2008年7月31日木曜日

補講期間

 昨日から、世田谷キャンパスは補講期間となっています。

 昨日も今日も午前中の図書館への来館者は少なかったのですが、午後になると、ちょっと人手が出てきます。

 いつもの補講期間より利用者が多いような気がするのは、梅ヶ丘校舎ができて、政経・法・文学部の1・2年生が中央図書館を利用するようになったことと、麻疹による休校の影響もあるのでしょう。

 さて、補講期間中も中央図書館は通常通りの開館をしています。

 夜は21:20分まで開館していますので、ゆっくりご利用下さい。 

 中央図書館は8月9日(土)まで通常開館しています。

  平  日 8:40~21:20
  土曜日 8:40~19:20

 

2008年7月30日水曜日

仕事はなくても人手がいる!?

 図書館とは不思議なところです。。。

 たとえ、仕事がなくても人手がいるのです!


 来週から、鶴川図書館・多摩図書館は学生の夏休みに併せて、開館時間が短くなります。

 中央図書館は、麻疹による休講があったため、1週間遅れで、開館時間が短くなります。

 職員の勤務体系も開館時間の短縮と併せて、夏休みの交替勤務となります。


 この交替勤務をするにあたって、考えなければならないのは、中央図書館を、いつもより短時間とはいえ開館するにあたり、何人のスタッフが必要になるかということです。

 前にも交替勤務に関する記事を書いたと思うので、あまりくどい言い訳はしないようにしたいと思いますが、私たち職員は通常勤務の時、基本的にはカレンダー通りのお休みと言うことで、一般企業のように週休2日で休みをいただいていません。

 ささやかながら、この夏休みの交替勤務で年間の休日日数を補っていると思って下さい。(十分言い訳してます。すみません。。。)


 さて、それで、交替勤務中、学生が夏休みと言うことで、圧倒的に利用者さんの来館が減るわけですが、いつも、思われるのが、「図書館はこんなに人いらないじゃん!」ということです。

 確かに、夏休み中、本の貸出・返却のカウンターにいても、借りに来るのは、1日通して数十人。時には数人というときもあります。

 1日の入館者数をみても、数百人という入館者数。

 「案内のカウンターに人を置かなくても、貸出・返却カウンターに人がいれば、大丈夫なんじゃないの?」

 「夏休み、カウンターで暇そうにしているよね。」(これは夏休みじゃなくても、言われることがあります。。。)

 etc...


 でも、例え、1日開館していて、1人も本を借りに来なかったからといって、カウンターにだれもいなくて良かった、ということになるのでしょうか?

 そうじゃないですよね~~~!

 やっぱり、図書館を開館して利用者さんにサービスを展開するためには、たとえ、その日1日の仕事が結果としてなかったとしても、やっぱりサービスを展開するための人材は必要なんです。

 図書館のカウンターに座っている人達は、何もしていない、と思われることが多いようですが、何もしていなくても、そこにいなくちゃいけないんです。(もちろん、余計なことをしているようだったら、ご注意願います。余計なこととは、おしゃべり、読書、パソコンでインターネット等。。。)

 「仕事はなくても人手がいる。」

 そんな仕事もあるんです。



 (追記)

  またまた、誤解を生みそうなので、追記します。

  図書館員、決して、仕事がないわけじゃないんです。

  利用者さんが来館しなくても、しなければならないことはたくさんあるのです。

  みんな仕事がないわけではありません!

  

2008/07/30新着図書案内

国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書の案内です。



研究発表から論文執筆、評価、新次元の研究法まで (ライブ講義・質的研究とは何か:SCQRMアドバンス編)
002.7Sa 19
中央 3階
西條剛央著
新曜社

システム開発を見える化するマインドマップ : 6つのケーススタディから学ぶ応用例
007.61W 46
中央 5階
渡邉安夫著
オーム社

学力世界一を支えるフィンランドの図書館
010.2389G 16
中央 5階
西川馨編著
西川馨/教育史料出版会 (発売)

Q&Aで学ぶ図書館の著作権基礎知識 第2版 (ユニ知的所有権ブックス:no. 8)
015Ku 76
中央 3階
黒澤節男著
太田出版

ヴィゴツキー心理学論集
140.4V 99
中央 3階
ヴィゴツキー著/柴田義松, 宮坂琇子訳
学文社

現代臨床心理学
146G 34
中央 3階
伊藤義美編著
ナカニシヤ出版

古文書をはじめる前の準備講座
210.029Y 86
中央 5階
吉田豊著
柏書房

現代世界の女性リーダーたち : 世界を駆け抜けた11人
280.4G 34
中央 3階
石井貫太郎編著
ミネルヴァ書房

平和の地政学 : アメリカ世界戦略の原点
312.9Sp 9
中央 2階
ニコラス・スパイクマン著/奥山真司訳
芙蓉書房出版

新・情報公開法の逐条解説 : 行政機関情報公開法・独立行政法人等情報公開法 第4版
317.6U 53
中央 2階
宇賀克也著
有斐閣

法を学ぶパートナー
321H 96
中央 2階
武藤眞朗 [ほか] 著
成文堂

法の世界 : philosophy・society・culture
321Ts 82
中央 2階
角田猛之著
晃洋書房

ベーシック民法総則
324.1O 96
中央 2階
尾崎三芳著
法律文化社

総則 第3版 (新・民法学:1)
324Sh 571
中央 2階
副田隆重, 中舎寛樹, 山崎敏彦著
成文堂

刑事法総合ゼミナール
326Ke 23
中央 2階
小松進 [ほか] 共著
成文堂

裁判員のための刑法入門
327.6F 89
中央 2階
船山泰範, 平野節子著
ミネルヴァ書房

経済=統計学 : 基礎理論の理解と習得
331.19O 66
中央 5階
大西広, 藤山英樹著
昭和堂

新・ビジネス法と現代社会
335Sh 59
中央 2階
山本忠弘, 久保田富也, 田澤元章編著/井上健一 [ほか] 共著
嵯峨野書院

現代会計学入門 改訂版
336.9G 34
中央 2階
倉田三郎, 藤永弘編著/堤一浩 [ほか] 著
同文舘出版

企業社会と会計学
336.9N 39
中央 2階
中野一豊, 米田正巳著
創成社

モラル・ハザードは倫理崩壊か
339Ta 82
中央 2階
田村祐一郎著
千倉書房

対人ストレスコーピングハンドブック : 人間関係のストレスにどう立ち向かうか
361.4Ka 86
中央 2階
加藤司著
ナカニシヤ出版

ソーシャルリサーチ : キーコンセプト
361.9P 29
中央 2階
ジェフ・ペイン, ジュディ・ペイン著/高坂健次 [ほか] 訳
新曜社

労働法重要判例を読む
366.18R 59
中央 5階
唐津博, 和田肇編
日本評論社

ジェンダー学への道案内 改訂版
367.1Ta 33
中央 2階
高橋準著
北樹出版

人間形成のイデア 改訂版
370N 76
中央 2階
武安宥, 長尾和英編
昭和堂

思春期・青年期のこころ : かかわりの中での発達
371.47Sh 91
中央 5階
平石賢二編著
北樹出版

国際教育開発の再検討 : 途上国の基礎教育普及に向けて
373Ko 51
中央 2階
小川啓一, 西村幹子, 北村友人編著
東信堂

教職概論 : 教師になるには
374.3Ky 5
中央 2階
田中耕二郎, 井ノ口淳三編著
ミネルヴァ書房

生徒指導の新展開
375.2Se 19
中央 2階
岩城孝次, 森嶋昭伸編著
ミネルヴァ書房

教育実践力をつける家庭科教育法 新版
375.5Ky 4
中央 2階
多々納道子, 福田公子編著
大学教育出版

学生をやる気にさせる歴史の授業
377.15Mo 67
中央 5階
森谷公俊著
青木書店

科学者・技術者のための英語プレゼンテーション : 国際的に通用する英語表現と発表技術
407L 59
中央 2階
Robert M. Lewis著
東京化学同人

数理工学最新ツアーガイド : 応用から生まれつつある新しい数学
410Su 76
中央 2階
杉原正顯, 杉原厚吉編著
日本評論社

座標幾何学 : 古典的解析幾何学入門
414.5Ta 67
中央 2階
竹内伸子, 泉屋周一, 村山光孝著
日科技連出版社

統計学 : Rを用いた入門書
417C 91
中央 2階
Michael J. Crawley著/野間口謙太郎, 菊池泰樹訳
共立出版

非線形波動の古典解析 : ソリトン,それに続く非線形の世界
423.84O 62
中央 5階
大宮眞弓著
森北出版

基礎から学ぶ生命倫理学
490.15Mu 43
中央 5階
村上喜良著
勁草書房

ISO審査の極意
509.13H 14
中央 5階
萩原睦幸著
オーム社

モダン都市の系譜 : 地図から読み解く社会と空間
518.8Mi 94
中央 2階
水内俊雄, 加藤政洋, 大城直樹著
ナカニシヤ出版

都市再生・街づくり学 : 大阪発・民主導の実践
518.8To 72
中央 2階
大阪市街地再開発促進協議会編
創元社

先進国の環境ミッション : 日本とドイツの使命
519.1F 23
中央 2階
K.H. フォイヤヘアト, 中野加都子共著
技報堂出版

環境政策論 第2版
519.1Ku 55
中央 2階
倉阪秀史著
信山社出版

写真的建築論
520.4Sh 53
中央 2階
下村純一著
鹿島出版会

Jun Itami 1970-2008
520.87I 88
中央 5階
伊丹潤著
Hanegi Museum/主婦の友社 (発売)

はじめて学ぶ建築構造力学
524.1O 81
中央 2階
大田和彦, 藤井大地共著
森北出版

建築家の小屋 : プライベート・リトリート
527G 17
中央 2階
グスタフ・ジリ・ガルフェッティ [編] 著/岩下暢男訳
鹿島出版会

住まいの境界を読む : 人・場・建築のフィールドノート 新版
527Sh 67
中央 2階
篠原聡子著
彰国社

振動工学の基礎
531.18Sh 62
中央 5階
岩壷卓三, 松久寛編著/井上喜雄[ほか]共著
森北出版

基礎から学ぶ電気回路計算
541.2N 23
中央 2階
永田博義著
オーム社

電気エネルギー工学 : 発電から送配電まで
543D 58
中央 2階
八坂保能編著
森北出版

MATLAB/Simulinkによるやさしいシステム制御工学
548.31A 43
中央 5階
天野耀鴻著
森北出版

ダイナミカルシステム解析の基礎
548.31H 64
中央 5階
平井一正著
森北出版

プロの英語 : 金融・会計の最新キーワード事典
670.93H 48
中央 5階
林泰成, ダニエル・ドーラン著
日経BP社/日経BP出版センター(発売)

サービス産業経営論
673.9Te 21
中央 5階
鄭森豪著
同文舘出版

京都紫式部のまち : その生涯と『源氏物語』
910.23Sa 29
中央 5階
坂井輝久文/井上匠写真
淡交社

2008年7月29日火曜日

明日から頑張ろう!

 こんばんは!

 昨日に引き続き、夜の更新です。

 今日も、図書館おばさんTはお休みをいただいていました。

 先日のオープンキャンパスに出勤した分のお休みをいただきました。

 海の日の授業日の振り替え休日の土曜日から、4連休いただいてしまいました。。。


 7月は、大学が麻疹で休講になったり、プライベートでもちょっといろいろあったし、仕事でもいろいろあって(あっ、いや、仕事はそうでもないか。。。)、なんだか、ばたばたしたまま過ぎてしまったような感じです。


 明日から、また、気持ちを切り替えて、明るく楽しく仕事に向かいたいと思います。

 どうぞ、よろしくお願いします。

2008年7月28日月曜日

2008/07/28新着図書案内

 遅い時間となりましたが、中央図書館の本日の新着図書の案内です。

 (すみません、図書館おばさんTは今日はお休みでした。。。)




インターネットで文献探索 2007年版 (JLA図書館実践シリーズ:7)
007.58I 892007
中央 5階
伊藤民雄, 実践女子大学図書館著
日本図書館協会

情報検索演習 三訂 (新・図書館学シリーズ:6)
010.8Sh 696
中央 3階
原田智子編/原田智子 [ほか] 著
樹村房

分類・目録法入門 : メディアの構成 新改訂第5版 / 志保田務 [ほか] 改訂
014.4Ki 17
中央 3階
木原通夫, 志保田務著
第一法規

図書館の再出発 : ICU図書館の15年
017.7136To 72
中央 5階
畠山珠美 [ほか] 著
大学教育出版

読書と豊かな人間性 (司書教諭テキストシリーズ:04)
017Sh 914
中央 3階
朝比奈大作 [ほか] 共著/朝比奈大作編
樹村房

日本書誌学を学ぶ人のために
020H 71
中央 3階
廣庭基介, 長友千代治著
世界思想社

人間とは何か : 過去・現在・未来の省察
114W 55
中央 3階
カール・フォン・ヴァイツゼッカー著/小杉尅次, 新垣誠正共訳
ミネルヴァ書房

感覚知覚心理学 (朝倉心理学講座:6)
140.8A 856
中央 3階
菊地正編
朝倉書店

育ちと学びの生成 (質的心理学講座:1)
140.8Sh 921
中央 3階
無藤隆, 麻生武編
東京大学出版会

人生と病いの語り (質的心理学講座:2)
140.8Sh 922
中央 3階
やまだようこ編
東京大学出版会

仏は叫んでいる
188.74Ta 84
中央 5階
田中教照著
武蔵野大学出版会

歴史世界としての東南アジア 2版 (世界史リブレット:12)
223Mo 25
中央 3階
桃木至朗著
山川出版社

ローマ建国以来の歴史 3 (西洋古典叢書)
232L 753
中央 3階
リウィウス [著]/毛利晶訳
京都大学学術出版会

常陸・秋田佐竹一族 : 新装版
288.2Sh 24
中央 3階
七宮涬三著
新人物往来社

歴史地理調査ハンドブック 2刷
290.18R 25
中央 5階
有薗正一郎 [ほか] 編
古今書院

ジオ・パル21 : 地理学便利帖
290.1J 53
中央 3階
浮田典良 [ほか] 著
海青社

日本の風土と文化
291.04N 77
中央 5階
市川健夫編/市川健夫 [ほか] 執筆
古今書院

情報化時代のプライバシー研究 : 「個の尊厳」と「公共性」の調和に向けて
316.1A 57
中央 2階
青柳武彦著
NTT出版

EU法 実務篇 (岩波テキストブックス)
329.37Sh 96
中央 5階
庄司克宏著
岩波書店

南北・南南問題 2版 (世界史リブレット:56)
333.6Mu 73
中央 2階
室井義雄著
山川出版社

経済法 (演習ノート)
335.57Ke 29
中央 5階
土田和博, 岡田外司博編
法学書院

実践ナビゲーション経営 : バランススコアカード簡単導入法
336J 54
中央 2階
落合和雄編著
同友館

日本古代の家族と社会
361.63N 31
中央 5階
中田興吉著
清文堂出版

高等学校学習指導要領解説 一部補訂 地理歴史編
375.1Ko 94
中央 2階
文部科学省 [編]
実教出版

児童理解の方法と資料の活用 (小学校生徒指導資料:2)
375.2J 48
中央 2階
文部省編
大蔵省印刷局

キャリア教育の本質に迫る : 神戸大附属明石校園(幼・小・中)の先進的キャリア教育の取り組み
375.6J 56
中央 2階
城仁士編著
雇用問題研究会

誰でもできる簡単キャリア教育 : はじめて入門
375.6W 46
中央 2階
渡部昌平著
雇用問題研究会

心を育てる美術教育 : 小学校教師の37年の実践から
375.72O 54
中央 5階
奥原球喜著
溪水社

子どもを育む心理学
376.11Ko 21
中央 5階
小林芳郎編著
保育出版社/教育情報出版 (販売)

臨床心理学 (保育ライブラリ. 子どもを知る)
376.11R 45
中央 5階
無藤隆, 福丸由佳編著
北大路書房

保育内容表現 (保育ライブラリ. 保育の内容・方法を知る)
376.1H 81
中央 2階
花原幹夫編著/民秋言 [ほか] 編集委員
北大路書房

保育内容健康 (保育ライブラリ. 保育の内容・方法を知る)
376.1H 81
中央 2階
民秋言, 穐丸武臣編著
北大路書房

対称性 : レーダーマンが語る量子から宇宙まで
421L 49
中央 2階
レオン・レーダーマン, クリストファー・ヒル著/小林茂樹訳
白揚社

地図表現ガイドブック : 主題図作成の原理と応用
448.9U 59
中央 2階
浮田典良, 森三紀著
ナカニシヤ出版

最新看護学 : 学校で役立つ看護技術 第3版 (養護教諭必携シリーズ:No.3)
492.911Sa 22
中央 5階
中桐佐智子, 天野敦子, 岡田加奈子編著
東山書房

外来森田療法 : 神経症の短期集中治療
493.74I 14
中央 5階
市川光洋著
白揚社

有機 (オーガニック) の世紀 : アトピーを生む文明への警鐘
498.54Mu 55
中央 5階
村岡亘著
御園書房/文園社(発売)

知的財産を語る : 知的財産権を活かすための着眼点を4人のスペシャリストが語る対談集。
507.2C 49
中央 2階
レクシスネクシス・ジャパン株式会社編
レクシスネクシス・ジャパン/雄松堂出版 (発売)

「屋上緑化」完全ガイド
518.85F 89
中央 5階
船瀬俊介著
築地書館

建築家・園芸家のための都市緑化読本
518.85Ko 73
中央 5階
近藤三雄著
エヌ・ティー・エス

緑で建築と都市を潤す環境ビジネス : 緑化建築論
518.85Ko 73
中央 5階
近藤三雄著
創樹社/ランドハウスビレッジ (販売)

屋上・建物緑化事典 : 計画・設計・施工・維持管理・事例、全てを網羅した決定版
518.85O 54
中央 5階
建物緑化編集委員会編
産業調査会/産調出版(発売)

新・緑空間デザイン設計・施工マニュアル (特殊空間緑化シリーズ:4)
518.85To 434
中央 5階
都市緑化技術開発機構特殊緑化共同研究会著
誠文堂新光社

都市空間を多彩に創造する屋上緑化&壁面緑化
518.85To 72
中央 5階
講談社編
講談社

生物多様性緑化ハンドブック : 豊かな環境と生態系を保全・創出するための計画と技術
519.8Se 17
中央 2階
小林達明, 倉本宣編
地人書館

環境工学 : 持続可能な社会とその創造のために 新版
519Ka 56
中央 2階
住友恒 [ほか] 共著
理工図書

環境工学入門 増補改訂版
519N 11
中央 2階
鍋島淑郎, 森棟隆昭, 是松孝治共著
産業図書

建築実習 1
520.7Ke 411
中央 2階
間宮靖郎 [ほか] 著
実務教育出版

銭湯遺産
521.6Ma 16
中央 2階
町田忍写真・文
戎光祥出版

初めての建築模型
525.1Mi 77
中央 2階
宮元健次著
学芸出版社

図解鉄筋コンクリート造建築の積算 新版
525.52Z 6
中央 5階
奥田幸司 [ほか] 共著
東洋書店

鉄の時代史
564.021Sa 75
中央 5階
佐々木稔著
雄山閣

最新環境緑化工学
656.5Sa 22
中央 5階
森本幸裕, 小林達明編著
朝倉書店

図説指揮者列伝 : 世界の指揮者100人 (ふくろうの本)
762.8Ta 78
中央 5階
玉木正之, 平林直哉著
河出書房新社

電脳国文学 : インターネットで広がる古典の世界
910.7D 59
中央 3階
漢字文献情報処理研究会編
好文出版

日本文学どっとコム
910.7I 26
中央 3階
伊井春樹編
おうふう

2008年7月26日土曜日

今日は休館です。

 おはようございます。

 今日も良いお天気の朝を迎えました!


 今日は、国士舘大学は全学お休みの日です。

 今週月曜日の海の日、授業日となっていた分の振り替え休日です。

 図書館もあわせてお休みとなっています。


 学生さんは、授業がないので分かっているかもしれないけれど、公開利用の登録をされている方、他大学からいらっしゃる方など、お気をつけ下さい。

 国士舘大学の人たちは今日は一斉にお休みしています。


 さて、今日、図書館おばさんTは、たまったお洗濯をして、お掃除をして、おうちをきれいにしてから、ピアノ三昧といきたいと思います。

 みんなでお休みを上手に利用して、リフレッシュしましょう!
 

2008年7月25日金曜日

今日から休暇貸出はじまります。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館でも、休暇貸出が始まりました。

 鶴川図書館・多摩図書館ではすでに開始しておりましたが、中央図書館は世田谷キャンパスの麻疹防止による休講措置のため、休暇貸出の開始が遅れておりました。


 休暇貸出の概要は次の通りです。

  受付期間:平成20年7月25日~平成20年9月11日(大学院生は~8月25日)

  返却日:平成20年9月26日まで(9月卒業生は9月8日まで)

  貸出冊数:学部生10冊(9月卒業生は5冊)
         大学院生20冊


 みなさん、いつもの倍の冊数を借りることができますので、大いに活用して下さい。

2008年7月24日木曜日

フェアメニュー サラダうどん


 今日のランチは、学食スエヒロのフェアメニュー、サラダうどんをいただいてきました。


 冷たいおうどんに、きゅうり、レタス、ハム、シーチキン、薄焼き卵の千切りがのっていて、マヨネーズをベースとしたスープがかかっています。


 付け合わせは、ふりかけごはん。かりかり梅風味(と私は思ったのですが。。。)です。


 デザートにアイスクリームがつくという女性にうれしい1品!
 味は全体的に濃いめですね。


 これだけついて500円。



 暑い夏にはさっぱり、すっきり、お薦めです。

2008年7月23日水曜日

クレーム対応と図書館の組織

(7/24加筆・削除等の修正をしました。私の書いた記事で、個人攻撃にとられる可能性のある個所があるということで、その部分を加筆・削除等で修正させていただきました。くれぐれも、この記事の趣旨は、個人攻撃を目的としたものではないことを、改めてご理解いただけますよう、お願い申し上げます。)


 以前に、国士舘大学附属図書館の組織について、↓次のような記事を書きました。

   http://obasan-t.blogspot.com/2007/06/blog-post_18.html

 第1司書課と第2司書課と庶務課と分かれていて、それぞれどんな役割を果たしているのか、説明をしたと思います。

 そんな中、図書館おばさんTがいるのは第1司書課で、その中の、平職員(←正式な呼び名ではありませんが、要するに何の役にも付いていないただの職員です。)をやっています。

 ちなみに、おばさんだけれど、専任職員の中では第1司書課の中では1番若いんですよ。(余計な事を言いました。。。)

 今日は、何をお伝えしたかったかというと、第1司書課の中での組織のお話とそれが利用者からクレームが来た時にどのように機能するかをお話ししたいと思い、記事を書き進めています。

 第1司書課は、第1司書課長を筆頭にその下に、課長補佐1名、主任が2名、平職員が4名となっております。

 うち、主任1名と平職員1名が夜間の担当です。

 私たちの組織は思いっきりトップダウン形式というのでしょうか。

 上位者が図書館の運営方針を決めて、下位者はそれに従って実行していく、そういう組織になっています。

 第1司書課員は、みなさんもよく目にする図書館のカウンター付近にいるのですが、基本的に課長は3階の事務所におります。

 たま~にお昼や夏休みなどのスタッフが足りない時に、カウンター付近に来てくれます。

 そして、私たち課員は、朝1番で朝の連絡会なるものを実施しているのですが、それは課長補佐以下の出席で、課長は参加しません。

 以前は、この朝の連絡会に、課長も参加していたので、何か第1司書課の中で話し合いたい事や問題になっていること、それこそ利用者からのクレームなどがあったときの改善策などをどうするか、連絡会と称しながらもそのようなことを話し合っていました。

 しかし、今年の6月過ぎから、課長はこの連絡会には参加をしないこととなり、連絡事項は課長補佐を通して伝えられることとなりました。

 連絡会と称しながらも、今までいろいろなことを検討してきたことについても、逆に課長補佐を通して課長に伝えられることとなりました。


 さて、現在第1司書課はそのような組織体系で運営されているのですが、このような運営状態で、利用者からクレームが来た場合の、対応はどのようになるか?

 先日も、OPAC専用端末が欲しい、という利用者のクレームというか、お願いをカウンターで聞きました。

 翌日、朝の連絡会で、伝えます。

 課長に話が伝わります。

 翌日、回答が返ってきました。

 各階のPCのうち1台をOPAC専用端末にします、と。

 それは、良かった、良かったと思いきや。

 でも、OPACしか開かない状態には設定できないので、もし、他の目的に使っている人がいたら、それは注意をしてやめさせてください、とのこと。

 私「他の大学では、OPAC専用の端末があるのに、どうしてうちの大学ではできないのですか?」

 それはわかりません。

 私「なんで、できないのか聞いていただけませんか?」

 今はとりあえず、この体制で実施します。



 今回、このことを書いた意図として是非ご理解いただきたいのが、図書館利用に関する意見や要望などを、もっと利用者のみなさんから、声をあげていただきたい!

 そのように思っています。

 今のトップダウンの形式では、私がいくらこのような要望がありました、クレームがありました、と伝えても、結局伝言ゲームになるだけで、その困っている利用者さんの心情がストレートに伝わらないということなのです。

 きっと言いたいことがあっても、がまんしている利用者さんもたくさんいることと思います。

 私はそれを利用者さんを見て感じる部分もあります。

 でも、見ていない人たちはそれを感じることができません。

 人づてに聞いたことから自分なりに感じるだけなのです。

 困っている人を目の当たりにするのと、そうでないのでは感じる感覚は全然違います。

 是非、大きな声をあげて、伝えてほしいのです。

 利用者の皆さんの声を集めたい、そのように思っております。

 そもそもこのブログの始まりはそれだったはずでもあります。。。

2008/07/23新着図書案内

 国士舘大学附属図書館中央図書館の新着図書案内です。



ニューロ・ファジィ・遺伝的アルゴリズム (エレクトロニクス実践シリーズ)
007.13H 14
中央 5階
萩原将文著
産業図書

マシンビジョン (ロボティクスシリーズ:15)
007.13I 75
中央 5階
石井明, 斉藤文彦共著
コロナ社

マズローの心理学
140.1G 54
中央 3階
フランク・ゴーブル著/小口忠彦監訳
産能大学出版部

考古学入門
202.5Su 96
中央 3階
鈴木公雄著
東京大学出版会

足利義持 : 新装版 (人物叢書:[通巻253])
289.1A 92
中央 3階
伊藤喜良著/日本歴史学会編集
吉川弘文館

アインシュタインとロブソン : 人種差別に抗して (叢書・ウニベルシタス:890)
289.3A 25
中央 3階
フレッド・ジェローム, ロジャー・テイラー[著]/豊田彰訳
法政大学出版局

地域づくり : 創造への歩み 増補版
318.6Mi 73
中央 2階
宮口侗廸著
古今書院

日本法制史 第15刷 (青林法学双書)
322.1N 77
中央 2階
牧英正, 藤原明久編
青林書院

人口減少社会の家族と地域 : ワークライフバランス社会の実現のために
334.31J 52
中央 5階
樋口美雄, 財務省財務総合政策研究所編著
日本評論社

技術者のための現代経営戦略の方法 : バランススコアカードを中心として
336.1O 91
中央 2階
大内東, 高谷敏彦, 森本伸夫共著
コロナ社

史料にみる日本女性のあゆみ
367.21Sh 89
中央 5階
総合女性史研究会編
吉川弘文館

ケアという思想 (ケアその思想と実践:1)
369.04Se 121
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

ケアすること (ケアその思想と実践:2)
369.04Se 122
中央 5階
上野千鶴子 [ほか] 編集委員
岩波書店

シュタイナー教育ハンドブック (Steiner books)
371.5St 3
中央 2階
ルドルフ・シュタイナー著/西川隆範編訳
風濤社

時代を拓いた教師たち : 戦後教育実践からのメッセージ
372.107J 48
中央 5階
田中耕治編著
日本標準

教育三法の改正で学校はこう変わる!
373.22Ky 4
中央 5階
小島宏, 寺崎千秋編著
ぎょうせい

子どもとの上手なつきあい方 高学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

子どもとの上手なつきあい方 低学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

教師のためのICT活用ネタ70選 : 教室が変わる!授業が変わる! 小学校編
375.199Ko 47
中央 5階
国眼厚志著
明治図書出版

視聴覚メディアと教育
375.19Sh 24
中央 5階
佐賀啓男編著/梅田泉[ほか]共著
樹村房

授業で「集団を動かす」技術の開発 中学年
375.1J 992
中央 2階
漆山仁志編著/TOSS Medeshima著
明治図書出版

授業で「集団を動かす」技術の開発 高学年
375.1J 993
中央 2階
漆山仁志編著/TOSS Medeshima著
明治図書出版

「考える力」をつける授業の開発 (若い教師へのメッセージ:3)
375.1Ka 54
中央 2階
伊藤雅亮編著
明治図書出版

高等学校学習指導要領解説 一部補訂 数学編・理数編
375.1Ko 94
中央 2階
文部科学省 [編]
実教出版

先生、出番です! : 担任教師のふれあい指導
375.2Mu 33
中央 2階
宗内敦著
雇用問題研究会

生徒指導の実践上の諸問題とその解明 (生徒指導資料:第2集)
375.2Se 19
中央 2階
文部省 [編]
大蔵省印刷局

小学校体育が得意になる!運動遊びの本 : 中島先生の体育教室
375.492N 34
中央 5階
中島清貴著
学習研究社

中学校学習指導要領解説 一部補訂 保健体育編
375.493C 62
中央 5階
文部科学省 [編]
東山書房

名古屋発!教育的ニーズに応じた指導・支援 : 校内支援体制の実際と特別な支援を必要とする子どもの授業づくり (「先進事例集」地域の特色ある特別支援教育:1)
378Se 731
中央 2階
名古屋の特別支援教育を推進する会著
明治図書出版

『戦争論』の読み方 : クラウゼヴィッツの現代的意義
391.1Se 73
中央 2階
郷田豊 [ほか] 著
芙蓉書房出版

確率概論
417.1Ko 76
中央 2階
河野敬雄著
京都大学学術出版会

統計解析入門 (新数学入門シリーズ:21)
417A 29
中央 2階
赤平昌文著
森北出版

先端材料の魔術師 : 希土類のすべて : 光・磁石・エネルギー・環境・バイオ
436.3Se 74
中央 2階
第13回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会編
クバプロ

希土類の話 (ポピュラーサイエンス)
436.3Su 96
中央 2階
鈴木康雄著
裳華房

地図と測量のQ&A 新版
448.9C 49
中央 2階
日本地図センター編集
日本地図センター

大気環境学 : 地球の気象環境と生物環境
451.3Ma 34
中央 2階
真木太一著
朝倉書店

伝熱工学 : 例題演習
501.26D 59
中央 5階
斎藤彬夫 [ほか] 共著
産業図書

工業熱力学の基礎 (エンジニアリングライブラリ基礎機械工学:5)
501.26Sa 25
中央 5階
斎藤孟著
サイエンス社

構造力学を学ぶ 応用編
501.34Y 82
中央 5階
米田昌弘著
森北出版

新・知的財産法入門 : ここから読む・こう覚える
507.2Ta 64
中央 2階
竹永亮著
同友館

特許・実用新案・意匠・商標の調査とパテントマップ作成の手引
507.2To 33
中央 2階
特許リサーチ研究会編
日本法令

わかる土質力学220問 : 基礎から公務員試験までナビゲート
511.3W 25
中央 2階
安田進 [ほか] 共著
理工図書

土質力学 : 国際単位による全訂新版 全訂6版
511.3Y 38
中央 2階
山内豊聡著
理工図書

都市と緑 : 近代ドイツの緑化文化 (山川歴史モノグラフ:6)
518.85H 96
中央 5階
穗鷹知美著
山川出版社

環境工学の新世紀
519Ka 56
中央 2階
土木学会編
技報堂出版

ホメオスタシスのゆくえ : 環境問題の読み解き 増補版
519Ka 57
中央 2階
菅野孝彦, 三宅光一著
東海大学出版会

キャップ・アンド・トレード : 排出権取引を中心とした環境保護の政策科学 (立命館大学叢書・政策科学:7)
519Ta 49
中央 2階
高尾克樹著
有斐閣

環境工学系のための数学 (新・工科系の数学:TKM-A12)
519Ta 73
中央 2階
滝沢智著
数理工学社/サイエンス社(発売)

21世紀は超小型車の時代 (カースタイリング別冊:193 1/2)
537Ka 79139
中央 2階
三栄書房

電気施設管理と電気法規解説 11版改訂
540.9D 58
中央 2階
冨田弘平編著
電気学会/オーム社(発売)

セラミックスの化学 第2版
573Se 81
中央 2階
柳田博明編著
丸善

芸術の条件 : 近代美学の境界
701.1O 81
中央 5階
小田部胤久著
東京大学出版会

この一冊でわかるピアノ実技と楽典 : 保育士、幼稚園・小学校教諭を目指す人のために
763.2F 72
中央 5階
深見友紀子, 小林田鶴子, 坂本暁美共著
音楽之友社

作文ルール66 : 日中翻訳技法
826Sa 44
中央 5階
相原茂編著
朝日出版社

2008年7月22日火曜日

請求記号の見方

 以前に、↓このような記事を書きましたが、、、

  http://obasan-t.blogspot.com/2007/03/blog-post_26.html

 そもそも、請求記号って、どう読むの?

 と思っている方大勢いらっしゃることと思います。


 数字の順番で並んでいると、一言で言っても、小数点があったり、アルファベットがあったり、どういう順番なのか?わからないですよね。。。


 それでは、下のいくつかの請求記号を例にとって見てみましょう。

 ちなみに、数字とアルファベットの間の[ // ]のマークは、本の背表紙に貼ってある請求記号ラベルが3段にわたって記載されているんですが、その1段目と2段目の区切りになります。


   310 // A 1

   311 // A 1

   311.01 // A 1

   311.1 // A 1


 上に記載の請求記号はすべて書架に並ぶとしたら、上の記号から下の記号にかけて、書架の左から右へと並びます。

 310 // A 1 と 311 // A 1 は、請求記号ラベル1段目の数字が310の方が小さいので、左に並びます。

 次の311 // A 1 と 311.01 // A 1 と 311.1 // A 1 も、請求記号ラベル1段目の数字が、

  311 < 311.01 < 311.1

と、数字の小さい順になっているのがわかると思います。

 もし、2段目の記載のアルファベットが違うアルファベットになっていても、1段目の数字の小さい順に並ぶことは変わりありません。

 では、次はいかがでしょうか?

   210 // A 1

   210 // B 1

   210 // B 10

   210 // Ba 1

   210 // Ba 1 B

   210 // Ba 10 A

   210 // Be 1

 上に記載の請求記号も、書架に並べると、上から順に左から並ぶことになります。

 請求記号ラベルの1段目が同じ時、2段目に記載の記号の順番となります。

 2番目に記載の記号は常にアルファベットから始まっていますので、基本はアルファベット順になります。

 A → Z という具合です。

 同じアルファベットだった場合は、アルファベットの隣に記載の数字の小さい順となります。(B 1 → B 10)

 アルファベットが1文字じゃなかった場合。

 アルファベットの2文字目のアルファベット順になります。(2文字目の記載がないものが先です。)

 B → Ba → Be → C という具合です。

 アルファベットの数字の隣にさらにアルファベットがある場合。

 アルファベットがないものが先になります。

 B 1 → B 1 A → B 1 B → B 2

 という具合です。


 ここまでわかればきっと請求記号を頼りに、本を探せるはずです!

 頑張ってみて下さい!

全滅?

 ポーランド史に関する資料が概ね全滅したようです。。。

 今年、よく聞かれる質問です。

  「ポーランドの歴史の本ありますか?」

  「ポーランドのことが書いてある本ありますか?」

  「ポーランドの本ありますか?」

 等々。。。

 どちらかの科目を担当する先生がレポートでも出したようです。


 今までは、なんとか館内にある資料で賄うことができていたのですが、限界のようです。。。

 もともと、西洋史の専門の学科や専攻はないので、そんなに多く所蔵している分野の資料ではありませんでした。。。

 ただ、ポーランドの通史ぐらいの概説的な本であれば、公共図書館でもっている可能性もあります。

 今後は、そのあたりの図書館にあたるしかないようです。。。




 それと同じく、「第一次世界大戦期の日米関係史」、本学政経学部教授の池田十吾先生の著作ですが、こちらも、売り切れという状況。。。

 図書館には、2002年出版のものが中央図書館に2冊、2007年の補訂版が鶴川図書館に2冊所蔵されています。

 うち、中央図書館の1冊が不明という状況となっており、残り3冊はすべて貸出中となっております。。。

 2007年の補訂版を中央図書館に急きょ2冊備えるよう注文しましたが、来週の月曜日が試験だそうで、間に合うか間に合わないか???

 でも、池田先生の図書は、教科書として指定されているのですから、本当は購入して、授業のときには常に持っている状態でなければいけなかったですね。

 みなさん、教科書はきちんと購入して持っているようにしましょう。

2008年7月21日月曜日

グループスタディ室開放!

 今日、もう一つお知らせです。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館のグループスタディ室1室を、閲覧室として開放しています。

 予約とか申し込みとか必要ないですので、空いていたらお使い下さい。

 みなさんと共有の場になりますから、みなさんで譲り合ってご利用下さい。



 ※ 予定では7/31までです。(予約が入っている時には使えないときもあります。)

今日は開館しています。

 もう、多くの学生たちが来ておりますので、すでに、ご存知のことと思いますが、今日は祝日「海の日」ですが、国士舘大学附属図書館は開館しております。

 大学の授業日になっているからです。

 開館時間は通常通り

  中央図書館 8:40~21:20
  鶴川図書館 8:40~18:50
  多摩図書館 8:40~18:50

 です。


 ちなみに、今日が授業日のため、今週の土曜日26日は大学はお休み。

 図書館も休館です。

昨日のオープンキャンパス見学会

 昨日は国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスに多数ご来場いただきまして、ありがとうございました。

 世田谷キャンパスには2,492名の来場があったそうです。

 中央図書館にも、447名の方が見学に訪れて下さいました。

 昨年より、増えています!(昨年の記事はこちら↓)

  http://obasan-t.blogspot.com/2007/07/blog-post_6769.html


 さて、今回のオープンキャンパスでは、ちょっと中央図書館の見学会はいつもと様子が違っていたのわかりましたでしょうか?

 まず、入口入ってすぐ脇の新聞コーナー近くに、喫茶室のようなスペースがあったの、わかりましたか?

 図書館の館長先生がお見えになっていて、受験生の皆さんとお話をしたいということで、ちょっとコーヒーなど用意しておりました。

 (もちろん、オープンキャンパス時の特別です。普段は飲食禁止です~~~!)

 暑いさなか、10代の若い受験生相手に、あったかいコーヒーでおもてなし、というセンスについては、図書館内では正直、賛否両論ありました。

 まあ、フタをあけてみたら、受験生たちが座ってリラックスできるスペースになっていたようで、まあ、良かったのかなと思います。

 また、4階AVホールでは、館内ツアーの映像、5~6分程度のものですが、流していました。

 午前中は、ただエンドレスで流していただけなのですが、午後は、図書館おばさんTがついて、見学者を呼び込んでみていただきました。

 感触としては、、、私のしゃべりがもう少し上手だったら、もっと有効な場にできたのかな?と反省です。


 ちなみに、この映像を流すことについては、全く打ち合わせはありませんでした。

 お昼前に1度、見学ツアーをつれて歩いていたら、AVホールで、4月の入学生対象に行ったオリエンテーションで使った館内ツアーが流れていたのです。

 だれが、流し始めたのかは知りませんが、お昼過ぎに、ちょっと見学ツアーの来館者が落ち着いた時に、手があいたので、AVホールに行って、見学者の呼び込みをしてみました。

 呼び込むと意外とみんな見に来てくれました。

 せっかく、見に来てくれたのだから、もう少し上手にしゃべれれば良かったのですが、打ち合わせにないことをしたもんだから、不器用さ加減を大暴露した感じになりました。。。

 反省。。。


 次回オープンキャンパスは、8月9日(土)の開館している時間帯なので、また、今回と同じような形態で実施するのかどうかわかりませんが、また、多くの方々に来ていただけると嬉しく思います。

2008年7月20日日曜日

オープンキャンパスにご来場いただきましてありがとうございました。

 国士舘大学オープンキャンパスに多くの方々のご来場をいただき、ありがとうございました。

 中央図書館・鶴川図書館・多摩図書館にも多くの方に見学に来ていただき、じっくり図書館を見ていただいたことと思います。

 次のオープンキャンパスは、8月8日(金)に鶴川キャンパスで、8月9日(土)に世田谷キャンパスで行われます。

 また、図書館の見学会も行いますので、みなさまお誘い合わせのうえ、ご来場下さい。

 お待ちしております。

今日はオープンキャンパスです

 今日は国士舘大学世田谷キャンパスのオープンキャンパスです。

 中央図書館でも見学会を実施しております。

 多くの方のご来場をお待ちしております。


 とっても良いお天気で、気温も上昇しそうですね。。。

 図書館の中は涼しいですから、涼みに来るだけでもいらして下さいね。

2008年7月18日金曜日

明日朝エントランスのPC撤収です

 明日、朝9:00に、エントランスのPCを撤収します。


 明後日行われるオープンキャンパスで、エントランスが学部の個別相談ブースとして使われるからです。



 ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ブログタイトル変えました

 ますます、自分を追い込んだような気がします。。。


 ブログタイトル。。。


 「図書館おばさんTの奮闘日記」


 「つれづれ」 → 「奮闘」


 変えました。。。



 これから、奮闘しなくっちゃいけないじゃ~~~~ん!!!!

 大変だ~~~!



 まあ、今までも、自分なりには、いろいろ奮闘していたつもりだけど、奮闘したこともこれから書いていこうかななんて思ったもので。。。


 このブログを読んで下さっている皆様のご協力を是非ともいただきたい!


 そんなふうに思っております。

 これからも、応援よろしくお願いします。

2008年7月17日木曜日

混雑しています。。。

 麻疹のための休講が明けて、一気に学生が大学内にあふれかえっています!



 昨日、今日、お昼ごろ、学食のモスバーガーのカウンターには長蛇の列ができ、座席も人があふれかえっていました。



 図書館おばさんTなど、さっさと食べて早く撤退しないと申し訳ない、そんな気分になるほど人がたくさん!



 図書館の中も、時間帯によりますが、人であふれています!



 めずらしく(?)、レファレンスカウンターに人が並ぶような光景も見られました。



 レファレンスカウンターに来るほとんどの人が、図書館内の資料検索をしてほしい、と言ってやってきます。



 図書館内がこんなに混雑していなければ、OPAC検索は自分でやるように言うところだけれど、検索するための端末がないのだから仕方がないです。。。



 昨日も、一人の女子学生に言われました。



 検索できないわけではないけれど、検索する端末がないから検索して下さい、と。。。



 図書館に来て、図書館の資料が検索できない状況では仕方がないですね。。。





 以前から、図書館の端末については、検索専用の端末があるといいのに、と私も思っておりました。



 たびたび、図書館内のパソコンの入れ替え作業があるたびに、そのことは申し上げてきているのですが、上層部では、せっかくある端末1台、OPAC検索のためだけに使うのはもったいない、と考えているのです。



 確かに今のパソコンはいろんなことができるようになっています。



 レポートを作成したり、プレゼンテーション用の資料を作成したり、メールをしたり、データベースを活用してみたり。。。



 こんなに多機能なパソコンをOPAC検索のためにしか使わないなんてもったいない!



 確かにこういう考え方もできます。。。





 でも、私は思います。



 利用者の一人一人がいつでも使いたいときにパソコンが使える状況だったら、全てのパソコンを多機能に備えておくのも良いでしょう。



 でも、今のような時期、端末が空くのを待っている学生がいるような状況のさなか、ちょっと図書館の資料を調べたいだけなのに、レポートを作成している学生の端末が空くのを待たなければいけないような状況で良いのでしょうか?


 私はやっぱり、OPAC専用の端末を備えるべきだと思います。


 パソコン1台の機能をフルに使うことができなくても、OPAC検索用の端末をつくることで、図書館の機能をもっとたくさん使ってもらえるようになるのですから。


 みなさんは、どちらが図書館としての役割を果たしていることになると思われますか?

2008年7月15日火曜日

クールビズ?

 ちょっと、クールビズに対して、もの申す!

 どの室にいっても、クールビズというより、ウォームビスという感じがするのは私だけですか?

 まず、私のいる図書館、半袖でいると、肌の出ているところが、冷たくなって、ほてりやすい手先やほっぺたなどにあてると、ひんやり気持ちいいくらい、そのくらい冷えてしまいます。

 まあ、図書館は広いので、日当たりの良いところと、そうでないところがあって、なかなか均等に温度を設定するのは難しいかも知れません。

 でも、他の部署へいっても、すごく涼しい、、、というか、寒いですよ。。。

 たいがいどの部署でも、女性は膝掛けをしたり、ジャケットやカーディガンを羽織ったり。。。

 クールビズって、男性だったらネクタイをとって、背広も着なくていいくらい、服装を簡略化して、冷房の温度を少しでも上げて、省エネルギーに貢献しようというものかと思っていましたよ。。。

 確かに、人それぞれ体感温度は違うでしょう。。。

 部署によっては、冷房の温度を上げる人・下げる人でバトルが繰り広げられているなんてことも聞いています。

 でも、寒くって、冬場以上に室内で着込むような状態は、どうみても、クールビズじゃないです!

 作業などを行ってとーっても暑い方、いらっしゃると思いますが、何卒、クールビズにご協力を願います!

2008年7月14日月曜日

中央図書館のプリンター

 麻疹による休講が明けて、初めての月曜日。

 やっぱり月曜日は授業が多いのでしょうか?

 多くの学生が午前中から来館しています。


 さて、この休館中に、国士舘大学附属図書館中央図書館のプリンターの位置が変わりましたので、お知らせします。

 今までは、1台は、図書館の入り口正面の新着図書の棚の背向かいにあって、もう1台は、総合カウンター貸出返却カウンターの右にありました。

 今度から、新着図書の棚の背向かいに2台並べて置きました。


 たぶん、今までの方がどっちから印刷されているのか、案内しないと分らなかったと思うのですが、今度は並んで置いてあるので、どっちか見て貰えば大丈夫ですよね。

 正直、今まで2台分かれて置いてあるのは不便でしたね。。。

 私もどっちからでてくるのか?実はわからなかったです。。。(すみません。)


 2台並べておく、こんな簡単なことに今まで気づかずに、ずーっといたなんて。。。

 長い間、その状況に慣れてしまうと、それが当たり前になってしまって、変えようなんて気が湧かなくなる。。。

 マンネリ化の恐ろしいところです。。。反省。。。

 

2008年7月13日日曜日

つまらない記事です。。。

 今日も、昨日のようにとっても良いお天気!

 今日も、昨日のように、急激な大雨が降ってしまうのかしら?

 昨日は、ものすごい大雨でしたね。

 もう、雨、なんて言葉では言い尽くせないほどの雨でした。

 図書館の外の自動ドアが自動じゃなく、勝手に開いてしまって、大雨が入りこんでしまったり、入口付近のマットが吹き飛んでしまったり。。。

 でも、この雨、自宅の方ではまったくなかったそうです。

 局地的だったんですね。。。


 今、私は出先に来ています。

 そこで、コーヒーを一口飲みました。

 それが。。。

 息の穴の方に入ってしまったみたいで、大変苦しい。。。

 でも、出先。。。

 近くに人もいます。。。

 口のなかに残ったコーヒーを吐き出してしまいたいけど、吐き出すところはなし。。。

 なんとか、飲み込む。。。

 さらに、苦しい。。。

 顔を真っ赤にして(見えていないけどたぶんそうなってると思います。)咳きこむ。。。

 恥ずかしいですね。。。

 いい年して、飲み物一つきちんと飲めないなんて。。。

 やっと落ち着いてきました。

 あわてることは何にもなかったのですが、このざまです。。。

 人生気楽にゆったり生きたいですね。

 今日は、本当につまらない記事でした。

 すみません。。。

2008年7月12日土曜日

返却期間の過ぎた本。。。

 今日から、国士舘大学附属図書館中央図書館もはじまり、世田谷キャンパスは2週間遅れではありますが、授業も始まりました。

 レポートの提出や試験間際で、はやく大学が始まらないかな、と待ちこがれていた方もたくさんいることと思います。

 今日は、土曜日の割には比較的多くの学生が来館しているように思います。

 (とくに、パソコン付近に学生が多いです。。。)


 さて、麻疹による休講期間中に、図書館の資料の返却日が過ぎてしまった方、たくさんいるんではないでしょうか。

 返却ポストに入れようと思っても、世田谷キャンパスに入校できなかったと思うので、それもできず。。。

 遅れて返すと、延滞のペナルティーで、今日まで本が借りられなくなっちゃう。。。

 そんな風に、思っている方いませんか?


 図書館のホームページをみて、休館を確認された方は大丈夫だと思いますが、この休講期間中に返却日が過ぎてしまった図書に関しては、ペナルティがつかないように措置をしますので、大丈夫です。 (ただし、中央図書館のみです。)

 とにかく来週の土曜日(19日)までに返却をして下さい。

 来週中に返していただければ、ペナルティはつきません。

 ご安心下さい。


 試験期間もずれてしまって、いろいろなスケジュール調整が大変だと思いますが、がんばって前期の試験を乗り越えましょう。

 図書館おばさんTも協力いたします。

2008/07/12新着図書案内

 麻疹による、休講が終わり、今日から、中央図書館も開館です。

 さっそく、本日、新着の図書をご案内いたします。



インテリジェントシステム : 適応・学習・進化システムと計算機知能
007.13I 57
中央 5階
福田敏男編著
昭晃堂

コンテンツビジネスマネジメント Ver.2.0
007.35Ko 78
中央 5階
トーマツ編
日本経済新聞出版社

情報と職業 : 情報産業で働くための必要知識
007.35Y 48
中央 5階
山崎信雄編著
丸善プラネット/丸善株式会社出版事業部 (発売)

基礎から学ぶJava
007.64Se 64
中央 5階
千石靖, 中沢実, 石井充著
共立出版

演習と応用Java (セミナーライブラリ計算機:9)
007.64To 22
中央 5階
戸川隼人著
サイエンス社

資料・メディア総論 : 図書館資料論・専門資料論・資料特論の統合化 第2版
014.1Sh 89
中央 3階
志保田務 [ほか] 編著/平井尊士 [ほか著]
学芸図書

インターネット時代の学校図書館 : 司書・司書教諭のための「情報」入門 4刷
017I 57
中央 3階
堀川照代, 中村百合子編著/芳鐘冬樹 [ほか] 著
東京電機大学出版局

西田幾多郎世界のなかの私
121.63Sa 47
中央 5階
櫻井歓著
朝文社

回想五十年慶應義塾と私
289.1I 39
中央 3階
生田正輝著
慶應義塾大学出版会

日本文化紹介小和独事典 : 難訳語中心 増補改訂版
302.1N 39
中央 2階
中埜芳之, Oliver Aumann著
朝日出版社

日本を問い続けて : 加藤周一、ロナルド・ドーアの世界
302.1N 77
中央 2階
福岡ユネスコ協会編
岩波書店

政治概念の歴史的展開 第1巻
311.2Se 171
中央 2階
古賀敬太編著
晃洋書房

みんなの憲法二四条
323.143Mi 44
中央 5階
福島みずほ編
明石書店

憲法の現在 (いま) (信山社叢書. 憲法)
323.14Ke 37
中央 5階
自由人権協会編/[奥平康弘ほか述]
信山社

誰が憲法を壊したのか
323.14Ko 67
中央 5階
小森陽一, 佐高信著
五月書房

うちのネコが訴えられました!? : 実録ネコ裁判
324.55Y 19
中央 5階
山田タロウ著
角川書店

総則 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:1)
324Ko 761
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

物権 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:2)
324Ko 762
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

債権 第2版 (司法研修シリーズ. 図解民法案内:3)
324Ko 763
中央 2階
河野順一著
酒井書店・育英堂

総則・物権法 (はじめて学ぶ民法:1)
324U 251
中央 2階
打矢恵著
泉文堂

債権法総論・各論 (はじめて学ぶ民法:2)
324U 252
中央 2階
打矢恵著
泉文堂

日米欧独占禁止法
335.57O 15
中央 5階
越知保見著
商事法務

事例教材独禁法
335.57Sh 82
中央 5階
白石忠志著
商事法務

「育児休職」協約の成立 : 高度成長期と家族的責任 (双書ジェンダー分析:18)
366.38H 14
中央 5階
萩原久美子著
勁草書房

少年非行の行動科学 : 学際的アプローチと実践への応用
368.71Sh 96
中央 5階
小林寿一編著
北大路書房

形態別介護技術 障害者編 (リーディングス介護福祉学:17)
369R 3717
中央 2階
山田幸子, 山崎久子編著
建帛社

教師でいてよかった : 自分をはぐくむ高校生
370.49Ka 86
中央 5階
加藤稲子著
牧歌舎/星雲社(発売)

子ども・学校・社会 : 教育と文化の社会学
371.3Ko 21
中央 2階
稲垣恭子編
世界思想社

子どもとの上手なつきあい方 中学年
374.12Ko 21
中央 5階
伴一孝編/TOSS長崎著
明治図書出版

中学校学習指導要領(平成10年12月)解説 一部補訂 数学編
375.1C 62
中央 2階
文部科学省 [編]
大阪書籍

学び合い,分かり合う授業づくり : 「教えること」の見直しから
375.1Ma 43
中央 2階
兵庫教育大学附属小学校教育研究会著
明治図書出版

教材・教具の選び方チェックポイント (新規採用者向け演習方式による教職の基礎トレーニング:5巻)
375.1Mu 27
中央 2階
向山洋一監修/田健編
明治図書出版

最新「授業書」方式による保健の授業
375.494Sa 22
中央 5階
保健教材研究会編
大修館書店

「授業書」方式による保健の授業 新版
375.49J 99
中央 5階
保健教材研究会編
大修館書店

子どもの未来を拓け学校体育
375.49Ko 21
中央 5階
松永淳一編著
アイオーエム

技術科の授業を創る : 学力への挑戦
375.53G 43
中央 5階
河野義顕, 大谷良光, 田中喜美編著
学文社

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学3年生
375.82W 113
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学4年生
375.82W 114
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

フィンランド国語教科書 : フィンランド・メソッド5つの基本が学べる : 日本語翻訳版 小学5年生
375.82W 115
中央 5階
メルヴィ・バレ, マルック・トッリネン, リトバ・コスキパー著/北川達夫, フィンランド・メソッド普及会訳・編
経済界

0〜5歳児の運動する力を楽しく育てる簡単あそび47 (子育て支援シリーズ:9)
376.157Sa 25
中央 5階
斎藤道雄著
黎明書房

運動会おもしろ種目集 : アイデアたっぷり!
376.157Y 31
中央 5階
やまもとかつひこ, こやまみさと著
チャイルド本社

自然を解剖する (やりなおしサイエンス講座:3)
408Y 593
中央 2階
池内了著
NTT出版

微分積分学入門
413.3I 97
中央 2階
岩谷輝生著
学術図書出版社

計算力が身に付く微分積分
413.3Sa 66
中央 2階
佐野公朗著
学術図書出版社

測度から確率へ : はじめての確率論 2刷
417.1Sa 85
中央 2階
佐藤坦著
共立出版

理工系の力学 : 基礎と演習
423Ta 33
中央 2階
高橋正雄著
共立出版

伝熱概論
426.3Ka 88
中央 2階
甲藤好郎著
養賢堂

図説基礎熱力学
426.5C 29
中央 2階
Yunus A. Çengel, Michael A. Boles共著/浅見敏彦, 細川欯延, 桃瀬一成共訳
オーム社

熱力学概論 訂正版
426.5Mo 45
中央 2階
森康夫 [ほか] 著
養賢堂

電磁気学演習ノート [正]
427.1F 671
中央 2階
藤田広一, 野口晃共著
コロナ社

高電圧プラズマ工学 (電気・電子・情報・通信基礎コース)
427.6H 48
中央 2階
林泉著
丸善

活火山・活断層赤色立体地図でみる日本の凸凹
453.821C 42
中央 5階
千葉達朗編
技術評論社

解剖生理学 (モダン・ナース・シリーズ:2)
491.31Ka 21
中央 5階
竹中敏文, 楠豊和共編
培風館

新食品成分表 : FOODS 2008 [CD-ROM版]
498.51Sh 69
中央 5階
新食品成分表編集委員会編
一橋出版

災害医療 : 救急医・救急看護師・救急救命士のための災害マニュアル (Emergency care:2007年新春増刊(通巻242号))
498.89Sa 17
中央 5階
太田宗夫編集
メディカ出版

弾塑性力学の基礎
501.33Y 86
中央 5階
吉田総仁著
共立出版

構造力学 : 考え方解き方
501.34Ko 98
中央 5階
近畿高校土木会編
オーム社

構造力学を学ぶ 基礎編
501.34Y 82
中央 5階
米田昌弘著
森北出版

米国特許法 : 判例による米国特許法の解説 (現代産業選書. 知的財産実務シリーズ)
507.23B 32
中央 5階
山下弘綱編著
経済産業調査会

国際特許出願マニュアル : 「特許協力条約」活用の実務
507.23O 54
中央 5階
奥田百子著
中央経済社

商標法 新版 (知的財産法実務シリーズ:2)
507.26Su 19
中央 5階
末吉亙著
中央経済社

最新判例知財法 : 小松陽一郎先生還暦記念論文集
507.2Sa 22
中央 2階
小松陽一郎先生還暦記念論文集刊行会編
青林書院

知的財産法 第4版 (有斐閣アルマ:Specialized)
507.2Su 58
中央 2階
角田政芳, 辰巳直彦著
有斐閣

実践的工学倫理 : みじかく、やさしく、役にたつ
507N 37
中央 2階
中村収三著
化学同人

技術者による実践的工学倫理 : 先人の知恵と戦いから学ぶ
507N 37
中央 2階
中村収三, 近畿化学協会工学倫理研究会編著
化学同人

水理学 : 水工学序論
517.1Su 51
中央 2階
水工学研究会編
技報堂出版

水理学 15刷 (土木系大学講義シリーズ:6)
517.1Su 54
中央 2階
鮏川登著
コロナ社

はじめてのランドスケープデザイン
518.8Y 15
中央 2階
八木健一著
学芸出版社

近代建築史図集 新訂版
520.8Ki 42
中央 2階
日本建築学会編
彰国社

建築の構造 (ヴィジュアル版建築入門:3)
520.8V 693
中央 2階
神田順担当編集委員
彰国社

建築空間構造 (建築学構造シリーズ)
524Ke 41
中央 2階
皆川洋一編著
オーム社

図説建築構造のなりたち
524Z 8
中央 2階
日本建築構造技術者協会編
彰国社

最新エンジン・ハイブリッド・燃料電池の動向
537.2Sa 22
中央 2階
GP企画センター編
グランプリ出版

クルマの時代とかたち (テクノライフ選書)
537.92Ka 96
中央 5階
河岡徳彦著
オーム社

高電圧大電流工学 (電気学会大学講座)
541.33Ko 21
中央 5階
宅間董, 柳父悟執筆/電気学会通信教育会著
電気学会/オーム社 (発売)

演習集積回路工学
549.7N 23
中央 2階
永田穰, 川邊潮共著
コロナ社

パワーエレクトロニクスの基礎 : 新しいパワーデバイスとその応用 (理工学講座)
549.8Ki 57
中央 2階
岸敬二著
東京電機大学出版局

葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑
653.2038H 29
中央 5階
池田書店編集部編
池田書店

統合型ブランドコミュニケーション : マーケティングコミュニケーションの新展開
675A 99
中央 5階
東英弥著
早稲田大学出版部

闘魂の柔道 : 必勝の技と心 : 新装版
789.2Y 44
中央 5階
山下泰裕著
ベースボール・マガジン社

DVDでわかる!剣道入門
789.3D 71
中央 5階
蒔田実監修
西東社

技を極める剣道
789.3Ka 59
中央 5階
神崎浩著
ベースボール・マガジン社

文章作成のキーポイント
816Y 15
中央 5階
八木和久著
米田出版

鏡花と怪異
910.268I 99 Ta
中央 5階
田中貴子著
平凡社

鴎外の三男坊 : 森類の生涯
910.268Mo 45 Y
中央 5階
山崎國紀著
三一書房

こころの病の文化史
910.26I 32
中央 5階
池田功著
おうふう

絵とあらすじで読む源氏物語 : 渓斎英泉『源氏物語絵尽大意抄』
913.36E 78
中央 5階
小町谷照彦編著
新典社

文化の旅
920.4Sh 99
中央 3階
周穎南著/有川けい訳
澪標

2008年7月11日金曜日

明日から開館!

 そして、やっと、明日から開館です!

 麻疹による休校措置が終了し、国士舘大学附属図書館中央図書館は、明日から開館します。

 明日は土曜日のため、開館時間は8:40~19:20です。

 皆さんのご来館を心よりお待ち申し上げております!

はじめてのMSproducer

 今日は、はじめてMSproducerというソフトを使ってみました。

 一昨日、はじめてメディア編集室でEDIUSでビデオの編集をして、それを利用してのコンテンツ作りです。

 MSproducer まだ、何にどんなふうに利用できるのか、発想は湧いてきませんが、一つの道具としてあっても悪くない、そんな風に思いました。

 とりあえず、今取り組んでいるのは、EDIUSで編集したビデオとパワーポイント資料の同期化です。

 一つの画面の中にビデオの映像画面とパワーポイント資料が表示される枠を用意して、ビデオの内容に合わせてパワーポイントのスライド資料も切り替わっていくような資料を作っています。

 言葉ではなかなか伝えにくいので、すでに、kissでもMSproducerを使って作成したコンテンツがいくつかあるので、ご覧になっていただくとわかると思います。

 私にとってははじめての取り組み。

 これができるようになったら、より一層、いろんな資料作りができるかなと思います。

 それがみなさんのお役にも立てるとうれしいです。

2008年7月10日木曜日

第15回 東京国際ブックフェア

今日は、ブックフェアに来ています。

東京ビッグサイトです。

受付には、たくさんの人がいて、混雑しているのかなと思いきや、中はそれほどでもなく、ゆっくり見る事が出来ました。

私が入った入口すぐのところで、読売新聞社のデモンストレーションをやっていて、ジャイアンツ検定、なんて言葉に心を奪われながら、少し立ち聞きをしたけれど、なんとかその場を離れ、奥に進みました。

たくさんの本があったのはもちろんなんですが、今回思ったのは、大学の入試システムや教務システムを説明するブースが多かったこと。

私も2社ほど話を聞いて、アンケートに答えたりしましたが、担当の仕事じゃないため、答えられないことが多かった。。。

なのに、ちゃっかり粗品だけはもらってしまいました。

図書館関連の会社があんまりなかったですね。。。

マークシートの採点システムを説明してくれたところで、Z会配付の国語力検定の模擬問題を採点してくれるというのでまじめに回答して見ました。

ただし、鉛筆の持ち合わせがなかったので、ボールペンで。

マークシートにボールペンで解答するとどうなるのか?

それも興味があった。

ボールペンでの解答とは、気付かず、係の人が私の解答用紙をマークシートの読取り機にかける。。。

採点結果が表示されるモニターに点数が。。。


0 点


「・・・」どんよりした空気が流れる。。。


係の人が、「難しかったですよね。。。」と、フォロー。。。


私「実はボールペンで書きました。」

なんだ〜、ということで、係の人が鉛筆で私の解答をなぞる。。。

うわぁ〜、やらなくていいのに〜!

結果、○○点でした。

まあ、とりあえず真面目に答えておいて良かったというぐらいの点でした。(満点じゃなかったですが。。。)

マークシートの読取り方法には鉛筆の鉛に反応して読み取るものと、黒色を読み取るものがあると、以前に聞いたことがあったのですが、ボールペンだと色が反射してしまって読み取れないそうです。

そんなマメ知識をブックフェアで手に入れて来ただけではなく、ちゃんといろんな情報を入手して、帰宅の途につきました。

2008年7月9日水曜日

初めてメディア編集室で

 麻疹で休館なのを良いことに?

 メディア編集室のEDIUSというビデオ編集ソフトをいじっております。


 いつも夜間勤務の職員さんに教わりながら。。。

 まだ、導入部分を習っているだけですが、かなり大変な作業かも。。。

 編集するビデオにもよりますが、ビデオをインターネット上に配信できる形にするだけならそれほど大変ではなさそうですが、ビデオと合わせてパワーポイントなどで作成した資料もあわせようとすると、ちょっと厄介です。。。

 でも、一度(あるいは何度も?)やり方を聞いて、kissに登録するコンテンツばかりでなく、他の資料作りなどにも役立てるといいなと思っています。

 根気よく続けたいと思います。


 教えて下さる職員の方も、こんな私ですが、根気よく教えて下さい。

 お願いします。

 

2008年7月8日火曜日

今日からブログ復活!

 しばらく、ブログ更新が滞ってしまいました。。。

 身内に不幸がありまして、しばらくお休みをいただいておりました。


 今日から、仕事に復帰です。

 ブログも復活!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ところで、図書館おばさんのことをご存知の方に、勝手なお願いです。

 私の身内の不幸について、どうか、何も訊かないで下さい。

 たくさんお休みをいただいて、勝手な申し分であることは重々承知です。

 でも、今、そのことを訊かれると、涙腺が緩んでしまって、それこそ仕事にならない状態です。

 こうやって仕事に出てきた以上、きちんと仕事はしたいと思います。

 いつか、みなさんとの会話の中で、普通にそのことについて話ができる時が来ると思います。

 その時まで待っていただけると嬉しく思います。


 それでは、早速仕事開始です!

2008年7月1日火曜日

訂正!訂正!訂正!

 本当に、ごめんなさ~~~~い!

 今日、モスバーガーに行っちゃった方いるかしら?


 国士舘大学世田谷キャンパスのモスバーガーは、今日はお休みでした。。。

 すみません。。。

 午前中の記事で営業しているなんて書いてしまいました。。。


 昨日営業していたもんだから、休校期間中営業してくれるのかと思っちゃいました。。。

 本当にごめんなさい!

 今までにわかった、学食情報は次の通り。


 モスバーガー&梅ヶ丘校舎の学食は、休校期間中、休業です。

 スエヒロは、今日、教職員食堂のみ営業(昨日は学生食堂のみ)。明日から休業です。

 精養堂&アンブランは時間を短縮して営業しています。


 本当に、間違った記事を書きました。。。

 すみません。。。

 全国ネットの、いや世界中に発信されちゃう、この情報。。。気をつけないといけないです。。。

 本当に、ごめんなさい!!!

昨日に引き続き麻疹のため休館

 今日も、昨日に引き続き、麻疹のため休館となっている中央図書館です。


 大学側も、日々対応に追われているようですね。


 今日は、昨日は封鎖されていた梅ヶ丘校舎と世田谷校舎を結ぶブリッジが通行できるようになっていました。


 確かに、キャンパスの出入り口をあれだけ厳重に封鎖されているのだから、キャンパス内の一つの通路をふさぐ必要もないわけで。。。


 学部事務室の職員などはそれぞれの校舎に事務所があるから行き来があるのに、それを、世田谷校舎の正門から出て、梅ヶ丘校舎の脇の通用口まで回るのでは大変です。

 それに、お昼時、世田谷区役所方面から一般の方が学食を利用に来るのに、ブリッジが封鎖されていると、梅ヶ丘校舎の学食に行くのは大変です。。。


 あっ、すみません。


 梅ヶ丘校舎の学食が営業しているかは定かではないのですが。。。(未確認)

 ちなみに、昨日は、世田谷校舎のモスバーガー、スエヒロ(教職員食堂を除く)、アンブラン、精養堂は営業していました。

 学生がいなくても、たくさんの利用者がいるんですね。

 この様子だと、梅ヶ丘校舎の学食も営業しているかな?


 さて、休館中の図書館ではいろいろなことが行われています。


 梅ヶ丘校舎ができたことで、学生数も増えた世田谷キャンパスのため、図書館も新しい本を購入したり、鶴川から本を移動したりで、例年以上に蔵書数が増えています。

 そのため、書架がだいぶ窮屈なところがでてきました。

 そんなところを、ならして、利用者のみなさんが利用しやすいようにしたりしています。


 私自身は、、、こんなブログを書いて。。。