームページも変わり、心機一転、今年度もスタートです!

2008/04/02新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書のご案内です。



計算論 (コンピュータサイエンス教科書シリーズ:16)
007.6Ko 6716
中央 3階
小林孝次郎著
コロナ社

数理計画法 (コンピュータサイエンス教科書シリーズ:19)
007.6Ko 6719
中央 3階
加藤直樹著
コロナ社

雑誌をデザインする人と現場とセンスの秘密
051F 62
中央 3階
藤本やすし著
ピエ・ブックス

雑誌デザインの潮流を変えた10人
051F 62
中央 3階
藤本やすし著
ピエ・ブックス

理解のための手引き (テキスト臨床心理学:別巻)
146.08Te 316
中央 5階
下山晴彦編著
誠信書房

遺跡が消える : 研究と保存運動の現場から (歴研アカデミー:7)
210.02I 69
中央 5階
歴史学研究会編集
青木書店

古記録と日記 上巻
210.088Ko 431
中央 5階
山中裕編
思文閣出版

古記録と日記 下巻
210.088Ko 432
中央 5階
山中裕編
思文閣出版

広告・ビラ・風刺マンガでまなぶ日本近現代史
210.6Ko 44
中央 3階
渡辺賢二編
地歴社

完訳三国史記 上
221.035Ki 411
中央 5階
金富軾著/金思燁訳
六興出版

完訳三国史記 下
221.035Ki 412
中央 5階
金富軾著/金思燁訳
六興出版

広開土王碑文の研究
221.035Sh 85
中央 5階
白崎昭一郎著
吉川弘文館

王子・滝野川と渋沢栄一 : 住まい、公の場、地域 : 企画展
289.1Sh 21
中央 3階
渋沢栄一記念財団渋沢史料館編集
渋沢栄一記念財団渋沢史料館

スティーブ・ジョブズ : 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
289.3J 56
中央 3階
林信行著
アスキー

アメリカのビジネスマンが読む日本
302.1A 44
中央 2階
ランダムハウス講談社編/竹林卓, 辰野尚司訳
ランダムハウス講談社

合衆国再生 : 大いなる希望を抱いて
302.53O 11
中央 5階
バラク・オバマ著/棚橋志行訳
楓書店/ダイヤモンド社 (発売)

せめぎあう構造と制度 : 体制変動の諸相
312Se 52
中央 2階
伊東孝之編
正文社

ユダヤ人とイギリス帝国
316.88W 47
中央 5階
度会好一著
岩波書店

憲法の現代的意義 : アメリカのステイト・アクション法理を手掛かりに (比較社会文化叢書:12)
323E 63
中央 2階
榎透著
花書院

要約離婚判例151
324.62Mo 83
中央 5階
本橋美智子著
学陽書房

成年後見読本
324.65Ta 98
中央 5階
田山輝明著
三省堂

会社経営と取締役の責任 : アメリカ会社法の研究を中心として 第2版
325.953Ka 36
中央 5階
亀山孟司著
成文堂

グローバル経営と戦略的クオリティ・マネジメント : 日本発のグローバル・オペレーションズ・マネジメント (中京大学総合政策研究叢書:No.2)
335.5Mi 72
中央 2階
宮川正裕著
中京大学総合政策学部/同文舘出版 (製作)

広がる中流意識 : 1971-1985 (リーディングス戦後日本の格差と不平等:2)
361.8R 372
中央 2階
原純輔編著
日本図書センター

デートDVってなに?Q&A : 理解・支援・解決のために
367.1D 65
中央 2階
日本DV防止・情報センター編著
解放出版社

知っていますか?子どもの虐待一問一答 第2版
367.6Sh 92
中央 2階
田上時子編著
解放出版社

大教育者のことば : 偉人たちの残した金言名句99
370.4I 55
中央 2階
井上久雄著/川口雅昭訳編
致知出版社

カントに学ぶ教育・臨床の人間学
371.234Y 24
中央 5階
山口豊一著
図書文化社

教職の意義と教員の職務 第3版 解説資料
374.35Sh 66
中央 5階
篠田信司著
三省堂

保育指導法 : 幼児のための保育・教育の方法
376.11H 81
中央 5階
師岡章編著/請川滋大 [ほか] 著
同文書院

植物誌 1 (西洋古典叢書:[G-056])
472Th 31
中央 2階
テオプラストス [著]/小川洋子訳
京都大学学術出版会

認知症の新しい家庭介護 (シリーズ認知症と向き合う:1)
493.758Sh 881
中央 5階
NHK福祉ネットワーク編
旬報社

生態系に学ぶ次世代環境技術 : 自然の叡智
519Sh 51
中央 2階
下平利和著
ほおずき書籍/星雲社 (発売)

石油価格はどう決まるか : 石油市場のすべて
568.09A 43
中央 5階
甘利重治, 山岡博士執筆/河村幹夫監修
時事通信出版局/時事通信社 (発売)

文字を読ませる広告デザイン : The power of words in advertising design 2
674.3Mo 192
中央 5階
ピエ・ブックス

コスメパッケージ&ボトルデザイン
675.18Ko 89
中央 5階
ピエ・ブックス

デザインの本の本
727D 69
中央 5階
秋田寛編
ピエ・ブックス

雑誌をデザインする集団キャップ
727F 62
中央 5階
藤本やすし, CAP著
ピエ・ブックス

お礼の手紙・はがき文例集 : 決定版!
816.6Ts 87
中央 5階
鶴田顕三著
日本文芸社

天声人語 : 英文対照 第150集2007秋
837.4Te 37150
中央 5階
朝日新聞論説委員室編/英文朝日訳
原書房

絶対の冒険者たち (叢書・ウニベルシタス:884)
902.05To 18
中央 5階
ツヴェタン・トドロフ著 : 大谷尚文訳
法政大学出版局

2008年4月1日火曜日

入学式


 国士舘大学の入学式、無事、終了いたしました。

 新入生たちは、緊張した面持ちで、会場に集まり、静かに式は始まりました。

 国歌斉唱
 学長の挨拶
 理事長の挨拶、
 新入生の言葉
 在校生の言葉
 館歌斉唱

 式次第はつつがなく、進みました。

 館歌は、残念ながら、新入生のみなさん初めてでしたでしょうから、あまり歌声を聴くことはできませんでしたが、4年後、卒業式の時には、みんなで声を揃えて歌えるといいなと思いました。

 つまり、みんなでそろって、卒業できるよう、4年間、がんばっていただきたいなと思います。

 そして、去年は座席がなくって、座ることのできなかったご父兄がたくさんいらっしゃいましたが、今年はあらかじめ、ロビーに座席を用意し、脇の控え室にも座席を用意して、概ね座ることができたようです。

 それでも、2階席、3階席に行くと、立ち見の方がいらっしゃいました。

 座席の問題は、次年度以降の課題として残りました。。。


 さて、明日から、いよいよみなさん、国士舘大学への通学が始まります。

 しばらくはオリエンテーションとなると思いますが、このオリエンテーションをきちんと受けて、これからの4年間を充実したものにできるよう、模索していただけたらいいなと思います。

 図書館でも、オリエンテーションを行います。

 4年間の学習・研究活動になくてはならない図書館です。

 ちょっと図書館の使い方を聞いていただくだけで、聞かないよりずーっと便利に図書館を使っていただくことができると思います。

 是非、聞いてください。

 それでは、明日以降、図書館でお会いできるのを楽しみにしております。

ご入学、おめでとうございます。

 今日、4月1日は、国士舘大学の入学式があります。

 パシフィコ横浜にて、午後2時より、挙行されます。


 今日は、新入生にとっては、新しい大学生活のスタート、卒業生たちも、入社式を向かえ、新社会人生活をスタートさせるなど、それぞれが新しいスタートをする日ではないかと思います。


 国士舘大学附属図書館も、今日からスタート、といきたいところですが、今日は入学式の支援などにあたるため、図書館は休館です。

 明日から、新入生の皆様をお迎えすべく開館いたしますので、どうぞ皆様そろって、ご来館下さい。

 図書館員一同心よりお待ち申し上げております。